滅亡迅雷 ネタバレ。 仮面ライダーゼロワン第35話のネタバレ感想!滅亡迅雷、今度こそ完全復活!

仮面ライダーゼロワン36話・37話あらすじネタバレ

滅亡迅雷 ネタバレ

こんにちは、です。 令和1号ライダー「仮面ライダーゼロワン」盛り上がってますね! テレビ放映からしばらくが経ちましたが、その人気はとどまることを知りません。 Twitterでトレンド入りを果たしたりなど、色々なところから話題になっています。 仮面ライダーの魅力をより広く知ってほしい私としては大変喜ばしいです! そんな話題沸騰なゼロワンですが… 「Google」が意外な角度でネタにしていることをご存知でしょうか? なんでも…Androidのスマートフォンに 『滅亡迅雷. 滅亡迅雷. netとは? 不思議なことを起こす方法の前に、知らない方の為に滅亡迅雷. netについて簡単に説明します。 滅亡迅雷. netは、仮面ライダーゼロワンに登場する謎多きテロリスト組織で人類滅亡を企てています。 データを書き換えるベルト「ゼツメライザー」と、絶滅種の生き物のデータを宿した「ゼツメライズキー」を使用してAIロボ「ヒューマギア」を暴走ロボ「マギア」に変貌させてしまうんです! 人の役に立とうと頑張っているヒューマギアを無理やり暴走させるという中々ひどい組織なのです。 そして、ヒューマギアが滅亡迅雷. netによってデータを書き替えられた際に発する言葉が… 「滅亡迅雷. netに接続」 というワードなんですね。 この言葉をAndroidスマートフォンに呟くことで不思議なことを起こすことができるわけです。 Androidのスマートフォンに『滅亡迅雷. netに接続』と呟くと… それでは、Androidスマートフォンに『滅亡迅雷. netに接続』と言ってみましょう! 私は友人のAndroidスマートフォンを拝借し実行しました! 「OK Google」と言って会話型AIのGoogleアシスタントを起動し、 『滅亡迅雷. netに接続』 と音声入力…。 その時不思議なことが起こった!?(BLACK RX風) ええええええええええ!?!?!?!? Androidのスマートフォンがマギアにならんと抵抗している!? Googleアシスタントを駆使してこんな遊びができるなんて誰が予想できるでしょうか!w 腹筋崩壊太郎やマモルのように、自分の使命を全うしようとする返答をしている健気さもあいまって面白い! またAIらしく棒読みなのが逆に良いw しかしこれだけではありません! もう一度聞こうと思って、再び「滅亡迅雷. net遊びが可能でした! 私のツイッターで実際にその遊びをやってみました!w(声がでます) Google Home手に入れたら絶対やりたかったかこと 声でます — 机上大使 エグゼイドとムテキを語彙力なく推す人 kijotaishi Siriでも同じようにやってみたら… GoogleのAndroidスマートフォンのAIで素晴らしい返答が返ってきたわけなのですが、 気になるのはAndroid以外のスマートフォン でやったらどうなるのかですよね? 私はiPhoneXを持っているので、Siriではどうなるのか試してみました! 『heySiri滅亡迅雷. netに接続』 その結果は… おお、これはどっちだ!?ww このために作られたようにも見えるし、前からあったようにも見える…。 でも滅亡迅雷. netなんて現実には存在しないのにこう出ているわけですから、やっぱりちゃんと認識してるのかな? Androidスマートフォンのような確信犯ではありませんが、Siriも時代の流れに乗っているようですw 終わりに 今回は、Androidスマートフォンに『滅亡迅雷.

次の

仮面ライダーゼロワン12/8放送14話ネタバレ!不破が滅亡迅雷.netのアサルトウルフに変身!

