エヴァ 使徒 新生。 P新世紀エヴァンゲリオン シト、新生|演出信頼度・保留・スペック・ボーダー

CR新世紀エヴァンゲリオン・使徒、再び モード解説: CRエヴァンゲリオン マニアックス

エヴァ 使徒 新生

05回 振り分け ヘソ・電チューともに共通振りわけ。 00円 18. 5 18. 1 3. 57円 19 19 3. 33円 19 19 3. 03円 20 19 2. 50円 20. 8 20. 00円 14. 8 14. 5 0. 93円 15 15 0. 89円 15 15 0. 76円 16 16 0. 60円 16. 9 16. 2個減 参考:様 止め打ち 調査中。 通常時の主要演出 保留入賞時フラッシュ 新世紀モード中に発生。 保留入賞時にボタンが発光。 バイブを伴えば激アツ。 エヴァが武器を使って保留に攻撃。 破壊レベル4以上までいけば期待。 CG系エヴァリーチ発展濃厚。 ビンゴゲームでそろった使徒の種類で期待度示唆。 初号機が起動すればSP発展。 起動時に出現する文字に注目。 コインに表示されるタイトルに注目。 金枠なら大チャンス。 基本的にキャラと発展先がリンク。 ストーリーに対応したリーチに発展。 モノリス01ならチャンス。 警報表示が発生し使徒がモニターに表示。 補完計画モード中はパイロット群が、 新世紀モード中はエヴァ群が発生。 単機発進なら激アツ。 暴走モード突入に期待。 決戦ルート・特殊武器ルートにいけばチャンス。 いずれも高期待度。

次の

新世紀エヴァンゲリオン シト新生 パチンコ新台

エヴァ 使徒 新生

目次 シンクロリーチ キャラやシンクロ率によって信頼度が異なる。 そのまま当たることは少ないが、シンクロ率がどんどん上昇していき、画面がブラックアウトし暴走する可能性がある。 その場合は2R確変大当りとなり、暴走モードへと突入する。 エヴァリーチ 各エヴァパイロットが使徒と戦うリーチ。 変動中は各所にチャンスアップが存在するため、見逃さないようにしよう。 通常は白だが、赤ならチャンスアップとなる。 タイマー赤時のリーチ 信頼度 零号機リーチ 約30. 特殊武器装備時のムービーは複数あり、信頼度が異なる。 リーチ ムービー 信頼度 零号機リーチ 赤木リツコ&伊吹マヤ 約41. ストーリーは2種類あり、チャンスアップ出現で激アツだ! リーチ 信頼度 【静止した闇の中で】 HIGH 【瞬間、心、重ねて】 注目ポイント 静止した闇の中で リーチ終盤にシンジがカットインし「アスカ避けて!」とセリフが発生するとチャンスアップ。 信頼度 約64. タイマーの色 信頼度 白 約57. 殲滅することができれば大当りとなる。 4号機登場で勝利はすぐそこだ! 信頼度 約75. を制止しろ」と「MAGIシステムに潜入した使徒を殲滅しろ」の2種類がある。 信頼度 大当り濃厚 突発当り エヴァ初号機が画面を引き裂き突如大当りが濃厚となる演出。 信頼度 大当り濃厚 全回転リーチ ノーマルリーチハズレ後やリーチ中など、様々な場面で発生する可能性があり、確変大当りが濃厚となる歓喜の瞬間だ! 全回転は7種類存在し、日によって全回転が変化する。

