くれぐれも。 「くれぐれも」とは?目上に人に使うと失礼?意味や漢字・類語・英語表現・「ご自愛」や「よろしく」を使った例文も紹介

「くれぐれも」は目上の人に使える?正しい意味と使い方、類語、漢字を解説

くれぐれも

くれ悪じゃぞ くれ悪じゃぞ くれぐれもあくようするんじゃないぞ くれ悪じゃぞ くれぐれもあくようするんじゃないぞ とは、博士の発明品が持ち去られる際のセリフである。 アガサ「できたぞ新一、スイッチじゃ」 コナン「サンキュー博士」 アガサ「くれぐれも悪用するんじゃないぞ」 目次• 」 12巻 、 と、発明品を渡す際に「くれぐれも悪用するんじゃないぞ」と言ってる箇所は無かったりする。 くれぐれも悪用するんじゃないぞ• くれぐれも絶望するために使うんじゃないぞ• くれぐれも巨人に使うんじゃぞ• 参照 も参照。 くれ悪じゃぞのコメント 0件 まだコメントはありません。 29624• 4 名探偵コナン SSの作品 まだありません。 Powered by Luilak.

次の

「くれぐれも」の正しい意味と使い方は?類語との違いもチェック

くれぐれも

何度も心を込めて依頼・懇願したり、忠告したりするさま 何度考えても。 返す返す。 「くれぐれも」には大きく分けて二つの意味がありますが、現在のビジネスシーンで使われているのは上の意味になります。 「くれぐれも~」という副詞は、後に続く「~」の部分を強く念押しする意味で用います。 「~」の部分には、自分の願望や気持ちが入ります。 誠心誠意、何かをお願いしたいとき、あるいは何か注意をしたいときに「くれぐれも」を使います。 後の章で説明いたします「どうか」や「どうぞ」との違いは、「くれぐれも」には心配のニュアンスが含まれる点です。 その「お願いしたいこと」「注意したいこと」についての心配です。 ここは使い方を考えるときに大事なポイントになります。 次に「くれぐれも」という言葉の語源ですが、定説がひとつではありませんので、今回は3つ紹介しておきます。 「くれ」を2回繰り返すことで、お願いの度合いを強めた言葉になった、というものです。 第二の説は、「繰り繰り」という言葉が「くれぐれも」になったとするものです。 「繰り繰り」は、繰り返しなにかをするさまを表す言葉でした。 それでもかつては「くれぐれと」だったものが、時代が移り変わって「くれぐれも」になったとされます。 第三の説は第二の説に近いのですが、「繰り繰り」ではなく「繰れ繰れ」を語源とするものです。 いずれにしても三つの説に共通するのは、「繰り返し繰り返し」を意味する昔の言葉が、現在の「くれぐれも」の語源になったということです。 メールや手紙の文末で、締めの言葉としてよく見られる言い回しのひとつが「くれぐれもお体にお気をつけて」です。 しかしこの「くれぐれもお体にお気をつけて」は、このままでは命令とも受け取れてしまいます。 目上の人に使う場合は「 お体にはくれぐれもお気をつけてお過ごしください」のように、よりいっそう丁寧な表現にします。 健康状態がすでに芳しくない人に使う「くれぐれもお大事に」も同様です。 「お大事に」で止めてしまわないようにします。 目上の人に対しては「 くれぐれもお大事になさってください」とします。 体調を崩してしまった目上の人に対して「くれぐれも無理しないでください」では、マナーとしては不十分です。 「 くれぐれもご無理なさらないようお気を付けください」などとします。 手紙やビジネスメールの締めに使われる定番フレーズ「 くれぐれもご自愛ください」は、その人が目上でも目下でも社外の人であっても、性別も関係なくこのまま使えるとても便利な言い回しです。 「自愛」とは、「自分を大切にすること」「自分の健康状態に気をつけること」の意味合いがあり、「ご自愛ください」はその人の健康を気遣う言葉です。 そこに「くれぐれも」を加えることで、「心から健康でいてほしいと願っていますよ」という気持ちをこめた表現となっています。 「ご自愛くださいませ」は語尾に「ませ」が付いているため、女性が使用する言い回しとなります。 男性の場合は「ご自愛ください」とします。 注意点として「くれぐれもご自愛ください」は、すでに病気やけがをしている人には使いません。 また「くれぐれもお体をご自愛ください」は「お体」と「自愛」で意味が重複してしまっており、使い方としては間違いです。 「どうか」も「くれぐれも」と同じように、お願いを表す言葉になります。 「どうか」を使える場面は、「くれぐれも」とかなり共通しますので、「くれぐれも」と併用することで、同じ言葉ばかり使い続けることを回避できます。 ただし「どうか」と「くれぐれも」には微妙ですがニュアンスの違いがありますのでご注意ください。 「どうか」は「困難であることを承知でお願いする」意味合いを持っています。 「どうか悪く思わないでください」のように使われます。 また「どうか」をよりかしこまって表現したい場合には「なんとか」とします。 「なんとかしていただけないでしょうか?」のように、難しいことを重々承知の上で懇願するフレーズに用いることが出来ます。 「どうぞ」は「どうぞお召し上がりください」のように、何かを勧めるときに用います。 また「どうぞ」と席を譲るときのように、承諾や許容の気持ちを伝えるときにも用います。 「くれぐれも」と同じように、お願いの文脈で使うときは、丁重にお願いするニュアンスを持ちます。 丁重な表現である分、相手に訴えるパワーが弱くなるのが「くれぐれも」との違いです。 したがって「どうぞよろしくお願いいたします」よりも「くれぐれもよろしくお願いいたします」のほうが、より強めに相手に訴えるニュアンスになります。 また「どうぞ」はどちらかといえば話し言葉で用いられ、ビジネス文書ではあまり使われません。 ビジネス文書やメールでは、比較的かしこまった表現を使用することが一般的です。

