バーニング フィート 症候群。 足が熱い原因は?その他の症状や病気の可能性を紹介!

足が熱くて眠れない!夜間に熱くなる原因と対処法はコレ!

バーニング フィート 症候群

スポンサードリンク 足の裏が熱いと感じるのはなぜ? 足のほてりは、むくみや疲れ、眠気による一般的なものと考えられていましたが、 最近では、足がじんじんとする灼熱感のある状態を「バーニングフィート(灼熱脚)症候群」と呼ばれるようになりました。 バーニングフィート(灼熱脚)症候群の原因は多く考えられ、中には病気を原因としたものも多くあります。 まず、よくある原因は、夏に体に籠った熱を体から逃がすため、手足の血管を広げて皮膚からの熱の発散量が多くなり熱くなるというもの。 そして、眠くて手足が熱くなるというのは、乳幼児の世話をした人なら経験があると思いますが、 大人でも眠くなると手足が熱を逃がすため熱くなります。 また、女性、特に妊婦に多い冷え性(血流障害)は、逆の症状と思いがちですが、 冷え性が進行すると脳が危険を察知し、末端に血液を送ろうとして熱を発します。 これは隠れ冷え性という状態で、ほてった足を触ってみても熱くなく、むしろ冷たいという時は血流障害が考えられます。 他には、ビタミンB欠乏症(かっけ)、糖尿病性神経障害(糖尿病によるもの)、甲状腺機能低下症、 レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)、坐骨神経痛、 肢端紅痛症、さらに腓骨神経が圧迫されることで生じる足根管症候群など、多くの病気が原因として挙げられています。 スポンサードリンク 足の裏が熱いから眠れない時の対処法は? 足が熱い時、冷たい水に足を浸けたり、冷感シートを貼ったり、という対策をしている人は多いと思います。 火照った時に冷やすのは、一時的にはとても気持ちがいいものですが、 血流障害の場合にはこれが逆効果になっていることがあります。 暑い時期でも湯船にゆっくり浸かったり、足湯をしたり、マッサージをして、血行をよくするよう心がけましょう。 また、体を温める食品である生姜は、疲労回復効果もあるので夏に継続的に摂取すると、夏バテの予防にもなります。 料理に取り入れるのが大変という人は生姜シロップを使った飲み物が手軽でいいですよ。 関西圏では定番となっている「ひやしあめ」は、冷たい飲み物で手軽に生姜が摂れるのでおすすめです。 私も最近飲み始めましたが、ジュースや栄養ドリンクより体に優しく、疲れが取れる感じがわかります。 足の裏が熱いだけで病院に行くのはおかしくない? 「バーニングフィート症候群」は比較的新しい病名ではありますが、 原因になる病気には様々なものがあり、病院で治療可能なものも多くあるので、病院にいくのはおかしくありません。 普段通っている病院があれば、一度相談してみるのがよいでしょう。 原因が分からないけど、足のほてりが気になって受診したいという場合には、内科、神経内科がいいと思います。 特に、足が熱くなって睡眠がとれていないような生活が長く続いてしまった場合には、 睡眠障害につながってしまう事があるので注意が必要です。 また、鍼灸接骨院でも相談に応じているところがあるので、 かかりつけがあったらそちらに行ってみるのもいいでしょう。 まとめ 足のほてりに悩む人は多いですが、やはり熱いと冷やしたい気持ちが強くなって、 あらゆる手段で足を冷やしている人が多く見られました。 これだけ猛暑日が多いと、温めるという感覚は思い浮かばないですよね。 冬のように湯たんぽで温めるのは辛いものがありますが、 パジャマのズボンを長ズボンにするだけでも冷え性予防の効果になるそうですので、 試してみてはいかがでしょうか?.

次の

天然メントールのジェル クーリンジェル

バーニング フィート 症候群

まず考えられるのは、 『カラダに熱がこもっている状態』 体の熱を逃がすために一時的に末梢である手足が熱くなっている場合があります。 体にこもった熱を逃がそうとするとき、末梢である手足の血管を広げて皮膚からの熱の発散量を増加させます。 単に気温が高いときや、眠るために体を冷やそうとしている場合にも起こりますが、実は熱中症の場合もあるので脱水症状などに注意しなければなりません。 次に『神経障害から起こるもの』 血糖値が高くなってしまう 糖尿病の合併症の一つで糖尿病性神経障害というものがあり、末端の冷えや火照りの症状が出ます。 他の症状としては足の先がしびれる、感覚が鈍る、神経痛などがあります。 また、神経障害による火照りには、ビタミンBの欠乏や脚気が原因となったり、むずむず脚症候群という病気もあります。 もう一つは、 『血行不良やむくみ』によるもの。 ふくらはぎは重力で下がってきた血液を、歩いたりすることにより心臓へ戻すポンプの役割をしています。 しかし、一日中デスクワークをしていたりすると、ポンプの役割が果たせず、血が足に停滞してむくんでしまい、夜になると熱を持ってしまいます。 これらの原因から発症するバーニングフィート症候群。 てんま自慢の手技療法とストレッチ法でほとんどは解消出来ます。 鍼治療も抜群ですね。 私、もしかしたら... と感じた方、遠慮なく症状をご相談ください!• 188• 205• 178• 148• 137• 143•

次の

足の裏が熱いことが多くて夜も寝れないことがある人は一度病院に行ったほうがいいかも!!

