ウイイレ 2020 クロップ。 クロップ監督のウイイレ(2020)情報!本の出版が話題に!年棒・身長・フォーメーションを大公開!

クロップ式リヴァプール完全再現の「最高戦術&フォーメーション」|ウイイレ2020myClubSIM攻略講座

ウイイレ 2020 クロップ

ウイイレアプリ2020:監督最強ランキング(使用感)<随時更新> ウイイレアプリ2020皆さんは監督選びどうしていますか? 2019と比べてだいぶ使用感が変わってきちゃったんで、どの監督にすればいいか分かりませんね! 個人的には中央攻撃が強い印象があるので2トップがおすすめですね。 まだまだ色々と分かってくることもあるので随時ランキングを変動しようと思います。 とりあえず10人の選手を選んでみました。 特徴的なフォーメーションの監督を選んでみました!! 選考ポイントはいつもどおり以下に設定しています。 攻撃力• 守備力• 使用感• 楽しさ• 逆転力 それではまずは10位から。 第13位:ゲールノート・ツアィツラー(4-3-3) 選考ポイント• 他には以下の監督がいます。 セルジオ・コンセイソン (おすすめ)• チム・ピッシア (おすすめ)• ベシーノ・ビバンコ• カルロス・カルヴァリャル 選考ポイント• マネジメント能力だとハミロ・アメリカーノがおすすめですが、フォメの形は大槻毅がFWが近くておすすめ。 ハミロ・アメリカーノ(780)• 片野坂知宏(650) 選考ポイント• 戦術が少しずつ変わってくるのでより良い監督がいたら変更していきます。 4-3-3(中央フラット)監督 監督名 マネジメント能力 ゲールノート・ツァイツラー 910 セシリオ・トゥナル 830 ジャニオ・カント 820 イヴ・ファンデルヘーゲ 730 ジャラル・ビン・ファウジ 720 ロベルト・プロシネツキ 710 4-3-3(中央V字型)監督 これが一番多いですね。 ランキングさせてません。 監督名 マネジメント能力 ファビオ・カンナバーロ 700 まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます。 とりあえずランキングだけです。 監督ごとの詳細なレビューは後で追加します。 今後も随時ランキングは見直していきたいと思います。 今回は急に4-2-4と3-2-2-3(3CFタイプ)が登場したのでランキングさせてみました。 4-2-4のブリジド・アルカ監督は本当に攻撃しやすいのでおすすめです。