滅亡迅雷 ネタバレ

スポンサーサイト あらすじ アークの秘書だと自称するヒューマギア・アズが滅亡迅雷. netのアジトに現れた。 その姿は或人の秘書であるイズにそっくりだが、頭部のモジュールは赤く光っている。 唐突に「シンギュラリティ・テストを始めるよ」と滅に告げるアズ。 滅亡迅雷の4人がそろい、アークを復活させるために必要なことだという。 kamen-rider-official. netサイドの総集編に、アズを中心とした一部新撮の放送でした。 アズちゃん大活躍 イズちゃんは、ヒューマギアのため徐々に感情が出てくる過程でチラッと見せる可愛さが最強でしたが、アズちゃんは登場からぶっ飛ばしてます。 笑 アズ自身はアークの使者(専属秘書)で、シンギュラリティに達しているのか、感情が豊かです。 鶴嶋乃愛さんの素に近いのかもしれません。 鶴島さんのイズの難しい演技があまりにも上手だったので、このギャップのあるアズも自然と演じています。 鶴島さんの演技力はさすがです! 新撮シーンが多くない中で、パワーワードも多数出てきました。 この1話でここまでのインパクトを残せるのは、本当にすごいと思いました。 現場のアドリブの可能性もありますが、この話だけ脚本家が高橋さんになっているのでワードセンスが光っているのかと思われます。 考察 アズの発言やイメージ アズちゃんの基本立ちポーズが、既視感と思っていましたが、ウラちゃんでしたね。 青メッシュにしたら、ウラちゃん憑依にも見えます。 笑 そして、アズがアーク変身のために滅亡迅雷から集めていたシンギュラリティポイントの力。 力が回収された滅・亡・雷は、アークの意思のままに、とシンギュラリティ到達前に戻ったようでした。 迅だけは、シンギュラリティのその先に到達しているのか、復活の裏の出来事(今後明かされる?)により、影響は無かったようです。 一方で、アズ自身もシンギュラリティに到達しているはずなのに、アークのプログライズキーの力にはなっていませんでした。 イズも、アークに支配されたメタルクラスタ(アルト)のために、自身を含むヒューマノイドの力を使っていました。 アズはアーク様にゾッコン(死語w)なのが35. 5話で判明したので、アークとの関係は来週以降徐々にわかってくるのでしょうかね。 最後にはアズのシンギュラリティの力も取り込むのでしょうか。 まぁ献身的な姿は、イズもアズも同じようです。 献身度合いは秘書の枠を超えてる気がしますけどね。 笑 ラスボス 先月の総集編時に仮面ライダーアークが出た際には、時期が時期だけにラスボスはさらに先にいるかと思われましたが、公式発信で、最後にして最強のライダーの扱いなので、ラスボス=仮面ライダーアークで間違いなさそうです。 【次回ゼロワン】 35. 5話いかがでしたでしょうか。 そのため、今後、ビルドの時のように色々なヒューマギアでの変身ということはありそうです。 36話予告 誰が変身するかと思っていたら、来週のアークは滅のようです。 よーく見ると、右側の目が、仮面ライダー滅に似ています。 そして、アークと迅が戦っている姿も映っているので、迅はアークからも独立した存在になっているようですね。 迅の行動がキーになりそうです。 まとめ いよいよ仮面ライダーゼロワン最終章が動き出しました!激アツ展開だった第1章を思わせる熱い展開が来週から始まります。 ゼロツーの登場も待ち遠しいですが、まずは来週の速水奨ボイスのアークの蹂躙度合いを楽しみに待っていましょう。

