音階 を あらわす ドレミファ は 何 語。 CDEFGABのアルファベット音名はなぜCDEでドレミが始まる?

学校の音楽で習う「ドレミファソラシド」という音階は、 イタリ…

音階 を あらわす ドレミファ は 何 語

音名はなぜCからはじまりドがCでラはAなのか? 前回、色々な国の言葉での音名の表記について解説しました。 その中で ドレミファソラシ = C-D-E-F-G-A-B = ハニホヘトイロ というように、それぞれの音名にあてはまる色々な表記があるというお話をしましたが・・・ これってなんだか違和感ありますよね? なぜABC順ではなく、C-D-E-F-G-A-B という風にCから始まるのかと。 同じく日本語表記でも イロハニホヘト ではなく、ハニホヘトイロ なんて業界用語っぽくなってしまっています。 ザギンでチャンネーとシースー食うんじゃないんだから、普通に言えばいいじゃないか。 ド=AにしてしまえばキレイにABC順で A-B-C-D-E-F-Gになるし、同じくド=イにしてしまえばもっとわかりやすかったはずなのに。 ちなみに前回解説したのはこんな感じ。 前回解説した音名の表。 何故わざわざこんな風にしてしまったのか・・・ なぜCから始まるようにしてしまったのか。 これについは色々な説があり、慢性的に勉強不足な管理人にどれが本当なのかは実際わかるはずもないのですが、割と代表的でわかりやすい説を一つご紹介しておきましょう。 なお、上記解説図が何を言っているのかサッパリだぜ、という方はこのまま読み進めてもちんぷんかんぷんのままでしょうから、下記関連記事から前回の音名表記についての記事を先にお読みになってください。 一般的な音の始まりはドではなくラだった! 何故かって、 昔は一般的な音階の始まりの音が『 ド 』ではなく 『 ラ 』だったから。 今でこそ、音名の並びがドから始まる『 ドレミファソラシ 』 (ハ長調)が最も一般的ドですが、すごくむか~しには『 ラシドレミファソ 』と ラ から始まるのが最も一般的だったからです。 (イ単調) なので、当初は 『 ラシドレミファソ 』をアルファベットにあてはめて、A-B-C-D-E-F-Gと表記していました。 その後長い音楽の歴史の中でも色々あって、 ラ から始まるイ単調よりも ド から始まるハ長調の方がメジャーになり、その音の並びに合わせて音名を並べて書く時は『 ドレミファソラシ 』が一般的になりました。 それに合わせてアルファベット表記も順番を替えることになり、C-D-E-F-G-A-Bというなんだか不思議な順番になったのです。 日本語表記の場合 ここまでお読み頂ければ、日本語の場合ももうお分かりでしょう。 西洋の楽器や音楽が日本に伝わった際に英語圏の アルファベット順に当たるものがいろは歌だったので、いろは歌の出だしの『 イロハニホヘト 』をA-B-C-D-E-F-Gにあてはめました。 そして、そのままC-D-E-F-G-A-Bと同じ順番に並べなおしたため、 アルファベットでの表記同様『 ハニホヘトイロハ 』なんてデタラメな並びになってしまったんですね。 これがザギンでシースーの真相です。 ちなみにこの日本語表記、近年は『 ハ長調 』などと曲の調を表す時以外ではあまり使われていませんが、外来語=敵性語=悪とされていた戦時中は『 ハニホヘトイロハ 』での教育と使用が徹底されていたようです。 その様子はジブリ映画 火垂るの墓 の2人が身を寄せていたおばさんの家でピアノを弾くシーンなんかでも垣間見ることができます。 当時は野球のアウトやストライクですら そこまで! などの日本語に置き換えられていたそうですから、ドレミファソラシドも当然NGだったのでしょうね。 別段大して役に立つわけでもない豆知識、以上! 関連記事 人気記事ランキング• FENDER JAPANはシリアルナンバーで製造年代が判別可能 FENDER JAPANのシリアルナンバ... 2,152件のビュー• ヘビメタ御用達!?のローダウン・ドロップチューニング ローダウンチューニング・ドロップチューニングとは、... 1,830件のビュー• 初心者の方にとって、セルフメンテナンス最初の難関がアコギ弦の張り替えです。 個人差はあれど、弦は... 1,573件のビュー• Gibsonのシリアルナンバーの見方・読み方・解読方法まとめ ギブソンのシリアルナンバー・製造年代の見方... 1,313件のビュー• YairiとS. YairiとA. Yairiって何が違うの? K. YairiとS. Yairi、そしてA... 1,035件のビュー• ラッカー塗装の特徴 深味がある美しい艶と風格が魅力的なラッカー塗装 今回は高級なギター・ベース・ウクレ... 885件のビュー• ポットのAカーブとかBカーブCカーブとか、どんな違いがある? ギターのベースのみならずのエフェクターやアンプ... 829件のビュー• ネックをはずしても製造年代はわかるけど…… FENDERもまた、シリアルナンバーで製造年を知ることができ... 813件のビュー• 1977年から2005年の7月まで主流だった8桁シリアルナンバー Gibsonの8桁数字シリアルナンバー... 683件のビュー• ジャーマン式リコーダーとバロック式リコーダーの違いと選び方 ジャーマン式リコーダーとバロック式リコーダー... 651件のビュー.