次の

クロップ式リヴァプール完全再現の「最高戦術&フォーメーション」|ウイイレ2020myClubSIM攻略講座

ウイイレ 2020 クロップ

Contents• 今作の最強監督の戦術はこんなタイプ いきなり結論を言ってしまうと、今作の最強戦術は下記のとおりで、下の方で解説していきます。 フォーメーション 4-4-2(4CB-2CF) 4-3-3(4CB-3CF) 攻撃タイプ カウンター ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア 中央 ポジショニング フォメ重視/流動的 サポート距離 普通(4~6) 守備タイプ リトリート 追込みエリア 中央 プレッシング アグレッシブ ラインの高さ 高め(7以上) コンパクトネス 高め(7以上) WE2020 フォーメーション 結論から言うと中央突破が最強、ウイイレ2020の仕様上、誰がやっても強い戦術となっております。 そう認めざるを得ないような、発売から半年が経とうとしている今日このごろ、、ついに僕も認める日がきたということです。。 orz 4バックで4CBかあるいはサイドバックにコンセプトアレンジのディフェンシブ設定とかにすると、守備が堅くなって理想的。 中盤はサイドハーフとかいらなくて、3-1とか2-2の形でOMF、CMF、DMFで構成できるフォメが理想です。 トップは2トップか3トップでぜんぶCFにできる監督、あと下に説明してる攻撃コンセプトと守備コンセプトで、中央守備と中央突破に最適化された監督を選んでいく感じです。 攻撃コンセプトと守備コンセプト 解説の前に、ウイイレ2020の攻撃コンセプト、守備コンセプトについて基本をおさらい。 攻撃コンセプト 攻撃タイプ• カウンター• ボールを奪ったら前に仕掛けることを優先し、味方選手は積極的に飛び出します。 ポゼッション• スペースがあまり無い場合ボールキープを優先し、味方選手はボールを保持している選手のサポートに来ます。 ビルドアップ• ロングパス• 一気に前線にボールを蹴り込んで攻めていきます。 味方選手は長い縦パスが入りやすいよう相手選手をひきつけ、縦パスが入ったら2列目からサポートします。 ショートパス• 自陣から細かくパスをつないで崩していくスタイルです。 味方選手は一定の距離感を保ち、パスがつながりやすいようにします。 攻撃エリア• サイド• サイド攻撃メインで攻めるスタイルです。 中央で連携する動きが多くなります。 中央からの攻撃メインで攻めるスタイルです。 中央で連携する動きが多くなります。 ポジショニング• フォーメーション重視• 自分のポジションを守り、本来の位置からあまり離れずに動きます。 流動的• 味方とポジションを入れ替えたりしながら、流動的に動きます。 パスのサポート距離• この値が高いほど、距離をとってパスを受けるよう動きます。 守備コンセプト 守備タイプ• フォアチェック• ボールを奪われたら積極的にプレッシャーをかけ、できるだけ高い位置でボールを奪い返そうとします。 リトリート• ボールを奪われたら自陣に撤退し、守備のブロックを作ることを優先します。 追い込みエリア• 縦パスを出させないよう守備の網を張って中に追い込み、相手が横パスを出したところでボールを奪うことを狙います。 サイド• 相手をサイドに追い込むようにディフェンスし、相手が縦パスを出したところで挟み込んで奪うことを狙います。 プレッシング• アグレッシブ• ファーストディフェンダーはボールを奪うことを狙って、相手に積極的に当たりにいきます。 セーフティ• ファーストディフェンダーは簡単に抜かれないよう、相手に対し距離をとってプレーを遅らせるように行動します。 ディフェンスラインの高さ• この値が高いほど、ディフェンスラインの位置が高くなります。 コンパクトネス• この値が高いほど、守備時のライン間の距離と幅が狭くなります。 攻撃/守備コンセプトの解説 攻撃タイプ(カウンター) カウンターは速攻、ポゼッションは遅攻と単純に考えると、攻撃にかける人数がポゼッションの方が多く、カウンターの方が少なくてすみます。 