次の

【新生モード完全解説】新生紀エヴァンゲリオン シト 新生

エヴァ 使徒 新生

暴走モード 前作シリーズ同様の「チャンス目」による突入するパターンとシンクロリーチを経由して突入するパターンとがあり、今作よりノーマルハズレからの発展も搭載された。 なお、今作では、高確率状態が続く限りモード演出が継続するようになった。 また、前作シリーズ同様、暴走と見せかけて出玉の得られる確変大当たりに突入する 暴走モードプレミアムも存在する。 突入演出 【チャンス目経由】 ・「1・3・5」の図柄が並ぶと、しばらく停止する。 この「1・3・5」の並び目をチャンス目という。 ラインや順番は不問。 ・原作アニメ第拾九話のシーンが流れ、碇シンジが「動け、動け〜」の台詞と共に機体を必死に動かそうとする演出が発生。 【シンクロリーチ経由】 ・前作シリーズ同様にシンクロリーチ中、リーチ目を半コマ過ぎてから、マヤの「神経パルスに・・・」という台詞と共に画面が乱れる演出が発生。 図柄を何コマも通過し、画面がブラックアウト。 ・ 発生条件は、搭乗者がシンジで、発展時にロンギヌスの槍がカットインしたり、リーチ目の2コマ前にセカンドインパクトと同様に画面が赤く点滅すればチャンスアップとなる。 ・リツコが「私たちにはもう、EVAを止めることはできないわ…」のシーンともに発展。 【その他】 ・ 通常変動中にチャンスボタン予告でボタンを押すと、バシューン!という効果音と共に画面がブラックアウト。 「まさか、暴走?」の白抜き文字が出る演出後にチャンス目が揃い発展。 ・ ミッションモード(1分ミッションは除く)中に、モニター予告にて上記同様にチャンスボタンを押すと発展。 ・ 通常リーチで図柄が半コマ通過して停止後、上記のチャンス目の演出が突然発生する。 ・ 通常リーチで図柄が半コマ通過して停止後、擬似連を発生させて突入演出に発展。 ・ その他、変動中に初号機役モノや、7セグタイマー部分の初号機の手が作動したり、モノリスランプが「03・01・05」が光ったら暴走モードに発展するパターンもある。 【共通】 ・青い炎と共に二回の鼓動音(同時にアタッカーが二回作動)の後、激しい警告音と共に上部のパトランプが点滅。 ・原作アニメの第拾九話のシーンが流れ、「初号機役モノ」が咆哮し、「暴走モード突入」と表示される。 ・以降は高確率状態となり、再びデジタル変動が始まる。 継続演出 暴走モード中に再度暴走モードに当選した場合、暴走モード継続演出が発生する。 なお今作では、電チュー入賞時は2Rの確変大当たりに当選する割合が少なく設定されており、前作シリーズに比べ、演出が見られる機会が少なくなっている。 なお、場合によっては新生モード・レイ覚醒モードに発展する場合もある。 ちなみに、演出を見られる確率は、1285. 2分の1である。 チャンス目停止からの暴走演出発生 2. 原作アニメ最終話のシンジのシーンと共に演出が発生。 黒文字で「暴走モード継続」の表示の後、再びデジタル変動が始まる。 3回目の継続(暴走モード中の2回目の演出)が発生すると、ミサトを中心とした継続演出が発生する。 レイ覚醒モード レイ覚醒モードは、基本的には時短中に突然確変に当選した場合に突入するモードであるが、暴走モードのチャンス目などから発展する場合もある。 レイ覚醒モード中に大当たりした場合、大当たり時のBGMが「Fly Me to the Moon」になる。 こちらも、高確率状態が続く限りモードが継続される。 突入演出 1. 突入契機は暴走モード同様に、チャンス目、シンクロリーチ経由、ノーマルリーチハズレ後の他、ブラックアウトからの発展もある。 原作アニメ第伍話の他、アニメのレイの名シーンが流れる。 同時にアタッカーも二回作動。 「綾波レイ、覚醒」と共にデジタル変動が開始される。 新生モード 新生モードは、突然確変のプレミアモードで、前作の、暴走モード碇ユイVer. にあたるモード。 新生モード中に大当たりした場合、大当たり時のBGMが「甘き死よ、来たれ」になる。 また、暴走モード同様に今作では、高確率状態が続くが限りモード演出が継続するようになった。 突入演出 1. デジタル変動中、画面がブラックアウトし、演出が発生。 シンジが「さよなら…母さん」の白抜き文字と共に発言。 劇場版「まごころを君に」のラストシーンと共に演出が発生し同時にアタッカーも二回稼動する。 青文字で、「新生モード突入」と表示される。 以降は高確率状態となり、再びデジタル変動が始まる。 ミッションモード 本作のミッションモードは、前作同様の「5分」バージョンと「3分」バージョン、及び発生時点で当確となる「1分バージョン プレミアミッション 」がある。 突入演出 1. 警報演出発生 2. 四度目のアラーム中、画面上下に黄色の「EMERGENCYマーク」・中央に「EMERGENCY」と表示され、各々の台詞の後「ミッションモード突入」と表示された後、「ミッション内容」が表示される。 これらの表示はすぐに消え、変動していたデジタルが停止。 その後、サブ液晶にタイマーがセットされ、作動する。 アンビリカルケーブル断線Ver. ミッションを達成すると「完遂」と表示され、大当たりが確定する。 また、ミッション途中に追加ミッションが追加された時点で大当たりが確定する。 モード突入時に突発当りが発生することがある。 マヤの「アンビリカルケーブル、断線!」というセリフの中の、"断線"という言葉の途中に発生する。 ミッション・キールVer. ミッションを達成すると「可決」と表示され、大当たりが確定する。 こちらもモード突入時に突発当りが発生することがある。 「ミッションモード突入」というセリフの直後に発生する。 MAGI侵食Ver. (1分)【プレミア演出】 1分バージョンは発生した時点で大当たり確定で、MAGIシステムに第11使途イロウルが進入する原作アニメ第拾参話のシーンが流れる。 ミッション達成後「任務完了」と表示される。 また、任務完了時の残り時間が "0:01:11"や、演出中にゲンドウと冬月の登場順(通常は冬月は先となる。 )が異なる場合は、確変大当たり確定となる。 これまでと同様、ミッションモードは演出の一種であり、大当たり確率の変更などはない 基板上はリーチ演出の一種となっている。 しかし、これまでと同様、大当時の演出としてミッションモードが抽選される場合がある。 この場合、突入時の回転でミッションを達成するか、1分バージョンへ突入して大当たりとなる。 また、前作同様、突入時に擬似連続回転が発生する場合があり、この場合も大当たり確定となる。 本作では3回や4回連続するパターンも存在する。 また、途中でミッションが追加されるパターンや、ミッションを達成せずに大当たりするパターンなども、これまで同様に存在する。 なお本作では、突入後2〜3回転までのリーチは、シンクロ経由で大当たり確定 強予告扱い となり、4連の疑似連続回転が発生した場合、必ずノーマルリーチで確変大当たりするようになっている。 また、ミッションモード終了後30回転以内、及び時短中にミッションモードに発展した場合は大当たり確定となる。 そのため、モード終了後30回転以内、時短中の警報演出は、使徒予告またはタイトル予告に発展する可能性が高くなっている。

次の