ジオルド。 マリア・キャンベル (まりあきゃんべる)とは【ピクシブ百科事典】

「はめふら」深い眠りに落ちたカタリナを前にジオルドたちは…第11話先行カット

ジオルド

in a pickleで「窮地に立つ」や「困っている」という意味になります。 picckleは漬物やピクルス。 redditの反応 249 points やっぱりネタバレあっちゃんがみんなを救う。 redditの反応 143 points 今日のニコルは、これまでの全話の台詞を足したものよりも多く話したと思う。 redditの反応 126 points どうして部屋に雨が降っているんだ? 美しいエピソード。 ついにあっちゃんとカタリナの本当の顔が見られたな。 とても良い友人だったらしい。 彼女は本当に多くの人の人生に影響を与えてきたんだな。 生徒会長には子供時代の大きなトラウマがあるらしい。 だから操られているんだろう。 根っからの悪人には見えない。 ただ失ったんだ。 カタリナは間違いなく本当の彼に触れて、そして次回のフィナーレで彼をハーレムに加えるはず。 アンがカタリナに水を飲ませることを失敗して、ジオルドはマウストゥマウスをする。 あの瞬間に彼が感じていた絶望をとても良く捉えていたと思う。 ジオルドがカタリナをとても愛していることをみんなすぐ忘れる。 だからあのシーンで誤解する。 redditの反応 99 points 伝統の眠り姫だと思った? すまんな、眠りBakaのイベントホライゾンに入ってレアリティディストーションイベントに進むよ。 redditの反応 83 points ソフィアがバカリナの危機を救う! 後は最後の攻略対象を攻略するだけだ!(最後?…もちろん、バカリナのハーレムがこれ以上大きくなるはずないよな!) redditの反応 36 points あっちゃん、前世でいちばんの親友。 ソフィアとしてもMVP… MALの反応 ソフィアとあっちゃんの交流を見ていると、ソフィアにあっちゃんの記憶を全て思いだして欲しくなる! とっても気持ちに訴えるエピソード。 特に再びあっちゃんと別れるシーン。 MALの反応 あっちゃんはどうなったんだろう?彼女がソフィア?それとも内側にソフィアがいるの? MALの反応 とっても感動的なエピソード。 このお気楽なショーに危うく泣かされるとは思わなかった。 全員がとっても好きだ。 とてもラブリーなあっちゃんとの再会。 強い友情は世界を超える。 MALの反応 キスシーンに関して文句を言うためにここに来た。 漫画を読んでいないから驚いたよ。 しかし何と言う悪いタイミング。 かなり嫌な気分になった。 MALの反応 さらばあっちゃん。 最高の友達。 カタリナがみんなにもたらした変化を聞いていると泣きそうになった。 特に、友のために彼女の近くにいるだけで満足するよう自分に課しているニコル。 ソフィアとあっちゃんのつながりはどうなっているんだろう。 ただのプロットの都合や夢以上のものを感じる。 Lol 何があってもgenkiな帰還になるカタリナ。 もうバカリナに切り替わったらしい lol 次回は闇を飼いならすエピソードの様だ。 この素晴らしい旅が残り一話であることは悲しいけど、しっかりしたフィニッシュになる。 MALの反応 ニンジンや他の物は見たことあるけど、キュウリは初めてだと思う。 良く出来ていたし、感動も期待以上で良かったよ。 引用:reddit, MAL MALスコアは7. ジオルドのシーンは受け取り方に差があったみたいですね。 あっちゃんとソフィア、カタリナの夢(?)のシーンへの反応も多かったです。

