にぶんのいち夫婦ネタバレ 21。 にぶんのいち夫婦15話(最新話)のネタバレと感想!【隔週更新】

【にぶんのいち夫婦】最新話ネタバレとあらすじまとめ!

にぶんのいち夫婦ネタバレ 21

『にぶんのいち夫婦』前話 7 話のあらすじは・・・ 文は妊活のことを多恵と菜摘に相談する。 夫婦の信頼関係を築くべきだと2人に言われてしまい、文は和真に最低な事をしているという自覚をもたせるため、まずは浮気の物証を集めることにした。 和真に妊活を中断し、旅行に行くことを提案する文。 賛成してくれる和真だったが、日曜日も仕事で忙しくなるということを聞き、文は浮気の疑いをより感じる。 その後、文は成り行きで仕事を休み、樋口とスイーツ店に出かけることになった。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 文は樋口とおしゃれなパイのお店にやってきて・・ 樋口と一緒に平日の繁華街へやってきた文。 大学生とアラサーの2人組に、まわりの人たちからはどう見られるのだろうと思う。 お店に着くと、テレビで特集していた有名なお店でテンションを上げて喜ぶ文を見て、樋口はおかしそうに笑った。 運ばれてきたパイは思ったよりもガッツリしており、2人でシェアして食べることになった。 うまくナイフが使えない文を見て、綺麗に取り分けてくれた樋口。 和真と話し合って戦うことにした文は、どうやって自白に追い込むべきか悩んでいることを樋口に打ち明ける。 樋口は、自分と浮気をすることを提案した。 旦那にも同じ経験をしてもらうべき、と言う樋口に、文は顔を赤らめる。 「ややこしくなるし、私なんておばさんだし」 文は慌てるが、「美人だから30代でもアリですよ」と樋口は笑って言う。 そこへ仕事中のはずの和真が突然現れる。 同僚を連れてスイーツ店を訪れた和真 文が突然のことに何も言えずにいると、和真の会社の同僚である高梨もやってきた。 そして、店の奥には立川さとみらしき女の姿もある。 文はその女の人が立川さとみなのかどうか様子をうかがおうとした。 その横で、樋口と和真が互いに自己紹介をする。 和真は仕事でお店に訪れたようで、文に仕事ではなかったのかと問いかける。 文が本当のことを話そうとすると「俺が無理矢理誘いました」と樋口が遮った。 文が仕事の関係で和真が飲食店のリサーチをしているのだと説明すると、和真は「学生さんにとってこの店くらいの価格は通いやすいですか?」と尋ねる。 樋口は「女性を口説くにはちょうどいいです」とニヤリと笑った。 和真は「ありがとうございます」と答えると、文に夕飯の献立を注文して去っていく。 去り際に文の髪を一房撫でていった。 和真が去ったあと、文は煽るようなことを口にした樋口を責める。 しかし樋口は、「旦那さんイケメンですね。 でも嫉妬深くないですか?」と素知らぬ顔で言った。 樋口はこの状況を楽しんでいるようである。 変な誤解をされたら困ると文は怒るが、「旦那さんの愛情を確認できてうれしかったでしょ?」と聞かれ、文は余裕のない和真の顔を見て、確かに気分が良かったと思ったことを認める。 しかし、本当に愛情があるなら浮気はしないはずである。 食べ終わった2人は帰ろうとするが、文は和真たちと一緒にいる女性が立川さとみなのかが気になってしまう。 和真は、自分を騙したさやかたちを許すつもりはないが訴える気もなく 自宅に帰って立川さとみのSNSを確認すると、先ほどのお店の料理が載せられていた。 ビーフシチューをつくりながら、もやもやと考えていると、和真が帰宅する。 文が出迎えると、和真はいきなり文のことを抱きしめてきた。 怖い表情で樋口のことを聞いてくる和真。 文が「樋口くんは冗談を言うのが好きなだけ」と落ち着かせようとする。 和真は眼鏡をはずすと突然文の口にキスをした。 そのまま文をソファの上に押し倒すと、服を脱がせていく。 明るいリビングでエッチをしたことがない文は戸惑うが、気持ちよくて流されてしまった。 11時すぎに多恵から連絡がきて、優香から「死にたい」というラインが来たことを知らされる。 文は和真に車を出してもらって、優香の家へと向かう。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

【にぶんのいち夫婦】最新話ネタバレとあらすじまとめ!

