10 円 玉 価値 の ある 年 号。 ギザ10の価値は最大で約6万円!その条件と高く売る方法をご紹介

10万円以上の価値がある昭和21年稲10銭貨

10 円 玉 価値 の ある 年 号

プレミアの付く硬貨の年号と種類、時々テレビでも紹介されていますよね。 今回はそんなプレミアの付く硬貨の年号と種類を知りたいということですので、ご紹介したいと思います。 是非、自分の硬化を確かめてみてくださいね! まずは、プレミア硬貨にはどのようなものが種類が存在するのかを簡単にご紹介しましょう。 【1円玉】(昭和23年〜24年)400円〜 (平成13年)20円〜 (平成14年)10円〜 (平成22年)18円〜 【5円玉】(昭和24年~33年)50円~ (昭和32年)400円〜 (昭和32年・未使用 1万5000円〜 (昭和42年)24円〜 (平成12年)100円位 (平成17年〜20年)100円位 (平成21年)500円〜 (平成22年〜25年)800円〜2000円ほど 【10円玉】(昭和32年)25円〜 (昭和33年)60円〜 (昭和34年)22円〜 【50円玉】(昭和12年)90円〜100円ほど (昭和62年・未使用 1万円以上 (昭和62年)3000円〜8000円 (平成12年)400円ほど (平成14年〜21年)100円〜200円位 (平成22年〜25年)1400円〜 (平成26年)200円ほど 【100円玉】(平成13年)130円~700円位 (平成14年)110円〜 【500円玉】(昭和62年)1400円〜 (昭和64年)500円〜1000円ほど 因みに、昭和生まれの方は経験があるとは思いますが、大量にギザ10を集めていた方も多いと思います。 ギザ10は未使用のものでは1000円~5000円ほどの価値がありますが、使用済みのギザ10は、ほぼ価値がなくただの10円のようです。 ですがプレミアと呼ばれる年号があります。 それは、昭和32年と昭和33年。 昭和32年のギザ10は、20円〜、昭和33年のギザ10は、100円〜。 是非、探してみましょう。 一般的に発行枚数が少ない年の硬貨やエラー硬貨は価値が高いと言われていますね。 まずプレミアがつく硬貨の種類は以下となります。 ・発行枚数の少ない硬貨 ・何らかのエラーがある硬貨 ・発行枚数限定で作られた記念硬貨 そして年号は発行枚数が少ないものより以下のようになります。 硬貨別に記載いたしますね。 古いものが価値が高いような気が一般的な感覚としてありますが、最近の硬貨も意外と価値があるようです。 中でも最も価値が高いのは昭和62年の50円玉ですが、これは当時多すぎる流通量が問題となり発行に制限がかかったためです。 また1円玉硬貨、5円玉硬貨、10円玉硬貨、50円玉硬貨はおしなべて平成21年〜平成25年の間は価値が高いですが、これも流通量が制限されていた影響です。 さて、次は年別に影響されず価値があるエラー硬貨に関して説明します。 穴なし 読んで字のごとく、50円玉や5円玉など本来穴が空いている硬貨の穴が空いていない硬貨です。 買取相場は約20万円ほどと非常に価値が高いです。 穴ずれ 穴の位置がずれている硬貨です。 買取相場は50000円ほどです。 影打ち 全硬貨に対して存在しうるエラー硬貨です。 裏表が同じデザインとなった硬貨。 買取相場は200000円ほどと非常に価値のあるエラー硬貨。 刻印ずれ デザインが中央からずれている硬貨です。 買取相場は2000円ほど。 裏移り 裏表のデザインが透けて見える硬貨。 買取相場は20000円ほどです。 ヘゲ 一部に欠損があるエラー硬貨。 買取相場は約2000円。 以上がエラー硬貨で価値があるものとなります。 さて、では最後に発行枚数限定で作られ、持っているだけで単純に価値がある記念硬貨に関して説明します。 中でも最も価値が高いものをご紹介しました。 第5回アジア冬季競技大会の1000円銀貨幣は150000円と実に15倍の価値がありますね。 理由としては日本で初めて発行されたカラーコインであることが挙げられるようです。 ぜひお持ちではないか確認してみてください。 以上がプレミアのつく硬貨の年号と種類となります。 ご参考いただけますと幸いです。 こんにちは。 プレミアがつく硬貨の年号と種類ですね。 硬貨にプレミアのつくパターンとしては、大きく分けて以下の3パターンがあります。 ・発行枚数が少ないもの ・何らかの製造エラーがあるもの ・発行枚数限定のもの ここでは、「発行枚数が少ない硬貨」について詳しくご回答いたします。 以下がそれぞれの硬貨について、多少のプレミアがつく代表的な年の買取り相場の一覧になります。 未使用品であれば、さらに買取り価格が上がります。 ・500円硬貨 昭和62年 1987年 約1,400円 昭和64年 1989年 約550円 ・100円硬貨 平成13年 2001年 約130円 平成14年 2002年 約110円 ・50円硬貨 昭和62年 1987年 約4,000円 平成21年 2009年 -平成25年 2013年 約1,400円 *穴の位置がずれているエラー硬貨は非常に高額になります ・10円硬貨 昭和33年 1958年 約80円 平成21年 2009年 -平成25年 2013年 約1,400円 *いわゆるギザ10は、そこまで大きなプレミアはつかないようです ・5円硬貨 平成12年 2000年 約25円 平成21年 2009年 -平成25年 2013年 約1,000円 ・1円硬貨 平成13年 2001年 約20円 平成21年 2009年 -平成25年 2013年 約400円 発行年が古い=発行枚数が少ないと考えがちですが、そうとも限りません。 実際には、流通量の調整のために発行に制限がかかり、発行枚数が少なくなる年がある、という理由が多いです。 例えば、昭和62 1987 年の50円玉が4,000円となっています。 額面の80倍です。 意外だったのは、1週間しかなかった昭和64年の製造のものに、それほどプレミアがついていないことです。 500円硬貨でも、550円にしかなっていません。 平成時代、しかも比較的最近に製造された硬貨でも、プレミアがついているものがあります。 50円硬貨以下、10円硬貨、5円硬貨、1円硬貨で、平成21 2009 年~平成25 2013 年に発行されたものに大きなプレミアがついています。 この平成の5年間に製造された硬貨が少なかったため、希少性が高くなりました。 1円硬貨では、なんと額面の400倍の買取り価格にもなっています。 1枚でも額面をはるかに越える価値が期待できるプレミア硬貨。 プレミア硬貨は知らず知らず意外なところに紛れこんでいる可能性がありますので、ときどきお財布の中の硬貨をチェックしてみるといいかもしれません。 以上、ご参考にしていただけましたら幸いです。 プレミア付き硬貨ということですと、まず普通の硬貨の場合は、単純に発行枚数が少なかった年数のものがプレミアが付きます。 代表的なものですと「昭和62年発行の50円玉」となりまして買取相場が4000円となります。 これはそれ以前の流通量が多すぎてこの年に制限を加えたもので、それゆえに数が少ないのです。 同じような理由で同じ年の500円玉も高額となっています。 このようにプレミアの付く貨幣というのは単純に古いというだけではなく、流通量が少ない貨幣に付くので、昭和の後半や平成以降のものでも探せばプレミアが付いていることがあります。 最近のものでは、平成21~25年までの四年間に発行された貨幣が高額となっていまして、五円玉の買取相場が2000円になることもあります。 続きまして、エラー硬貨というものもプレミア価値が高いです。 これは単に流通量の少ない希少硬貨よりもさらにレアなため高額が期待できます。 例えば穴のついていない五円玉や五十円玉、穴のずれた硬貨に、裏表が同じ印刷の硬貨、とミスプリントやずれのある硬貨が高額なものが期待できます。 主なものを一覧にします。 よく誤解されるのですが、ギザ十はエラー硬貨ではなくてただ単にギザギザをつけている年に流通した十円玉です。 なのでエラーと一緒でない限り高額取引は期待できません。 二千円札も流通量は実際には多かったのでまだ高値で売るのは難しいと思います。 最後に、記念硬貨をご紹介します。 オリンピック、ワールドカップ、万博など各種のイベントを記念して作られた限定硬貨です。 硬貨なものですと、第五回アジア冬競技大会記念の、千円玉硬貨が150000円と凄まじい値段の買取相場となっています。 記念硬貨のたぐいは普通に使うことも少なく家に置いてあることが多いため、もしも見つかりましたら気軽に査定してみてください。 また、今年は平成最後の年に、来年にはオリンピックが控えていることもありまして記念硬貨や流通量の少ない硬貨が期待できると思います。 もし今年印刷のものがあったら保存しておくのも悪くないかもしれませんね。