次の

ジオルド・スティアートの声優はイケメン!作品名の他のアニメ情報まとめ

ジオルド

今回のノートでは、ユーザーの「負の性欲」を軽くソフトに慰めてくれる二次元キャラクターをご紹介。 主役による対象の弄び方が全然ハードではないので、嗜虐性が弱めの方にも安心してオススメできる作品です。 「 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」より、 ジオルド・スティアート王子と キース・クラエスくんを取り上げます。 負の性欲とは 一応、「 負の性欲」の概念とそれに由来する 嗜虐性についての説明を軽く書かせて頂きます。 最も広義の意味としては、「エロをヨコセ!」という態度から精神的報酬を得る欲望を「正の性欲」とするとき、「エロはイラネー」という態度から精神的報酬を得る欲望が「負の性欲」となります。 そして、性欲が「嗜虐性」として発露する場合、「正の性欲」では「被欲情者 色っぽいキャラ 」に対して「お前のエロをヨコセ!」という侵略・強奪の方向性で表出します。 一方、「負の性欲」由来の嗜虐性では「欲情者 好色なキャラ 」に対して「お前のエロはイラネー」という侮辱・嘲笑の方向性で表出します。 ざっくり言えば、「惚れた方の負け」における勝者キャラに矛先が向くのが「正の性欲」由来の嗜虐性。 敗者キャラに矛先が向くのが 「負の性欲」由来の嗜虐性です。 正も負も、想定ユーザーの嗜虐性が強すぎる場合には、作品の内容が、嗜虐対象キャラに対する苛烈なマウンティング 示威行為 となってしまうところは共通です。 とはいえ、それは悪いことでもなんでも無く、ユーザーが自身の嗜虐性に関して、二次元を活用して楽しく慰め、上手にコントロールしながら付き合っていくのは、むしろ人間として素晴らしい在り方です。 リアル世界の実在他者に嗜虐性を向けなければ、何の問題もありません。 「正の性欲」由来の嗜虐性が究極的にハードな場合には、色っぽいキャラが無理矢理にヒィヒィ言わされるシチュがユーザーに希望されます。 一方、「負の性欲」由来の嗜虐性が 究極的にハードな場合には、好色なキャラが 独り相撲な欲情姿を 侮辱・嘲笑されズタボロにされるシチュがユーザーに希望されます。 しかし、嗜虐性がソフトな場合においては、キャラクター同士の関係性の楽しいスパイスともなるでしょう。 ソフトな「正の性欲」では「主役が相手役に対して、ちょっと激しすぎる片思いをする」くらいになる。 そして、ソフトな「負の性欲」では「主役が 相手役からの好意に、ちょっと鈍感すぎる」くらいになることで相手役に 恋の独り相撲を取らせ、ユーザーの備える「 相手をヤキモキさせてやりたい、 ちょっと イジワルな気持ち」を心地よくくすぐってくれる筈です。 今回のnoteで紹介する「 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」の主役キャラ「カタリナ・クラエス」も、「相手役からの好意に、ちょっと鈍感すぎる主役」ゆえに、相手役たちに 恋の独り相撲を取らせてくれます。 「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」とは まず、本作「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」 以降 はめふら は2020年4月にアニメ化を控えており、Youtubeのアニメ化決定を報じる動画にて、概要がうまく纏められています。 題名になっている通り、乙女ゲームのライバルキャラポジションの令嬢が、自身の 前世として、 当該乙女ゲームのプレイ経験のある地球人の記憶を手に入れてしまうところから本編が開始する物語です。 さて、本作「はめふら」の舞台となる、架空の乙女ゲーム「フォーチュン・ラバー」の世界には、攻略対象として 王侯貴族の美男子たちが存在しています。 しかし、美男子たちはいずれも、社交辞令や権力闘争に腐心する貴族社会に対して酷く倦んでおり、そんな折に平民である原作主人公の 朗らかさに触れ、そこに強い安心感を覚えることで攻略されていくことに。 