安心 サポート 24。 株式会社アクトコール

賃貸契約時の24時間サポートサービスについて。 この度賃貸契約をすることになり、不動産屋(兼管理会社)と初期費用について話し合っている最中です。 当たり前のように24時間サポートサー

安心 サポート 24

賃貸物件の契約時、24時間サポート、24H安心サービスこのようなサービスに加入しろ。 と言われることありませんか? しかも不動産屋の説明だと付けないといけないだとか、この物件の契約時に加入が必要なサービスです。 と言った説明を受けることありますよね。 月額1000円だったり、年額10,000円や15,000円、はたまた2年契約で20,000円だったり費用もそこそこかかります。 これ、私は 本当にいらないな。 って思いました。 24時間サポートのサービス内容は以下のようなもので、多くは同じようなサービスかと思います。 24時間365日対応します。 電話1本で専門スタッフが駆け付けます。 出張費・基本作業は無料です。 (時間制限がある場合も) それで、詳しいサービスはというと・・・• キッチンの水漏れ・詰まり、トイレの詰まりを解消します。 鍵を失くした、鍵を持ってる家族の帰りが遅くて入れない等、鍵の解錠を行います。 電気のトラブルをサポートします。 ガスのトラブルをサポートします。 訪問販売・不審者・騒音他、居住環境のトラブルをサポートします。 概ね、このようなサービスになっていると思います。 普通に住んでいて、業者を呼ばなきゃいけないくらいのキッチン、トイレの詰まりなんて滅多にないですよね。 数年に一度あるかないかです。 鍵だって、失くして困るようなことは確かにあるかもしれませんが、それが心配ならスペアを作っておけばいいわけだし。 スペアなんて安ければ1,000円もかかりません。 少し特殊なカギでも3,000円程度です。 電気やガスのトラブルは、おおごとなら電力会社やガス会社へ連絡します。 不審者や騒音のトラブルってどうサポートして、どう解決するんでしょう?結局、警察や自治体などに相談ってことになるんじゃないでしょうか?出来もしないサポートを謳っている時点で怪しさ満点です。 それに、水漏れひとつにしても、排水管が壊れていたら本来貸主が修繕すべきものです。 このサービスを使って修理してもらった場合は、サービスの契約者である借主が払うことになります。 とあるように、貸主に払ってもらうことはできると思いますが、一時的にでも自分がお金を払うことになってしまいます。 それから、 作業時間がかかる場合や修繕にかかる部品や工賃のようなものは、別途支払う必要があります。 となると、困った時に業者を探して、対応を依頼すれば済む話です。 今時スマホもあるしすぐに業者は見つかります。 しかも年に何度もあることじゃないんですから。 これ、全くいらないな。 って思いました。 24時間サポートは付けなくてもいい 不動産屋の説明を聞くと「付けないといけない」だとか、「この物件の契約時に加入が必要なサービス」と言われたりしますが、契約するのは私達借主です。 強制加入なのか任意加入なのかを聞いてみましょう。 まず任意加入だと思います。 そもそも契約って、「 契約の自由」という原則があります。 契約を結ぶか結ばないかの自由• 契約相手を選択する自由• 契約内容の自由• 契約方法の自由 契約を結ぶも結ばないも私達借主次第です。 24時間対応してくれなくても構わないと伝えて、24時間サポートには加入しないようにしましょう。 それでも仲介業者がゴリ押ししてくるようなら、宅建協会に確認します。 と伝えましょう。 ただし、物件を契約する前提条件で、24時間サポートも申し込まないと賃貸契約を結べません。 という場合は、契約を結ばざるを得ないかもしれません。 すでに24時間サポートに入っていて解約したい 全く使ってないなら解約しましょう。 契約書や会員規約の書類に契約解除や退会に関して案内が記載されていると思います。 また、解約・退会方法がわからない場合は、直接電話をしてみるのが早いと思います。 24時間サポートを解約したら賃貸契約の更新ができなくなる? 借家契約は、借地借家法に基づいて自動的に契約期間が更新される、「法定更新」というものがあります。 (借地借家法第26条第1項本文) 借地借家法(建物賃貸借契約の更新等)第二十六条 建物の賃貸借について期間の定めがある場合において、当事者が期間の満了の一年前から六月前までの間に相手方に対して更新をしない旨の通知又は条件を変更しなければ更新をしない旨の通知をしなかったときは、従前の契約と同一の条件で契約を更新したものとみなす。 ただし、その期間は、定めがないものとする。 さらに「 正当の事由」 があると認められる場合でなければ、契約更新の拒絶は行えません。 24時間サポートに加入しない場合は、契約更新できません。 と管理会社などから言われたとしても、これが「正当な事由」にはならず、契約更新の拒絶自体が行えないので、法定更新されると考えて差し支えありません。 借地借家法(建物賃貸借契約の更新拒絶等の要件)第二十八条 建物の賃貸人による第二十六条第一項の通知又は建物の賃貸借の解約の申入れは、建物の賃貸人及び賃借人(転借人を含む。 以下この条において同じ。 )が建物の使用を必要とする事情のほか、建物の賃貸借に関する従前の経過、建物の利用状況及び建物の現況並びに建物の賃貸人が建物の明渡しの条件として又は建物の明渡しと引換えに建物の賃借人に対して財産上の給付をする旨の申出をした場合におけるその申出を考慮して、正当の事由があると認められる場合でなければ、することができない。 24時間サポート、24H安心サービスなどは、借主からいろんな名目でお金を搾取する為のものだってことですね。 不動産屋も5,000円程度のキックバックがあるので、必死かもしれませんが、いらないものはいらない。 って伝えましょう。

