ギャラクシー s20。 Galaxy S20の進化ポイントは? S10とスペック比較

「Galaxy S20 5G」レビュー、スペックは最高クラスだが物足りない点も

ギャラクシー s20

Samsungは2月11日(米国時間)、スマートフォンのフラッグシップとなる「Galaxy S20」シリーズの3モデルを発表しました。 発売はグローバルで順次行われ、地域によって導入モデルやカラーなどは異なります。 3モデルとも5Gに対応。 現時点で国内発売は明らかにされていませんが、例年通りであれば、日本でもフラッグシップモデルとして発売されるのは間違いないでしょう。 さっそく実機を紹介していきます。 Galaxy S20シリーズ。 2インチのGalaxy S20、6. 9インチのS20 Ultraの3モデルが用意されます。 この2Xは、従来比で2倍のフレームレートに対応したという意味です。 デフォルトの60Hz駆動に対して、120Hz駆動に対応しました。 OSはAndroid 10です。 ほかの主要なスペックは後半でまとめています。 120Hzの高速駆動に対応したディスプレイ 注目のカメラ機能 Galaxy Sシリーズは前モデルので10周年となり、「次の10年」を意図して「S20」へとシリーズ名が変更されました。 そのS20が重視するポイントはカメラ機能です。 スマートフォンユーザーの買い替え理由で一番大きいのがカメラ機能で、従来のカメラ機能に不満を感じているユーザーが多いと、Samsungは認識しています。 カメラの不満解消を目指して開発されたのが、S20シリーズというわけです。 長方形のカメラ部に、複数のカメラが並ぶS20シリーズ。 S20 Ultraは、さらにカメラ機能を強化し、より強力なカメラを楽しみたいユーザー向けとします。 8)、有効1,200万画素の超広角カメラ(画角120度、F値F2. 2)、有効6,400万画素の望遠カメラ(画角76度、F値F2. 0)という3カメラ構成。 シャオミの「」シリーズが備えるセンサーと同じものですが、これはもともとSamsung製のセンサーで、Xiaomiに続いての搭載となりました。 レンズの画角は79度、F値はF1. 8です。 ほか、有効1,200万画素の超広角カメラ(画角120度、F値F2. 2)、有効4,800万画素の望遠カメラ(画角24度、F値F3. 5)、そして深度カメラというクアッドカメラ構成です。 S20 Ultraのカメラ部。 一番下にあるのは望遠カメラで、ペリスコープ(潜望鏡)タイプの屈曲光学系となっています 新たに実装した「ナノビニング」技術によって、9画素を1画素とみなして撮影することで、ピクセルサイズを大型化して低照度(暗い)環境でも明るく撮影するとしています。 この場合、画素数は1,200万画素相当になりますが、ピクセルサイズは2. もちろん、1億800万画素での撮影も可能。 高画素を生かして、画面の一部を拡大して保存するといった撮影機能もあります。 画質的には、1億800万画素で記録しない通常モードのほうが有利ですが、シーンによっては1億800万画素の撮影も大いにアリでしょう。 1億800万画素(108MP)での撮影も可能です インカメラは、3モデルともパンチホール型のシングルカメラ。 2のインカメラです。 S20 Ultraは4,000万画素、画角80度、F2. 2となります。 例えば、が50倍相当のズーム機能を備えていましたが、それを上回る100倍相当です。 正直、画質に関してはそれなりですが、焦点距離を考えるとがんばっている印象です。 月のような被写体を撮影してみたくなりました。 ズームは最大100倍まで可能• 5倍の超広角撮影• 2倍ズーム• 10倍ズーム。 このあたりは実用的な画質です• 30倍ズームまで来ると、手持ち撮影が難しくなってきます• 100倍ズーム。 ここまでズーミングできます。 マルチフレーム技術による連写合成によって、ライブビューで見るときよりも、撮影した写真のほうが少し高画質です カメラの操作はやや複雑です。 が、実際のレンズ焦点距離は、標準レンズに対して3倍や5倍にはなっていません。 ソフトウェア処理によるデジタルズームと併用するハイブリッドズーム機能であるため、よく使われる倍率が設定されているそうです。 それぞれ望遠側の倍率は3倍と5倍になっています 動画は? 動画は8K撮影に対応します。 動画としてはやや過剰ですが、8K動画から約3,300万画素の静止画を切り出すハイレゾフォト機能がポイントです。 スマホのカメラ機能が進化する方向性として期待されている、8K切り出しをいち早く搭載したのは特筆すべき点でしょう。 動画撮影でも、暗い場所で強力なスーパー手ブレ補正が動作します。 加えて「ナイトハイパーラプス」機能を備え、夜景でのハイパーラプス撮影によって新しい表現を可能にしました。 面白いのが「シングルテイク」機能です。 これはシャッターボタンを押すと自動的に最大15秒間の動画を撮影し、その中でカメラが被写体や状況を自動判別。 一度の撮影で、アップの写真と広角レンズによる引きの写真、スローモーション動画、ハイパーラプス、モノクロなどが記録されます。 シングルテイクでの撮影中。 基本的には動画撮影をする感覚で撮影します• 通常の動画に加えて、画角を変えた静止画、スローモーションなど、複数の写真や動画が自動的に生成されます 一度シャッターを押せば、シーンに合わせたいろいろな撮影を勝手にやってくれるということで、新しい撮影体験を実現する可能性があります。 スペックを整理 本体サイズと重さは、S20が高さ151. 8mm・186gです。 これは画面占有率を高めたためです。 さらに大型のS20 Ultraは、高さ166. 8mm・220gとなっています。 S20。 カラーはCloud Pink• S20は、3モデルの中ではコンパクト。 持ちやすいサイズです SoCは、Exynos 990またはSnapdragon 865を採用。 S20 Ultraはメモリが12GBまたは16GB、ストレージが128GB・256GB・512GB、microSDは1TBまで対応です。 カラーはCloud Blue• LTEはCat. 20まで対応し、下り最大2Gbpsをサポート。 ワイヤレス充電、IP68相当の防塵防水性能も備えます。 従来通り、顔認証と画面内指紋センサーも搭載。 S20 Ultra。 カラーはCosmic Black• S20 Ultraは全体に大ぶりですが、カメラ機能と大画面に期待するユーザー向け 本体カラーは、S20がCosmic Gray、Cloud Blue、Cloud Pink。 S20 Ultraは、Cosmic GrayとCosmic Blackです。 各色とも、国や地域によって組み合わせが異なり、さらに国や地域によっては特別カラーもあるそうです。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

