シャンプー 詰め替え 吊るす。 詰め替え用シャンプーをそのまま利用する方法!メリット・デメリットとは?

セリアのシャンプーボトルが使いやすい!そのまま使えるボトルやフックも紹介

シャンプー 詰め替え 吊るす

日頃、シャンプーやリンスの買い替えはどのようにしていますか?ファミリーなど大勢で同じシャンプーを利用しているなら、詰め替え用を利用する人も多いかと思います。 その理由として「ゴミが少なくリーズナブル」なことが挙げられるでしょう。 詰め替え用シャンプーを利用する時には多くの人が、もともと使っていたボトルに詰め替え用の中身をあけて入れているかと思います。 しかし、最近では詰め替え用シャンプーをより簡単に、より便利に使えて且つ衛生的にもなる利用方法が注目を集めています。 ここでは、詰め替え用シャンプーの中身を移さずにそのまま利用する方法や、そのメリット・デメリットをご紹介していきます。 どの方法を利用するか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。 詰め替え用シャンプーの中身だけをボトルへ移す方法はおすすめできない! 詰め替え用シャンプーは、ボトルシャンプーを取り扱っているドラッグストアやスーパー、通信販売などさまざまな場所で販売されています。 詰め替え用シャンプーはボトルシャンプーに比べると容器代がないため、よりお得でごみも少なくなることから、多くの人に選ばれています。 皆さんは、ボトルの中身がなくなったらどのような方法で「詰め替え用シャンプー」を使用していますか? ・シャンプーがなくなった状態のボトルに、特になにもせず詰め替え用シャンプーを注ぐ ・シャンプーボトルをさっと洗って、濡れたまま詰め替え用シャンプーを注ぐ ・別の種類のシャンプーへ切り替えるときなどに、シャンプーボトルに残っているシャンプーを、水で薄めて使いきってから詰め替え用シャンプーを注ぐ 上記に心あたりがある人はいませんか?実はこれらの方法はすべて、衛生的にはおすすめできない使い方なのです。 浴室は温度や湿気も高く、洗い残しなどにより雑菌が増えやすい環境と言えます。 そんな場所に常時置いてあるシャンプーボトルには自分からあえて水を入れるのはもちろん、空いたボトルを水洗いしてしっかり乾燥させずに、新しい詰め替え用シャンプーの中身を注ぐのも雑菌が入り込む要因となってしまいます。 水分は菌にとっては増殖に最適な環境を作りだしてしまうのです。 ボトル内に菌が存在している状態で新たに詰め替え用シャンプーの中身を注いでしまうと、そこからまた菌が増えてしまい、ブドウ球菌や緑膿菌の増殖したシャンプーで頭を洗っていることになります。 健康な人に大きな害を及ぼす菌ではないものの、免疫力が低下している場合には皮膚・目や耳などに感染症を引き起こす可能性もあります。 菌がシャンプーに繁殖すると変質の原因ともなるので、詰め替えシャンプーの中身をボトルに入れ替える際は、環境に十分注意しておこなう必要があるのです。 何気なく使っていた普段の方法で、もしかしたらシャンプーボトルが菌の温床になっているかもしれません。 新しい詰め替え用シャンプーの使い方 最近は、詰め替え用シャンプーを詰め替え用ボトルに中身だけ注ぎ入れる方法だけでなく、詰め替え用シャンプーを「そのまま」利用する便利な方法が人気を集めています。 その方法は2種類。 詰め替え用シャンプーを、パッケージのままボトルに入れて利用する方法と、詰め替え用シャンプーを直接ポンプに付けて吊るして使用する方法です。 ここからは、詰め替えシャンプーをそのまま使うこの2種類の方法を詳しくご紹介します。 シャンプーを衛生的に使いたい人は必見です! 【使い方1】詰め替え用シャンプーをボトルにそのまま入れる ひとつめの利用方法は、シャンプーボトルに詰め替え用シャンプーをそのまま(パッケージのまま)入れて使う方法です。 適したボトル容器はホームセンターや100均、通信販売などでも売っているので個々で購入しやすい方法を選べます。 通常のポンプ式のシャンプーボトルの口は、ご存知のようにキャップ部分がすぼまっていて直径2㎝前後しかありませんので、詰め替え用シャンプーのパッケージをそのままボトルに入れることはできません。 一方、詰め替え用シャンプーをそのまま入れられるボトルは、上部全体がふたのように大きく開閉できるため、詰め替え用シャンプーのパッケージを、難なくボトルにそのまま入れられるようになっています。 使用方法は、詰め替え用シャンプーの開け口を開封し、ボトルに詰め替え用シャンプーをパッケージごとそのまま入れ、ポンプを挿して使います。 ボトル本体にはシャンプー液が直接触れないため、衛生的です。 とはいえポンプはシャンプーのパッケージを使い終わるごとに、お手入れしておいたほうがより万全でしょう。 詰め替え用シャンプーをそのままボトルに入れて使用したい人におすすめの商品をひとつご紹介します。 こちらのボトルはポリプロピレン製の半透明なボトル。 軽量で中身が見えすぎず、でも確認ができるスケルトンカラーです。 