メリー クリスマス の 意味。 メリークリスマスのメリーの意味は?

メリークリスマス!の「メリー」ってどういう意味?

メリー クリスマス の 意味

(あなたにとって楽しいクリスマスとお正月を願います。 (楽しさあふれる幸せなクリスマスになるように!) -May love and luck surround you always and forever. (あなたの周りに愛と幸福をいつもそして永遠に祈ります) -May the charming Christmas lights, fill your life with light of joy. (かわいいクリスマスの明かりがあなたの生活に喜びの明かりとともに) -Have a great and wonderful Christmas and New Year! (素晴らしく指摘なクリスマスとお正月を!) -With best wishes for Merry Christmas. Happy Christmas! (今年もその時がきたよ!クリスマス親愛なるあなたへ!幸せなクリスマスを!) -To warm your heart this holiday season! (この休日のシーズン、あなたの心を暖めます!) -This Christmas, I want you to be happy and feel the luckiest in this world. Merry Christmas! (このクリスマス、幸せにそして世界で一番の幸運を。 (あなたにとって素敵な休日を願います) -I wish you all the best that life can bring. (あなたのすべての最高を生活がもたらしますように) クリスマスカードの書き方:ロマンチック編 次にすこーしシチュエーションをかえてロマンチックな場面での使い方。 親しい家族、恋人、、、、そんな人に普段はなかなか感謝の気持ちを伝えるのは恥ずかしい! そんなときにもクリスマスカードのメッセージで普段の感謝の気持ちを兼ねて伝えてしまいましょう! -You always make me happy! (楽しいクリスマスを世界で一番好きな人へ) -Thank You for always listening to me! (いつもそばで話しを聴いてくれてありがとう!) -Lovely lights and lovely you. May all you wishes come true. (素敵な明かり、素敵なあなた。 (あなたの日々が楽しくそして明るく) -I love celebrating the holiday with you. (あなたと休日をお祝いできてうれしい!) -Merry Christmas from all of us! (私たち全員からメリークリスマス!愛とハーモニーの季節はここに!) 上記はややロマンチックなメッセージです。 より家族や友達向けという場合はこちらのメッセージがオススメです! -To all my family and friends(私の家族そして友達のみんなへ) Many your Christmas be filled with moments of fun and laughter with the ones you love, and may you have a safe and happy holiday. (クリスマスは楽しい瞬間であふれ愛する人とともに笑い、そして幸せで安心(平和)な休日になりますように) -Warmest wishes to you and your family. (一番暖かな願いをあなたとあなたの家族へ) いかがでしたでしょう? 思ったよりも多くの表現がありましたね。 カードに書くものなので覚える必要はないです。