次の

音名・階名表記

音階 を あらわす ドレミファ は 何 語

音名と階名の違い! 結論から言うと 音名は「 絶対的な音の高さ」を表します。 「CDEFGAB」や「ハニホヘトイロ」で表記されることが多いです。 階名は「 相対的な音の高さ」を表します。 こちらは「ドレミファソラシ」を用いた表現が一般的です。 ややこしい音名と階名 詳しい説明に入る前に、「音名と階名」を互いに理解していないと、このような混乱を招きます。 音名とは 音名(おんめい)は絶対的な音の高さを表す。 音名・階名表記 — Wikipedia 階名とは 階名(かいめい)は、主音に対する相対的な高さを表す言葉である。 音名・階名表記 — Wikipedia なんかムズかしそー ・・説明するのが。 笑 鍵盤でみる音名 それではまず、ピアノの画像・・が無いのでマジックで描きました。 画面の鍵盤を押して「ドレミファソラシ」を弾いてください。 それ! !? 「俺(私)の知ってるドレミファじゃない!?でもなんか・・・知ってる」 そうです。 これが音名です。 音名は、 絶対的な音の高さを表すので ド 「 絶対に変わりません!!! 「絶対的」とは、他のいかなるものからも影響を受けず、変わらない。 「相対的」とは、比べる対象(相対)によって変わる。 たとえば、英検や漢検の 資格試験の評価は 「絶対的」です。 70点以上を取れば合格できる試験。 100人が受験して、100人とも70点以上を取れば、100人全員が合格できます。 合格点70点以上という基準は絶対的なので、点数以上なら合格、以下なら不合格。 もちろん、100人全員69点以下なら全員不合格です。 対して 入学試験は 「相対的」。 学校に入学できる人数には、限界があります。 定員50名の学校に対して、受験生100人が応募した場合、確実に50人は落ちます。 たとえ自分が99点を取ったとしても、同じ受験生の内、50人が100点を取った場合、順位が51番目の自分は定員から外れて不合格。 また、たとえ自分が10点しか取れなくても、他の99人が9点以下なら、自分は1位で首席合格です。 一緒にテストを受ける相手(相対)によって基準が変化する。 これが「相対的」の考え方です。 イタリア語と階名 さっきの例で言うと、 「CDEFGAB」や 「ハニホヘトイロ」が 音名で絶対的。 でもドレミファソラシは、 階名です。 一度整理しましょう。 基本的には 音名=「CDEFGAB」もしくは「ハニホヘトイロ」 階名=「ドレミファソラシ」 です。 でも、表ではdo,re,miがイタリア音名と書かれている・・。 実は、日本で使われている「ドレミ・・」という階名は、イタリア など の音名表記を 借りて表しているのです。 詳しくはGoogle先生に。 「音名」とは振動数に与えられた固有の名前 音名とは何か? wikiには「絶対的な音の高さを表す」とありました。 例えば、レギュラーチューニングされたギターの5弦開放弦の 音名は 「 A」 で110Hz(ヘルツ)です。 そして、曲のKeyが変化したとしても、5弦開放弦の「A」という音の高さ、つまり Aの振動数=「110Hz」は絶対に変化しません。 ある音の高さに対してつけられた音名は 絶対的。 ある振動数に対して与えられた、 固有の名前が 音名です。 「まあなんか、ごちゃごちゃ言ってるけど、そんなの当たり前のことだし、何となくわかるよー」 それでは、 階名はどうでしょう? 「階名」は主音に対する音程 階名とは何か。 wikiによると「 主音に対する相対的な高さを表す」とあります。 主音とは 音階の最初の音(第1音)。 移動ドにおいて長調ではドの音。 短調ではラの音。 主音 — Wikipedia 私たちがよく知る「ドレミファソラシ」は、実はメジャースケールという音階で、 最初の音は ドです。 この「ド」が 主音。 キーの中心となる音を主音と呼びます。 そして 階名では、その主音が 相対的。 文字で書くとややこしく感じますが、鍵盤で確認しますので、もうしばらくお付き合いを。 相対的なので、keyに対して 主音ドを移動させます。 階名の使用例 たとえばKeyCの場合。 ドを移動させました。 上の表と同じ。 鍵盤でみる階名 メジャースケールは、12音の中から 7音を選んで、主音ドから「全全半全全全半」の間隔で並べます。 音楽の授業で習ったあれです。 バッチリです。 【答え】ややこしい音名と階名 それでは、最初のピアノとギターの会話をもう一度。 ピアノ)「今の部分 ドミソーて弾いてる?」 ギター)「あぁ、( ファラドーだけど・・)そうだよ」 この会話の元となっている Keyは 「G」。 これがギターの頭の中、階名の考え方です。 音名は 「C,E,G」の3音。 音名は 「C,E,G」の3音で、ギターと変わりません。 しかし、階名が違います。 これが、「固定ド」の考え方。 ギターとピアノは、KeyGの曲の 「C,E,G」の3音について話をしていて、 ピアノは「C,E,G」を 「ド,ミ,ソ」と捉え、ギターは「C,E,G」を 「ファ,ラ,ド」と捉えていた・・というのが答えでした。 このように階名には、「移動」と「固定」という2つの使い方があります。 そして、演奏者が身に着けるべきは「 移動ド」です。 というより「固定ド」は、ほとんどの日本人が知っています。 音楽の授業でリコーダーかなんかで「ドはここを押さえて、レはこう」と習った・・というか、それしか習っていない! 少なくとも私は 階名のポテンシャルは、そんなものではないのです。 でも、学校では習いません。 階名の移動を知らないが為に、リコーダーで好きな曲を耳コピしようとすると、「ドレミ・・」で整理できず、なかなか音感が育たない。 さて、今回「少し難しいなぁ」と感じた方。 無理はせずに、ゆっくりと理解していってください。 そしてやがて、 「なんだ、階名って便利じゃないか!」 と感じるときが、きっと来ます。 いや、来てほしい! 次回は「固定ドと移動ド」について説明します。 ありがとうございました。 次回は>.