次の

事故受付センター [トップページ]|あいおいニッセイ同和損保 採用情報

安心 サポート 24

24時間サポートとは何か 24時間サポートとは、マンションやアパートなど、賃貸物件で起きたトラブルにスタッフが対応してくれるサービスです。 他にも「安心サービス」などの名称で契約する場合もあります。 サービス内容はまちまちですが、24時間365日電話1本で対応してくれるサービスも多く、想定外のトラブルの際の強い味方です。 ただし、半ば強制加入になっていることもあるため、本当に必要なのかどうか疑問に抱いている方が多いのも事実です。 必要性については、今回の記事を踏まえて判断する必要があるでしょう。 24時間サポートで受けられるサービス 24時間サポートで受けられるサービスは、契約内容によって異なりますが、以下のようなものがあります。 例えば、以下のようなものがあります。 ・鍵に関するトラブル ・トイレやお風呂、キッチンなどのトラブル対応 ・電気やガスなどライフラインに関するトラブル ・害虫駆除サービス ・健康相談のサポート ・その他居住環境に関するトラブルのサポート サービス内容が豊富であ理、24時間受けられるのであれば、お得と感じる方も多いかもしれません。 代表的なサービス内容について簡単にご紹介します。 鍵の関するトラブルサポート 賃貸物件を契約していると、鍵をなくすなどして家に入れなくなるケースも少なからずあります。 本来であれば専門業者に連絡して鍵を開けてもらうか、大家さんに対応してもらう必要があります。 24時間サポートが鍵トラブルに対応していれば、迅速に対応してもらうことができ、万が一の時にも安心です。 また、近年はオートロック物件も増えているため、インロックなどの危険性もあります。 より価値が高まっているといえるでしょう。 水回りのトラブル対応 水回りのトラブルも、賃貸物件ではよく見る光景です。 キッチンやトイレ・お風呂など、何かしらのトラブルに見舞われたことのある方も多いでしょう。 24時間サポートのなかには、水回りのトラブルに対応しているサービスもあります。 特に、社会人の方は夜遅くに水回りの機器を使用することも多いでしょう。 そのため、24時間対応のサービスを利用できるとメリットになることも少なくありません。 ライフラインに関するトラブル対応 水回り以外にも、ガスや水道など、ライフラインとして生活に欠かせないものは多いです。 しかし、利用頻度が高いからこそ、トラブルに見舞われるケースが多く、万が一の時の対応策を考えておかなければなりません。 24時間サポートでは、水回りだけでなくその他ライフラインに関するトラブル対応を行っている場合もあります。 電気やガスなどは、業者に依頼していると時間がかかることも多いため、迅速に対応してもらえるのは大きなメリットです。 害虫駆除対応 人によっては、害虫に耐性がない場合や、自分では対応できないこともあるでしょう。 害虫の種類にもよりますが、連絡をすると害虫駆除の対応まで行ってくれる24時間サポートも存在します。 健康相談のサポート お年寄りや健康状態に不安を抱えている方におすすめなのが、健康相談に関するサポートです。 日頃帰りが遅く、病院に行くのが難しい方などにとってはうれしいのではないでしょうか。 サービス内容は一律ではありませんが、近くの病院を紹介してくれるケースもあるようです。 24時間サポートは割高なのか 多くの方が気になるのが、24時間サポートが割高なのかどうかではないでしょうか。 24時間サポートの料金は、提供している会社によりますが、賃貸物件の2年間で1万円〜2万円程度が相場です。 ひと月あたりに計算すると、400円〜800円となり、これに対する評価は人それぞれでしょう。 ただ、24時間サポートの料金は、賃貸物件の契約時に2年分まとめて支払うケースが多いため、割高に感じる方もいるかもしれません。 24時間サポートの内容は、上記で紹介した通り、多岐にわたる場合も珍しくありません。 サポート内容を踏まえて、月額400円〜800円が割高なのかどうか判断する必要があるでしょう。 加入するからには納得してお金を支払いたいところです。 24時間サポートは強制加入? 24時間サポートへの加入を判断する際に、よく問題となるのが「強制加入のためそもそも加入を拒否できない」という点です。 24時間サポートは強制加入なのでしょうか。 実は、不動産の賃貸借契約において、法律上強制加入とされているものはほとんどありません。 ほぼ確実に加入することになる「火災保険」ですら、強制加入ではありません。 ただ、24時間サポートを含めたこれらのサービスは、大家さんの希望で設定されているケースがほとんどです。 強制の条件ではありませんが、大家さんには入居者を選ぶ権利があります。 そのため、火災保険や24時間サポートに加入しない入居者については、入居を断ることもできるのです、強制加入ではないものの、入居できない可能性があるからこそ、強制的に感じる方が多いのも事実です。 本来であれば、24時間サポートの意義を理解・納得し、自らの意思で加入するのが望ましいといえるでしょう。 費用対効果なども相まって不満に感じているのかもしれません。 ただ、場合によっては、24時間サポートが便利に働くケースもあります。 その一例が「管理会社が休みの日」です。 実際、24時間サポートで対応しているサービス、鍵トラブルやライフラインに関するトラブルは、物件を契約した不動産管理会社が請け負っているケースも少なくありません。 そのため、わざわざ24時間サポートを利用するまでもないのが実情です。 ただ、不動産管理会社には定休日があるのがほとんどです。 そのため、トラブルに巻き込まれた時に対応してもらえない可能性もあります。 その日に解決しなくてもよい場合は大丈夫なのですが、自宅に入れない時など、今すぐに対応してほしい場合もあるでしょう。 その際は、24時間サポートが役に立ちます。 いつでも連絡を取れるのは非常に大きなメリットです。