次の

【10円硬貨買取】ギザ十を含めた全年代の10円玉の買取相場一覧

10 円 玉 価値 の ある 年 号

額面が10円の硬貨というと、1. 明治時代に発行されていた「10円金貨」が2種類、2. 昭和に発行されたギザあり10円青銅貨の「ギザ10」、3. そして今でもお馴染みの「10円青銅貨」と、 計4種の10円硬貨がこれまでに発行されてきました。 このページでは、今までに発行された4種類すべての10円硬貨かつ【全ての年代】の買取価格について、画像つきの一覧リストで紹介していきます。 他にも、「未使用」や「プルーフ硬貨」といった 10円硬貨の状態についてや 10円硬貨のエラー銭に関する情報も紹介していますので、10円硬貨の買取価格やおすすめ買取業者をはじめとした10円硬貨の情報をお探しの方はぜひ参考にしてください! 他の額面の硬貨に関しては次のページも参考にしてください。 このページでは説明するのはあくまでも10円硬貨の目安の価値や買い取り相場ですので、先に10円硬貨の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。 それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です これだけで専門家に10円硬貨を査定してもらえます。 10円硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに買取価格は明らかになります。 10円硬貨は状態によって価値が大きく変動しますので、正確に知りたいと言う方であればメール査定が価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです! 特に、価値の高い10円硬貨をお持ちであれば、複数の古銭買取業者にメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。

次の

昭和36年発行の10円玉価値と買取相場は?