次の

「メリークリスマス」の意味は?海外では言わない理由も知っておかなきゃやばい

メリー クリスマス の 意味

今から約2000年前、ユダヤ(イスラエル)のナザレという村に住むマリアという乙女のもとに、天使ガブリエルが訪れます。 天使ガブリエルはマリアに「あなたは神の子を身ごもる」という神のお告げをもたらしたのです。 驚いたマリアでしたが「仰せの通りになりますように」と答えました。 そのころユダヤを治めていたローマ皇帝アウグストゥスは、ユダヤの全住民に住民登録をするように命令を下しました。 マリアの許婚であるヨセフは、身重のマリアを連れて故郷であるベツレヘムに向かいました。 宿屋に空きはなく、旅の途中で産気づいたマリアは牛やロバのいる小屋でイエス・キリストを出産し、幼いイエスは飼い葉桶に寝かされたといわれています。 イエスが生まれると、羊飼いが夜通し羊の群を番をするところに天使が現れ、救世主が生まれたことを伝えます。 急いで小屋に向かった羊飼いたちは、飼い葉桶に寝かされているイエスを拝みます。 救い主を最初に訪れたのは、この貧しい羊飼いたちだったとされています。 また遠く東の国では、占星術の博士たちがトップスター(ベツレヘムの星)によって新しい王が生まれたことを知り、イエスを訪ねてきます。 彼らはイエスを拝み、黄金、乳香、没薬を贈りました。 日本でも、クリスマスにカトリック教会ではキリスト生誕時の情景を表したジオラマが飾られたり、キリスト教の幼稚園・保育園・小学校ではクリスマスのお遊戯会でイエス誕生の様子の劇(聖劇)を子どもたちが演じたりします。 聖書などの古代から残る書物には詳細なキリストの誕生日について言及されているものはみつかっていないようです。 ではなぜ12月25日になったのでしょうか。 キリスト教が広まりはじめたローマ時代にヨーロッパで冬至のお祭りが盛んにおこなわれていたそうです。 冬至とは、一年のうち日が出ている時間が一番短くなる日です。 この日を境にまた日照時間がどんどん長くなっていため、新しい太陽の神様の誕生を祝うという意味で「太陽の生誕祭」とされていました。 イエスキリストの誕生日は日付が特に残っていないため、この日をキリストの生誕祭にしようという流れになり、現在のクリスマスの日付になったとそうですよ。 ) 12月24日のクリスマスイブにはいったいどんな意味が込められているのでしょうか。 クリスマスイブはクリスマスの前日という認識をされている方もいるでしょう。 しかし正確にはそうではないようです。 キリスト教のユダヤ暦では日没=日付の変わり目としています。 つまりクリスマスイブにすでにクリスマスが始まっているのです。 そのため教会でもイブの夕方からミサを行っているのですね。 日本では12月24日、25日の過ごし方にはあまり差はないかもしれませんが、アメリカでは夕方から教会へ出かけるのがポピュラーな過ごし方だそうです。 また、日本ではカップルで過ごすことが多いようですが、アメリカでは恋人がいても家族優先で過ごすとされています。 クリスマスの時期の挨拶としてよく使われる「メリークリスマス」という言葉には、どのような意味があるのでしょうか。 メリー・クリスマスは英語で「Merry Christmas」と言います。 「I wish you a merry Christmas! 」「We wish you a merry Christmas! 」の略であり、merryには「陽気な」「楽しい」という意味があります。 つまり「楽しいクリスマスを! 」という意味です。 日本ではクリスマスイブやクリスマス当日に「メリークリスマス」の挨拶をしますが、欧米では11月の終わりごろから別れ際の挨拶としても使われるようです。 またアメリカでは「メリークリスマス」が一般的ですが、イギリスでは「ハッピークリスマス」という言葉をよく使うようです。 有名なハリー・ポッターのなかにも「ハッピークリスマス」という言葉が登場しますね。 ただし最近のアメリカでは 「メリークリスマス」よりも「ハッピーホリデイズ」という言葉が主流です。 アメリカは移民国家のため、キリスト教以外の宗教の人も多く住んでいます。 相手がキリスト教徒ではないことも多く、どの宗教を信仰する人に対しても使える「ハッピーホリデイズ」がクリスマスカードなどに使う言葉としても一般的になってきているそうです。 クリスマスといえば、ツリーを飾るのが一般的ですよね。 ではクリスマスツリーを飾る習慣はいったいどこから始まったのでしょうか。 実はクリスマスツリーは、キリスト教とは関係はなく、北欧で暮らしていた古代ゲルマン民族の冬のお祭りからきているといわれています。 8世紀ごろのこと、北欧の厳しい寒さにも強いかしの木は「永遠の命の象徴」と称され、もみの木に宿る小人が村に幸せを運んでくれるという信仰が広まったことがはじまりだといわれています。 かしの木を飾りつけることで幸せを運ぶ小人がその気にとどまり、力を与えてくれるとされていました。 やがて、ゲルマン民族はキリスト教に改宗されていきます。 その際にキリスト教と大きく関わりのあるもみの木が、樫木のかわりになったそうです。 もみの木は三角形の形をしており、キリスト教の信仰である三位一体を表しているため、こちらが採用されたという流れがあります。 では彼はいったいどこからやってきたのでしょうか。 サンタクロースの起源は4世紀ごろ、現在のトルコの司祭だった「聖ニコラス」がモデルだといわれています。 彼はとても裕福な家で育ちましたが、一方で貧しい人を助け、自分の持っているものを与えていたそうです。 ニコラウスの近所には大変貧しい家族が住んでいました。 娘が3人おり、彼女たちは結婚を望んでいましたが、家が貧しいゆえにこのままでは娼婦にならなければいけないという状況にいました。 ニコラウスはその話を耳にし、ある夜に貧しい一家の家の煙突から金貨を投げ入れました。 その金貨が暖炉の近くにあった靴下の中に入り、娘たちはそのお金で救われた…という伝説があるそうです。 「聖ニコラウス」が「サンタ・クロース」となり、そこから煙突から入ったり、靴下にこっそりプレゼントを入れたりという有名なエピソードが伝わったんですね。