次の

「くれぐれも」の意味や目上の人への使い方・「どうか/どうぞ」との違い

くれぐれも

「くれぐれも気を付けて」「くれぐれもご自愛ください」「くれぐれもよろしくお願いします」など「くれぐれも」を使った言葉を人からかけられたことはありますか。 この「くれぐれも」という言葉、よく耳にするとは思うのですが、みなさんは正しい意味や使い方を知っているでしょうか。 「くれぐれも」とは、「何度も心を込めて依頼・懇願したり、忠告したりするさま」「何度考えても、返す返す」を意味する副詞です。 「くれぐれも」は漢字では「呉呉も」や「呉々も」と表記することもできます。 心を込めて相手に懇願したり、念を押して忠告したりする意味で使われることが多いです。 他にも同じような意味で「どうか」や「どうぞ」という言い方もありますが、「くれぐれも」はそれらとはニュアンスがやや異なり、「くれぐれも」には、心配をするという意味が込められます。 今回は「くれぐれも」について詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。 「くれぐれも」はどういう時に使うの? 「くれぐれも」は、相手の体調を気遣ったり、心配して注意を促したい時、念を押してお願いをしたい時などに使うフォーマルな言葉です。 敬語ではありませんが、目上の人や上司に使っても問題はありません。 「くれぐれも気を付けてください」のように、念を押して相手にお願いしたい時や注意したい時に使うのが一般的です。 体調を気遣う 例文をご紹介します。 ・まだまだ寒い日が続きますので、くれぐれも風邪など引かれませぬようお気を付けください。 ・顔色が悪いですよ。 くれぐれも無理をしないでください。 ・季節の変わり目は体調を崩しやすくなりますので、くれぐれもご自愛下さい。 注意を促す 例文をご紹介します。 ・来週の月曜は大事な会議があるので、くれぐれも忘れないように。 ・約束の時間は明日の15時です。 くれぐれも遅れないようにいらしてください。 ・外は風が大変強いので、くれぐれも気を付けて帰ってください。 念を押してお願いする 例文をご紹介します。 ・お父さまにはいつもお世話になっております。 くれぐれもよろしくお伝えください。 ・こちらは大変熱くなっておりますので、くれぐれもお手を触れないようお願いいたします。 ・こちらは企業秘密となっておりますので、くれぐれも他言しないようお願いいたします。 「くれぐれもご自愛ください」は、メールや手紙の最後で、相手の健康を気遣うために使われる締めの言葉です。 この「ご自愛ください」は、老若男女、目上・目下問わず使うことができます。 ただし、「健康に気を付けて病気をしないように気を付けてください」という意味なので、すでに体調を崩している人やけがをしている人には使えませんので注意しましょう。 また、「お身体をご自愛ください」は、意味が重複しているので使い方としては誤りです。 例文をご紹介します。 ・だいぶ寒くなってまいりましたので、風邪など引かれませぬようくれぐれもご自愛ください。 ・暑さはこれからも続きます。 くれぐれもご自愛ください。 ・この度は退院おめでとうございます。 まだ体調は万全ではないと存じますので、くれぐれもご自愛ください。 お大事に 「くれぐれもお大事に」は、体調を崩している人に対して使う言葉です。 病院でこの言葉をかけられたことのある人も多いのではないでしょうか。 「お大事に」だけでも問題はないのですが、「くれぐれも」を付けると、より丁寧で相手の体調を案じていることが強調される意味になります。 