サニ ブラウン 日本 記録。 サニブラウン日本新記録樹立!戦績とプロフィールは?9秒97!

【日本人初】に疑問…陸上・サニブラウン選手の快挙に「日本人じゃないから」人種差別的発言も

サニ ブラウン 日本 記録

陸上男子短距離のサニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)が日本人初となる公認記録での2度目の9秒台をマークした。 追い風0・8メートル条件下、9秒97。 3位だった。 桐生祥秀(23=日本生命)の持つ日本記録9秒98を上回る、日本新記録だった。 1位は9秒83のディバイン・オドゥドゥル(22=ナイジェリア)だった。 サニブラウンは先月11日に9秒99(追い風1・8メートル)で日本人2人目の9秒台をマーク。 5日の予選でも追い風2・4メートルの参考記録ながら9秒96を出していた。 再び9秒台を出す快挙を予感させていた。 もともと「10秒切り」への執着はない。 東京・城西高時代から「持つなら大きな目標がいい」と当時の日本記録10秒00でなく、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が持つ世界記録9秒58を目標に掲げた。 もちろん今も本気で目指している。 「10秒00」も「9秒99」も認識は同じ。 米大学南東地区選手権で自己記録を一気に0秒06縮めたように、「10秒の壁」という意識は存在しない。 また日本に衝撃をとどろかせるタイムを刻んだ。 1921年からの歴史を持つ大会はスターの登竜門だった。 81年大会王者は五輪で9個の金メダルを持つカール・ルイス。 アテネ五輪、17年世界選手権Vのジャスティン・ガトリンも大会を2連覇している。 2年前にはクリスチャン・コールマン(すべて米国)が9秒82という驚異的な記録で優勝し、その2カ月後の世界選手権では銀メダルを獲得した。 この日の決勝もサニブラウンも含め4人が自己記録9秒台を持つハイレベルな争い。 その中で実力を出し切った。

次の

「ボルト超え」に現実味 世界が認める逸材 超新星サニブラウン日本新

サニ ブラウン 日本 記録

「正直、(日本新記録の)実感はない。 もうちょっと速く走れたかな。 まだタイムは出る」。 陸上大国の学生王者を決める男子100メートル決勝。 走り終えたサニブラウンは、電光掲示板に目をやった。 「9秒97」を確認しても、淡々と表情を変えず、ゆっくりとスタジアムを歩いて引き揚げた。 レースは今季世界最高タイの9秒86で優勝したディバイン・オドゥドゥル(ナイジェリア)が好スタート。 それでも「焦らずに自分の走りができた」という。 188センチの長身を生かした大きなストライド(歩幅)で加速。 ただ、後半は持ち前のストライドが伸びすぎた。 「課題は分かった。 (今月下旬の)日本選手権、世界選手権(9~10月、ドーハ)に備えていければ」と語る。 サニブラウンは世界が認める逸材だ。 2015年世界ユース選手権200メートルでは「人類最速」のボルトの大会記録を塗り替え、100メートルとの2冠に輝いた。 同年は世界選手権200メートルに同種目史上最年少の16歳5カ月で出場し、国際陸上競技連盟の年間表彰で新人賞に該当する「ライジングスター・アワード」に選ばれた。 17年も世界選手権200メートルでボルトの18歳11カ月を更新し、同種目史上最年少の18歳5カ月で決勝進出を果たし、7位に。 9秒台もボルトの21歳に対して20歳で到達し、「ボルト超え」の成長が止まらない。 来年の東京五輪に向けて期待は高まるが、男子100メートルのファイナリスト(決勝進出者)になれば1932年ロサンゼルス五輪6位の「暁の超特急」、吉岡隆徳以来88年ぶりのことだ。 ただ、ボルトの世界記録の更新を目指すサニブラウンにとって、日本記録は通過点に過ぎない。 「(オドゥドゥルらに敗れ)とりあえず敗北かな。 (今秋の)世界選手権で一緒に走る。 そこでいい走りができれば」。 視線はもっともっと先を向いている。 一言コメント 世界選手権も楽しみになってきた。

