フェアウェイウッド ランキング 2018。 狙う? 飛ばす? フェアウェイウッドのヘッドスピード別おすすめモデル《2018年春》

フェアウェイウッドおすすめ人気ランキングBEST10! |GOLSWI

フェアウェイウッド ランキング 2018

キーワード• すべてを含む• いずれかを含む• 除外する 検索範囲• すべて• 商品名のみ カテゴリ• 送料無料• 条件付き送料無料 配送• 当日配送 きょうつく• 翌日配送 あすつく• 今からの注文で 販売の状態• 在庫ありのみ• 予約可能• 割引あり 商品の状態• すべて• 中古 価格帯• 円~ 円 出品者• すべて• ストア• 個人 支払い方法• 指定なし• Yahoo! ウォレット• クレジットカード• 商品代引• 銀行振込• コンビニ• ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い• ドコモ払い• auかんたん決済• Yahoo! 選択した条件をクリア.

次の

【楽天市場】フェアウェイウッド(モデル年式:2018年)

フェアウェイウッド ランキング 2018

短尺化で打ちやすさと飛びを実現したフェアウェイウッド キャロウェイ スチールヘッド XR は『 フェアウェイウッドに苦手意識を持つゴルファーの為に開発されたクラブ』で通常のフェアウェイウッドよりも0. 5インチシャフトが短くなっているのが特徴です。 クラブが短くなればミート率が上がるメリットが有りますが、ボールが上がりずらくなるデメリットも有ります。 しかし、スチールヘッドXRは ボールが上がりやすく、高打ち出し低スピンの弾道で飛んでくれます。 クラブのやさしさや機能性は非常に高く、よほど気に入らない限りクラブを変えない女子プロゴルファーが、火曜日にテストをしてすぐに試合に投入したトッププロがいるほど『ボールが上がりやすく飛距離が出る』と評判です。 実際に私が3Wを打った感想は『 ボールが上がりやすく、前に飛んでいく』印象でした。 非常に打ちやすいです。 クラブ重量はSpeeder EVOLUTION for XR(S)装着モデルで318グラム。 Speeder EVOLUTION III FW 60(S)装着モデルで333グラムです。 軽量ドライバーを使用している方は軽いシャフト、45インチのドライバーで300グラム超の方は重いシャフトがおすすめです。 ほど良い弾き感の高弾道で飛ばすフェアウェイウッド 発売されてからあっと言う間に大人気になったGBB EPICドライバーですが、 フェアウェイウッドも負けず劣らず飛ぶと話題です。 残念ながらフェアウェイウッドには2本の柱『JAILBREAKテクノロジー』は採用されていないので、ドライバーほどミスヒットに強くない印象ですが、 今年試打したフェアウェイウッドの中では飛ぶFWです。 へッド体積は178ccでフェースはややオープン。 しかし、ティーショットで使用すれば、 ぶっ飛びの飛距離を実感出来るのでとにかく飛ぶフェアウェイウッドが欲しいと言う方にはおすすめです。 クラブ重量はSpeeder EVOLUTION for GBB S 装着モデルの3Wで310グラム、Speeder EVOLUTION III FW 60(S)装着モデルで330グラムです。 弾道調整機能が付いたぶっ飛びモデル GBB EPIC Sub Zeroフェアウェイウッドは、弾道調整機能が付いたモデルでSTARとは別物のフェアウェイウッドです。 弾道的には中弾道でつかまり性能は高くありません。 フェードヒッターでもドローヒッターでも調整次第で飛ばせますが、基本的には 自分でボールをつかまえられるドローヒッターの中級者向けです。 試打してみて、ボールが上がりずらいと言う方はシャフトフレックスを柔らかくしてみるか、GBB EPIC STARの方を試してみて下さい。 クラブの重量はSpeeder EVOLUTION for GBB S 装着モデルで315グラム、Speeder EVOLUTION III FW 60(S)装着モデルで336グラムとSTARよりも多少重めです。 ヘッドスピードが速い方にはもう少し重めのカスタムシャフトがおすすめです。 M2フェアウェイウッドはツアープロにも大人気の本当に飛ぶFW! 前作のM2 FWも人気でしたが 2017年モデルはヘッド体積が少し大きくなって安心感が増した分、アマチュアゴルファーからさらに人気が出ました。 テーラーメイドの飛び系フェアウェイウッドと言えばロケットボールズが有名ですよね。 ティーショットで打つとかなりの飛距離が出て驚いたなんて方もいるのではないでしょうか? しかし、地面から打つとスピン量が足りなくてボールがドロップしたり、全然飛ばなかったり。 M2 2017年モデルはそんな心配はまさに無用。 直進性が高くて本当に良く飛びます。 ボールもそこそこ上がりやすく、つかまり性能はほどほどですが、M1 FWよりはつかまります。 フェアウェイウッドでもともと高さが出にくいと言う方は5Wがおすすめです。 クラブの総重量はTM1-217装着モデルで312グラム、FUBUKI V 60装着モデルで323グラムと軽めです。 テーラーメイドのゴルフクラブを買うなら、 『直営のオンラインショップ』でアウトレット価格で購入することが出来ますよ! ゴルフクラブの適正な重量フローってご存知ですか? 本当に飛ぶおすすめのフェアウェイウッド 2017年・まとめ 2017年で飛ぶフェアウェイウッドをご紹介してみました。 実は他にもPRGRやヤマハのフェアウェイウッドでも飛ぶモデルがあるのですが、試打したモデルがリシャフトされたカスタムシャフトのため今回はこちらの4モデルを選んでみました。 もともと『フェアウェイウッドが苦手だ』とか『飛ばない』と言う方は、シャフトフレックスをRやSRにしてみるか、初めに5Wを購入してみてコースでも使えそうだったら3Wも試して見るのがおすすめです。 飛ぶフェアウェイウッドをゲットすれば、ゴルフの幅がかなり広がると思います。 ゴルフショップのフェアウェイウッド 売れ筋ランキング 人気のあるゴルフショップではこんなフェアウェイウッドが売れてます!.

