お腹 周り 脂肪 落とす 女性。 お腹の脂肪を落とす方法【女性】|目に見えない内臓脂肪の落とし方、腹筋など筋トレ・マッサージのやり方など

2週間でお腹周りの脂肪を落とす 3つの方法

お腹 周り 脂肪 落とす 女性

スポンサードリンク 50代のぽっこりお腹の原因 女性は50代になるとお腹に脂肪がつきやすくなります。 50代になると閉経して、子供を作るためのホルモンがいらなくなるからです。 子供を作らなくてもいいので、女性ホルモンであるエストロゲンが減ってしまうのはしかたないことです。 でも、このエストロゲンがコレステロールを制御していたのです。 女性の体は赤ちゃんのために、余計な皮下脂肪がつくことを制止していました。 そのエストロゲンが少なくなったのですから、皮下脂肪がつき放題です。 これがぽっこりお腹の原因です。 50代の女性のお腹の脂肪の落とし方は 女性ホルモンがコレステロールを制御してくれないのなら、自分で制御しなくてはいけません。 具体的にいうと脂肪分の食事を控えて、野菜をたくさん食べるようにしましょう。 50代の女性のお腹の脂肪の落とし方は食生活を変えるしかありません。 それに年々筋肉量が減ってきているので、運動することは絶対に必要です。 50代からのダイエットに運動なしはありえません。 運動というと苦しいイメージがありますが、体操でもストレッチでも散歩でもいいのです。 50代になると筋肉が硬くなり、柔軟性がなくなってしまいます。 筋肉を無理に動かすと体を壊してしまいます。 でも、何もしないと体は確実に硬くなっていきます。 体が硬くなると疲れやすくなって、ますます体を動かすことが嫌になってしまいます。 少しずつでも体の筋肉を伸ばすような運動をしておきましょう。 スポンサードリンク NHKでやっているラジオ体操は本当にすばらしいと思います。 ストレッチや体操をして筋肉を伸ばして、筋肉をほぐすことを習慣的にやっておかないと体はカチコチに固まってしまいます。 風呂上りのストレッチ 体の柔軟をつけるためには、風呂上りのストレッチがいいです。 ストレッチといっても、足を前に出して、背筋を伸ばして座り、手を伸ばしながら、顔を膝につけるイメージで上半身を前に曲げてみましょう。 このとき膝や背中が曲がらないようにしましょう。 このとき反動をつけずにゆっくりと、気持ちのいいところでストップしましょう。 呼吸はずっと続けていてください。 次に足を開いて体を前に倒してみましょう。 また、右足、左足の方にも上半身を倒してください。 このとき腰をひねるとお腹の脂肪を落とすことができます。 腰をひねるのにもっといいストレッチは、両手を広げて仰向けに寝転んで、片足を伸ばして、片足を曲げて、曲げた片足を伸ばした足の方へ倒すと腰をひねることができます。 顔は曲げた片足の方へ向くと、さらり腰をひねることができます。 まとめ 女性は50代になるとお腹に脂肪がつきやすくなります。 50代になると閉経して、子供を作るためのホルモンがいらなくなるからです。 女性の体は赤ちゃんのために、余計な皮下脂肪がつくことを制止していました。 そのエストロゲンが少なくなったのですから、皮下脂肪がつき放題です。 これがぽっこりお腹の原因です。 女性ホルモンがコレステロールを制御してくれないのなら、自分で制御しなくてはいけません。 具体的にいうと脂肪分の食事を控えて、野菜をたくさん食べるようにしましょう。 50代の女性のお腹の脂肪の落とし方は食生活を変えるしかありません。 それに年々筋肉量が減ってきているので、運動することは絶対に必要です。 50代からのダイエットに運動なしはありえません。 NHKでやっているラジオ体操は本当にすばらしいと思います。 ストレッチや体操をして筋肉を伸ばして、筋肉をほぐすことを習慣的にやっておかないと体はカチコチに固まってしまいます。 最近の投稿• 人気の記事• 最近のコメント• に より• アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