小学生の頃はお兄ちゃん二人と一緒に山でサルのように遊び回り、中学生以降は友人の誘いでどっぷりオタク文化に浸かってアニメ・ゲームとポテトチップスが手放せない生活を送っていた享年17歳の日本人。 死後に転生した剣と魔法のファンタジー世界では、公爵家という高級貴族の令嬢に生まれ、前世の記憶を生かして貴族らしからぬ破天荒で野猿的な生き様を周囲に見せつけていきます。 乙女ゲーム「フォーチュン・ラバー」の 架空の 原作シナリオでは「貴族ばかりが通う魔法学園に平民の主人公が15歳の春に入学してくる」という内容になっています。 つまり原作主人公と美男子たちとの初対面は日本でいう高校生くらい。 一方、「はめふら」本編のストーリーでは、主役キャラの立場が、最高位貴族の美男子たちとも子供の頃から接点をもつことの出来る 公爵家の令嬢である、ということもあり、魔法学園入学以前の 子供時代の美男子たちと触れ合うことが出来ます。 原作主人公も、公爵令嬢カタリナに生まれ変わった地球人も、どちらも貴族美男子たちの冷えた心を温められる 平民特有の朗らかさを備えている点は共通ですが、 子供の頃からお知り合いになることが可能という点が、公爵令嬢の 圧倒的な旨みである、と私は感じています。 子供時代の美男子たちは本当に 可愛らしくてグッドなのです。 特に漫画版1巻では実際にちっこい姿を拝むことが出来ます。 なお、公爵令嬢カタリナ・クラエスが前世の記憶を取り戻すのは 8歳のある日であるため、同年代の相手役達も8歳~10歳くらいの年齢で初登場してくれます。 「ジオルド・スティアート王子」とは ジオルド・スティアート王子とは、「はめふら」における第一の相手役キャラであり、王国第3王子にして、類まれな神童っぷりを誇る男の子です。 なにをさせても簡単に優秀な成績をおさめることの出来る神童ジオルドは、幼児の頃より思い通りになりすぎる人生に対して飽きを感じており、その謙虚で誠実そうな外面とは裏腹に、周囲の貴族たちを見下しきったドSの本性を抱えています。 しかし、そんなジオルドも唯一、貴族とは行動パターンが違いすぎる平民の原作主人公には、他に代えがたい面白みを見出し、その朗らかさに触れるうちに恋愛的執着も備えるようになっていきます。 原作時点のジオルドは 形式上の婚約者である公爵令嬢カタリナから熱烈に片思い される側の存在であり、将来ジオルドが原作主人公と結ばれたくなったときには、カタリナを障害と見做して国外追放、ないしジオルド御自らカタリナを剣の錆にして殺害する役どころとなっています。 しかし「はめふら」本編においては、カタリナ・クラエスが前世である 地球人としての記憶を取り戻し、原作主人公を遥かに上回る面白キャラになっていることから、ジオルドはカタリナと共に過ごす日々に強い刺激を覚え、形式上の婚約者の立場に留まらず、ガチ恋の上での結婚を目指すように変化していきました。 野生の猿のように破天荒すぎる本編のカタリナに魅了され、強い執着を抱かされてしまったジオルド王子。 が、一方のカタリナは原作におけるジオルドによるカタリナへの所業から、ジオルドによってもたらされる「破滅」に対する警戒心を抱きまくっており、ジオルドと自身との恋愛関係に関しては 完全に盲点となっています。 たとえば漫画版1巻に収録されているオマケ小説でのカタリナに関して。 ジオルド王子が内心でカタリナに恋焦がれてハグを望んだというのに、 親愛の情によるハグだと信じて、恋愛の要素を 微塵も検討しない様子が描かれていました。 これは並外れた鈍感さです。 まるでSF作品における、恋愛機能が未インストールなAIキャラクターの如きピュアさ。 ジオルドが自身との婚約者関係を維持しようと腐心するのも、恋心ゆえではなく、将来のジオルドの妃ポジションを狙う貴族令嬢たちへの防波堤とするためなのだろうと考えています。 「自分としては相手役からの情をまるで欲してないのに、相手役から一方的に欲情されてしまう」という前提に立った上で「相手役に恋の独り相撲を取らせてヤキモキさせてあげたい」という、ユーザーの 「負の性欲」由来の ソフトな 嗜虐性を、ジオルド王子を用いて慰めさせてくれる、優秀な語り部カタリナ・クラエスなのです。 神童で完璧超人なのに、ことカタリナとの関係性においては調子外れた姿を晒してくれるジオルド王子は、ユーザーにとって可愛らしく受け止められる筈です。 