10 円 玉 価値 の ある 年 号

10円硬貨の正確な価値を知るためにまずは専門買取業者に依頼してください。 当サイトで最も問い合わせが多い「」なら全国出張査定で専門の査定員が自宅で無料鑑定してくれます。 もちろん、売るかどうか鑑定次第なので、「値段だけ知りたい!」方にもおすすめ。 買取実績600万点で培った鑑定力• プロの古銭専門査定員が全国出張査定• 買取金額最大20%UPキャンペーンで高価買取が可能• 10円硬貨とはどんな貨幣?鑑定価値は高いのか? 画像出典:wiki「日本の金貨」 10円硬貨は、1871年に初めて発行され、現在流通している形になったのは1959年(昭和34年)です。 デザインは、表面に日本国、十円の文字と併せて平等院鳳凰堂が描かれ、裏面には10の文字と製造年、常磐木が描かれています。 鑑定価値としては、古いものほど高くなる傾向にあります。 現在流通している10円硬貨で高価買取されるものは希少ですが、それでも発行年数によっては額面以上の鑑定価値がつくこともあります。 10円硬貨は日本国内に数多く設置されている自動販売機で使用できる最低金額の硬貨ということもあり、現在でも広く流通し利用されています。 もちろん、それぞれ価値も違うため、この項では画像を交えながら種類別の買取相場価格と鑑定価値を見ていきます。 【全4種類】10円硬貨の買取相場価格と鑑定価値一覧• 一般的に、10円硬貨といえばくすんだ銅の色をしていますが、旧10円金貨は純金が含まれており全体的に金色であるのが特徴です。 デザインは、表面に龍が描かれ、裏面には十六弁八重表菊紋、五七桐花門が描かれているのが特徴です。 1枚あたりの鑑定価値は30万円から、高いものでは2000万円を超えるものまであります。 買取相場価格としては、おおむね50万円以上といったところです。 この貨幣法の中で、純金を7. 5グラム含むことが規定されたため、この効果もまた金貨と呼ばれています。 尚、貨幣法の廃止に伴い、1988年3月末で廃止となっています。 デザインは、旧10円金貨と比べるとすっきりしており、額面も分かりやすいものになっています。 買取価格相場は、金貨の発行年数や状態にもよりますが、おおむね5万円から12万円の間といったところです。 縁にギザがあるのが特徴で、製造年等で価値を推し量る硬貨に比べて比較的判別しやすい硬貨となっています。 鑑定価値と買取相場価格は、発行された年数により大きく違います。 たとえば昭和26年発行のギザ10が未使用の場合、鑑定価値は6万円にも上ります。 最後の発行年となった昭和33年のものは、未使用で約5万円、使用済みであっても70円の値がつきます。 普段私たちが使っている10円硬貨の多くがこれに該当します。 現行貨幣で、かつ発行部数が多い硬貨ともなれば、価値はほとんど額面通りでしかありません。 しかし、 比較的初期の年代に発行されたもので、かつ未使用品といって差し支えないほどの状態のものであれば、数千円単位での買取も期待できます。 たとえば、昭和34年発行の未使用硬貨であれば、買取相場は3000円から1万円となっています。 同条件で昭和37年発行のものでは100円から1000円、昭和48年以降発行のものは10円から150円程度となっています。 高価買取に期待できる10円硬貨の『2つの特徴』 高価買取が可能になる10円硬貨には、他には無いある特徴があります。 この項では、例として2つの特徴を挙げますが、どちらも眼力を必要とするものではなく、誰でも判別することができます。 高価買取に期待できる10円硬貨の『2つの特徴』• エラーが起きた10円硬貨は高価買取に期待できる 製造過程で何らかのミスがあったにも関わらず、そのまま流通してしまった硬貨を、通称エラーコインと呼びます。 滅多に出回ることが無いため希少性が高く、コレクターの間でも人気が高いため高価買取が期待できます。 10円硬貨で考えられるエラーとしては、「影打ち」「刻印ずれ」「傾打ずれ」などが挙げられます。 刻印ずれは、デザインが中央からずれてしまっている硬貨を指し、買取相場は2000円からとなっています。 傾打ずれは、裏表でデザインがずれている硬貨を指し、買取相場は5万円からと比較的高額です。 さらに、裏表が同じデザインになってしまった影打ちと呼ばれるエラーコインでは、買取相場は20万円にも上っています。 10円硬貨の状態によって価値が変わる 古銭に限らず、何かを査定に出す際は、その物品の状態を見られます。 どんなものであっても、当然、ボロボロであるよりかは綺麗な状態が保たれている方が高い値が付きます。 10円硬貨にとっても同じことが言え、未使用であれば数万円の値が付くものでも、何度も人の手に渡った後のものであればせいぜい数十円にしかならないといったことも考えられます。 10円硬貨を買取査定に出す際に注意する『3つのポイント』• 【注意点1】状態が劣化しないうちに10円硬貨を買取してもらう 1つめのポイントは、手元に古銭が見つかったら、なるべく早く査定に出すという点です。 長い期間放置すると劣化が始まってしまい、買取価格が下がってしまう可能性があるためです。 特に未使用の場合、流通している物とは価値が大幅に違うことがあるため注意が必要です。 綺麗な状態で見つかったら、できるだけ査定に出して買い取ってもらうのが良いでしょう。 【注意点2】10円硬貨をオークションではなく買取業者に依頼する 価値のある10円硬貨を見つけたら、まず考えなければいけないのが売却先です。 はっきりとした価値が分からない以上、オークションで売ってしまおうと考える人が居ても不思議ではありませんが、 古銭は専門業者に査定を依頼するのがベストです。 オークションの場合、古銭に関する知識のある人間が転売目的で購入することもあり、そうすると買い叩かれてしまいます。 査定のプロが揃う買取専門業者であれば、適正価格を付けてくれるため安心して取引を行うことが出来ます。 先述したように、 適正な価格で買取をしてくれるからです。 中には、コレクターとのつながりがあり、相場以上で買取をしてくれることもあります。 銀行でも引き取りをしてくれますが、額面通りにしかならないのでお勧めはできないです。 バイセルなら最も正確かつ高値で買取が可能です。 まだ売るかわからないけど「正確な値段だけ知りたい!」という方も利用できます。 もちろん、古銭買取を専門にした業者はバイセル以外にも全国に存在しています。 その中から特に実績、買取価格、鑑定の正確さ、サービス対応にズバ抜けて優れた3社が以下になります。 当サイトからの申し込み、問い合わせも一番多いです。 プロの査定員を全国各地に配置 即日対応• 自宅完結の出張査定あり 出張費・鑑定料無料• 独自の販売ルートがあり高価買取可能 即日現金払い可• 鑑定後のキャンセルも当然ながら無料• どんな状態 汚れや古いもの でも無料査定• 依頼者が女性の場合は女性の査定員を指名可 挙げるとキリがないですが、正直なところ、古銭買取業者の中でここまで徹底したサービスをしているのはバイセルだけです。 もし、他店の方が買取・鑑定価格が高い場合、損をした気持ちになりますがバイセルなら「他店より1円でも安ければ全品返却」なので安心です。 「値段だけ知りたい!」でも問題なく対応してもらえます。 古銭や紙幣の価値が高騰している今だからこそ、鑑定してもらう価値があると思います。 お家に眠っている古銭・紙幣があるなら、鑑定時期が遅れて損しないためにも、バイセルで正確な査定をしてもらいましょう。

次の