Galaxy(ギャラクシー)S20新作3月6日発売カメラ100倍ズーム

ギャラクシー s20

アクセサリーは別売りです。 モデルおよびカラーバリエーションは、国またはキャリアによって異なる場合があります。 最適な5G接続が必要です。 5Gサービスは、5G対応国の5Gネットワーク対応地域でのみサポートされます。 実際の速度は国、キャリア、およびユーザー環境によって異なる場合があります。 画像はイメージです。 超解像度ズームにはデジタルズームが含まれており、画像の劣化を引き起こす可能性があります。 画像はイメージです。 対角線上で測定した場合、Galaxy S20 5Gの画面サイズは、完全な長方形で約6. 2インチ、ラウンドエッジを考慮して約6. 1インチです。 7インチ、ラウンドエッジを考慮して約6. 5インチです。 丸みのある角とカメラの穴により、実際の表示可能領域は小さくなります。 超解像度ズームにはデジタルズームが含まれており、画像の劣化を引き起こす可能性があります。 第三者の研究所の条件の下で試験された代表値は、IEC 61960 規格の下でテストされたバッテリーサンプルでのバッテリー容量の偏差を考慮した推定平均値です。 実際のバッテリー寿命は、ネットワーク環境、利用パターン、およびその他の要因によって異なる場合があります。 また、実際にご利用いただけるメモリー容量は、お客様の使用状況や、ソフトウェアのアップデート状況により変化します。 ネットワーク : 各デバイスでサポートされるネットワーク帯域幅は、地域やプロバイダによって異なります。

次の

「Galaxy S20」と「Galaxy S20+」と「Galaxy S20 Ultra」の違い

ギャラクシー s20

サムスンの新型スマートフォン「Galaxy S20 5G」シリーズのうちでは、最も廉価な「Galaxy S20」が筆者のお気に入りだ。 画面と本体のサイズを別とすれば、S20各モデルの違いはほとんど無視できる範囲だ。 つまり、Galaxy S20 Ultraの1億800万画素のカメラや100倍ズームといった機能のことだ(これについては後述する)。 99ドル(約11万円)からという価格は、この端末の機能を考えると高価すぎて、高額モデルを購入するのがもったいなく感じられてしまう。 2019年には、ラインアップに合わせて上がっていく価格を正当化する位置付けとして、最小モデルの「Galaxy S10e」が用意されたが、今回それを継ぐかと思われた廉価版の「Galaxy S20e」は登場しなかった。 99ドル(約13万円)からで、最も大型のGalaxy S20 Ultraになると128GBモデルが1399. 筆者からすれば、S20の価格設定は許容範囲ぎりぎりだ。 サムスンは行きすぎている。 多分、本当にサムスンのスマートフォンが好きだったら、ここまで価格にこだわらないのかもしれない。 残念ながら。 レビュー用端末の色はクラウドブルーで、筆者はこの色が大好きだ。 2インチのスリムベゼルのディスプレイはポケットに収まりやすく、扱いやすくて片手でも操作しやすい。 カメラの出来にもほぼ満足しているが、接写可能な距離はもっと短くしてほしかった。 オートフォーカスにもやや問題があったが、これについてはサムスンが対処済みだ。 処理速度は素晴らしく、バッテリーの持続時間も妥当なうえ、超高速のワイヤレス充電、ワイヤレス逆充電、120Hzのスクリーンリフレッシュレートといった追加機能も、満足できる。 Galaxy S20では512GBモデルも選べず、ほとんどのキャリアは「Sub-6」という低速の5G帯しかサポートしていない(Verizonは例外で、同社の高速mmWave版Galaxy S20 5Gが第2四半期に登場する予定だ)。 英国とオーストラリアを含む一部の国では、より低価格な4Gモデルを選べるのはGalaxy S20だけとなっている。 Galaxy S20とそのカメラを使うのは、純粋に楽しい。 だが、これぞまさしく求めていたもの、というほどではない。 新しい「Android」スマートフォンが今すぐ必要なのであれば、Galaxy S20はお勧めできる。 機能は気に入っても、まだ待てるのであれば、もっと大きい下取りや割引きが始まる時期、特にホリデーシーズンを狙うといいだろう。 夏か秋まで待てるようなら、「Galaxy Note20」や「iPhone 12」も視野に入れてもいいかもしれない。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の