次の

メリークリスマスの意味とは?ハッピークリスマスとの違いは?いつ言うか

メリー クリスマス の 意味

今から約2000年前、ユダヤ(イスラエル)のナザレという村に住むマリアという乙女のもとに、天使ガブリエルが訪れます。 天使ガブリエルはマリアに「あなたは神の子を身ごもる」という神のお告げをもたらしたのです。 驚いたマリアでしたが「仰せの通りになりますように」と答えました。 そのころユダヤを治めていたローマ皇帝アウグストゥスは、ユダヤの全住民に住民登録をするように命令を下しました。 マリアの許婚であるヨセフは、身重のマリアを連れて故郷であるベツレヘムに向かいました。 宿屋に空きはなく、旅の途中で産気づいたマリアは牛やロバのいる小屋でイエス・キリストを出産し、幼いイエスは飼い葉桶に寝かされたといわれています。 イエスが生まれると、羊飼いが夜通し羊の群を番をするところに天使が現れ、救世主が生まれたことを伝えます。 急いで小屋に向かった羊飼いたちは、飼い葉桶に寝かされているイエスを拝みます。 救い主を最初に訪れたのは、この貧しい羊飼いたちだったとされています。 また遠く東の国では、占星術の博士たちがトップスター(ベツレヘムの星)によって新しい王が生まれたことを知り、イエスを訪ねてきます。 彼らはイエスを拝み、黄金、乳香、没薬を贈りました。 日本でも、クリスマスにカトリック教会ではキリスト生誕時の情景を表したジオラマが飾られたり、キリスト教の幼稚園・保育園・小学校ではクリスマスのお遊戯会でイエス誕生の様子の劇(聖劇)を子どもたちが演じたりします。 聖書などの古代から残る書物には詳細なキリストの誕生日について言及されているものはみつかっていないようです。 ではなぜ12月25日になったのでしょうか。 キリスト教が広まりはじめたローマ時代にヨーロッパで冬至のお祭りが盛んにおこなわれていたそうです。 冬至とは、一年のうち日が出ている時間が一番短くなる日です。 この日を境にまた日照時間がどんどん長くなっていため、新しい太陽の神様の誕生を祝うという意味で「太陽の生誕祭」とされていました。 イエスキリストの誕生日は日付が特に残っていないため、この日をキリストの生誕祭にしようという流れになり、現在のクリスマスの日付になったとそうですよ。 ) 12月24日のクリスマスイブにはいったいどんな意味が込められているのでしょうか。 クリスマスイブはクリスマスの前日という認識をされている方もいるでしょう。 しかし正確にはそうではないようです。 キリスト教のユダヤ暦では日没=日付の変わり目としています。 つまりクリスマスイブにすでにクリスマスが始まっているのです。 そのため教会でもイブの夕方からミサを行っているのですね。 日本では12月24日、25日の過ごし方にはあまり差はないかもしれませんが、アメリカでは夕方から教会へ出かけるのがポピュラーな過ごし方だそうです。 また、日本ではカップルで過ごすことが多いようですが、アメリカでは恋人がいても家族優先で過ごすとされています。 クリスマスの時期の挨拶としてよく使われる「メリークリスマス」という言葉には、どのような意味があるのでしょうか。 メリー・クリスマスは英語で「Merry Christmas」と言います。 「I wish you a merry Christmas! 」「We wish you a merry Christmas! 」の略であり、merryには「陽気な」「楽しい」という意味があります。 つまり「楽しいクリスマスを! 」という意味です。 日本ではクリスマスイブやクリスマス当日に「メリークリスマス」の挨拶をしますが、欧米では11月の終わりごろから別れ際の挨拶としても使われるようです。 またアメリカでは「メリークリスマス」が一般的ですが、イギリスでは「ハッピークリスマス」という言葉をよく使うようです。 有名なハリー・ポッターのなかにも「ハッピークリスマス」という言葉が登場しますね。 ただし最近のアメリカでは 「メリークリスマス」よりも「ハッピーホリデイズ」という言葉が主流です。 アメリカは移民国家のため、キリスト教以外の宗教の人も多く住んでいます。 相手がキリスト教徒ではないことも多く、どの宗教を信仰する人に対しても使える「ハッピーホリデイズ」がクリスマスカードなどに使う言葉としても一般的になってきているそうです。 クリスマスといえば、ツリーを飾るのが一般的ですよね。 ではクリスマスツリーを飾る習慣はいったいどこから始まったのでしょうか。 実はクリスマスツリーは、キリスト教とは関係はなく、北欧で暮らしていた古代ゲルマン民族の冬のお祭りからきているといわれています。 8世紀ごろのこと、北欧の厳しい寒さにも強いかしの木は「永遠の命の象徴」と称され、もみの木に宿る小人が村に幸せを運んでくれるという信仰が広まったことがはじまりだといわれています。 かしの木を飾りつけることで幸せを運ぶ小人がその気にとどまり、力を与えてくれるとされていました。 やがて、ゲルマン民族はキリスト教に改宗されていきます。 その際にキリスト教と大きく関わりのあるもみの木が、樫木のかわりになったそうです。 もみの木は三角形の形をしており、キリスト教の信仰である三位一体を表しているため、こちらが採用されたという流れがあります。 では彼はいったいどこからやってきたのでしょうか。 サンタクロースの起源は4世紀ごろ、現在のトルコの司祭だった「聖ニコラス」がモデルだといわれています。 彼はとても裕福な家で育ちましたが、一方で貧しい人を助け、自分の持っているものを与えていたそうです。 ニコラウスの近所には大変貧しい家族が住んでいました。 娘が3人おり、彼女たちは結婚を望んでいましたが、家が貧しいゆえにこのままでは娼婦にならなければいけないという状況にいました。 ニコラウスはその話を耳にし、ある夜に貧しい一家の家の煙突から金貨を投げ入れました。 その金貨が暖炉の近くにあった靴下の中に入り、娘たちはそのお金で救われた…という伝説があるそうです。 「聖ニコラウス」が「サンタ・クロース」となり、そこから煙突から入ったり、靴下にこっそりプレゼントを入れたりという有名なエピソードが伝わったんですね。

次の