使用している種類を視認しやすく、同じボトルを複数使ってシャンプーのほか、コンディショナーやトリートメントなどを使用する場合にも間違えにくくて便利です。 使う時には詰め替え用シャンプーの開け口を開け、ボトル本体にすっぽりと入れた後、ポンプノズルに差し込み、ふたをしめます。 ふたは本体にしっかりはめて、両サイドにあるロックをすることで持ち上げても外れません。 ボトルは三日月形なのでスペースを取らないのもメリット。 同じ種類のボトルを並べて使用すると隙間なく並べられるので、すっきりとまとめられます。 500mlまでの詰め替え用シャンプーが使用可能。 詰め替え用シャンプーの形状は、角を切り取るタイプとキャップ式のタイプどちらも使えるので形状を気にせずにお気に入りのシャンプーが使えます。 詰め替え用シャンプーに直接ポンプを付けて吊るして使う商品でおすすめの商品をご紹介します。 こちらの商品は、詰め替え用シャンプーに取り付けるパーツと、シャワーフックに取り付けるパーツがセットになっています。 シャワーフック側のパーツはそれ自体が詰め替え用シャンプーを掛けられるアームとなるため、バスルームのタオルハンガーなどにはシャンプーを掛けるスペースがない…という場合でも、専用の場所を確保できるので安心です。 1商品のセットで詰め替え用パッケージ3個を使用できるため、シャンプー、コンディショナー、トリートメントを一緒に使えます。 注意点としては、使用できる詰め替え用パッケージの種類が決まっており、注ぎ口に凹凸があるものは使えません。 尚、キャップ式やパイプが搭載されているものなどは、本来の注ぎ口からは使用できませんが、反対側をカットすることで使用できます。 ポンプ部には、ぷにゅぷにゅとした柔らかい素材が使われており、押すことで適量が出てきます。 詰め替え用シャンプーを使い終わるごとに、ポンプ部分のお掃除をしておきましょう。 詰め替え用シャンプーをボトルにそのまま入れる方法は、容器内部はほぼ汚れないので、使い切るごとのお手入れは不要です。 ただ、床などに直接置くと外側はヌメヌメして、カビが生えることも。 ボトルの外側はこまめなお手入れが必要です。 種類が多く、中身が見えないもの、スケルトンで中身を確認できるもの、シンプルなモノトーンなどさまざまなデザインから好みのものを選んで利用できますよ。 形状も四角や円柱、スリムタイプなどがあるので、置くスペースに合わせて選ぶと使いやすいでしょう。 ボトル底のヌメヌメやカビ予防には、下記にご紹介する商品のような、ボトルを斜めにおける網型のラックを使用すると水切れ抜群でおすすめです。 ステンレス製で清潔感のある便利なラック「伸晃Belcaステンレスシャンプーラック」 ここでは、シャンプーボトルを収納するのにおすすめのラックをご紹介します。 こちらのシャンプーラックは3段になっており、下段と中段の底が斜面になっています。 幅が約26. 8㎝あり、ボトルの形状によりますが、複数のボトルを並べて収納できます。 上段は斜面ではなく平らなため、固形石鹸やチューブタイプの洗顔料などを置くことができます。 横にはフックも搭載。 持ち手付きのたわしやスポンジなどを掛けておくのに適しています。 素材は錆にくいステンレス製を使用。 湿気の多い浴室には最適な素材ですね。 足先には滑り止めキャップが付いているので安定感もあります。 ものが多くなりがちな浴室でもまとめて収納できるためごちゃごちゃしにくく、水分をしっかり切れるので衛生的です。 直接ポンプを付けて吊るす方法のメリット・デメリット 直接ポンプを付けて吊るす方法は、吊るすことで浴室と接地しないためヌメリやカビが発生しにくく、日頃のお手入れが非常に楽。 容器に入れないため、使い切った時にはポンプ部だけのお手入れで済みます。 忙しい人も衛生的に使えるでしょう。 デメリットとしては、詰め替え用シャンプーの形状によっては使えない場合があるということです。 お気に入りの詰め替え用シャンプーパッケージの注ぎ口に凹凸加工がされていたり、キャップ式であったりパイプが注ぎ口に搭載されていたりする際には、注意が必要です。 愛用中のシャンプーの、詰め替えパッケージを確認しておきましょう。 ボトルやポンプを衛生的に使うお手入れ方法 詰め替え用シャンプーをボトルやポンプにそのまま使用する方法は、従来の詰め替え用シャンプーの中身を注いで使う方法に比べればボトル内部が汚れないためお手入れは簡単です。 しかし、ボトルの外側や、ポンプ部にはシャンプーや水分などが触れるため、そのままにしているとやはり雑菌が繁殖してしまいます。 ボトルの外側はこまめに水分を拭き取るほか、シャンプーを使いきるごとにポンプはお手入れをしてリフレッシュさせることが大切。 方法としては水洗いをしっかりして、十分に乾かします。 ポンプの仕組みによっては乾きにくいものもあるので、洗い替えがあれば乾く時間を待たずに使うことができるので便利ですよ。 詰め替え用シャンプーを上手に利用して健やかな毎日を!.