次の

フェアウェイウッド(FW)おすすめランキングBEST5

フェアウェイウッド ランキング 2018

フェアウェイウッドとは? フェアウェイウッドとはドライバーの次にシャフトが長くロフトが立っているクラブです。 ドライバーの次に遠くまで飛ばすことができます。 大きさは違いますが、ヘッドの形も同じような作りです。 ドライバーの場合はティーアップして打つことを前提に作られていますが、フェアウェイウッドは地面から打つことを想定して設計されています。 フェアウェイウッドの役割 3番Wは「スプーン」、5番は「クリーク」と呼ばれています。 また今はあまり使われなくなりましたが、2番は「ブラッシー」、4番は「バフィー」という別名もあります。 フェアウェイウッドは、第2打目以降でグリーンまでの距離がある場合や、飛距離を出したいときに使います。 またドライバーほど飛ばす必要のないホールでの第1打、左右に曲げるミスを避けたい場合などでも使用します。 平均飛距離 アマチュアの平均飛距離はこのような形になっています。 あくまで平均なので目安として使ってください。 フェアウェイウッドはソールが広くヘッドも大きく作られているので、ダフリなどのミスを少なくしてくれます。 軽く打っても遠くまで飛ばせるので、ロングホールなどでも重宝します。 使いこなすのは難しいですが、マスターするとその飛ばしの性能がコース攻略に欠かせないものとなります。 ロフト角は? フェアウェイウッドは一般的に1Wの次に3番がラインナップされていてロフト角は15度ほど。 その次に5番でロフト角が18度くらいのものが用意されています。 シリーズによっては7番、9番という「ショートW」が続きます。 選び方のコツ ゴルフで肝心なのは狙ったところにボールを落とすことです。 どの番手でもしっかりと打ち分けられるようになることが理想です。 フェアウェイウッドやユーティリティは、ドライバーとアイアンとの飛距離差を埋める役割を持っています。 どんなものを入れるかという組み合わせはゴルファーの好みによっていくつものバリエーションがあります。 自分自身が打ち分けをしやすいように構成を考えていきましょう。 一般的にはフェアウェイウッドはスプーン、クリークを入れて、ユーティリティは21度と24度の2本で構成するというのがよくあるセッティングです。 スプーンの選び方について 3Wを使いこなすのはとても難しいです。 最初のうちはクリークで芝の上から打てるように練習していって、使いこなせるようになったら3Wをプラスしていく、というのもおすすめです。 また、初めて購入するときにはできるだけやさしくミスに強くて、ボールが上がりやすいモデルを選ぶこともコツです。 モデル選びのポイント 最も大切なこと フェアウェイウッドでもっとも多い悩みが「ボールが上がらないこと」です。 いつもと同じように打って、しっかりとボールが上がるタイプを選ぶようにしましょう。 3番と5番という組み合わせを紹介してきましたが、低い弾道が出るゴルファーやヘッドスピードがそれほど高くない人は、5番&7番の組み合わせもおすすめです。 無理にスプーンを使っていくよりは、しっかり当ててある程度、飛ばせるものを使うのがおすすめ。 ミスが続いたりスイングが崩れたりするというリスクも避けることができます。 