来年 の 大河 ドラマ 2022。 小栗旬大河ドラマ出演2022年で何回目?過去作品秀吉や義経演じた役柄[子役]も紹介!

2022年 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」三谷幸喜が贈る予測不能エンターテインメント! |NHK_PR|NHKオンライン

来年 の 大河 ドラマ 2022

スポンサーリンク 豊臣秀吉から「鎮西一の武将」、加藤清正から「日本軍第一の勇将」といわれた、立花宗茂(たちばな むねしげ)。 (立花宗茂) その立花宗茂が、2022年の大河ドラマの主人公になるという噂があります。 宗茂は柳川藩(現:福岡県柳川市)の藩主だった人で、2022年は宗茂が柳川藩の2度目の藩主になって、約400年だそうです その400年を記念して柳川市が、立花宗茂と妻・誾千代(ぎんちよ)を主役にNHK大河ドラマの招致を目指しているそうなのです。 そんなところから 2022年の大河ドラマの主役が立花宗茂だという噂が立ったのかもしれません。 ということで今回は、立花宗茂が大河ドラマの主役になれるほどの人物なのか調べてみました。 まずは 立花宗茂の略歴から ・1567年8月19日: 武将・高橋紹運(たかはし じょううん)の長男として岩屋城(現:福岡県太宰府市)に生まれる。 (高橋紹運) ・1581年(15歳): 武将・立花道雪(たちばな どうせつ)に請われ、道雪の娘・誾千代(ぎんちよ)と結婚し、立花家に婿入りする。 (立花道雪) ・1586年(20歳): 島津氏との戦いで武功をあげ、秀吉より柳川(現:福岡県柳川市)に13万2千石を与えられる。 ・1600年(34歳): 関ヶ原の戦いでは、石田三成率いる西軍で参戦したため、立花家は改易、所領を没収され、宗茂は浪人となる。 ・1606年(40歳): 1604年に徳川氏により取り立てられ、2代将軍・秀忠の側近となっていた宗茂は、陸奥国棚倉(現:福島県東白川郡)で1万石を与えられ大名に返り咲く。 ・1620年(54歳): 徳川家が豊臣家を滅ぼした大坂の陣とその後の活躍により、旧領の柳川藩10万9千石を与えられる。 ・1642年(76歳): 柳川藩の藩主となったのち島原の乱などに参戦し「武神再来」などと賞賛されたが、家督をゆずって剃髪し江戸の柳川藩邸で死去。 (立花山城跡) 約4万の兵力で攻め込んでくる島津軍に対し、立花城を守る弱冠20歳の宗茂側の兵力は2千でした。 宗茂は豊臣方の援軍が来るまで城を守り抜き、その後の島津側との戦いが、宗茂伝説の始まりとなりました。 この一連の戦いで宗茂の実父・高橋紹運が、宗茂が生まれた岩屋城戦死しています。 また、秀吉の死により日本軍が撤兵する中、先に進み過ぎていた小西行長軍が取り残されました。 軍議で行長軍を見捨てて帰国しようと決まりかけた時、一人宗重が異議を唱えます。 「これを見捨てることは、日本の武士として最も愧(は)ずべきことだ。 」 「武士として見殺しには出来ぬ」 「これは行長のためではない、わが日本国のために敢行する」 この言葉にほかの諸将も同意し、激戦の末、行長軍を救出しました。 また実際の戦闘では、猛将といわれた毛利勝永(もうり かつなが)の軍を見事にやぶりました。 宗重は、秀忠の軍師としての役柄をりっばに果たしてにます。 」 (人柄はおだやかで、すなおなで、心が広い) 「徳ありて驕らず。 」 (謙虚にして驕らない) 「功ありて誇らず。 」 (優れた功績があっても自慢しない) 「人を用ふる、己に由る。 」 (人を用いるときは、他人の意見に流されずに自分で判断する) 「善に従ふ。 流るるが如し。 」 (善に基づき行動し、その振る舞いは自然で嫌味がない。 ) 「奸臣を遠ざけ、奢侈を禁じ、民に撫するに恩を以てし、士を励ますに、義を以てす。 」 (ゴマすり人間は遠ざけ、過度な贅沢はせず、民衆には優しく接っして、家臣たちには筋を通す。 ) 「故に士、皆之が用たるを楽しめり。 」 (だから、家臣たちは喜んで宗茂に従った) 「其兵を用ふるや、奇正天性に出づ、故に攻めれば必ず取り、戦へば必ず勝てり」 (戦い方は、正攻法にも奇襲作戦にも優れていたから、攻めれば必ず攻略するし、戦えば必ず勝った。 ここまで調べると、宗茂は武将としてもそうですが、人間として素晴らしい人だったようです。 