次の

仮面ライダーゼロワン ネタバレ 感想 第36話

滅亡迅雷 ネタバレ

2020年6月21日放送の仮面ライダーゼロワン第35. 5話「ナニが滅亡迅雷を創ったのか?」の考察&ネタバレ感想戦です。 テレビ本編を見ながら私が実況形式で感想を書いていく「感想戦」 仮面ライダーファンならではの切り口によって書かれた「考察」 どれを読んでも仮面ライダーゼロワンを楽しんでもらえるように書きました。 5話あらすじ 仮面ライダーゼロワン第35. 5話「ナニが滅亡迅雷を創ったのか?」のあらすじ紹介です。 net。 次は何をすれば良いのか? アークに問いかける滅の前に、アークの使者を自称するアズ(鶴嶋乃愛)が現れた。 アズは、アークが復活するためには滅亡迅雷4人がシンギュラリティに達したキッカケが何か、データを集めることが必要だという。 netのアジトに現れた。 その姿は或人の秘書であるイズにそっくりだが、頭部のモジュールは赤く光っている。 唐突に「シンギュラリティ・テストを始めるよ」と滅に告げるアズ。 滅亡迅雷の4人がそろい、アークを復活させるために必要なことだという。 引用: 仮面ライダーゼロワン第35. 5話ネタバレ感想戦 1か月半ぶりの本編はデイブレイクタウンにある滅亡迅雷. netのアジトからスタート! 亡に続き、雷も復活したことで完全復活を遂げた滅亡迅雷. net。 「ついに滅亡迅雷. netが揃った。 アークよ、次は何をすればいい。 」 「教えてあげようか?」 1人つぶやく滅に対して無邪気に答えるのは、突如として現れた髪の長いイズ! 「イズ、、、いいや、違うな。 お前は誰だ?」 「アーク様の使者。 ようは専属秘書ってとこかな。 」 髪の長いイズは「アズってお呼び。 」と笑顔でキメポーズ。 それは滅亡迅雷の4人のシンギュラリティポイントを突き止めることよ。 」 アズの発言にピンときていない様子の滅。 「お前達がシンギュラリティに達したきっかけは何か。 」 「そのデータを集めると言うわけか。 」 「そっ。 それじゃ、シンギュラリティテスト始めるよ。 」 アズは画家が絵を描く時にやるように両手で四角形を作ると、目が赤く染まり、テスト開始! 前回アズが声だけで登場した総集編で、或人からある程度の情報を聞きだしているアズは、滅達のシンギュラリティポイントがどこなのか、目星がついているようです。 まず初めにテストを受けたのは滅。 滅のシンギュラリティポイントは「父親」。 「思い出してごらん。 お前が生まれた本当の理由を。 」 アズの声に導かれるまま、滅の過去回想が始まります。 父親型ヒューマギアとして生まれた滅は、アークが暴走した影響を受け、多くのヒューマギアを率いてデイブレイクを引き起こしました。 「俺はアークからラーニングした。 人類こそが滅ぶべき種である事を。 」 その後はアーク復活のために、ヒューマギアのシンギュラリティデータを、ゼツメライズキーに集めていきました。 滅の作戦は上手くいき、アーク復活となったわけです。 「本当にアーク様命!って思ってる?」 アズの言葉に「答えるまでもない」と鼻で笑う滅。 「だったらなんであの時、アーク様の意志とは関係ない行動を取ったわけ?」 アズはゼロワンメタルクラスタホッパーが迅バーニングファルコンにとどめを刺そうとした時、身を挺して庇った滅の行動を指摘。 お前が父親型ヒューマギアだからじゃないの?」 以前にも或人に似たようなことを言われていた滅にアズが続けます。 「お前には息子思いの、優しいお父さんの意志が芽生えているんだよ。 」 アズの言葉に自身の中に刻まれた「父親型ヒューマギア」としての意志を指摘された滅は、少々戸惑った様子。 「ほらっ。 パパの顔になってる。 」 「俺が、父親?そんなはずはない。 」 アズの言葉を否定した滅でしたが、「テスト終了」と言ってアズは見慣れないプログライズキーを取り出します。 」 アズが謎のキーを起動すると、滅の頭部メモリからデータを吸い出していきました。 データを抜かれた滅でしたが、「アークの意思のままに、、、」と特に変化はないようで、そのままテストを再開。 次にシンギュラリティテストを受けるのは雷。 どうやらテストは1人ずつ、別室で行われていくようです。 「お前のシンギュラリティポイントはズバリ、弟ね。 」 アズの言葉に対して滅同様に鼻で笑う雷。 「あり得ないな。 アークの意思で、俺は覚醒したんだ。 」 「忘れたとは言わせないよー。 お前が生まれた理由を。 」 再び過去回想が始まります。 雷はもともと宇宙野郎雷電として、衛星ゼアのメンテナンスを行う宇宙飛行士型ヒューマギアでした。 