「キース・クラエス」とは 「はめふら」における第二の相手役キャラであるキース・クラエスは、魔法の能力にとても秀でた人物なのですが、母親が娼婦であるという出自から貴族社会の中で疎んじられて育っており、乙女ゲームとしての 架空の 原作シナリオでは心の隙間を埋めるために貴族の女たちを弄んでは捨てるという、セクシー担当の悪いイケメンになっていました。 なお、クラエス姓から見て取れるように、カタリナ・クラエスにとっては親族、具体的には弟に当たります。 ただし、キースが養子であるため血の繋がりはありません。 原作シナリオでは、やっぱり主人公の平民特有の朗らかさによって幼少期からの「孤独」を癒やされて愛に目覚めたキース。 そして、キースもジオルドと同様、悪役令嬢たる原作カタリナが義弟キースと平民女の婚姻を執拗に妨害することから、カタリナを国外追放ないし魔法攻撃をもって殺害する役回りとなります。 それまでずっと娼婦の子として貴族社会の中で冷遇されてきたキースは、養子に貰われた先で出会ったカタリナ・クラエスからいきなりの溺愛を受けて、コロっと恋に落とされました。 原作シナリオでは女性貴族を弄ぶという悪いセクシー兄ちゃんになってしまうキースも、「はめふら」本編では大好きなカタリナのために自身の魔法の才を役立てたい、という健気な男の子に。 一方で、カタリナ・クラエスと来たら、「好きな人を守るために魔法を上達させたい」というキースくんの発言を受けても、その好きな人が自分であるとは微塵も思わない鈍感さを見せてきます。 ジオルド王子からのハグを友人としてのハグだと信じて疑わないように、キースくんからのハグは自分を義姉として慕ってのことだと完全に決めてかかる。 また、ジオルド王子とキースくんがカタリナを巡って恋のライバル関係になっていても、カタリナにとってはただ純粋に仲良しなだけの二人に見えていたり。 なお、ジオルドはカタリナを慕って3日に1回のペースで公爵邸を訪れますが、義弟たるキースは毎日をカタリナと共に過ごします。 私的には、単純接触効果もあって、主役の行く先にしょっちゅう同行してくれるキースが相手役たちの中では一番好きです。 おわりに 毎日一緒に過ごすキースくんや、3日に1回通ってくるジオルド王子の他、 週に2回通ってくる「親戚筋の貴族令嬢」や、 週に1回通ってくる「ジオルド王子の双子の弟くん」などなど、「はめふら」では多くのキャラが野生児令嬢カタリナ・クラエスに性の別を問わず恋愛感情的に魅了され、入れ代わり立ち代わりで公爵邸を訪れてくることに。 語り部カタリナ・クラエスはユーザーに対し、ときに白々しいくらいの鈍感さでもって、 片思いによって踊らされる相手役たちの姿を提供してくれます。 さりとて、恋の独り相撲を取らされる相手役たちの様子も、悪趣味に見えにくい感じの ソフトな仕上がりとなっているため、読んでいてもユーザーは不快感をさほど覚えない、という可能性が高いです。 「惚れた方の負け」の敗者キャラを玩具にしたい「負の性欲」に由来する嗜虐性はあれども、あんまり悪趣味なのは受け付けない、という人に「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」はとてもオススメできる作品です。 ちなみに、小説版に関しては「なろう小説」でも楽しむことが可能です。 小説版では、漫画版だけでは見えない相手役たちの内心が描かれていたりするので、漫画版が楽しめた人には小説版もオススメ。 ただし、カタリナ・クラエスの担当メイドであるアン・シェリーの目線から、「カタリナお嬢様が、他者の恋愛感情をまったく求めないにも関わらず、他者から熱烈に情を捧げられまくってしまう存在であること」が怒涛のように語られるエピソードたる21話。 当該エピソードについては、 「イラネーのに迫られちゃう」という「負の性欲」のひとつの精髄が濃縮されており、「負の性欲」に免疫のない人には、精神的にちょっぴり胸焼け・胃もたれ気味になる、かもしれません。 というところで今回のnoteを終わります。 お付き合い頂きありがとうございました。 Twitterでもお喋りしています。 下記のツイートをRT リツイート して頂けると、とても助かります。