こんな人だったら、大河ドラマの主役になっても全然いように思えます。 やっぱり2002年の大河ドラマは宗茂で決まりでしょうか? 柳川市の人たちに頑張ってもらいたいものです。 大河ドラマの主役は立花宗茂だけじゃなかった (誾千代) 宗茂にスポットを当てて調べてきましたが、大河の主役は一人ではありませんでした。 柳川市が、大河ドラマの主役を目指しているのは立花宗茂と妻・誾千代の二人です。 今回は、 誾千代(ぎんちよ)さんのことは、あまり調べていません。 誾千代さんは、西国一の女丈夫と謳われる程、気性が激しかったようで、逸話もいろいろとあるようです。 ドラマの主役としてはぴったりの女性かもしれません。 ただ宗茂と誾千代は、夫婦仲が良くなかったという話があけます それとは逆に、互いに尊敬し合っていたという話しがあります。 どちらが本当のことなのか正確なことはわかりません。 ですが、ドラマでは夫婦仲が良くなかったという設定にしたら、これまでとは違った大河ドラマが出来上がるかもしれませんね。 どちらにしても、二人のことについては機会があれば調べてみようかなと思います。 意見・要望・質問・感想などがありましたら、コメントして頂ければありがたいです。 では、また次回をお楽しみに。 参考文献:・柳川市公式ウェブサイト・Wikipedia・iRONNA・歴人マガジン・BUSHOO! JAPAN(武将ジャパン)・名将言行録 画像引用:・Wikipedia・大宰府観光協会 以下 コメント 真田家臣 tokumei gmail. com 220. 24 どう考えても「真田丸」以上の作品はもう出ない。 真田幸村のようにどん底に落ちた人がそこから這い上がり、最後に命を掛けるようなストーリーにしないと視聴率は上がらないだろう。 立花宗茂でもいいかもしれないが、ハッピーエンドじゃ人気が出ませんよってことだ。 できれば山中鹿之介だとか真田幸村と同等の感動を作り出せる武将を主人公にするべきだ。 せめて脚本は三谷幸喜氏にするべき。 後藤直己 gtosou rainbow. plala. jp 60. 135. 183. 206 その通りです。 後藤直己 gtosou rainbow. plala. jp 60. 135. 183. 206 立花家の縁につながる者です。 戦国の世にこんなに痛快な生き様を見せてくれた武将は稀です。 狡い生き方で口先だけの現在の政治屋の先生方に、誠実という意味をしらせしめるため、是非とも大河ドラマとして放送してほしい。 因みに、立花氏が治めた柳川は、北原白秋・檀一雄を産み、オノ・ヨーコも縁有る土地柄と聞いてます。 テーマ曲にはビートルズのレットイッビーをひとつ宜しく御願いします。 北島 正常 anc54684 nifty. com 116. 247 立花宗茂は秀吉、そして徳川三代に信認された好漢、傑物です。 海音寺潮五郎は宗茂を天才的な戦上手で、出所進退も実に清潔、最も尊敬すべき武将と称えています。 誾千代との関係、朝鮮の役の扱いにくさはあるとしても、大河ドラマで評価されてしかるべき戦国武将です。 改易からの復活などドラマチックな人生は多くの人に励みになることでしょう。 この11月にも2022年度の大河ドラマが決定になるとか。 地元・柳川では招致運動も行われ機運は最高潮、ぜひ実現することを祈念しております。 以上 誾千代さんは、いわゆるツンデレっぽいかわいい女性だったのかもしれません。 妄想ですいません。 立花家は大友家の家臣ですが、家臣団の人気は立花道雪に集中していたので、謀反の心配もあったと思う。 大友は「謀反しないというなら、娘を嫁によこせ」と詰め寄った。 娘の誾千代は宗茂に密かに思いを寄せていて(幼少期に出会ってたかも)、「宗茂様の嫁になるために、幼いころから父上の厳しい教育にも耐えて従ったのに、大友家に嫁ぐくらいなら死にます」となり、困った道雪は、高橋家に嫡子の宗茂を婿に貰いたいとお願いしたんじゃないかな?と 結構前に読んだ宗茂の本で役とかも勝手に配役してイメージしながら読本してました。 立花道雪:渡辺謙さん(剃髪してたしカリスマ武将だから是非)高橋紹運:高橋英樹さん(岩屋での息子のために手前の城で奮戦する父役を演じられるカッコよさに期待)誾千代:ツンデレいけそうだし、渡辺謙さんの実娘の杏さん?・・・後年、杏さんと結婚された東出昌大さんに宗茂ありかも?.