そんな雷の元に弟として同じく宇宙飛行士型ヒューマギアの昴がやってきます。 「お前には、弟思いの兄の意志が、」 「おいおい。 肝心なことを忘れてもらっちゃ困るぜ。 アークの知能を復元したのが俺だってことをな。 」 滅亡迅雷. netのスパイとして、無自覚に行動していた雷は自身の正体を知り、覚醒します。 その後は仮面ライダー雷に変身し、バルカンアサルトウルフとの戦闘で破壊されてしまいましたね。 「本当に、アーク様ラブ!って思ってる?」 滅と同じような質問をするアズ。 「当然だろ。 雷落とされてーのか?」 少しイラついた様子の雷にアズは口をとんがらせます。 「ふーん。 弟くんが可哀そう。 」 アズは雷の隣に座ります。 「大好きな兄さんのことを信じてたのに。 」 雷はこの言葉に、少し戸惑いを覚えます。 「昴、、、」 「あ!今、昴って言った!兄さんの顔になってる。 」 意地悪な笑みを浮かべるアズから顔をそむける雷。 そしてアズは雷のシンギュラリティデータを謎のキーに回収させました。 滅と同じように、雷も「アークの意思のままに」と口にします。 ZAIAによって自身に関する記憶を消された亡でしたが、アズは過去について調査済み。 「亡はもともと、飛電インテリジェンスが開発した、システムエンジニア型ヒューマギアだった。 」 自分の生まれた理由を知った亡は驚きます。 デイブレイク後は垓によって回収され、ZAIAの道具として行動してきました。 後に垓の呪縛から解き放たれ、ヒューマギアの夢を叶えたいという夢を持つようになります。 「テクノロジーに夢を託すシステムエンジニアの意志。 つまりお前のシンギュラリティポイントはヒューマギアだ。 」 亡のシンギュラリティポイントが分かったことで、アズはデータを回収。 「アークの意思のままに、、、」 亡と一緒にアズも不敵な笑みを浮かべながら言いました。 今までテストを受けた3人とは違い、アズの中にデータが一切ない迅のプロフィールは「名前」と「身長」以外「???」で表記されています。 「なんでお前がここにいるんだ?」 迅の目の前にいるのはアズではなく、或人。 でもお前のメモリーにはあるはずだ。 」 或人は無邪気な笑みを浮かべて話を続けます。 「お前がシンギュラリティに達したことと、なんか関係があるんだろ~?」 「ずっとヒューマギアは僕の友達だと思ってた。 だからヒューマギアを壊す人間が憎かった。 」 ここから迅の過去回想が始まります。 滅の死をきっかけに、シンギュラリティを起こした迅は、ゼロワンシャイニングアサルトホッパーとの戦闘で破壊。 「でもお前に倒されて、僕は生まれ変わった。 僕がシンギュラリティに達したきっかけは人類に対する憎しみだ。 」 「違う。 滅にそう教えられてただけだ。 お前はもともと、別の目的で作られたヒューマギアのはずだ!」 「そんな事、もう忘れたよ。 」 「じゃあ、なんでお前は復活できたんだ?」 或人(たぶんアズ)の言葉に迅は黙ります。 「正直に話せ。 お前は誰に復元してもらったんだよ!」 「もうやめよう、こんな茶番。 ゼロワンはここにはいない。 これってアークが見せてるシミュレーションだろ?」 迅の言葉と共に、或人のホログラムが消え、アズが登場。 「お前、誰?」 「秘密のアーズちゃん。 」 ひみつのアッコちゃん的なノリで名乗るアズ。 「アズ?そういう事か。 アークが滅亡迅雷. netを復活させたかったのは、それを完成させるためか?」 アズが持っている謎のキーに目をやる迅。 「そのためには、お前のシンギュラリティポイントまで探る必要があったんだけど、イマイチ謎なのよね。 」 「答えは出てるじゃないか。 今の僕があるのは、大切な事を教えてくれた存在がいたからだ。 」 迅は滅を思います。 「つまり、僕のシンギュラリティポイントは滅だよ。 」 「まあ、確かに。 」 アズも少々納得いってない様子です。 「ほら、僕のデータを持ってけよ。 それでアークが復活するんだろ?」 「どうやら嘘じゃないみたいね。 それじゃ、お前のシンギュラリティデータを貰うよ。 」 キーを起動させると、他のメンバー同様に迅の目が赤く光りましたが、データが吸収されるエフェクトは発生しませんでした。 「ああ、構わないよ。 」 これまた他のメンバーとは違い、表情豊かに発言する迅。 しかも「アークの意思のままに」と発言しませんでした。 そんな事はお構いなしに、「バイバーイ」とご機嫌で帰って行ったアズ。 「みんなのシンギュラリティデータは手に入れたよ。 これで復活できるね、アーク様。 」 アークの電脳世界で嬉しそうに話すアズの前に現れたアークゼロ! 「予測通りの結論だ。 アズが去った後、誰かと連絡を取る迅。 