ゲッターズ飯田下半期 早見表。 【早見表つき】誕生日でゲッターズ飯田が占う!「2020年下半期のあなたの運勢」大発表!(東京カレンダー)「恐ろしいほど当たる占い」が話題の、ゲッ…|dメニューニュース(NTTドコモ)

[B!] 【早見表つき】誕生日でゲッターズ飯田が占う!「2020年下半期のあなたの運勢」大発表!(東京カレンダー)

ゲッターズ飯田下半期 早見表

開運キーワードは[鍋] おすすめフードは『ファイヤーホール4000』の火鍋 体を温めるものが開運に効く。 つまり、火鍋は最強。 四川料理の道で30年現場に立ち続ける菰田欣也シェフが生んだ「麻辣スープ」は、自家製の豆板醤と四川の香辛料をブレンドした絶品。 「火鍋ベーシックコース」¥3,800~ 開運キーワードは[白い壁・白い床] おすすめレストランは『GINZA TOTOKI』 冬のモチーフ、雪を表す白はラッキーカラー。 『GINZA TOTOKI』は、「料理をより感じてもらうために」と、空間はあえて主張しない真っ白にデザイン。 コース¥10,000~(税サ別)で、肩肘張らずに上質なフレンチが楽しめる。 控えめで品がよく、真面目な人。 自主的に動くタイプではありませんが、好きなことを見つけると才能を発揮し、周囲を驚かせます。 下半期は、考え方や生き方が大きく変わり始める時期。 運気をつかむためのポイントは、不要な縁や執着を断ち切ること。 10、11月は人間関係が乱れますが、ここで切れる縁は後から陰口をたたかれていた事実を知るなど、むしろ「切れてよかった」と思えることが多いので、追わないでください。 12月までに、別れや離脱をなるべく経験することで、次の目標に進むきっかけができます。 そのまま勢いに乗れば、2021年は年初からいいスタートダッシュを切れるでしょう。 恋愛は、交際に発展しても2、3ケ月で別れてしまう運気。 年末ごろから恋愛運も上昇してくるので、夏と秋は焦らないようにしましょう。 長年つきあっているカップルは、心の整理がつく年。 入籍するか、別れるか極端な答えが出そうです。 仕事は、転職が頭から離れなくなりますが、動くなら来年のほうがよいので、踏みとどまるほうが吉。 どうしても動きたいなら12月に上司に相談を。 部署異動などは、自分によい方向で実現しそうです。 金運は、突然家電が壊れたり、大事なものを失くして買い直すなど、臨時出費の予感。 不要な出費は控えて、お金を手元に残しておくのが賢明です。

次の

裏運気!?運気が良い時と運気が悪い時の過ごし方

ゲッターズ飯田下半期 早見表

表紙の色が2020年のラッキーカラーです。 なのです。 2020年のゲッターズ飯田五星三心占いで占うラッキーカラーは何色? こちらが、2020年版のゲッターズ飯田の占いの本になります。 いかがでしょうか? これらの6冊を一目見れば一目瞭然ですね。 羅針盤座 : レモン色• インディアン座 : 濃い赤色• 鳳凰座 : 水色• 時計座 : 濃い青色• カメレオン座 : 紫色• イルカ座 : 濃い緑色 あなたのラッキーカラーは何色でしたか? 2020年のゲッターズ飯田五星三心占いでもっと細かく占ってみよう ゲッターズ飯田の五星三心占い2020年版の本を購入すると、もっと細かく占うことができます。 前述の6個は、大きく分けた分類です。 自分のタイプということですね。 そして、生まれた年が偶数なら金、生まれた年が奇数なら銀に分けていくことができます。 これで12パターンの分類になりました。 さらに細かく分けていくと、120パターンに分けることができるとゲッターズ飯田さんの占い本の中に書かれています。 さらに細かい「命数」によっても、この本一冊あれば占うことができるのです。 かなり優秀な占い本ですよね? 一冊購入すれば、120パターンの開運方法を知ることができます。 そこに、各120パターンのラッキーカラーも載っているのです。 どんな人なのか? 2020年の開運3か条 ラッキーカラー ラッキーフード ラッキースポット のすべて知ることができます。 例えば、金の鳳凰座で命数が25の方がいたとします。 その方の2020年の開運ポイントは、• どんな人なのか?一人の趣味に走る情報や• 2020年の開運3か条 人にたくさん会う・新しい趣味を始める・行きつけの飲食店を開拓する• ラッキーカラー シルバー・ネイビー• ラッキーフード 塩おむすび・ソイラテ• ラッキースポット海・デパート という事になります。 鳳凰としての全体的なラッキーカラーは水色ですが、さらに細かく分類したマイラッキーカラーはシルバーとネイビーという事ですね。 さらに細かいあなただけの占いをしたい方は以下より占いアプリで占ってみると良いでしょう。 無料占いコーナーもあります。 2020年のラッキーカラーは知ってるだけじゃ意味なし! さて、あなたの2020年のラッキーカラーもわかりましたね。 ラッキーカラーは、知ってるだけでは何の意味もありません。 どう活かしていくか? がとっても大切です。

次の

2020年ゲッターズ飯田さんの「五星三心占い」!一番良い運勢はどれ?