ボール保持率はポゼッションの方が高いので、自チームの攻撃時間がそれだけ長くなり、相手のチャンスを少なくできます。 一長一短ですが、パスをつなぎにくい今作の感じから考えるとカウンターの方がやや有利のようです。 ビルドアップ(ショートパス) ロングパス戦術でもショートパスしたいときはありますが、それ用の位置取りをしてくれなくなってつなぎにくくなると困るので、オススメはショートパスです。 攻撃エリア(中央) 今作はサイド主体で攻めると、ちょっと対応が上手い相手やったり運が良くなかったりすると点が取れないという事態に陥りがちです。 中央からの攻撃のほうが圧倒的にバリエーションも豊富、シュート成功率も高いので、中央からまずは攻めてオプションでサイドも、という感覚が一番強いと思われます。 ポジショニング(フォメ重視/流動的) ポジショニングは、フォーメーション重視でも流動的でもどちらも一長一短やと思います。 フォメ重視は選手本来の役割に徹してくれるけど意外性には欠ける感じ、流動的はAIが賢くなっている今作では威力発揮してくれそうですが、ポジション入れ替わられると困る場合もありますよね。 サポート距離(4~6) サポート距離は近すぎるとパスで崩しにくくなるのと、遠すぎるとワンタッチパスがパスズレしやすくなるので、中間ぐらいがちょうど良いと思います。 長い距離のパスは相手を崩す上で効果的なので、パス出しに自信がある人はもうちょっと長めにしても強いと思います。 守備タイプ(リトリート) 崩すのが上手い人にフォアチェックはなかなか通用しづらいので、無難にリトリートで手固く守ることをオススメします。 ただ、フォアチェックがうまい人のプレスはめっちゃ攻めにくいです、そういう人もいます。 追い込みエリア(中央) 追い込みエリアは中央やと縦パスを切る、サイドやと横パスを切る動きをするんですが。 今作は縦パス入れて受けた選手がディフェンダー背負って次のプレーにつなげる、というプレーが強いので、その相手の縦パスを切る動きをしてくれる追い込みエリア中央がオススメです。 プレッシング(アグレッシブ) 引いて守るとはいえ、ボールを奪えるところでは奪わないといけないので、アグレッシブを選択します。 セーフティやと延々ポゼッションされてこっちの攻撃チャンスがない、という状況に陥る可能性があるかもです。 ディフェンスラインの高さ(7~) 足が遅いディフェンダーやとちょっとキツイ面もありつつ、相手のプレーするスペースを奪う高めのディフェンスラインをオススメします。 スピードがないディフェンダーを使う場合は、ちょっと低めの監督にしてもいいかもしれません。 コンパクトネス(7~) コンパクトネスが高いと左右のゆさぶりに弱かったりするものなんですが、サイドの攻撃がそんな強くない今作はサイドチェンジもそれほど怖れる必要なし。 ということで、中央をしっかり守れるコンパクトネス高めをオススメします。 WE2020 スノウさんがオススメする監督たち 上記を踏まえて、僕が使ってみて強かった監督と、これ強そうやなーと思った監督を20人ピックアップしてみました。 ゲーノルト・ツァイツラー もうお馴染み感が強い感じのツァイツラーことクロップ監督、3CFできたときのやつですね。 戦術もポゼッションのフォアチェックやけど、攻撃エリア、追い込みエリアともに中央で強いと思います。 クリスト・バルブエナ こちらもお馴染みバルブエナことシメオネ監督、僕は4-3-1-2使ってるけど違うタイプもあるんですね。 サポート距離以外すべて理想的な戦術の設定、これで勝てなかったら他の監督で勝つのもちょっとむずかしいかも。。 ルイス・エンリケ あんまり注目度は高くないかもしれないルイス・エンリケ監督、ポゼッションとフォアチェック以外完ぺき。 ポゼッションでも頑張ればカウンターできるし、フォアチェックも気をつけて守れば大丈夫な気もする。 フェルナンド・サントス 最強と名高いフェルナンド・サントス監督、自分より格下の相手なら負けない率高そう。 ただうまい人相手やと守備不安なのが否めないところ、極めたらもしかしたら最強かもしれないですね。 