女性の中年太りお腹の脂肪を落とす方法!【50代悩み】

お腹 周り 脂肪 落とす 女性

スポンサードリンク 50代のぽっこりお腹の原因 女性は50代になるとお腹に脂肪がつきやすくなります。 50代になると閉経して、子供を作るためのホルモンがいらなくなるからです。 子供を作らなくてもいいので、女性ホルモンであるエストロゲンが減ってしまうのはしかたないことです。 でも、このエストロゲンがコレステロールを制御していたのです。 女性の体は赤ちゃんのために、余計な皮下脂肪がつくことを制止していました。 そのエストロゲンが少なくなったのですから、皮下脂肪がつき放題です。 これがぽっこりお腹の原因です。 50代の女性のお腹の脂肪の落とし方は 女性ホルモンがコレステロールを制御してくれないのなら、自分で制御しなくてはいけません。 具体的にいうと脂肪分の食事を控えて、野菜をたくさん食べるようにしましょう。 50代の女性のお腹の脂肪の落とし方は食生活を変えるしかありません。 それに年々筋肉量が減ってきているので、運動することは絶対に必要です。 50代からのダイエットに運動なしはありえません。 運動というと苦しいイメージがありますが、体操でもストレッチでも散歩でもいいのです。 50代になると筋肉が硬くなり、柔軟性がなくなってしまいます。 筋肉を無理に動かすと体を壊してしまいます。 でも、何もしないと体は確実に硬くなっていきます。 体が硬くなると疲れやすくなって、ますます体を動かすことが嫌になってしまいます。 少しずつでも体の筋肉を伸ばすような運動をしておきましょう。 スポンサードリンク NHKでやっているラジオ体操は本当にすばらしいと思います。 ストレッチや体操をして筋肉を伸ばして、筋肉をほぐすことを習慣的にやっておかないと体はカチコチに固まってしまいます。 風呂上りのストレッチ 体の柔軟をつけるためには、風呂上りのストレッチがいいです。 ストレッチといっても、足を前に出して、背筋を伸ばして座り、手を伸ばしながら、顔を膝につけるイメージで上半身を前に曲げてみましょう。 このとき膝や背中が曲がらないようにしましょう。 このとき反動をつけずにゆっくりと、気持ちのいいところでストップしましょう。 呼吸はずっと続けていてください。 次に足を開いて体を前に倒してみましょう。 また、右足、左足の方にも上半身を倒してください。 このとき腰をひねるとお腹の脂肪を落とすことができます。 腰をひねるのにもっといいストレッチは、両手を広げて仰向けに寝転んで、片足を伸ばして、片足を曲げて、曲げた片足を伸ばした足の方へ倒すと腰をひねることができます。 顔は曲げた片足の方へ向くと、さらり腰をひねることができます。 まとめ 女性は50代になるとお腹に脂肪がつきやすくなります。 50代になると閉経して、子供を作るためのホルモンがいらなくなるからです。 女性の体は赤ちゃんのために、余計な皮下脂肪がつくことを制止していました。 そのエストロゲンが少なくなったのですから、皮下脂肪がつき放題です。 これがぽっこりお腹の原因です。 女性ホルモンがコレステロールを制御してくれないのなら、自分で制御しなくてはいけません。 具体的にいうと脂肪分の食事を控えて、野菜をたくさん食べるようにしましょう。 50代の女性のお腹の脂肪の落とし方は食生活を変えるしかありません。 それに年々筋肉量が減ってきているので、運動することは絶対に必要です。 50代からのダイエットに運動なしはありえません。 NHKでやっているラジオ体操は本当にすばらしいと思います。 ストレッチや体操をして筋肉を伸ばして、筋肉をほぐすことを習慣的にやっておかないと体はカチコチに固まってしまいます。 最近の投稿• 人気の記事• 最近のコメント• に より• アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

お腹の脂肪を落とす方法完全網羅!男の腹にはコレが効く!!