次の

いろんな国の「ドレミファソラシド」を教えて・・・

音階 を あらわす ドレミファ は 何 語

【コンテンツ】• 音名をドイツ語で表すと? 先に結論を言っておくと、ドイツ語の音名は、「C D E F G A H」という呼び方がベースとなります。 読み方は、「ツェー デー エー エフ ゲー アー ハー」です。 イタリア語の音名「ド レ ミ ファ ソ ラ シ」との対応関係は、以下の図のように表されます。 この、ドイツ語音名について、より詳しく理解していきましょう。 そもそも音名って何? 音楽では、高さの異なる音を複数並べて、1つの曲を作ります。 この、高さが異なる各音には、「ドレミファソラシド」などの名称がつけられています。 こういった それぞれの音の高さに対してつけられた名前のことを「音名」と言います。 音名は、イタリア・ドイツ・日本など、その国の言語に合った形でそれぞれ独自に発展してきました。 そのため、国によって「ドレミファソラシ」「ハニホヘトイロ」など、呼び方が異なるのです。 ドイツ語の音名は「CDEFGAH」 では、ドイツ語の音名は、どのように表されるのでしょうか? まずは、ドイツ語での幹音(=イタリア語で言う「ドレミファソラシ」のこと)の名前を確認しておきましょう。 ドイツ語の幹音の音名は、「C D E F G A H」で表されます。 それぞれの読み方は、「ツェー デー エー エフ ゲー アー ハー」です。 Aの後にBがくれば覚えやすいのですが、ドイツ語の音名ではAの後にHが来るのが特徴です。 この理由については、後の「ドイツ語音名の覚え方」の箇所で詳しくまとめていきたいと思います。 ドイツ語音名とイタリア語音名の対応関係 音楽の世界で最もよく使われる音名のひとつは、「ドレミファソラシ」でしょう。 この、「ドレミファソラシ」は、イタリア語の音名です。 では、イタリア語音名とドイツ語の音名はどのように対応しているのでしょうか?対応関係を確認しておきましょう。 次の表では、イタリア語音名「ドレミファソラシ」とドイツ語音名「CDEFGAH」の対応関係をまとめています。 イタリア ド レ ミ ファ ソ ラ シ ドイツ C D E F G A H 表からも分かる通り、C=ド、D=レ、E=ミ、F=ファ、G=ソ、A=ラ、H=シと対応しています。 先に「ドレミ~」で覚えている方は、ド=Cというポイントをおさえておくと覚えやすいでしょう。 このような、幹音に記号がついて音の高さが変化した(=派生した)音のことを、「派生音」と言います。 それぞれの音の読み方をカタカナで表すと、Cis「ツィス」、Dis「ディス」、Eis「エイス」、Fis「フィス」、Gis「ギス」、Ais「アイス」、His「ヒス」です。 フラットのついたドイツ語とイタリア語音名(ドレミ~)との対応関係は、以下の表のとおりです。 AとCの間がHであれ?って思ったかもしれませんが、Bはこの位置に来るんですね! それぞれの音の読み方をカタカナで表すと、Ces「ツェス」、Des「デス」、Es「エス」、Fes「フェス」、Ges「ゲス」、As「アス」、B「ベー」です。 それぞれの音の読み方をカタカナで表すと、 Cisis「ツィスィス」、Disis「ディスィス 」、Eisis「エイスィス」、Fisis「フィスィス」、Gisis「ギスィス」、Aisis「アイスィス」、Hisis「ヒスィス」です。 さらに、AはAsesだけでなく、「Asas」と呼ぶこともあります。 また、Hは半音2つ分下げた場合、なんと3種類も呼び方があるのです。 「Heses」「BB」「Bes」の3つです。 全て言えるようにしておきましょう。 それぞれの音の読み方をカタカナで表すと、 Ceses「ツェセス」、Deses「デセス」、Eses「エセス」、Feses「フェセス」、Geses「ゲセス」、Ases「アセス」、Asas「アサス」、Heses「ヘセス」、Bes「べス」、BB「ベーベー」です。 