フォト北海道(道新写真データベース)。 北海道中札内高等学校

4丁目プラザ

フォト北海道(道新写真データベース)

末広地区• 末広ふ頭東岸壁• 末広ふ頭西岸壁• 天北地区• 天北1号ふ頭北岸壁• 天北1号ふ頭西岸壁• 天北1号ふ頭東岸壁• 天北2号ふ頭西岸壁• 天北2号ふ頭東岸壁• 北地区• 北ふ頭けい船岸壁• 北ふ頭南岸壁A• 北ふ頭南岸壁B• 中央ふ頭-7. 5 m北岸壁(基部)• 中央ふ頭-5. 5 m北岸壁• 中央ふ頭-6. 0 m北岸壁• 中央ふ頭-7. 5 m北岸壁(先端)• 中央ふ頭南岸壁• 中央ふ頭-5. 5 m南岸壁(基部)• 中央ふ頭-6. 0 m耐震岸壁• 港地区• 北洋ふ頭第1南岸壁• 北洋ふ頭第2南岸壁• 北洋ふ頭-6. 0 m北岸壁• 北洋ふ頭-7. 5 m北岸壁• 北洋ふ頭改良岸壁• 第一副港岸壁• 第二副港岸壁 小型けい船岸壁 稚内港周辺の空中写真(1977年撮影) を基に作成 稚内港はの年間にが運上屋を置き、漁業開拓によりの搬送を行ったことが始まりとされている。 には北海道北部開拓の玄関口に位置づけられ、を経て日本が(現在の南部)を領有すると、稚内は樺太への最短航路として本格的な往来が始まっていった。 後は樺太との航路()は途絶えてしまうが、稚内港はやの拠点港、・への連絡港などとしての港湾整備が行われていった。 サハリン航路 戦後のサハリン航路については、(元年)に(旧称真岡)へのサハリン観光のツアー船が稚内港を出港し 、(平成3年)には(旧称大泊)へのツアー船が出港した。 (平成7年)には、ロシア船によるコルサコフ航路が定期航路(季節運航)として50年ぶりに復活し 、(平成11年)からは東日本フェリー(現在の)によるコルサコフ航路が運航開始した。 (平成26年)にハートランドフェリーはサハリン航路からの撤退を表明し 、(平成27年)に運航終了した。 (平成28年)に稚内市はの「北海道サハリン航路」を設立し 、ロシアの「」(SASCO)と運航契約を締結して運航再開した。 (44年):日本郵政が稚内—大泊(現在の)間定期航路(季節運航)開設。 ( 09年):「第1期北海道拓殖計画」による港湾建設着手。 (大正12年):直営の稚内—大泊間定期航路()開設(1945年廃止)。 (大正13年):北日本汽船による稚内—本斗(現在の)連絡船航路(稚斗航路)開設。 利尻島・礼文島航路開設。 (10年):稚内利札運輸(後の東日本フェリー、現在の)が稚内・・三角航路開設。 (昭和11年):完成。 (昭和13年):稚内桟橋駅設置(1945年廃止)。 (昭和23年):による「」指定(稚内港の開港)。 (昭和27年):出入国管理令(現在の)による「出入国港」指定。 (昭和28年):稚内市が港湾管理者となる。 による「」指定。 (昭和32年):による「」指定。 (昭和37年):による「検疫港」指定。 (昭和38年):中央ふ頭完成。 (昭和45年):利尻・礼文航路に就航。 (昭和49年):地元による初の直接貿易により、から貨物船入港。 (昭和52年):200海里漁業専管水域設定。 (昭和62年):しおさいプロムナード完成。 (元年):利尻・礼文航路に大型カーフェリー(3,000トン級)就航。 (平成 03年):「稚内マリンタウンプロジェクト」第1期事業開始。 (平成 07年):ロシア船によるコルサコフ定期航路再開。 「稚内マリンタウンプロジェクト」第2期事業開始。 (平成 08年):日ロ定期航路桟橋完成。 (平成11年):東日本フェリー(現在のハートランドフェリー)によるコルサコフ航路運航開始(2015年運航終了)。 による「携帯品特定港」指定。 (平成15年):「国際交流特区」認定。 (平成17年):輸出入総額が初の300億円突破。 (平成19年):「第一副港地区優良建築物等整備事業」によるオープン。 「」登録。 (平成20年):稚内港国際旅客ターミナル・稚内フェリーターミナル供用開始。 (平成23年):国際フェリー・国際RO-RO船に係る「日本海側拠点港」選定。 (平成24年):北防波堤ドーム公園、波止場プロムナード完成。 (平成25年):稚内副港市場と稚内市ポートサービスセンターが「」認定。 (平成27年):稚内フェリーターミナルの供用開始。 (平成28年):稚内市が「北海道サハリン航路」設立し 、ロシアの「」(SASCO)と運航契約。 コルサコフ航路運航再開。 脚注 注釈• 2017閲覧. 稚内開発建設部. 2017閲覧. 稚内市. 2017閲覧. , p. , pp. 1-2. フォト北海道(道新写真データベース). 1989年5月22日. 2017閲覧. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 1991年5月2日. 2017閲覧. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 1995年4月28日. 2017閲覧. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 1996年3月10日. 2017閲覧. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 1999年5月2日. 2017閲覧. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 1999年10月16日. 2017閲覧. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2007年11月2日. 2017閲覧. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2011年6月7日. 2017閲覧. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2012年4月7日. 2017閲覧. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2014年9月25日. 2017閲覧. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2015年9月19日. 2017閲覧. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2016年4月2日. 2017閲覧. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2016年7月4日. 2017閲覧. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2016年8月1日. 2017閲覧. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 1974年2月8日. 2017閲覧. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 1991年10月28日. 2017閲覧. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2003年5月22日. 2017閲覧. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2006年1月31日. 2017閲覧. 稚内市. 2017閲覧. 北海道建設新聞社. 2008年5月13日. 2017閲覧. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2011年11月12日. 2017閲覧. 2017閲覧. 2017閲覧. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2013年4月29日. 2017閲覧. 2017閲覧. 参考資料• 稚内港港湾要覧. 2017閲覧. 稚内港港湾要覧. 稚内市. 2017閲覧. 稚内開発建設部. 2017閲覧. 関連項目• 外部リンク• - 国土交通省北海道開発局.