お腹 周り 脂肪 落とす 女性

京都大学大学院医学研究科修了。 健診並びに人間ドック実施機関で20万人以上の診察に当たるほか、大手化学メーカー産業医を兼務。 著書も多数。 近著『内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法』(幻冬舎)が話題。 おなかの深い部分なので、外からはわかりにくい 「体の脂肪は、大きく『皮下脂肪』と『内臓脂肪』に分けられます。 皮下脂肪は全身の皮膚の下、浅い部分につく脂肪。 内臓脂肪は腹部の深い所で内臓を覆うようにつく脂肪です。 実はこのふたつ、場所だけでなく、脂肪の性質にも違いが。 皮下脂肪はたまっても病気に直結しませんが、内臓脂肪は蓄積すると悪玉物質を作り出し、さまざまな疾患の引き金になり得ます。 ただし、1度つくとなかなか落ちない皮下脂肪に比べ、内臓脂肪は生活改善で落ちるという良い面もあります」(奥田先生・以下「」内同) 皮下脂肪型肥満 皮膚のすぐ下で、筋肉を取り囲むようについているのが皮下脂肪。 浅い部分にあるので指でつまむことができ、その厚さでもたまり具合を推測できる。 外から見えないので、一見やせていてもたまっている場合が。 さらに睡眠不足やストレスも… 内臓脂肪を顕微鏡で見ると、脂肪細胞がたくさん集まる中に、どろっとした脂肪の塊を確認できます。 その正体は、食べた後、利用し切れずに余ってしまった脂肪。 つまり、内臓脂肪がたまる大きな原因は、食べすぎ(脂肪のとりすぎ)と運動不足(脂肪の燃焼不足)のふたつです。 また、睡眠不足も、食欲増進ホルモン、グレリンを増やし、食欲抑制ホルモン、レプチンを減らすため、食べすぎを促す要因に。 反対に内臓脂肪を減らすには、脂肪の摂取量を減らして、運動をすること! 有酸素運動で内臓脂肪は燃える! ひと口に運動といっても、筋トレなどハードなものから、ウォーキングなど簡単にできるものまでいろいろ。 「内臓脂肪を減らす働きが高いのは、酸素を充分に取り入れながら行う有酸素運動です。 有酸素運動は、食事で増加した血糖をエネルギーに変えるインスリンの効きめを高めることもわかっています」 1日あと3000歩増やすだけで内臓脂肪は落ちやすくなる! 「有酸素運動は、行えば行う程、内臓脂肪が減少します。 今までより1日3000歩、時間にして約30分多く歩くように意識してみましょう。 あえてウォーキングタイムを設けなくても、遠回りして帰る、エスカレーターではなく階段を使うなどの工夫で無理なく実践できるはず」 コマ切れでもOK! 1日合計30分の有酸素運動を習慣に 「有酸素運動は、20分以上続けても、コマ切れで行っても脂肪の消費はそれ程変わりません。 重要なのは、合計時間です。 1回5分の運動を1日5~6回に分けて行っても、脂肪は燃やせます。 足はそろえる (2)腰をぐっと上げて、頭から足先まで体が一直線になるようして、10秒キープ。 このとき、お尻がキュッと締まる感覚を意識して (3)息を吸いながら両脚をゆっくりおろし、床につかないところで止めて、再び上げる。 (1)あお向けになり、脚をまっすぐくっつけたまま床から上げ、両ひじを立てて上半身も上げる (2)息を吸いながら、ひざを曲げて両脚を引き寄せる。 このとき、お腹の力で引き寄せることを意識して (3)息を吐きながら両脚を伸ばす。 バスタオルの角を持ち、手をまっすぐ伸ばす。 息を吐きながら上体を起こして息を吸いながら戻す、を10セット。 「頭の重さをタオルに預けながら、みぞおちから上半身を折り畳むように起き上がると効きます」(和田さん) (1)バスタオルの上でひざを立ててあお向けに。 両手でタオルの角を持ちます。 (2)おなかの筋肉に集中しながらゆっくり上半身を起こして。 お腹の脂肪だけではなく下半身痩せもかなうスクワット 1日1分の集中スクワットでヤセる! \教えてくれたのは…/ パーソナルトレーナー竹下雄真さん 『デポルターレクラブ』代表。 スポーツ選手や著名人のパーソナルトレーナーとして活躍。 姿見など全身が映る鏡の前で行いましょう。 「1)呼吸を止めず、2)かかとに重心のまま、3)ひざが前に出ないように、4)お尻を突き出して行うだけ。 回数よりも、効いているという意識をもって行うことが大切です」(竹下さん (1)腕を組み、背筋を伸ばして足を開いて立つ 胸の前で腕を軽く組みます。 肩幅程度に両足を開き、爪先はやや外へ向けて。 このまま腕の位置や足の幅がズレないように注意を。 (2)お尻を突き出しながら、ゆっくり腰を落とす 重心をかかとに預けたまま、ももの裏と床が平行になる所までひざを曲げます。 その際、肩胛骨を寄せる意識で行うと安定します。 \横から見ると/ 胸を張り重心はかかとに。 太ももと床は平行に 後ろ重心で、ひざが爪先より前に出すぎないように気をつけます。 胸前の腕の位置もキープしたまま、上体を落としていきましょう。 (3)体制をくずさないようにしながら元に戻す 腕の位置や足の幅はそのままに、1の状態まで戻します。 1〜3を1分間繰り返して。 呼吸を止めず、ももの筋肉を意識しつつ行って。 脂肪燃焼!マッサージ&おすすめのスリミングコスメ スッキリとしたおなかになるマッサージ法 \教えてくれたのは…/ 山崎麻央さん 腹筋女子たちが崇拝する美腹筋の伝道師 『ソラーチェ代官山』主宰。 加圧、FTPピラティスインストラクター。 分子栄養学の認定カウンセラーの資格を取得し、食のカウンセリングを行うなど、運動だけではない多角的な体のケアに定評あり。 おなかの冷えている人は温感クリームを活用するのもいいでしょう」(山崎さん) おへそより3cmくらい右側からスタート。 右肋骨の下から、左肋骨の下辺りを通り、おへその3cmくらい左 の箇所まで軽く押してマッサージ。 【おすすめアイテム】 内側からサプリで脂肪燃焼をサポート 内臓脂肪をためない食事の基本 内臓脂肪をつきにくくする大豆食品や魚を積極的にとって! \教えてくれたのは…/ 内科医 奥田昌子先生 おくだまさこ/医学博士。 京都大学大学院医学研究科修了。 健診並びに人間ドック実施機関で20万人以上の診察に当たるほか、大手化学メーカー産業医を兼務。 著書も多数。 近著『内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法』(幻冬舎)が話題。 豆腐や納豆など、大豆が原料の食品は積極的にとるのが正解。 また、特に背中の青い魚に多く含まれる油、EPAやDHAも、中性脂肪を減らして内臓脂肪をつきにくくしてくれます。 厚生労働省は、EPAとDHAを合わせて1日1000mg とることを推奨しています」(奥田先生・以下「」内同) 揚げるより焼く、焼くより煮る。 油は引き算してとるのが正解! 脂肪のとりすぎを抑えるためには、やはり油の摂取量を減らすことが早道。 「オリーブオイルや亜麻仁油など、コレステロール値を上げにくく、健康にいいとされる油であっても油は油。 中性脂肪の塊で、カロリーはほかの油とほとんど同じなので、とりすぎはNGです。 調理法で比較するなら、当然、揚げるより焼く、焼くより煮ることで、料理に含まれる脂肪の量はぐんと少なくなります」 脂肪分の多い洋菓子・果糖の多いフルーツのとりすぎに注意! 「甘いものを食べたいときは、カロリーより脂肪分に注意が必要です。 洋菓子は脂肪分が多いので、とりすぎ厳禁。 おやつには低脂肪の和菓子を選びましょう。 果糖やショ糖(ブドウ糖と果糖が結びついたもの)を多く含む甘いフルーツも、内臓脂肪をためやすいので控えめに!」 海藻やきのこ・オクラなど・水溶性食物繊維たっぷりの食材をとって! 「最近、水に溶ける食物繊維(水溶性食物繊維)を腸内細菌が分解する過程で生まれる『短鎖脂肪酸』が、内臓脂肪の増加を防ぐとして注目されています。 水溶性食物繊維の豊富な食材は、海藻、きのこ、山芋、こんにゃく、ごぼう、オクラ、納豆など」 ストレス早食いや夜遅ごはんで、食べすぎのリスクがUP! ストレスを感じるとつい食べたくなる甘いものや高カロリーなものは、内臓脂肪の大敵!? 「心を鎮める効果はあるので、少量をゆっくりならOK。 夜遅いごはんも、時間のせいで内臓脂肪がたまるのではなく、解放感から食べすぎることが問題なのです」 ガセリ菌SP株入りヨーグルトに、内臓脂肪を減らす働きが! ガセリ菌SP株入りヨーグルトに、内臓脂肪を減らす働きが! 最近の研究により、乳酸菌のひとつガセリ菌SP株に内臓脂肪の低減を助ける働きがあることが発表されて話題に。 ガセリ菌SP株含有のヨーグルトは食改善の強い味方! おいしく続けて内臓脂肪の減少をサポート! ガセリ菌SP株配合で、内臓脂肪を減らすのを助ける特定保健用食品。 脂肪ゼロ・砂糖不使用。 雪印メグミルク|恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト 100g ¥105 *価格はすべて税抜きです。

次の