次の

暮らし安心サポート24

安心 サポート 24

ビスをつけてきたので、しつこく聞いてみたら強制ではなく任意ですが基本的に加入をお願いしていますと言われました。 出来れば加入したくないのですが、加入しなかった場合は 水道やカギのトラブルの対処の際に毎回5千円程度かかるとのことでした。 そこで質問です。 ・水道等のトラブルは大家さんか管理会社に連絡をしてほぼ無償で対処してもらうものと認知しておりましたが、そもそもそれが間違いなのでしょうか。 ・月6千円の共益費を支払う予定ですがそこにサポート費は含まれていないとのことなのでしょうか。 ・結局加入するのとしないのとではどちらの方が得なのでしょうか。 無知で申し訳ございませんが宜しくお願いします。 補足 ご回答ありがとうございます。 サポートサービスは16000円です おそらく2年。 火災保険ではなく家財保険に入ることになっています。 トラブル発生時に5000円かかるというのはありえることなのでしょうか。 そこも払いたくないと伝えるのはルール違反ですか? 補足 貴方の過失による修理でしたら支払い義務があります。 通常使用による修理は大家負担が当たり前。 通常使用と言っても排水の詰まり系は判断が分かれるところです。 サポートサービスってのも、入ってたら何でも無料ではないはずですよ。 器具修理なら材料費、詰まりとかでも作業時間で別途料金が発生するシステム。 簡単な修理は普通に業者呼んでも5000円ぐらい基本料金で掛かります。 建物の古さもあると思いますが、普通に2年間で過失による修理が16000円を超える事は少ないです。 不要です。 大家や管理会社の為にあるシステムとも言えます。 仰る通り、通常は設備の不具合は大家が負担すべき事。 中には契約書でパッキンなどの消耗部品に掛かる費用は借主負担としている所もありますが、パッキンなんか自分で変えれば数百円ですし、自己負担と言われている金額も5000円なら、なんちゃらサポートの料金より安いはず。 業者を呼ばなきゃならない程のトイレ詰まりなんて普通に使ってれば滅多に無いし、鍵はスペアを作って車の中に入れときゃ良い。 毎月の共益費を1000円安くしてくれるなら、入っても良いと思います。 その際は口約束ではなく、契約書の共益費も訂正。 ただそんな交渉は受けて貰えないと思いますが。 因みに火災保険は加入しますか? 火災保険は加入した方が良いと思うし、火災保険の特約に水漏れやガラス、鍵のトラブルが付いてる場合もあります。 火災保険で付いていれば、二重取りは出来ないので、なんちゃらサポートは完全に不要です。 ナイス: 6 回答.

次の