次の

緑の島

フォト北海道(道新写真データベース)

『黒船サーカス』(旧称『HAKODATE 黒船』『道南函館黒船』)(2009年、2011年、2012年、2016年、2017年、2018年、2019年)• 函館開港150周年記念事業『ドリームボックス150』(2009年)• 『』(2013年)• 『』(2014年)• 3』(2018年) アクセス• (函館市電)「」から徒歩約3分• から車で約5分 脚注 [] 注釈 出典 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク• - 函館開発建設部• - 函館市公式観光情報サイト• 2018年5月24日閲覧。 函館市. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 1990年12月13日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 1994年11月29日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 1994年12月17日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 1997年2月24日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 1999年9月4日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2000年9月9日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2000年10月1日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2001年12月5日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2003年6月29日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2005年2月2日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2007年6月12日. 2018年5月24日閲覧。 函館市公式観光情報サイト. 2018年5月25日閲覧。 函館市公式観光情報サイトはこぶら. 2018年5月25日閲覧。 函館市. 2018年5月24日閲覧。 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2002年2月20日. 2018年5月24日閲覧。 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE 2003年6月20日. 2018年5月24日閲覧。 2018年5月24日閲覧。 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE 2015年4月16日. 2018年5月24日閲覧。 北海道開発局函館開発建設部. 2018年5月22日閲覧。 2019年7月14日閲覧。 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE 2009年8月9日. 2018年5月24日閲覧。 2014年6月22日. 2018年5月22日閲覧。 公式サイト. 2018年7月1日閲覧。

次の

Wikizero

フォト北海道(道新写真データベース)

『黒船サーカス』(旧称『HAKODATE 黒船』『道南函館黒船』)(2009年、2011年、2012年、2016年、2017年、2018年、2019年)• 函館開港150周年記念事業『ドリームボックス150』(2009年)• 『』(2013年)• 『』(2014年)• 3』(2018年) アクセス• (函館市電)「」から徒歩約3分• から車で約5分 脚注 [] 注釈 出典 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク• - 函館開発建設部• - 函館市公式観光情報サイト• 2018年5月24日閲覧。 函館市. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 1990年12月13日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 1994年11月29日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 1994年12月17日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 1997年2月24日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 1999年9月4日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2000年9月9日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2000年10月1日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2001年12月5日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2003年6月29日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2005年2月2日. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2007年6月12日. 2018年5月24日閲覧。 函館市公式観光情報サイト. 2018年5月25日閲覧。 函館市公式観光情報サイトはこぶら. 2018年5月25日閲覧。 函館市. 2018年5月24日閲覧。 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE. 2018年5月24日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 2002年2月20日. 2018年5月24日閲覧。 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE 2003年6月20日. 2018年5月24日閲覧。 2018年5月24日閲覧。 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE 2015年4月16日. 2018年5月24日閲覧。 北海道開発局函館開発建設部. 2018年5月22日閲覧。 2019年7月14日閲覧。 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE 2009年8月9日. 2018年5月24日閲覧。 2014年6月22日. 2018年5月22日閲覧。 公式サイト. 2018年7月1日閲覧。

次の