ニコラス・マナルト ビルドアップがロングで攻撃エリアサイドっていうのがちょっと気にはなりつつ、ちょっと息抜きにちょうどよさそうなマナルト監督。 PS4版ならフォワードにプレーエリア幅制限つけて、サイドに開かせないようにしたら強そうですね。 ピーチェ・ブール アヤックスのエリック・テン・ハフ監督で、3トップで追い込みエリアサイドって守備がけっこう難しいってウワサ。 でも3トップで攻撃コンセプトがカウンターショート中央のサポート距離4はめっちゃ強そう、使い慣れたら強い監督ぽいですね。 ヴラディミル・ペトコヴィッチ フォーメーションが5バックの1トップになってるけど、違うフォメで出てきたらお買い得なペトコヴィッチ監督。 クロップ監督の3CFに5バックとかならアリっちゃアリかもしれない、でも1トップを中央突破で使いこなすの難しそう。 キケ・セティエン こちらも強いってウワサのセティエン監督、リアルではまだ結果のこせてない感じではありつつ。。 ポゼッションでフォアチェックに気をつければあとは完ぺき、フォメも色んなタイプ出てるんでお好きなやつで。 ヤンネ・アンデション あとプレッシングがアグレッシブだったら、、アンデション監督、プレスは自分でかけていこう。 レスターの監督なんでブレンダン・ロジャース監督ですね、セルティックやリヴァプールも率いたことがある名将です。 アリッツ・アルカイデ ヘタフェの監督、フォメがサイドハーフの4-2-2-2で中央とサイド織り交ぜたカウンターが楽しそうな感じ。 ディフェンスラインが低めで、引いて守ってカウンターっていう上位相手のとき向けの監督、バランスは良さそう。 ロベルト・ドナドーニ ラインとコンパクトネスがやや低いけど、格上相手にあっと驚くジャイキリ期待できそうなドナドーニ監督。 僕もいま使おうとしてる監督やけども、4-3-1-2バージョンがめっちゃ出てほしい、今のままでもサイドハーフをCMFにして使おうとしてます。 ハミロ・アメリカーノ フォメがどーなんやと思うアメリカーノ監督、サイドハーフをウイングバックにしたら5バックになっていい感じかも。 ポゼッションなのとコンパクトネス低いのがやや気にはなりつつも、3CFできる魅力は激アツにちがいない感じ。 ホルヘ・ルラチ 前作とか前々作ぐらいで流行った4-1-3-2のホルヘ・ルラチ監督、アルアハリのオラロイって監督らしいッス。 ポゼッションなとこ以外はすべていい感じ、サイド攻撃も交えた中央突破とか期待できそうッスね。 ストーレ・ソルバッケン コペンハーゲンでハゲつながりなのかどうなのか、ソルバッケン監督もシメオネ監督のサイド開いた版みたいで強いと思います。 CMFをひとりDMFでアンカーにして、サイドも交えた中央突破で、けっこう強いと思います。 アポロ・ゴウヴェア サポート距離とラインの高さとコンパクトネス以外いい感じなゴウヴェア監督、韓国代表といえばパウロ・ベント監督ですね。 この4-1-3-2っていうのも、場合によっては4-3-1-2よりも強そうな気もしつつ、まだ今作では使えてません。 フィオン・ハレー Youtubeのガチキング企画でまやげかさんが使ってた監督、フォアチェックやけどうまくいけばカウンターにつながるしいい感じ。 うまい人はフォアチェックの方が守りやすかったりするんやろなと、中級者まではやっぱリトリートがオススメな感じではありますね。 ランサン・ヴィワチャイチョック ロングパスやけどこのタイ人監督強そう、なんせ3OMFできますからねと。 さいごリーチかかって3連敗とかもしたけど、なんとか達成できました。 応援してくれた皆さんのおかげです、ありがとうございました。 さいごレート800達成したときの監督は、アポロゴウヴェア監督でした。 4-3-1-2(2CF)か4-3-3(3CF)• カウンター• ショートパス• フォメ重視と流動的はどちらでも• サポート距離4~6• リトリート• アグレッシブ• ラインの高さ7以上• コンパクトネス7以上 ぜんぶ満たしてる監督ってなかなかいませんが、それに近い監督が出てきたら試してみる価値ありです。