次の

2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』主演は小栗旬「ワクワク胸踊る思い」 脚本は三谷幸喜氏

来年 の 大河 ドラマ 2022

2021大河主人公&時代設定はまさかの幕末~近現代史の渋沢栄一に決定 冒頭でご紹介しましたように、2021年の大河ドラマは幕末~明治・大正にかけて実業家・教育者・官僚などマルチに活躍した渋沢栄一の生涯を描く「青天を衝け」に決定しました。 久々に大河ドラマに戻ってきた近現代史大河ドラマですが、人気脚本家・宮藤官九郎氏の起用も数字には直結せず、大河史上最低を記録する等視聴率に関してはネガティブな報道が多いのが実情です。 こういった現状を鑑みて、個人的には近現代大河はしばらく 10年くらい は無いのだろうなと予想していただけに見事に予想を裏切られたというのが正直なところです。 ただし、公式アナウンスでは「青春」というキーワードが出てきますので、近現代史というより幕末における渋沢栄一の志士時代に焦点を当てたものになる可能性もあるのかなという気がします。 しかし、今考えると渋沢栄一は予想できたなぁ…という部分もあります。 というのも2019年4月に新紙幣を令和6年から採用すると政府から発表があり、その新一万円札の肖像となるのがこの渋沢栄一だったのです。 渋沢栄一はまさに「時の人」というわけです。 思えば、現在放送中の「いだてん」も2020東京オリンピックの話題性とリンクした作品だと考えると…「うーん、やられた」と自身の脇の甘さを痛感する次第です。 とまあ、反省会 つーか、言い訳w はこの辺りにして、次項からはポジティブに2022年大河ドラマを予想してみたいと思います。 2022大河ドラマの時代設定は? 幕末~近現代は無しか?間が空く赤穂事件と源氏ものがそろそろ… まずは2020大河の舞台となる時代設定を予想してみましょう。 戦国なのか幕末なのか源平争乱期なのかそれともそれ以外なのか… 放送年 タイトル ドラマの時代 2021 青天を衝け 幕末~近現代史 2020 麒麟がくる 戦 国 2019 いだてん 近現代史 2018 西郷どん 幕 末 2017 おんな城主直虎 戦 国 2016 真田丸 戦 国 2015 花燃ゆ 幕 末 2014 軍師官兵衛 戦 国 2013 八重の桜 幕末~近現代史 2012 平清盛 源平争乱 2011 江~姫たちの戦国 戦 国 2010 龍馬伝 幕 末 2009 天地人 戦 国 2008 篤姫 幕 末 2007 風林火山 戦 国 2006 功名が辻 戦 国 2005 義経 源平争乱 2004 新選組! 幕 末 2003 武蔵 江 戸 2002 利家とまつ 戦 国 2001 北条時宗 鎌 倉 21世紀大河ドラマにおける時代設定一覧がこちら。 2004年の「新撰組!」以降は見事なまでに戦国、幕末、源平期、近現代のみとなっており、その他の時代の作品は作られていませんね。 この並びから見てみると、幕末や近現代が2年連続で作られた例は過去20年で「西郷どん」「いだてん」のみで、前述したとおり「いだてん」に関しては東京オリンピックを翌年に控えたイレギュラーと捉えれば、幕末・近現代史が2年続くという可能性は限りなく低いといえるのでこの線は除外でいいと思います。 悩ましいのが源平争乱期を描いた作品。 「平清盛」以降9年間ご無沙汰の源平期作品がくる可能性は除外できません。 あと、1999年「元禄繚乱」以来20年以上も間を空けている「忠臣蔵」作品ももうそろそろといった感がありますし、室町時代や鎌倉時代、平安時代や江戸中期を題材としたいわゆる「その他の時代」作品の可能性も多分にあります。 「麒麟がくる」から1年空けた戦国大河の可能性ももちろん高いと思います。 というわけで時代設定予想です。 対抗には過去に大河であまり取り扱っていない時代の作品、穴に清盛以来の源平ものという事で。 個人的には室町大河や平安以前の古代大河が見たいのですが… 2020年「麒麟がくる」の視聴率や視聴者からのリアクションが好評であれば戦国時代が候補最右翼として浮上すると思いますが、まだ結果が出ていないのでここでは戦国時代は選外とさせていただきます。 2022年大河ドラマの主人公の性別は? 男性主人公4年連続で次こそは女性主人公の番か 続きましては、主人公として取り上げられる人物の性別を予想してみましょう。 まずは21世紀大河ドラマ主役の性別から。 放送年 タイトル 主人公の性別 人物名 2021 青天を衝け 男 渋沢栄一 2020 麒麟がくる 男 明智光秀 2019 いだてん 男&男 金栗四三&田畑政治 2018 西郷どん 男 西郷隆盛 2017 おんな城主直虎 女 井伊直虎 2016 真田丸 男 真田信繁 2015 花燃ゆ 女 杉文 2014 軍師官兵衛 男 黒田官兵衛 2013 八重の桜 女 新島八重 2012 平清盛 男 平清盛 2011 江 女 江 2010 龍馬伝 男 坂本龍馬 2009 天地人 男 直江兼続 2008 篤姫 女 天璋院篤姫 2007 風林火山 男 山本勘助 2006 功名が辻 女&男 千代&山内一豊 2005 義経 男 源義経 2004 新選組! 男 近藤勇 2003 武蔵 男 宮本武蔵 2002 利家とまつ 男&女 前田利家&まつ 2001 北条時宗 男 北条時宗 2006~2018年まではほぼ男性主人公と女性主人公が1年交代で推移していたのですが、2018年の西郷隆盛以降は4年連続で男性主役の作品となっています。 NHKの誇る老舗ドラマ枠のツートップ、朝ドラは女性主人公、大河は男性主人公というのが基本だったのですが、2020上半期朝ドラ「エール」では久々に窪田正孝さんが男性主人公を演じることが話題となったのも記憶に新しいですね。 その辺りから、大河ドラマも久々に女性主人公が来るのではと予想します。 女性単独主人公というよりも、男性&女性のW主演という可能性の方が高いのかなと個人的には思います。 というわけで性別予想はこんな感じで。 確かに負の無限ループからは抜け出した感がありますよね。 「平清盛」で視聴率的に惨敗した影響で、あの時代 平安末期~鎌倉初期 の大河ドラマはかなり遠のくのではと思っていただけに義時主人公大河は本当に意外でしたし。 女性主人公ものも「花の乱」「八重の桜」「おんな太閤記」など素晴らしい作品も多数ありますので、これからは題材を厳選していい作品が出来たらと期待が持てそうで何よりです。 大河ドラマの短縮、何があっても放送されていた大河ドラマの黄金期を知っているだけに本当に寂しいですし、おっしゃる通り腹立たしくもありますよね。 「麒麟がくる」初回視聴率は高かったようですが、この不祥事による影響があるとしたら複雑な心境です。