次の

サニブラウン・アブデル・ハキーム

サニ ブラウン 日本 記録

サニブラウン・ハキーム選手が、アメリカの陸上100メートル大学選手権に出場し、桐生祥秀選手に続き日本人二人目の9秒台というタイムを叩きだしました。 桐生祥秀選手の日本記録9秒98には僅かに及びませんでしたが、現在20歳ということを考えると、日本記録を出すのも時間の問題だと思います。 今回行われたアメリカでのレースでも1位でしたし、200メートルでも同年齢の頃のボルトを上回るタイムを出しているので、今既に日本代表レベルですが、更なる成長に日本国民の多くが期待していることでしょう。 第103回日本陸上競技選手権大会 🔥男子100m決勝🔥 🥇サニブラウンAハキーム 10. 02 🥈桐生祥秀10. 16 🥉小池祐貴10. 19 — JUST SigmaJu 2019年の日本選手権でも大会記録と圧巻の優勝です。 しかしながら一方では、父親が黒人のガーナ人のハーフである彼に対し、「日本人じゃない」という心無い意見も残念ながら一定数ありました。 「サニブラウンは日本人じゃない」 人種から言えば日本人ではないです — 山田将和 やまだまさかず mayayajapan サニブラウン(片方の親が日本人で日本在住)、大坂なおみ(片方の親が日本人でアメリカ在住)、張本智和(両親とも中国人で日本在住)の全てを「日本人」と呼んで、彼らの偉業を「日本人初の記録」とするのは、とても違和感がある。 なんなんだろ、日本人って。 — 天邪鬼三四郎 amanojaku346 半外人参考だ!日本選手ではない! — konan okanoyama3104 俺みたいに知らん奴からしたら 「はあ? 名前サニブラウンが日本人? — CE-METAL すぅメタル いくちゃん SUZUKA1220DEATH 陸上で記録出したサニブラウン選手の「日本人」ってところであれこれ言われてるけど、生まれもっての身体能力にほぼ依存する競技で、純日本人じゃない人間が記録出してもそりゃ首傾げるでしよ。 恐らく差別意識がない方も多いんでしょう。 オリンピック競技を、国籍だけでなく人種でも区分することで、より肩入れして楽しんでいるんでしょうけども、世界基準でいえば完全に差別なので、これは批判されても仕方がないです。 人種による運動能力の差は明らかなので、言わんとしてることは分からないでもないですが、オリンピックでそれを言ってしまうと、サニブラウン選手のようなハーフの方は拠り所を失ってしまうので、どんな理由があっても「日本人じゃない」は、言ってはいけない言葉です。 特にサニブラウンの場合、単純に国籍が日本というだけでなく、日本は彼の故郷でもあるわけで、素直に日本人として応援するのが正しい姿かなと思います。 「日本人じゃない」への批判 かなり怒っている方もいました。 ナニジンかどうかは国籍で決まる 日本生まれ日本育ちの日本国籍がなぜ日本人じゃないのか 肌の色や顔立ちや名前で日本人かどうかを決めてる奴 お前らこそ日本人を名乗るなクズども 日本のスポーツを盛り上げてくれてる日本人をもっと敬え — コジクロ kojikuro52 「サニブラウンやケンブリッジ飛鳥は日本人なのか?」なんて言うバカヤローがいる。 日の丸背負って日本のために懸命に走ってるんだ、日本人に決まってるだろ。 さらに言えば、そのような発言をする人物がこれからの将来を担う、少年少女ではないことを願います。 スポーツ界隈の国際化に対する理解の推進を、今の小学校で教育されているか私は知りませんので、そうであって欲しいと切に願います。 — Sk. 日本国籍で、生まれから高校までは日本、第一言語も日本語です。 — 磯野イソオ2nd Iw6SfAfHF8Rna5J 室伏広治さんの頃から続く論争です。 トータルで考えると日本は差別が少ない良い国だと思いますが、異人種に対する反応が少し過剰かなと感じます。 姓と名前、その由来 決してサニ・ブラウンではありません。 アブデルハキームが名前で、サニブラウンが姓です。 日本でいうなら五郎丸みたいな感じでしょうか。 区切るならサニブラウン・アブデル・ハキームです。 ちなみにアブデル(Abdul)はアラビア語でアッラーへという特別な意味があるようです。 そういえばジョジョの奇妙な冒険でもアブドゥルというキャラクターが出てきました。 あと名前が全く日本人らしくない理由としては、 サニブラウン選手を日本人じゃないと言っている人と小池選手を批判している人は大体同じ人でしょう。 サニブラウン選手の名前は彼の父の母国ガーナでは祖父が名前をつけるので日本人らしくない名前みたいです。 — 陸上love love48142707 ツイッターでもありましたが、ガーナでは祖父が孫の名前を付ける慣習があるようなので、それにより英語表記の名前となったそうです。 (日本で育って日本語はペラペラです。 ) 日本語をしゃべれない日本人を否定しているわけじゃありませんが、やはり日本語をしゃべってくれた方が、より共感できるような気はします。 サニブラウンの父 以前サニブラウン選手の父親がテレビで紹介されていたことがあります。 お父さんめっちゃ運動神経よさそう。 陸上はお母さんの明子さんが100メートルなど陸上競技者だったそうですが、父親もサッカーなどで活躍したアスリートだったそうです。 ハーフばかりが注目されてますが、お母さんの陸上の才能もサニブラウン選手に大きく寄与していると思います。 サニブラウン選手も小学校途中まではサッカー部に所属していたそうですが、短距離の才能があったため早々に陸上に専念しています。 この辺は世界記録保持者のボルトと似たようなキャリアで、本当に今後が楽しみな選手です。

次の