ドライバーとの関係 フェアウェイウッドは単品で購入ができるので、必ずしも1Wとモデルを合わせる必要はありません。 ただ、同じにしておくと振り心地を統一できて番手間の飛距離差も均等になるのでおすすめです。 もし違うメーカーやモデルを選ぶときには重さのチェックも忘れずに。 ゴルフではシャフトが長いほど重量は軽くなります。 フェアウェイウッドは1Wよりも重さがあるものを選びます。 ヘッドの大きさ フェアウェイウッドは1Wと同じようにヘッドが大きいほうがスイートスポットも広くできていて、ミスにも強い設計になっています。 厚さが低いもの(シャロー)のほうが球を高く打ち出しやすくなっています。 スピン量 スプーンで打っても高い球が打てて、ヘッドスピードも速いゴルファーには、アスリートモデルのフェアウェイウッドがおすすめです。 低重心の作りになっているので、芝の上から打っても低スピンで遠くまで飛ばすことができます。 ぜひチェックしてみてください。 おすすめランキングBEST5 第5位 出典: タイトリスト VG3 フェアウェイウッド 前作よりも体積が大幅に増え大型のヘッドが自慢、高いボールが打ちやすくなっているモデルです。 シャローな作りで構えたときの安定感も特徴。 ミスにも寛容で打ちやすく、打感がとても柔らかいのもウリです。 操作性を特に重視する方を除けば、幅広いゴルファーにおすすめのシリーズとなっています。 第4位 出典: テーラーメイド M3 フェアウェイウッド 操作性が高くスイングスピードがある方におすすめ、テーラーメイド社が誇るアスリートモデルです。 スピン量はかなり抑えているのでパワーが必要。 力がある方で球をしっかりつかまえられるとかなり遠くまで飛ばせる仕様になっています。 ヘッドは小さく左へのミスが抑えられる作りに。 中級者から上級者におすすめのフェアウェイウッドです。 第3位 出典: キャロウェイ ローグ スター フェアウェイウッド 飛距離性能が抜群に高いのが最大の特徴です。 フェース内部に2本の棒を内蔵、インパクトのときのたわみを防ぐことで、エネルギーのロスを減らすキャロウェイ社独自の「ジェイルブレイクテクノロジー」を搭載しています。 突出したボール初速でやや高めの球を安定して打つことができます。 フェアウェイウッドにも飛ばしを求める方にはもってこいのシリーズです。 フェースが返りやすい設計になっていて、つかまりがとてもいいのが特徴。 左に出る癖があるとつかまりすぎる心配もありますが、スライス軌道の方がつかえば右へのミスを減らすことができます。 スピンは少な目でやや低弾道が出るのもポイント。 飛距離が出てヘッドが大きいフェアウェイウッドが好みの方にはおすすめです。 第1位 出典: ゼクシオ テン フェアウェイウッド レギュラーモデル 国内でも売上ナンバー1を誇る大人気・ゼクシオシリーズのフェアウェイウッドです。 投影面積が大きく、構えたときの安心感があります。 フェース周り全体が薄く設計されて低重心化が図られています。 そのために芝の上から打っても安定してボールが上がる設計になっています。 4番、7番、9番とラインナップが揃っているので自分の好みに応じて番手を揃えられるのも大きな魅力です。 短い距離を打ち分けるためにぜひ役立ててください!.

次の