次の

『鎌倉殿の13人』は“勝者”を描く三谷幸喜の新境地に? 革新路線が続くNHK大河ドラマの行方|Real Sound|リアルサウンド 映画部

来年 の 大河 ドラマ 2022

2021年大河ドラマ決定!特徴は? 2021年の大河ドラマの主人公は渋沢栄一です。 渋沢栄一に関しては、以前記事にしたこともありますが、2024年から1万円札の顔になる人です。 それまでは、女性と男性が主人公、W主演などもありました。 ただここ連続して男性主人公が続いているのは、最近の大河の特徴かなと思います。 やはり歴史がメインの話になるので、なかなか女性主人公のネタが無くなってしまったのでしょうか。 麒麟がくると同じく朝ドラの関係者が選ばれているという点も注目です。 昭和となると、実際にその時代を生きていたという人も多いでしょう。 麒麟がくるは、戦国 から安土桃山時代ということで定番の大河ですが、やはりこの点もそろそろ戦国時代や幕末などで1年間の長い物語で紡ぐことが出来る人のネタが不足しているからなのでしょうか。 青天を衝けも一万円札の人物を広く国民に知らせたいという気持ちを感じます。 2022年の大河ドラマはどうなる?• 2021年の大河ドラマを踏まえ、2022年はどうなるのか考えてみました。 そのため2022年のドラマに関しては、歴史の教科書に載っているような人物が選ばれるのではないでしょうか。 そのため2021年前後の朝ドラにも注目しましょう。 そろそろ女の主人公も見たいのですが、近現代出ない場合はなかなか有名な歴史に登場するような女性が少なく視聴率で苦戦する可能性があります。 女優さんも大変だと思うのでまた男性になるような気がします。 そのため2022年、2023年、2024年あたりに大阪万博に関する大河をする可能性も捨てきれないなとも思います。 今後の大河ドラマにも大注目 1年間楽しませてくれる大河ドラマ!2021年、2022年もどうなっていくのかに大注目です。 予想が当たればいいな!! おすすめ記事.

次の