次の

「はめふら」深い眠りに落ちたカタリナを前にジオルドたちは…第11話先行カット

ジオルド

しかし8歳の時に頭を強く打った際に、この世界が転生前に攻略していた「FORTUNE LOVER(フォーチュンラバー)」という乙女ゲームの世界だということを思い出します。 記憶を思い出した後は、元の庶民だった性格が強く出て、落ちたお菓子を拾い食いするほど食い意地のはった、 元気いっぱいで素直な性格に別人のように変わります。 破滅フラグを回避しようと、国外追放されても行きていけるように魔法の能力を磨きます。 その方法は、まさかの 「畑作り」。 カタリナの魔法属性は「土」で、カタリナ自身が「土ボコ」というほど 地面をちょこっと盛り上げて人を転ばせることくらいしかできません。 (ゲーム内ではその魔法を使って主人公を転ばせるなどして悪用していました) そこで、「土と対話するなら畑」と転生前の祖母のアドバイスに従って、畑づくりのスキルをせっせと磨きます。 また、畑作りのスキルがあれば、身ひとつで国外追放されても行きていけると思ってのことです。 この視点からもわかるように、カタリナはどこか視点がズレていて、 難しいことを考え続けることができない性格です。 なにか問題が起こった時は脳内に複数のカタリナが円座になって、問題解決策を募ります。 導き出された解決策はピントのズレた案ですが、もともとお人好しの転生前の性格が強くでていて、そこが 裏表のないカタリナの魅力にもなっています。 この畑作りエピソードでは腹黒の第三王子・ジオルドの完璧仮面も一瞬笑いで剥がれ落ちてしまうほどで、 正式に婚約が成立してしまいました。 またうっかりした性格からメアリと婚約予定の第四王子・アランのセリフを悪気なく奪ってしまうなど転生前に得たゲームの知識でトラブルを巻き起こしたりもしています。 困っている人を見過ごせない性格で、 男女問わず人たらしの面があります。 反面、色恋にはまったく免疫がなくジオルドからのあからさまなアプローチにもまったく気づいていません。 首筋にキスマークをつけられても「虫?」と思ってしまうほどの激ニブでもあります。 攻略対象と悪役令嬢カタリナとの関係は? 【新刊情報】『 1巻』本日入荷しましたユリ!! 話題沸騰の待望のコミックス化です!! ぜひぜひお求めくださいユリ!! 原作 キャラクター原案・コミック — アニメイト新百合ヶ丘店 animatesyrgok 乙女ゲームの攻略対象と転生後のカタリナの関係について紹介します。 【悪役令嬢カタリナとの関係】第三王子……ジオルド・スティアート なんでもできる天才肌で、毎日に飽き飽きしていたところ、自分の 予想外の行動をするカタリナから目が離せなくなってしまいました。 なにがなんでも婚約解消はしない姿勢を貫いています。 ちなみに蛇が苦手ですが、カタリナからは破滅エンド回避のために蛇のオモチャを投げつけられたことがあります。 まわりはジオルドの完璧仮面にだまされていますが、カタリナはいち早く疲れているジオルドに気づきました。 カタリナはジオルドにとって 魅力的で、安らぐ存在になっています。 【悪役令嬢カタリナとの関係】第四王子……アラン・スティアート ジオルドの双子の弟ですが、完璧超人の兄と比べられてきたため コンプレックスからひねくれた性格をしています。 優しげな王子然としたジオルドとは違い、 ワイルドな風貌をしています。 婚約者であるメアリがあまりにもカタリナのことを話題にするので嫉妬をして家を訪ねてきます。 木登りの勝負を持ちかけられて面食らうも、負けじと勝負を挑みカタリナと仲良くなります。 野性的な風貌に似合わず、 楽器の演奏が得意で、そのことをカタリナに絶賛されました。 アランにはアランの良さがあると教えてくれたカタリナを密かに想っています。 妹のように想っている婚約者のメアリとはジオルドの魔の手からカタリナを護るべく同盟を組んでいます。 傍目からはメアリとお似合いのカップルのように思われていますが、実情は違っています。 【悪役令嬢カタリナとの関係】義弟……キース・クラエス カタリナの 義弟です。 クラエス家に引き取られる前は兄弟から虐げられるなど過酷な経験をしました。 ゲーム版では義姉のカタリナ・義母から冷たくされて愛情不足に陥り、 女性と浮名を流すプレイボーイに育ちます。 