写真 で 一 言。 高校写真部日本一を決める「写真甲子園2020」WEB開催へ、審査委員による写真授業も動画配信

「Photoshop Camera」提供開始

写真 で 一 言

世界中のフォトグラファーやスポーツファンらが見惚れたその写真は、ソーシャルメディアを通して広がり、ツイッター()では何千回もリツイートされた。 AFPの伊ミラノ()支局を拠点にする現在47歳のモラン氏は、写真が撮れたのは自分の手柄ではないと話し、評価のほとんどを自身は受けるに値しないと語る。 「正直に言うと、自分はショットのフレームを決めることと、カメラのリモコンを押すことだけしかしませんでした」とモラン氏はAFPのブログでコメントした。 「そしてあの稲妻。 もちろんあれは私が計画したものではありません」 AFPで23年間のキャリアを持つベテランフォトグラファーのモラン氏は、トラック脇に5つのリモコン操作カメラを設置し、その全てのピントをボルトのレーンに合わせていた。 当初は勝利を決めて両手を宙に上げるボルトの姿を撮ろうと思い描いていたという。 「ウサイン・ボルトの写真にボルトが写っていることが、この写真の一番の特徴です。 この稲妻なしでは、別に何ともない普通の写真です。 いい画が撮れたと自分でも思ったけど、ここまでの反応があるとは予想していませんでした」 英紙ガーディアン()はモラン氏の写真を「2度と撮れないであろう写真」、ニュースサイトのハフィントン・ポスト()は「驚くべき」写真と伝え、米紙ワシントン・ポスト()はこれを「今日の一枚」に指定した。 アイルランドのスポーツサイト、ザ・スコア()に至っては、「ここ10年間で一番かっこいい写真」と称している。 c AFP.

次の

「人生最高の経験」 久々のスタジアムにデンマークのファン歓喜 写真11枚 国際ニュース:AFPBB News

写真 で 一 言

全国高等学校の写真部やサークルなどから日本一を決める「写真甲子園」が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため全国の高等学校等において臨時休校や部活動自粛が実施されている状況を鑑み、2020年度に限り各校を東川町に招聘せず、Webを中心とした大会に変更された。 初戦応募締切は2020年7月31日(金)に延長。 ブロック審査会は審査委員のレビューをWeb配信する。 本戦大会においては順位決定は行わず、審査委員賞を進呈する。 また、審査委員によるWeb写真授業の配信なども実施。 2020年度限定企画として1人でも応募できる「ソロ写真甲子園」も企画されている。 全日制、定時制は問わない。 また、写真部でなくてもチームを新たに結成して応募することができる。 選手のほか、担当顧問の参加が必要。 応募方法 プリント作品に必要事項を明記した作品票を貼付し、作品データ(JPEG)を保存した記録メディア(CDまたはDVD)と応募票を同封のうえ、下記応募先へ配達記録の残る宅配便およびレターパックなどで送付する。 作品票と応募票はオフィシャルサイトからダウンロードして使用。 初戦審査会 審査委員によりブロック審査会進出校80校を決定し、2020年8月21日(金)にオフィシャルサイトおよび公式SNSにて結果発表。 初戦審査会敗退校へは審査結果と審査講評を書面で送付する。 ブロック審査会 審査委員により本戦大会進出18校(選抜枠含む)を決定し、2020年9月18日(金)にオフィシャルサイトにて結果発表。 ブロック審査会進出80校の作品に対し、審査委員による講評をWebレビューとして各ブロックごとに配信する。 本戦 2020年9月25日(金)に、オフィシャルサイトにて結果発表。 順位決定は行わず、審査委員賞を贈る。 備考 写真甲子園審査委員(鶴巻育子さん、公文健太郎さん、中西敏貴さん、小髙美穂さん、村上悠太さん)によるWeb写真授業を配信予定。 動画配信に際し、審査委員に聞いてみたい質問をメールやSNSにて2020年6月12日(金)13:00まで募集している。 被写体に人物が含まれている場合は、事前に承諾を得るなど、肖像権の侵害等が生じないよう応募者本人の責任において確認してください。

次の

Hey!Say!JUMP・高木雄也、女性歌手との交際疑惑が再燃! “謎の手”が見える写真に「煽ってる」とファン憤怒(2020/06/19 08:00)|サイゾーウーマン

写真 で 一 言

世界中のフォトグラファーやスポーツファンらが見惚れたその写真は、ソーシャルメディアを通して広がり、ツイッター()では何千回もリツイートされた。 AFPの伊ミラノ()支局を拠点にする現在47歳のモラン氏は、写真が撮れたのは自分の手柄ではないと話し、評価のほとんどを自身は受けるに値しないと語る。 「正直に言うと、自分はショットのフレームを決めることと、カメラのリモコンを押すことだけしかしませんでした」とモラン氏はAFPのブログでコメントした。 「そしてあの稲妻。 もちろんあれは私が計画したものではありません」 AFPで23年間のキャリアを持つベテランフォトグラファーのモラン氏は、トラック脇に5つのリモコン操作カメラを設置し、その全てのピントをボルトのレーンに合わせていた。 当初は勝利を決めて両手を宙に上げるボルトの姿を撮ろうと思い描いていたという。 「ウサイン・ボルトの写真にボルトが写っていることが、この写真の一番の特徴です。 この稲妻なしでは、別に何ともない普通の写真です。 いい画が撮れたと自分でも思ったけど、ここまでの反応があるとは予想していませんでした」 英紙ガーディアン()はモラン氏の写真を「2度と撮れないであろう写真」、ニュースサイトのハフィントン・ポスト()は「驚くべき」写真と伝え、米紙ワシントン・ポスト()はこれを「今日の一枚」に指定した。 アイルランドのスポーツサイト、ザ・スコア()に至っては、「ここ10年間で一番かっこいい写真」と称している。 c AFP.

次の