にぶんのいち夫婦ネタバレ 21

にぶんのいち夫婦の見どころ 旦那が不倫をしているかも!? 話を聞いてくれて協力してくるようになった文の同僚の力も借りて、ついに文は不倫証拠の現場にやって来たのですが・・。 その現場を見て再び文はパニックになってしまったのです。 気持ちの整理がつかないまま母親の家に居る文ですが、ついに21話では母親に促されて和真の居る家に久々に帰る事となるのです。 にぶんのいち夫婦21話のあらすじネタバレ 時々家に帰っていると伝えていた文ですが、母には和真のいない時に着替えを取りに行っているだけなのがバレていました。 母の想い いい加減帰りな、私のことも病人にしているでしょとキッチンでタバコを吸いながら言う母。 和真から母へ具合はどうかと電話があったのです。 母はずいぶんよくなりましたと話を合わせてくれたのだと言いました。 文が何も言わないので母は何も知りませんが、逃げ回るだけでは解決しないから顔を合わせて話さなくてはいけないと言います。 ようやくたどり着いた真実なのに、文はうまく整理ができません。 今の状況でも幸せな思い出しか浮かばないのです。 和真との出会い 5年前のことを文は思い出していました。 さやか主催の合コンでしたが、文は知らない人と話すのが苦手で帰ろうとしていました。 そこに和真が出てきて、タクシーを捕まえようかと言い、酔いを醒ましたいと文が断ると、寒いからと自分のマフラーを貸してくれました。 あまり話せなかったけれど、また会いたいと言った和真。 また別の日にグループでバーベキューをした時には文は和真と一緒に料理をします。 文は和真が料理上手だから奥さんになる人が羨ましいと笑顔で伝えると、和真は照れて文を見ずに結婚してくれる?と言い、文は驚いて真っ赤になってしまいました。 帰り道、文は車で和真に送ってもらい車から降りようとすると腕を掴まれ、和真につき合って欲しいと告白されます。 真っ赤になってうなずく文。 和真の笑顔を見て、文はこの人となら幸せになれると思ったから、付き合って2年しかたったいないのにプロポーズもOkしたのです。 それなのにまさかこんな未来が待っているとは思いませんでした。 文は母に自分がこの家に住むのは迷惑かと尋ねます。 母は少し考えて、狭いしプライバシーもないから迷惑かなと答えました。 でも文がどうしても自分の介護がしたいなら置いてあげなくもないけどと言います。 疲れ切っている文 久しぶりに戻ったマンションは特に変わりはありません。 同僚の樋口は時々和真の尾行をしてくれていますが、帰りは一人のようです。 さすがに自宅には連れ込まないけれど、彼女のSNSには今度の日曜日に会うと書いてあったので、外で会う約束をしているのかもしれません。 疲れている文はソファーに倒れこみます。 実家の布団では、寝つけなかったので、結局安心できるのはこの家だと気がつきます。 自分はここに不必要な存在なのに・・・と自虐的に微笑みます。 寝てしまい、何かの料理を作る音で目が覚めた文。 自分には毛布が掛けられていました。 和真が何事もなかった様にふるま、文のそばに来て顔色が悪いと心配しました。 帰ってくるのを知らなかったから材料があまりく、チーズリゾットを作ってると言います。 文はそんな気分ではないので、おなかが空いていないと言おうとすると、絶妙なタイミングでお腹が鳴ってしまいました。 ダイニングまで歩きながら、家に帰った途端、眠気や空腹を訴え始めるなんて、体が心を裏切っているみたいで憂鬱だと思う文。 チーズリゾットを食べてみると、悔しいけれど美味しいのです。 文の計画 和真は明日の予定を文に尋ねます。 