日光 まんじゅう。 日光市/和田菓子店の武平まんじゅう

【お持ち帰りグルメ】武平まんじゅう 和田菓子店(日光)|とちぎフードコート|とちぎフードコート特集|下野新聞 SOON(スーン)

日光 まんじゅう

栃木県には「武平まんじゅう:BUHEI」と「武平作まんじゅう:BUHEISAKU」の2種類がある。 武平作はロード沿いのお店で購入できる薄皮茶まんじゅうです。 こちらの「武平まんじゅう」は栃木県日光市小林(旧塩谷町)に100年以上も前からある人気の一品です。 考案された初代の和田武平さんに由来しているそうで現在三代目のおばあちゃんが主人の「和田菓子店」ですが、私が子供のころからおばあちゃんだったので現在おいくつなのかしら? それはさておき武平まんじゅうは旨い。 もっちりとした食感の皮と甘さひかえめなこしあんは黒糖風味(赤糖)くどくない味。 北海道産の小豆を使用して白取りするなど素材を厳選、独特の製法で風味豊かに作り上げられています。 お茶うけに絶品のおまんじゅうです。 お値段も一個65円(税込:安い!)お店には他の種類がないいわゆる一品押しです。 大量に購入される方が多くて朝8時開店しても午後には売り切れが続出し、閉店までは予約受付なんだってすごいですね。 場所は小林小学校の前なんだが、とにかく看板がない田舎を行くものだからNAVIなしでは着かないでしょう。 そんな田舎でも他に卸していないから苦労して行ってGETするだけの価値があるお土産です。 行ってみたら無かったとなる前に電話して確認してからのほうがいいと思います。 「栃木県 お土産:武平まんじゅう」 (電話番号 0288-26-8054)和田菓子店 栃木県日光市小林2690|営業時間8時〜17時|水曜定休 公式ホームページはないからインターネット上にも評判やクチコミも上がってるからためしに見てみて。

次の

日光駅前さかえやの「揚げゆばまんじゅう」の美味しさは本物だった!

日光 まんじゅう

栃木県日光の超有名店、「さかえや」 週末はお客さんの行列で大賑わい、平日もお客さんいるんじゃないかな 並んでいても、並んでなくても、是非手にとって欲しい一品「揚げゆばまんじゅう」 さかえやは東武日光駅前に 東武日光駅から徒歩1分、いや30秒ぐらいかな JR日光駅からも数分「さかえや」 日光お土産あれこれ さかえや さかえやは昭和33年に創業し、以来53年間、東武日光駅前で日光を訪れるお客様に「真心込めたおもてなし」をさせていただいております。 日光名物のゆばを使用した自家製のオリジナル商品「揚げゆばまんじゅう」自家製饅頭は「真心込めた饅頭創り」を日々心がけて製造しております。 さかえやホームページより引用 このお店、母と同世代 昔から東武日光駅前を支えてきたお店 自家製のまんじゅうの販売、そのほかのお土産販売に、ここ数年でかき氷販売始めたりと賑やかなお店 でも、揚げゆばまんじゅう屋でいいと思う 週末や紅葉シーズンは必ずっていいほど、並んでいるような 関東近郊のイベントにも出店したり、過去に大宮のイベントにもさかえや来てたね フットワーク軽いな、さすが お目当ては揚げゆばまんじゅう 「揚げゆばまんじゅう」うっすら塩の粒... 揚げたてじゃないですが(タイミングもあるかも)温かい状態 お店正面のベンチで冷めないうちに食べるのが一番美味しいかも 中のアンコと塩のマッチがたまらん 揚げゆばまんじゅう さかえやが独自開発した商品です。 日光名物のゆばと厳選された豆乳を練りこんだ「日光ゆばまんじゅう」に当店独自の衣をつけてカラっと油で揚げました。 衣のサクサクとした食感と、まんじゅうの甘みがマッチして本当においしく仕上がりました。 当店独自製法による「サクッ!」とした衣は脳に残る忘れらない食感です。 さかえやホームページより引用 ごめん知らなかった 10年前からちょくちょく食べていたのに... 食べていたのに... 日光市松原町10-1• 東武日光駅 徒歩1分• 9:30~18:30• 不定休(ほぼ無休) kedamatoriko.

次の

日光市/和田菓子店の武平まんじゅう

日光 まんじゅう

のどかな田園風景の広がる日光市小林地区。 創業100年以上の歴史を誇る和菓子店に根強いファンは多く、県内外から1日100人以上が来店する。 客の目当ては店の代名詞でもある「武平まんじゅう」。 価格は1個65円(税込み)。 店を切り盛りする和田(わだ)ケイさん(91)が「遠くから訪れるお客さんにも喜んでほしい」と価格は過去1回しか上げていない。 日露戦争従軍後に創業した初代武平(ぶへい)さんが考案。 当時から素朴で懐かしい味わいは変わらない。 小麦粉に黒糖を混ぜた生地はもっちりとした食感が特徴だ。 北海道産小豆を使用したこしあんは甘さ控えめ。 あんを冷ますため、販売当日分は前日午前3時から大釜で煮詰めてから時間を置くなど、半日以上の手間を掛けている。 1日3500~4千個作るが、午後には毎日ほぼ完売。 中には一度に数百個を買い求める客もいるという。 事前予約は必須になっている。 来店前に電話すれば、午後6時まで取り置いてくれる。 賞味期限は2~3日だが、冷凍すれば長期保存できる。 お中元にも最適のお土産だ。 午前8時~午後6時。 水曜定休。 (問)0288・26・8054。

次の