ゲッターズ飯田下半期 早見表

もくじ• 5月に「緊急事態宣言解除」へ 5月14日、安倍総理が、39県における緊急事態宣言の解除を発表しました。 感染予防をしながらも生活をする「新たな日常」がスタートしたのです。 5月が目処になるというゲッターズ飯田さんの占い通り、新型コロナウイルスの収束が見えてきたように感じています。 しかし、夏以降、そして2020年の下半期についてのゲッターズ飯田さんの予言で、気になるポイントがありました。 関連記事: ゲッターズ飯田の「2020年の世相占い」• 世の中の価値観がガラリと変わる• ライブや儚いモノへの価値観が上がる• 土の時代から、風の時代へ ゲッターズ飯田さんの予言が的中し、大きく世界が変わっていく現在。 今後はどのように世界が動いていくのでしょうか。 2020年から「世の中の価値観がガラリと変わる」 2020年の世相占いについて語られていたのは、大きく3つ。 世の中の価値観がガラリと変わるというのは、ラジオやテレビ番組で「フランス革命が起きるほど」「200年の一度の運気」と語っており、大改革の時代となると予言していました。 この予言について、当初は海外からの文化の到来や大規模なイベント開催することでの「大改革」だと誰もが思っていましたが「全世界が共通の状態」となることで、日本と海外の違いが浮き彫りになり「日本はもっとこうあるべきだ」という思想が強くなっていったように思えます。 番組によっては「病院や社会システム」が壊れる・なくなるという言い方もしていました。 人と人との距離感や価値観が変わったことで、消えゆくものも今後はさらに増えていきそうです。 2020年から「ライブや儚いモノへの価値観が上がる」 ライブや儚いモノへの価値観が上がるのは、コロナウイルスによってライブが開催できなくなってしまったからという点と、そのことによってアーティストが「ライブ配信」をすることにシフトしていった点が上げられます。 全国の緊急事態宣言が解除された「アフターコロナ」の世界では、これまで手売りしていたようなCDも配信や配送という形で受け渡しをすることになり、エンターテイメントそのものの形がリアルからバーチャルな世界へと変わっていくような流れです。 もちろん、全てのリアルがなくなる訳ではないですが、今後拡大していくのはライブ・儚いモノになっていくのでしょう。 2020年から「土の時代から、風の時代へ」 ゲッターズ飯田さんの他にも多くの占い師が発信している 「土の時代から、風の時代へ」という言葉。 風というのは、西洋占星術の「風のエレメント」から来ています。 土の時代というのは、物質やお金などの形があるものに価値があるとされている時代です。 欲望で言えば、所有欲。 どれだけ多く物を持っているかで、裕福さが決まってくるような感じです。 一方で、風の時代というのは、土の時代で価値があったとされる物が「パラダイムシフト」し、大げさに言えば「全く価値がなくなる」ということ。 知恵や知識・コミュニケーション・愛・絆など、見えないけれど大切なものが、より価値が高まってきます。 例えば、仕事については、Youtuberやネット事業で「お金」は稼ぎやすい時代になっていますから、お金では買えない「やりがい」「安全性」「信頼性」を求めていくということかもしれませんね。 ゲッターズ飯田の「2020年下半期」占い• 夏に大事故が起きる• 団体から個人の時代になる• 2021年に向けてさらなる変化 2020年はあくまで「スタート」の年。 十二支も「子年」で、一番最初の干支。 ここから段々と新しい時代が始まっていくような流れになると言います。 ゲッターズ飯田さんは「2020年の変化」に続き「2020年下半期」についても、公式Youtubeやラジオで語っていました。 夏に大事故が起きる 日本は、夏の運気が悪く、事故や事件が起きやすい星回り。 2020年に限らず、毎年です。 大変革の年である今年はさらに注意が必要で、注意が必要となるでしょう。 夏の大事故という言葉を聞いて、多くの人は「新型コロナウイルス」「南海トラフ(大地震)」などを考えており、その他には「自然災害(台風や大雨)」「第2波」とも予想されています。 関連記事: 団体から個人の時代になる 新型コロナウイルスの影響もあって「みんなで乗り切ろう」「みんなで頑張ろう」というフレーズを多く耳にしました。 誰もが「収束(終息)」を願い、感染拡大を予防するために一致団結するという雰囲気に。 現在の価値観は「みんなで同じことをする」「みんなでルールを守る」というポイントが重要になり、少しの間違いも許容されないような状況です。 一方で「2020年下半期」に入ってくると「みんなと一緒に」というよりは、個人個人が「どう生きたいか」という点にフォーカスされていく流れになります。 一人一人の個性・個人・生きがい、自分に合った生活環境(ライフスタイル)に注目が集まり、リモートワークが可能となったことで、地方に転職する人も増えてきそうです。 フリーランス、フリーター、クリエイターなどが、より生きやすい世の中になるきっかけがあるでしょう。 2021年に向けてさらなる変化 2020年前半で「すごい変わった」と思う人が大半だと思いますが、2020年下半期に入ってくると、さらに 変化は加速していきます。 ゲッターズ飯田さんは、2021年に変化が起き、2022年が到来すると「華やかな時代」になってくると語っています。 5G、マイナンバー制度、働き方、リモートワーク、キャッシュレス、デリバリー、地方移住の増加、ネットカフェ難民の問題など、思いつくだけでも今は変化するタネが撒かれている状態です。 2020年下半期から大きく動いていく流れとなっていくでしょう。 2022年は「華やかな時代」に 2020年下半期、2021年は大きな変革期へ。 2021年の干支は「辛丑(かのとうし)」で、安定感がありつつも変化が多い年となってくると予想されます。 2020年下半期は、そんな2021年の影響を受けて、より変化している実感があるようです。 ゲッターズ飯田さんの占いで、2022年は「華やかな時代」になると語っていましたが、2022年に開催される世界が注目するイベントやエンターテイメント分野、経済活動などを通して、熱狂するシーンが見られるのかもしれません。 ゲッターズ飯田とは.

次の