次の

シャンプーはパウチのまま!吊るせる「詰め替えそのまま」のメリット・デメリット|家がどんどん好きになる

シャンプー 詰め替え 吊るす

この記事の目次• 届いた パッケージ Amazonから届き、開封して真っ先に思ったのが想像していたより 2倍くらいデカいという事でした。 詰め替えそのまま7点セット パッケージの中身はシャワーフックに差す 「アーム」、アームに吊るす為のフックになる 「ホルダー」、シャンプーを手にドロップさせるためのロケットみたいな形の奴が 「ポンプ」。 この3つのパーツから成ります。 今回購入した商品は、詰め替えそのままの フルセット(7点セット)となるのでホルダーとポンプが3つずつ付いています。 詰め替えパック まだ使っているシャンプーとかが残っていましたが、とりあえず商品を使ってみたかったので詰め替え用のシャンプーとコンディショナーとボディーソープを買っておきました。 こいつらにホルダーとノズルを装着します。 準備する ノズルを差し込む 詰め替えパックの注ぎ口を開けて、その口にレバーを開いた状態のノズルを差し込みます。 ノズル装着完了 そしてレバーをバチンと挟んで完了。 これで隙間から液体が漏れる事はありません。 ホルダー 続いて詰め替えパックを吊るす為のホルダーを取り付けます。 差し込む位置はノズルを取り付けた対角線のところ これは普通に詰め替えパックの底をホルダーの隙間に差し込めばガッチリと挟んでくれます。 外す時は灰色のスライドスイッチを押せばスポっと外せます。 落ちません この通り。 風呂場のシャワーフック これを風呂場のシャワーフックに取り付けます。 シャワーフックにアームを取り付け アームをシャワーフックに上から入れます。 シャワーノズルも引っかけられる アーム自体にもシャワーフックが付いているのでシャワーノズルをこのように引っかけることが可能です。 アームに詰め替えパックに吊るす 先ほどのホルダーとノズルを取り付けた詰め替えパックをアームに引っかけます。 片手で使える ノズルの丸っこいポンプ部分をぎゅっとつまめば詰め替えパックの中身がドロップします。 初めて使う時は何回かパフパフしてたら出てきます。 あとコンディショナーのようにドロっとした液体はなかなか出にくいのでパックを絞りながらやったら出てきました。 特大詰め替えパックは使える? 特大詰め替えパック この商品を購入する前に ちょっと気になっていた事を試しておきます。 サブロー 特大パックも吊るせるの? 私はシャンプーの詰め替えパックを買う時は通常の倍以上の内容量が入った 特大パックを買っています。 このずっしりとした特大パックでも問題なく引っかけられるのかを検証してみます。 注ぎ口がキャップになっているタイプは注意 あとこの詰め替えパックのように、 注ぎ口がキャップになっているタイプのものがありますが、そういうタイプの詰め替えパックはキャップの反対側をハサミで切り取って穴を空け、そこにノズルを取り付けてください。 問題なく取り付けられました 引っかけてみましたが普通に取り付けられました。 ちなみにアームの耐荷重は2kgです。 まとめ タオルバーにも吊るせます 買う前は 「アイディア商品ひとつに4,000円?高っか!」とか思ってましたが、いざ商品が手元に届くとひとつひとつのパーツがしっかりと作り込まれていてこの値段でも納得できました。 詰め替えそのままを使ってみて思ったメリットとしては、• ボトル容器が必要なくなるので風呂場のスペースを取らない。 おかげで掃除も楽になる。 高い位置に設置できるので使うとき屈まなくて良いから楽だし、片手で液料を出せるのも楽で良い。 中身をきっちり最後まで使い切ってから交換できるので少し経済的。 慣れればボトル容器に詰め替えパックの中身を移すよりも早く交換できる。 詰め替えパックの中身を出す事なく交換できるので清潔に使える。 私からすれば正直メリットしか思いつきませんでした。 しいてデメリットを挙げるとすれば価格が高めな事ぐらいでしょうか。 こういう生活が少し楽になる便利グッズは今後どんどん買っていきたい。

