寝起きの腰痛。 整体師が教える寝起きに激痛が走る腰痛を改善できるストレッチ方法とその原因

解禁!腰痛患者の8割が改善する最新メソッド

寝起きの腰痛

寝起きで腰痛が起きる原因としては、 ・睡眠時の冷え ・腰痛になりやすい寝方 などがあります。 ・睡眠時の冷え 午前4:00~6:00は最も体温が下がりやすい時間帯です。 私たちの身体は体温が下がると、熱を逃がさないように血流を減少させ、 体内の熱が外に逃げないようにする働きがあります。 その結果、疲労物質が流れにくくなり、 筋肉が硬くなるので痛みが出やすくなります。 ・腰痛になりやすい寝方 仰向けやうつ伏せ、横向きなど長時間同じ姿勢で寝ると、 腰に負担がかかりやすくなります。 内臓や内臓脂肪の重さは体重の約4割を占めていると言われています、 なので体重60kgの人は約24kgが内臓の重さです。 仰向けで寝ると内臓の重さが常に腰にかかります、 横向きで寝ると左右のどちからに負担がかかるので、 骨盤が歪みやすくその結果、腰痛が起こりやすいです。 一番腰に負担がかかるのが、うつ伏せです。 うつ伏せで寝ると腰が沈み、お尻が出るので反り腰になる為 痛みが出やすくなります。 寝返りが打てていないかも・・・ 睡眠中にしっかり寝返りが打てていれば問題ありません! 寝起きで腰が痛くなる人のほとんどの原因が、 上手く寝返りが打てていないからです。 寝返りが打てない人は、子どもが隣で寝ている、狭いとこで寝るなど 物理的な原因でない限り、 体が固い為、寝返りが打てません。 なので寝る前やお風呂上りに体を捻るストレッチをすると効果的です。 ただ、無理やり体を捻じると痛める可能性がある為、 体の重さに任せて脱力するのが良いです。 15~20秒で呼吸を止めないように、 左右を1回ずつ3セット行いましょう!!!.

次の

腰痛に最適な寝方はこれ!寝起き腰痛にならないための3つの方法

寝起きの腰痛

原因を特定できる腰痛のうち、腰痛全体の約10%を占めるのが、やなど腰の神経の障害により起こるものです。 また全体の約2%は、内臓の病気による腰痛だと考えられます。 内臓からの神経の多くが腰に伸びているため、、、、慢性の十二指腸潰瘍、などで腰痛が起こることがあります。 腰痛を起こす重い脊椎の病気には、、がんの骨への転移、背骨の圧迫骨折などがあり、腰痛全体の約1%の患者さんがいると考えられています。 腰痛全体の85%を占める 非特異的腰痛の多くは、腰の椎間関節や筋肉などに原因があるといわれていますが、原因を特定するには、腰のある箇所の神経をまひさせて痛みが取れるかどうかを確認する検査を何か所も行う必要があるため、原因の特定までは行わず、痛みをとる治療が優先されます。 【 腰痛 危険度チェック】 (1)じっとしていても痛む (2)背中が曲がってきた (3)お尻や脚が痛む・しびれる (4)脚のしびれにより長く歩けない (5)体を動かしたときだけ 腰だけ痛む 「腰痛 危険度チェック」表の(1)~(5)のうち、(1)の「じっとしていても痛む」に当てはまる場合、 重い脊椎の病気や内臓の病気の可能性が考えられるため、危険度は大です。 (2)の「背中が曲がってきた」に当てはまる場合、が起きている可能性があります。 骨粗しょう症は、骨の中がスカスカになる病気で、閉経後の女性に多く起こります。 50歳過ぎから背中が曲がってきたら要注意です。 (3)の「お尻や脚が痛む、あるいはしびれる」、(4)の「脚のしびれにより長く歩けない」いずれか1つでも当てはまる場合、 や など、腰の神経の障害が原因で症状が起こっている可能性があります。 これらの病気は進行することがあるため要注意です。 (1)~(4)の項目に1つでも当てはまる場合は、一度医療機関を受診することがすすめられます。 (5)の「体を動かしたときだけ腰だけ痛む」のみ当てはまる場合、腰の椎間関節や筋肉などが原因の腰痛である可能性が高く、その場合、当面の危険はありません。 ほとんどの腰痛は1か月以内に痛みがなくなる心配のないものです。 ただし、 症状が悪化した場合や、3か月以上症状が続くの場合は、整形外科を受診することがすすめられます。

次の

朝起きた時の腰の痛み(寝起きの腰痛)