以下は、ドイツ語の音名を一覧表にまとめたものです。 ぜひ、確認用にご活用ください! ドイツ語音名の読み方まとめ 続いて、ドイツ語音名の読み方についてもまとめていきたいと思います。 以下は、ドイツ語音名の読み方を一覧にしたものです。 ドイツ語音名の幹音の読み方は「ツェー デー エー エフ ゲー アー ハー」。 HがBになるのも要注意でしたね。 なぜBではなくHなのか? そもそも、ドイツ語はなぜ「CDAFGAB」ではなく、「CDAFGAH」なのでしょうか? アルファベットの並び順からはずれているので、少し違和感があります。 実は、この理由については諸説があります。 そして、残念ながら、これが確たる理由だと言えるものがないようです。 ただ、英文サイトのQuoraでの議論が良く考察されているので、今回は(なぜドイツ語ではBフラットがBと表記され、BがHと表記されるの?)の見解をご紹介します。 元々、ドイツ語の幹音名はC D E F G A Bと表記されていました。 もしくは、以下の画像のbの後の画像のように、bとナチュラルを合わせたような四角いBが使われていて、その下の2本線の間隔が狭かったためにHと解されるようになった可能性もあるようです。 画像:より このあたりのプロセスのどれが正しいのかは、英語圏のソースを調べても、100%の結論は出ていないようですね・・・。 ただ、アルファベット的にも、Gまで登場していたので、その次のHが都合が良かったのでしょう。 それ以後、順序的に少し変則的でありながらも、AとHの間にBが配置され続けた理由の一つに、バッハ(J. BACH)の存在があると言われています。 実は、一部のバッハの曲には、ドイツ語音名でB-A-C-H(バッハのアルファベット表記)という順序のモチーフが用いられています。 (=BACH motif) そして、他の作曲家も、バッハに敬意を表してBACH motifを使用した作品をつくったと言われています。 このような偉大な作曲家バッハにちなんだBACH motifの存在もあり、現在までCDEFGAHの並びが受け継がれてきたとする説が有力です。 ドイツ語音名の覚え方 では、ここまででまとめてきたドイツ語音名の並び順や規則などを踏まえて、ドイツ語音名の覚え方についてまとめていきましょう。 まずは、ドイツ語音名の幹音の並び「C D E F G A H」をきちんと覚えましょう。 注意点は、先にも確認した、AとCの間がBではなくHである、ということです。 これらが基本の形です。 あとは、例外の部分を覚えましょう。 規則を理解したら、後は反復あるのみです。 以下は、赤シートなどで隠して暗記用に使えるように作った、ドイツ語音名の一覧表です。 ぜひご活用ください! 他のドイツ語の音楽表現もセットで覚えよう! ドイツ語音名に関する解説は以上です。 ぜひ規則や例外を理解して、ドイツ語の音名を使いこなせるようになってください。 また、ドイツ語の音名は、音楽のシーンでしばしば用いられると冒頭でも触れました。 たとえば、C dur(=ハ長調。 ツェー ドゥア)、a moll(=イ短調。 アー モール)など。 この例のように、ドイツ語は「C D E F G A H」だけでなく、durやmollなどの用語と一緒に用いられることが多いです。 そのため、他のドイツ語の用語も合わせて覚えていくようにしましょう。 ちなみに、最も頻出なのは、dur(長調。 そして、ドイツ語では、長調の場合は「C D E F G A F」やFisなどのように大文字で表記し、短調の場合は「c d e f g a h」やasなどのように小文字で表記します。 まずは、頻出のdur + 大文字と、moll + 小文字 から覚えておきましょう!.

次の