また会社の上司や取引先の相手などに使う場合は、「くれぐれもお大事になさってください」のような言い回しが敬語として一般的です。 「お大事に」だけでは物足りないと感じた場合に、「くれぐれもお大事になさってください」と表現することで、より丁寧になります。 例文をご紹介します。 ・まだ少し熱があるようなので、くれぐれもお大事に。 ・朝晩はまだまだ冷え込みますので、くれぐれもお大事にお過ごしください。 ・具合が悪いのですか?くれぐれもお大事になさってください。 よろしく 「くれぐれもよろしくお伝えください」は、その場にいない人に自分の気持ちや様子をうまい具合に伝えてほしい時に使います。 これは親しい間柄からビジネスシーンまで幅広く使うことができます。 ただし、目上の人に「くれぐれもよろしくお伝えください」というのは一般的には失礼にあたります。 それは、「伝え方はあなたに任せますので、うまく伝えてください」という、まるで相手に丸投げするような捉え方になるためです。 相手との関係にもよりますが、使用する際には注意が必要です。 例文をご紹介します。 ・〇〇さんにはいつもお世話になっております。 くれぐれもよろしくお伝えください。 ・来週ご自宅に伺わせていただきますので、ご家族にはくれぐれもよろしくお伝えください。 ・くれぐれも娘をよろしくお願いいたします。 お体 「くれぐれもお体に気をつけて」は、相手の健康やご自愛を願っていますという意味です。 「お体」は頭から足の先までの全身のことを表し、肉体的な健康を願う意味合いが強くなってきます。 ただし、「くれぐれもお体に気をつけて」という表現を目上の人に対して使うのは注意が必要です。 そのまま使うと命令口調と捉えられてしまう可能性があります。 上司や目上の人に使いたい場合は、「くれぐれもお体にお気をつけてお過ごしください」のように、より丁寧な表現を使うと良いでしょう。 例文をご紹介します。 ・まだまだ暑い日が続きますので、くれぐれもお体にお気をつけてお過ごしください。 ・熱が下がったとはいえ油断は禁物です。 くれぐれもお体にお気をつけて。 ・風邪は治り始めが肝心です。 くれぐれもお体にお気をつけてください。 お身体 願わくは 「願わくは」は、「願うところは」「望むことは」など、そうなることを強く望むという意味で、後ろに願望や希望を表す表現を付けて使います。 例文をご紹介します。 ・願わくは、今年も家族全員が健康で暮らせますように。 ・願わくは君に幸あらんことを。 ・願わくは、このふざけた話が夢でありますように。 どうぞ 「どうぞ」は、丁寧に頼んだり、心から願ったりする気持ちや、相手に物事を勧めたり、承諾・許可を与えたりする気持ち、ある状態や行動を実現させたいという気持ちなどを表します。 例文をご紹介します。 ・どうぞお気を付けください。 ・どうぞお召し上がりください。 ・どうぞ元気な赤子が生まれますように。 どうか 「どうか」は、心から丁寧に頼み込む気持ちを表します。 「どうぞ」とほぼ同じ使い方をされますが、「どうか」は無理を承知で頼むという意味が強いのに対し、「どうぞ」はどちらかというと勧誘の気持ちが強く、それをするかどうかは相手次第です。 例文をご紹介します。 ・どうかご了承ください。 ・どうかよろしくお願いします。 ・どうかこの事は内密にお願いします。 ぜひ 「ぜひ」は、心を込めて強く願う気持ちや、ある行動を強く勧める気もちを表します。 「どうしても」、「必ず」、「是が非でも」とも言い表します。 例文をご紹介します。 ・ぜひこの報告書をご覧になってください。 ・ぜひ一度ご来店ください。 ・ぜひ自分の目で確かめてみてください。 何卒 「何卒」は、相手に対して強く望む気持ちを表し、「どうぞ」や「どうか」と同じ意味ですが、より改まった場面で使う言葉です。 例文をご紹介します。 ・何卒ご容赦くだいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。 ・何卒ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。 ・朝晩すっかり冷え込んできました。 何卒ご自愛ください。 「くれぐれも」の目上の人への使い方 「くれぐれも」は敬語ではありませんが、丁寧に希望を伝えることができる言葉なので、目上の人に対して使うことに何も問題はありません。 ただし、ただ「くれぐれも」を付ければいいというわけではありません。 使い方に注意すべき点もあります。 では、どういった場面で、どのような使い方をすればいいのでしょうか。 いくつか例文とともに紹介していきます。 相手の体調を気遣う「くれぐれも」 まだまだ寒い日がつづきますので、くれぐれもお体にお気をつけてお過ごしください。 体調に気を付けてほしいときの言い回しの一例です。 相手が目上の人でなければ「くれぐれもお体にお気をつけて」だけの表現の仕方もありますが、目上の人に対してこのような言い方をすると命令しているように受け取られてしまう可能性があります。 目上の人に対して体調を気遣いたい時は、「お気をつけてください」や「お気をつけてお過ごしください」などの言葉を付けることで、より丁寧な表現になります。 注意を促したい時の「くれぐれも」 外は雨で滑りやすくなっておりますので、くれぐれもお足元お気を付けください。 何かに対して気を付けてほしいときの言い回しの例です。 「くれぐれも足元に気を付けて」を丁寧に言い換えた表現で、「足元」を「お足元」としたり、語尾に「~ください」と付け加えることで、失礼のないように相手に注意を促すことができます。 念を押してお願いしたい時の「くれぐれも」 くれぐれもご検討のほどお願いいたします。 何かを提案するときの、文章の締めとして用いられる言い回しです。 目上の人に対して「ご検討ください」という言い方は、相手を敬っているとは言えません。 語尾に「お願いいたします」を付けることで、相手に対して失礼のないようにお願いをすることができます。 状況にあわせた「くれぐれも」の使い方を 今回は「くれぐれも」の意味や使い方を、パターン別に例文と共にたくさん紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。 普段何気なく使っている言葉ですが、みなさんは正しい使い方ができていましたか。 「くれぐれも」は、「相手の体調を気遣う時」「十分に注意してほしいということを伝えたい時」「念を押してお願いしたい時」などに、自分の思いを強く込めて使う言葉です。 「ぜひ」や「どうか」など類語もいくつかありますが、「くれぐれも」は「呉呉も」と表記するように繰り返しの意味があります。 ですが、「どうしても」という自分の思いを伝える点では同じなので、基本的にはどれを使っても意味に差はありません。 普段はもちろん、目上の人にも使える言葉なので、念を押して何かを伝えたい時にぜひ「くれぐれも」を使ってみてはいかがですか。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の