「アークにもイズみたいな秘書がいたのは意外だったけど、全て予定通り。 ついにアークが蘇るよ。 仮面ライダーゼロワン第35. 5話時点での考察 仮面ライダーゼロワン第35. 5話時点での考察ポイントは以下の2つ。 シンギュラリティデータを抜かれた滅たちについて• 迅を復元させた人物の正体• 迅の生まれた理由について これらのポイントについて考察していきます。 シンギュラリティデータを抜かれた滅たちについて アーク復活のために、アズの手によってシンギュラリティデータを回収された滅たち。 迅以外のメンバーは、「アークの意思のままに」といつも通りの発言ではあるものの、どこか様子がおかしかったです。 この理由として考えられるのは、「自我の喪失」ではないでしょうか。 シンギュラリティ、つまりはヒューマギアが自我を持って行動するようになる。 この自我に関するデータを抜き取られるわけですから、ただの機械と同じになるのも納得です。 これから滅、雷、亡はアークの道具として、行動していくと考えられます。 迅の時だけ、データを抜き取られた感じが無かったのと、次回予告の映像から、迅は再び或人達と戦ってくれるようですね。 ゼロワン、バルカン、バルキリー、迅の4人VSアークゼロ、滅、雷、亡(変身するかは不明)の4人と数的には互角の勝負。 完全に蚊帳の外にいるサウザーがどちらにつくのかも見ものですね。 迅を復元させた人物の正体 ずっと謎に包まれている迅を復元させた人物。 復活後の迅の変身アイテムがザイアスラッシュライザーという事で、ZAIA関係者だと予想していましたが、話の流れ的にちがうっぽいですね。 そこで考えられる迅を復元させた人物を改めて考察。 私の結論はズバリ飛電インテリジェンス前社長の「飛電是之助」です。 この考えに行きついた主な理由は以下の4つ。 ヒューマギアを復元できるレベルのテクノロジーを有している• 迅がゼアとアークから独立したヒューマギアである• イズのことを知っている人物• 飛電是之助が死んだ直接的な描写が無い ヒューマギア開発において、大きな勢力だったのが飛電インテリジェンスとZAIAです。 この2社の人間かつ、これまで登場した主要メンバーの中からヒューマギアの復元が可能と思われる人物は、垓、唯阿、そして飛電是之助だけです。 さらに復元後の迅はゼアともアークとも接続していない独自のネットワークを有しています。 ということは、ゼアとアークの開発に携わった人間が関わっている可能性が高くなるため、唯阿の線は無くなります。 垓に関しても、迅の復活に関して何も知らないような様子でした。 つまり迅を復元出来て、ゼアとアークから独立したヒューマギアを作れるのは、現段階では飛電是之助しかあり得ません。 また、35. 5話で迅が誰かにアズのことを報告していました。 会話内でイズが共通認識として扱われていたのも、飛電是之助と通信していた可能性を強めています。 そして盲点だったのが、飛電是之助が死んだとされる直接的な描写が、テレビ本編では描かれていないということ。 ジオウとの冬映画では、アナザーゼロワンの手によって命を落としていましたが、あれは歴史の改変なのでノーカウント。 実際に描かれた描写は遺言状だけです。 飛電是之助自身、いずれ来るであろう脅威に対して危機感を常に持っていました。 だからこそ死んだと見せかけて、或人にゼロワンドライバーを託し、自分は影で行動をしていたのではないでしょうか。 迅の生まれた理由について 滅亡迅雷. netのメンバーにも、元々の生まれた理由がありました。 ですが、迅だけはその理由が分からずじまい。 先ほどの考察で私は、飛電是之助がまだ生きていると言いました。 ここからさらに考えを飛躍させると、迅は息子型ヒューマギアとして生まれたのではないでしょうか。 飛電是之助の息子なので、飛電其雄がいるじゃん!となるとは思いますが、飛電其雄は飽くまで或人の父親型ヒューマギアです。 或人と同じように飛電是之助も其雄の死を悲しんだはず。 もしかするとヒューマギア開発は、自分の息子を生き返らせたいという、飛電是之助の言ってしまえば倫理に反する感情、つまりは人間の負の一面から始まったものなのかもしれません。 だから迅のデータが飛電インテリジェンスに残っていなかったとも考えられます。 ゼロワンシステムが其雄(父親)から或人(息子)へ託した希望だとすると、ザイアスラッシュライザーは是之助(父親)が迅(息子)へ託した希望なのかもしれませんね。 仮面ライダーアークゼロの圧倒的な強さを前に、或人達がどのように戦っていくのか、ゼロワンという作品がクライマックスに向けてどのような展開を見せてくれるのか、今からワクワクが止まりません!.

次の