文はいつものメンバーで飲み会と言い、優香も佳樹にOKをもらったのでみんなで会うのだと和真に伝えます。 佳樹さんがよく許したねと言う和真に、文は上から発言はなかなか治らないと優香が話していたと言います。 すると和真は人間は簡単には変われないから、少しずつだねと文に言いました。 文は心の中で、 けど私も強くなると優香は言っていた。 女はその気になれば変わるのよ 考えていました。 調子悪そうだから無理して飲まない方がいい、今も青い顔をしているのにと言う和真。 文はついカッとなり「それは・・・和真のせいでしょ」と喉まで出かかった言葉を飲み込みました。 でもこの気持ちをぶつけるのはまだ早いと判断して、いつも通りの態度で寝不足なだけだから早めに帰ると言います。 取ってつけたように和真は土日の予定を話し始めます。 文は返事はしたものの、白々しいと思っていました。 ため息をつきながら和真は仕事ももう少ししたら落ち着くから、旅行の計画を詰めようか・・・休みがとれそうなら海外も・・・と話し続ける和真。 文はごめんと言ってからカチャンと音を立ててスプーンを置きます。 そして疲れているみたいなので休むと言い、部屋に戻りました。 この状況で旅行なんて・・・そんな話する気になれないと思う文。 和真はそんな文を心配そうにじっと見つめていました。 翌日文が目を覚ますとテーブルには朝食が作ってあり、和真はもう出かけたみたいで姿がありません。 文は思い切り寝たらだいぶスッキリしたので、和真を問い詰めたいところだけれど、その前にやることがあると決意したのです。 にぶんのいち夫婦第21話のあらすじをネタバレでお伝えしました。 文のやることとはいったい何なのでしょうか。 和真の調査をして証拠を見つけること? とてもいい旦那さんに見えるますが・・・。 < 次話> はこちらで解説しています! 21話をんだ感想 にぶんのいち夫婦第21話を読みました。 実家に帰っても落ち着かない文。 もともと住んでいて自分の部屋が残ったりしていれば、帰ってゆっくりできるかもしれませんが、自分で選んだ家具などがある部屋の方が落ち着くのかもしれませんね。 でも母も優しい言葉をかける訳ではないけれど、文といる時の空気感が優しいです。 文に好きなようにしなさい、自分で決めたなら応援するよと言ってくれているように見えました。 家にいる時間だけを切り取ってみると、和真はとても素敵な夫に見えます。 料理を作ったり、体調を心配したり・・・そんな和真でも一度怪しいと思ったら、この態度は実は・・・と疑ってしまいますよね。 なかなか隙を見せませんが、それ故になんだか単なる浮気ではなさそうな気がします。 和真と出会った時から、さやかと高梨は一緒のグループだったのですね。 その時からもう何かが始まっていたのでしょうか。 出会った時から仕組まれていて、文がずっと騙されていたのでしょうか。 だとしたら、友達なのにあまりにもひどいですよね。 文はその前にやることがあると何やら意気込んでいますが、何か計画があるのでしょうか。 また飲み会に出ることを和真はなんだか嫌そうですが、本当に心配しているのか、本当に嫌なのか。 それともやめた方がいいと言った方が文が確実に出席しそうだと考えたのでしょうか。 なんだか全部怪しく見えてしまい、この家にいたくない文の気持ちがよくわかります。 文の計画、うまくいくといいですね。 実は「にぶんのいち夫婦」は、無料で漫画を読める方法があるのです。

次の

にぶんのいち夫婦・ネタバレ全話まとめ【分冊版の最新話から最終回結末考察まで】|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