次の

シャンプー詰め替え用をそのままはめ込む便利アイテムおすすめ5選!吊るすタイプや100円均一商品も│バスタイムクラブ

シャンプー 詰め替え 吊るす

シャンプーの詰め替えボトルに雑菌が潜んでいる!? あなたは使用しているシャンプーなくなった場合、そのままシャンプーボトルごと買い替えしますか? エコが普及した昨今では、多くの人が使っていたシャンプーボトルに 詰め替え用のシャンプーを入れて使うでしょう。 実はこのシャンプーの詰め替えが、 雑菌が潜む原因になっています。 正しくは、シャンプーをすべて使い切って容器を空にしてから、ボトルをしっかり洗って乾かす必要があります。 この手順を省いて、残りのシャンプーが残った状態でそのまま継ぎ足してしまうと、ボトル内に水分が入ります。 そして、水分が入ることで雑菌が増殖してしまうのです。 特に湿気の多い浴室は雑菌が増えやすい場所ですよね。 そのまま詰め替えシャンプーボトルとは? このようにシャンプーボトルをしっかり洗う必要があるとはいえ、乾かしている間に予備のシャンプーボトルも用意しなければなりません。 シャンプーボトルごと毎回購入するのは経済的ではないし、と悩んでしまいますね。 そこで便利なのが そのまま詰め替えシャンプーボトルです。 そのまま詰め替えシャンプーボトルは、その名の通り詰め替え用のシャンプーを、そのまますぐに使えるという優れもの。 詰め替え用のシャンプーが、簡単に浴室で使えるシャンプーボトルになります。 使い切ったら次の詰め替え用シャンプーに切り替えるだけ。 今回は、そんな便利なそのまま詰め替えシャンプーボトルについてご紹介していきます。 そのまま詰め替えグッズを使うメリット では、 そのまま詰め替えグッズを使うとどんな メリットがあるのか考えてみましょう。 衛生面でGOOD• 手間が省ける• 経済的におトク• 最後まで使い切れる• 詰め替え作業がなく、詰め替え用のシャンプーがそのまま使えるので、雑菌が入る機会もなくなりますね。 1回分の詰め替えシャンプーで使い切りなので、シャンプーの使用期限を過ぎて使用してしまう心配もありません。 シャンプーボトルに詰め替えシャンプーを移し替える作業、空いたボトルを洗う作業、乾かす作業が一気になくなります。 簡単に手間なく使えることが、とても便利ですね。 そのため、大抵の人は詰め替え用を使っているといえます。 そのまま詰め替えグッズを使えば、新品のボトルを定期的に購入する必要もなくなります。 ずっと詰め替えシャンプーの価格で購入できるので、 経済的にもおトクですね。 例えば、詰め替え作業をするときにこぼれてしまったり、移し替えのときにシャンプーが残ってしまうことがなくなりますね。 また、シャンプーボトルの最後に残ったシャンプーも、継ぎ足ししないとなると最後まで使い切れずに洗わないといけません。 また、新しいボトル容器のゴミが出ないため、環境的にも優しいといえるでしょう。 グッズ自体も安価で購入できるものから、 可愛いデザインや クールなデザインなど様々なタイプがありますよ。 詰め替えグッズを変えることで、浴室のイメージチェンジにもなって、入浴タイムが楽しめます。 そのまま詰め替えグッズを使うデメリット このように便利な そのまま詰め替えグッズですが、使う上での デメリットはありのでしょうか。 耐久年数が短いものも• グッズと詰め替えのサイズが合わない• その中でも、使用期間が短いのに使えなくなってしまったという商品もあります。 また、購入価格に比べて、耐久年数が短いと感じるケースも。 詰め替えシャンプーの注ぎ口が凸凹しているタイプは使用できずに、カットして詰め替えグッズの注ぎ口をはめないといけない場合があります。 また、詰め替えシャンプーの容量が多い商品だと、ボトルタイプのそのまま詰め替えグッズのサイズに合わずに、はまらないことも。 事前に容量などは確認しておくのがおすすめです。 この商品では、トリートメントやリンスといった、 固めの液体が出づらいといった口コミが見られます。 また、吊り下げて保管する間に、浴室の床に垂れてしまうといった感想も。

次の