バーニング フィート 症候群

バーニングフィート症候群 概要 足が熱く感じられる症状のことを言います。 主に夜(睡眠時)に悪化することが特徴として挙げられます。 別名は、灼熱脚症候群とも言われており、足にジンジンするほどの熱さ、もしくは燃え上がるような異常な熱が足に感じられる様になり、痺れや痛みを伴うこともあります。 原因 このバーニングフィート症候群の原因は大きく分けると4つほどあります。 それぞれ解説していきますね 足の筋肉の疲労 激しい運動や長時間のたちっぱなしなどで足の筋肉を必要以上に使用していることで疲労が溜まり、硬くなります。 筋肉は柔軟に伸び縮みできなければ血液を循環させることが出来ません。 疲労が溜まり続けた結果、血液循環も悪くなり発症に繋がります。 体温調整が上手くいかない 人が寝るときには体の中心部分の温度を下げようとする体の反応があります。 血管を広げて血液の流れを良くする事で、体の外へ熱を逃がそうとします。 しかし、それでも不十分な場合は体の末端にある手や足から熱を逃がそうとするんですね。 寝る前に体があったかくなるのはそのためだと言われています。 前述した筋疲労やふくらはぎの筋肉が弱くなっていると、心臓へ血液を押し戻す力が弱くなります。 その結果、体内の熱を上手に逃がすことが出来ず、足に血液が溜まった状態になり、熱がこもってしまうために症状が出てしまいます。 ホルモンの問題 甲状腺機能の低下などがある場合は、足が腫れぼったく感じたり、熱く感じられることがありますので、既往歴のチェックなどは重要ですね。 ビタミンB欠乏 ビタミンBが不足すると、疲労物質が体に溜まりやすくなりますので、最初に述べた筋疲労にも繋がります。 レストレスレッグス症候群 いわゆる、むずむず脚症候群などと呼ばれている病気です。 これは脚を中心に感覚異常の症状が現れる病気です。 この異常感覚は、夜に生じることが多く、その症状の一種で足が熱く感じられる人もいます。 病院に行くなら何科が良い? こういった症状が出てきたときにどんな病院に行ったほうがいいのか悩みますよね? 下に簡単にまとめますので、病院を選ぶ際の参考にしてみてください。 ポイントは大きく分けて3つあります。 それは・・・ 足のマッサージ ツボを意識した入浴方法の指導 食事指導 以上の3つになります。 それぞれ非常に簡単なので試してみると良いと思います。 簡単に解説していきますね! 足のマッサージ これは単純にマッサージをしてもらうだけです。 マッサージの場所は足の裏やふくらはぎを中心に入浴中もしくは入浴後に行ってもらいます。 可能であればテニスボールなどの硬いものを使ってもらえると尚良いですね! ツボを意識した入浴方法の指導 これは大椎(だいつい)というツボを意識した入浴方法を指導します。 大椎は首の骨の7番目付近にありますので、お風呂に入る際は肩までしっかり湯船に浸かってもらうように指導します。 臨床上の経験になりますが、大椎を刺激もしくは温めることで全身の筋肉が柔らかくなるなど良い影響を与えることが多いです。 なので、入浴の際にはしっかり肩まで浸かってもらいます。 時間は5分程度で大丈夫です。 食事指導 最後に食事指導です。 原因のひとつにビタミンB不足などもあるので、積極的に摂取してもらうのはお伝えするのですが、プラスして水分補給もしっかり行ってもらいました。 具体的には、1日に水を1. 患者さんで来られる方は基本的に水分不足の方が多く、体の中の循環が滞っている人がほとんどですからね! 以上3点を指導したところ、症状が軽減しました。 しかし、この方法は全員に当てはまるわけではないので、しっかりとお医者さんの判断を仰いだ上で行うことをお勧めします。 まとめ なかなか聞きなれないバーニングフィート症候群ですが、病気の症状を知っていたり、対処法を知っていることでスムーズに快方に向かうことが出来ます。 自分自身の体を整えていくことはもちろん大切ですが、自分の周りの方にもこういった病気があるということを広めてみんなで予防していきましょう! 本日は以上になります。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の