次の

ウイイレアプリ2020 クロップ監督で作る擬似ツリー型人選解説

ウイイレ 2020 クロップ

ご覧いただきありがとうございます。 つきご()ともうします。 ウイニングイレブンでは、 監督選びは、プレーヤースキルと同じくらいに、とても重要です。 とはいえ、数多ある監督の中で、自分にあった監督と出会うのは至難の業。 そこで、今作の仕様にあった強い監督をご紹介させていただきます。 【オススメ監督紹介】ゲールノート・ツァイツラー(ユルゲン・クロップ)【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】 監督名 ゲールノート・ツァイツラー 実名 ユルゲン・クロップ 国籍 ドイツ 在籍情報 リヴァプール 4-3-3 オフェンシブ戦術 攻撃コンセプト 攻撃タイプ ポゼッション ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア 中央 ポジショニング 流動的 サポート距離 7 守備コンセプト 守備タイプ フォアチェック 追い込みエリア 中央 プレッシング アグレッシブ ディフェンスラインの高さ 8 コンパクトネス 8 ディフェンシブ戦術 攻撃コンセプト 攻撃タイプ ポゼッション ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア 中央 ポジショニング 流動的 サポート距離 3 守備コンセプト 守備タイプ フォアチェック 追い込みエリア 中央 プレッシング アグレッシブ ディフェンスラインの高さ 8 コンパクトネス 10 ゲールノート・ツァイツラー(ユルゲン・クロップ)の解説 今作で、かなり人気の高い監督です。 前線のST3枚をCFに変更できます。 いわゆる3CFの配置ができる監督です。 この監督については、ディフェンシブ戦術を使用するのがオススメです。 ディフェンシブ戦術の場合、サポート距離が3ということと、コンパクトネスが10ということで、非常に選手同士の距離感が近くなっています。 なので、3CFでのパス回しがとてもしやすくなりますし オフェンシブ戦術ですと、前線と中盤の距離が、離れがちになりやすいのですが それも防ぐことができます。 ディフェンスラインも高めなので、事故失点を軽減させる効果も期待できます。 相手に攻め勝っていきたいタイプの方に、オススメの監督です。 下記の記事では、4-3-3監督で、オススメの中盤選手(FP以外)の紹介と、スカッド構成の解説をしていいます。 獲得必至!強いオススメ監督をまとめて紹介! 下記の記事で 紹介させてもらう監督を数人でも保有していれば、myClubは戦っていけます。 ウイイレ(ウイニングイレブン)の監督の更新時間と解放の条件 PS4のサッカーゲーム「ウイイレ(ウイニングイレブン)」は、2020から監督の更新時間と更新頻度が変更になったので、更新頻度と解放条件を紹介します。 監督の更新時間と更新頻度 ウイイレ2020の監督の更新頻度は8時間ごとで、1日に3回、更新されます。 更新時間は、深夜0時、朝8時、夕方4時です。 木曜日の更新で、監督のフォーメーションが変更される場合があります。 同じ監督はリストアップされないので、新しいバージョンの監督が欲しい場合は、所持している監督を放出しなければ、リストに載りません。 たとえば、442のシメオネを持っている場合は、4312のシメオネはリストアップされません。 監督の解放条件 ウイイレの監督はロックがかかっており、初めはGPで購入することが出来ません。 このロックを解放する条件は試合数です。 試合数は戦績の「myclub戦績」で確認できます。 試合数は、ランクマッチ、SIM戦、COM戦の通算です。 監督の解放条件は、2019と同じだと思っていたので、データーを取り忘れたのですが、2020で条件が緩和されました。 2019では全監督を解放するのに500試合かかっていたのですが、2020では200試合で全監督が解放できると思います。 試合数180から190あたりで、マネージメント能力870のクリスト・バルブエナ(シメオネ監督)が解放されました。 注意点 監督に関する注意点は、先ほども紹介したとおり、取得している監督と同じ監督はリストアップされないという点です。 3CFのユルゲン・クロップが出たこともあるので、むやみやたらと監督を取るのには注意が必要です。 重複の獲得はできませんので、使わない監督は、放出したほうがいいですね。 ユルゲン・クロップの戦術 クロップ監督の戦術を 語る上では欠かせない 役割を担う ゲーゲンプレス。 言い換えたら カウンタープレスですね。 相手にボールを 奪われた瞬間に スイッチを入れ、 数秒以内に ボールを奪い取り カウンターアタックを 仕掛けることを前提に 動く方法の ことを言います。 攻守の切り替えが 大事になってくるので 90分間で10㎞以上 走ることのできる スタミナが確実必須です。 またボールを奪い返したら ゴールまでの素早い判断力、 敵を掻い潜るプレービジョン がないといけないので テクニックも必要な 戦術です。 クロップ監督率いる リバプールでは間違いなく トップクラスの選手たちが どのポジションでも 揃っています。 相手がカウンターを 警戒して引きこもって 守備を固めた場合であっても 前線の快速スーパーアフリカンコンビ サラー、マネ にロングフィードが 繋がれば後はもうゴールなんて ちょちょいのちょいなもんです。

次の