にぶんのいち夫婦ネタバレ 21

『にぶんのいち夫婦』前話 7 話のあらすじは・・・ 文は妊活のことを多恵と菜摘に相談する。 夫婦の信頼関係を築くべきだと2人に言われてしまい、文は和真に最低な事をしているという自覚をもたせるため、まずは浮気の物証を集めることにした。 和真に妊活を中断し、旅行に行くことを提案する文。 賛成してくれる和真だったが、日曜日も仕事で忙しくなるということを聞き、文は浮気の疑いをより感じる。 その後、文は成り行きで仕事を休み、樋口とスイーツ店に出かけることになった。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 文は樋口とおしゃれなパイのお店にやってきて・・ 樋口と一緒に平日の繁華街へやってきた文。 大学生とアラサーの2人組に、まわりの人たちからはどう見られるのだろうと思う。 お店に着くと、テレビで特集していた有名なお店でテンションを上げて喜ぶ文を見て、樋口はおかしそうに笑った。 運ばれてきたパイは思ったよりもガッツリしており、2人でシェアして食べることになった。 うまくナイフが使えない文を見て、綺麗に取り分けてくれた樋口。 和真と話し合って戦うことにした文は、どうやって自白に追い込むべきか悩んでいることを樋口に打ち明ける。 樋口は、自分と浮気をすることを提案した。 旦那にも同じ経験をしてもらうべき、と言う樋口に、文は顔を赤らめる。 「ややこしくなるし、私なんておばさんだし」 文は慌てるが、「美人だから30代でもアリですよ」と樋口は笑って言う。 そこへ仕事中のはずの和真が突然現れる。 同僚を連れてスイーツ店を訪れた和真 文が突然のことに何も言えずにいると、和真の会社の同僚である高梨もやってきた。 そして、店の奥には立川さとみらしき女の姿もある。 文はその女の人が立川さとみなのかどうか様子をうかがおうとした。 その横で、樋口と和真が互いに自己紹介をする。 和真は仕事でお店に訪れたようで、文に仕事ではなかったのかと問いかける。 文が本当のことを話そうとすると「俺が無理矢理誘いました」と樋口が遮った。 文が仕事の関係で和真が飲食店のリサーチをしているのだと説明すると、和真は「学生さんにとってこの店くらいの価格は通いやすいですか?」と尋ねる。 樋口は「女性を口説くにはちょうどいいです」とニヤリと笑った。 和真は「ありがとうございます」と答えると、文に夕飯の献立を注文して去っていく。 去り際に文の髪を一房撫でていった。 和真が去ったあと、文は煽るようなことを口にした樋口を責める。 しかし樋口は、「旦那さんイケメンですね。 でも嫉妬深くないですか?」と素知らぬ顔で言った。 樋口はこの状況を楽しんでいるようである。 変な誤解をされたら困ると文は怒るが、「旦那さんの愛情を確認できてうれしかったでしょ?」と聞かれ、文は余裕のない和真の顔を見て、確かに気分が良かったと思ったことを認める。 しかし、本当に愛情があるなら浮気はしないはずである。 食べ終わった2人は帰ろうとするが、文は和真たちと一緒にいる女性が立川さとみなのかが気になってしまう。 和真は、自分を騙したさやかたちを許すつもりはないが訴える気もなく 自宅に帰って立川さとみのSNSを確認すると、先ほどのお店の料理が載せられていた。 ビーフシチューをつくりながら、もやもやと考えていると、和真が帰宅する。 文が出迎えると、和真はいきなり文のことを抱きしめてきた。 怖い表情で樋口のことを聞いてくる和真。 文が「樋口くんは冗談を言うのが好きなだけ」と落ち着かせようとする。 和真は眼鏡をはずすと突然文の口にキスをした。 そのまま文をソファの上に押し倒すと、服を脱がせていく。 明るいリビングでエッチをしたことがない文は戸惑うが、気持ちよくて流されてしまった。 11時すぎに多恵から連絡がきて、優香から「死にたい」というラインが来たことを知らされる。 文は和真に車を出してもらって、優香の家へと向かう。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の