転生後のカタリナは「愛情不足になってチャラ男になるから破滅フラグが訪れてしまう。 だったら 私がかまってあげればいい!」と優しく接します。 カタリナの母から冷遇されていたのは、夫の愛人の子供だと誤解があったからですが、カタリナのおかげで早期に誤解は解決されました。 「かわいいから」と夜着姿をカタリナに見せられるなど、まったく 男扱いされていないことが悩みです。 プレイボーイどころかまるで ヘタレの扱いになっています。 暴走しがちなカタリナの監督役として、誤解がとけた義母からは絶大な信頼を寄せられています。 悩みは最近積極的になってきたジオルドの魔の手からいかにカタリナを守るか、という点です。 【悪役令嬢カタリナとの関係】宰相の息子……ニコル・アスカルト 成長するに従って 色気がムンムンのニコル。 男女問わず、その魅惑の微笑みには失神者が出るほどの威力があります。 カタリナ曰くまるでロマンス小説に出てくる「 魔性の伯爵」のよう。 ロマンス小説仲間である妹のソフィアの付き添いでクラエス家を訪れた際に、カタリナと出会います。 アルビノ風の妹のことを口さがなく言われ辟易していた中、カタリナに「 ご両親はあんなに素敵で妹さんはあんなに可愛くて、ニコル様は本当に幸せ者ですわね」と言われたことがきっかけでカタリナに惹かれます。 真面目な性格のため婚約者のいるカタリナに想いを寄せることはやめようとしますが、両親も実は略奪婚だったと妹ソフィアからはけしかけられています。 この主要攻略対象の4人以外にも、 メイドのアンや 友人のメアリ、 ソフィア、本来の乙女ゲームの主人公・ マリア、 ソラからも想いを寄せられています。 スポンサーリンク 悪役令嬢カタリナに転生する前はどんな女の子だった? 転生前は男兄弟と野山を駆けずり回っていた「野猿」と呼ばれた女の子です。 特技は「木登り」。 女友達からすすめられた乙女ゲームにハマって母親に怒られるほどやり込んでいました。 高校生の時に、交通事故で亡くなってしまいました。 ちなみにこの「木登り」のスキルは、カタリナになっても活かされていて第四王子・アランとの勝負で勝っています。 (そもそも王子は木登りなんてしたことがありませんので、この勝負には度肝を抜かれていました) 悪役令嬢カタリナの破滅フラグとは? 乙女ゲーム版のカタリナは、主人公ヒロインと攻略対象のジオルドが ハッピーエンドで国外追放、 バッドエンドで死亡、といった破滅フラグが待ち受けています。 ちなみに、他の逆ハーレムエンド、義弟のキースエンドでも同じくハッピーエンドで国外追放、バッドエンドで死亡になっています。 転生したカタリナは、この破滅フラグを回避する努力をします。 それがこの小説のメインストーリーとなっています。 スポンサーリンク 悪役令嬢カタリナはジオルドと婚約破棄できる? カタリナは、ジオルドとの婚約破棄を狙っています。 ジオルドとの婚約は、カタリナが自分の不注意で額につけてしまった傷が原因です。 カタリナは初めてみる理想の王子様に我を忘れてベッタリくっつきすぎてしまい、結果王子に激突して転倒。 転んだ拍子に額を石でザックリと切ってしまったのでした。 嫁入り前の貴族の女性の顔に傷をつけてしまったと、ジオルドは責任をとってカタリナと婚約します。 ゲーム版のカタリナは、そのことを盾にとり婚約者という立場で主人公ヒロインをいじめます。 転生したカタリナは破滅エンドを回避すべく、額の傷が消えたタイミングで婚約解消を申し出ますがジオルドに 「まだ傷は残っている」と言われ婚約解消には至っていません。 【悪役令嬢カタリナ】まとめ 小説と漫画もどちらも面白くて、あっという間に読み終わってしまいます。 小説はライトノベルだけあってサクサク読めます。 小説が原作の漫画ですが、忠実にコミカライズされているので、漫画で読んだ後、続きが気になる場合は小説、と飛ばして読んでもつじつまが合います。 小説版では 学園を卒業をして就職した後の成長したカタリナの活躍が読めるのでおすすめです。 特に大人になると ジオルド王子からのアプローチが熱烈でニヤニヤします! 最近話題の「悪役令嬢モノ」ですが、一番人気なのもわかります。 キャラ作りや過去背景がしっかりしているので大人でもしっかり楽しめます。

次の