寝起きの腰痛

寝起きの腰痛の原因は? 普段生活をしている時に腰痛になる人もいらっしゃいますし、寝起きで腰痛になる人もいらっしゃいます。 朝起きていきなり腰痛で悩まされるのは非常に辛いことで何とかして対策をしていかないといけません。 そこで知る必要があるのが、なぜ寝起きに腰痛になるのかです。 寝起きで腰痛になる原因としているのが、 姿勢と体の歪み、そして寝具が関係しています。 寝ている時にどのような姿勢になっているのかが腰痛になるのかならないのかが決まってきます。 腰に負担がかかるうつ伏せで寝ていたりすると、健康で丈夫な人でも腰痛になる可能性が十分あります。 そして寝具が自分にあっているのかどうかも大事になります。 体の重い部分になるのが胴体なのですが、胴体で曲がる部分になるのが腰になります。 曲がってくの字になると曲がっている部分に一番体重がかかるようになり、腰痛になる可能性が非常に高まります。 このように姿勢や寝具が原因しているので、どうしても腰痛になってしまうようならまずは寝具を変えてみるようにしましょう。 変えるだけでも効果がかなりありますのでオススメになります。 そしてもしどうしても腰痛が治らないようなら、病院に行って診察してもらい治療をしていくようにしましょう。 この腰痛ですが、病気というわけではなくて寝具そしてどのように寝ているのかによってなってしまいます。 そこでこの腰痛を治すためにオススメしたいのがストレッチになります。 寝起きの腰痛は腰に負担がかかることによって発生してします。 そのため、腰の負担を軽減させられるストレッチをすることによって腰痛が解消してくれる場合が多いです。 ではどのようなストレッチがオススメなのか、 寝たままのストレッチになります。 腰がいたい時に急に起き上がると悪化をさせてしまう可能性があります。 なので悪化させないためにも寝ている状態でストレッチをしましょう。 ストレッチ方法ですが、仰向けになって片足の膝をゆっくりと曲げて両手で抱え込むようにしてください。 これを10秒程度でいいので交互に数回することで腰痛の解消ができるようになります。 寝起きの腰痛は寝ている状態によってなるため対策することも可能としています。 腰痛になるようでしたら、寝具を変えてみるそして寝ている体勢を変えてみるなどして腰痛の対策をしていきましょう。 そしてどうしても腰痛が良くならなかったりと困ってしまっているようなら、自分だけで考えるのではなくて医師に相談をしましょう。 スポンサーリンク 病気が潜んでいることはない? 寝起きの腰痛は寝ている状態が悪かったり寝具があっていなかったりなど腰に負担をかけることでなる場合が多いです。 しかし原因はそれだけではなくて、病気の可能性もあります。 ではどの病期になると寝起きの腰痛になりやすいのでしょうか。 寝起き腰痛になる病気なのが椎間板ヘルニアになります。 椎間板ヘルニアは腰痛に代表的な病気なのですが、実は寝起きで腰痛になって診察してもらったら椎間板ヘルニアだったと診断されてしまう方がかなり多いです。 この椎間板ヘルニアですがあまりひどくない状態だと痛みなどの症状が出ない場合があります。 しかしヘルニアになりかけている場合、ちょっとした腰の負担により悪化をさせてしまいひどい状態になります。 寝ている状態によってかなり腰に負担がかかり、起き上がる時にもかなりの負担がかかります。 そのため寝起きの時に椎間板ヘルニアで痛みが出てしまいます。 椎間板ヘルニアになってしまった場合、これはストレッチなどをしても良くなることはほとんどありません。 しっかりと治療をしていくことが大事になりますので、医師に相談をして治療していくようにしましょう。 そして椎間板ヘルニアになった場合、無理することはよくありませんので絶対に無理しないでください。 肩こりが関係していることも? 寝起きの腰痛になる場合があるのですが、腰痛だけではなくて肩こりも一緒になる場合があります。 実はこの腰痛と肩こりはかなり関係してきていて、 誰でも腰痛と肩こり同時に発生する可能性があります。 では、寝起きの腰痛と肩こりはどのような関係になるのでしょうか。 寝起きの腰痛は寝ている時の姿勢によってなる場合が非常に多いです。 寝具も合わないことで腰に負担がかかるようになり、負担によって腰痛になるのですが負担がかかる部分は腰だけではありません。 寝具が合わないということは枕も合わない場合が非常に多く、枕が合わないと首や肩に負担がかかります。 その結果として肩こりもしてしまいます。 寝起きの腰痛そして肩こりは姿勢や寝具がダメだからこそなってしまう症状です。 なので治すために必要なのが、姿勢を良くして寝るそして合わない寝具を交換して自分にあっている物を使うようにしましょう。 それだけでも腰痛そして肩こりの解消ができるようになりますので是非試してみてください。 ただし、絶対に姿勢や寝具だけが原因としているわけではありません。 ヘルニアなどの病気の可能性もありますので、どうしても治らないなど痛みが長引くようなら診察してもらいましょう。 寝起きに出る腰痛の原因は?【ストレッチで肩こりも解消!】のまとめ 寝起き直後に起きる腰痛の原因の多くは敷布が関係しています。 いつも柔らかいベッド等で寝ていると、固い畳の上で一日寝ると腰痛が起こることがあります。 スポンサーリンク.

次の