中田 敦彦 ツイッター。 【干される】オリラジ中田敦彦が打ち切り卒業で消えた!松本人志批判が原因?

「年収1億円も!」オリラジ中田が吉本批判から距離を置いたわけ

中田 敦彦 ツイッター

3月発刊の著書『』(PHP研究所)で組織の「歯車」から脱する生き方を説いた中田氏に、テレビの世界を中心とする芸能界が直面している変化について聞いた。 僕らが小さい頃に見ていたテレビは、メディアの王様だった。 そこには若者向けの深夜番組、お色気番組もあれば、年配者向けの堅いニュース、子ども向けのクイズ番組もあって、メディアの中ではあらゆる商品をそろえた百貨店のような存在だった。 でも今、テレビは影響力でいうと依然として王様だけど、百貨店ではなく、1つの専門店になっている。 これはかつてのラジオが歩んだ道と似ている。 テレビが今、どんな顧客層向けの専門店かというと、テレビ全盛期にメインの視聴者だった50代以上の人たち。 坂上忍さんやヒロミさん、長嶋一茂さんのリバイバルも、テレビが完全に50代以上の視聴者向けの番組にシフトした結果、起こっていることだ。 コンテンツの多様性では、今やYouTubeやNetflixといった動画配信サービスが強力な対抗馬として台頭している。 僕はもともと、テレビという百貨店の中の一等地をとる戦いに参戦するつもりで芸能界に入ったけど、気づいたらその業態が変わっていた。 今36歳だが、このままだと、50歳近くになってようやく僕らの世代の順番が回ってきて、テレビの一等地に立つ戦いに参戦できる。 それでは遅すぎる。 「中田敦彦」というコンテンツのほかの受け皿を探さなきゃいけないというのが今の気持ちだ。 西野さんも僕も、テレビのゴールデンタイムで冠番組を持った経験があることが大きいのかもしれない。 テレビの一等地からの風景をすでに見ているので、上に行くこと(ゴールデンタイムで冠番組を持つこと)がゴールではないという実感がある。 だけど、閉塞感があって何かやらなきゃいけないという気持ちは、40代手前の芸人であればみんな持っているはずだ。 西野さんや僕はビジネスの方向に進んだが、ピースの又吉直樹さんが作家になったり、綾部祐二さんがニューヨークに行ったり、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんが時事ネタをやったりしているのも、おそらく同じ理由。 渡辺直美さんもテレビのゴールデンタイムに冠番組を持つのがゴールとは思っていない。 みんな、どんどん外にこぎ出している。 多分、有吉弘行さんやおぎやはぎさん、バナナマンさんといった、ボキャブラ世代の後期くらいまでが、テレビの時代にぎりぎり間に合った世代。 それ以降の若手芸人で危機感を持っていない人、SNSやYouTubeを使うことを考えていない人は多分いないと思う。

次の

(2ページ目)「松本人志への謝罪拒否」で吉本興業を“干された”オリラジ中田敦彦は今、何をしている?

中田 敦彦 ツイッター

飯山陽氏のツイートがこちら。 最近人々が「中田敦彦のYouTube大学」なるもので「教養」を身につけているらしいと聞いたので、イスラム教の「解説」なるものを聞いてみたら、実に酷かった。 宗教の知識として不正確であるということを、誰かが指摘する必要があると思う。 — 飯山陽『 イスラム2. 0』増刷決定、みなさまありがとうございます! IiyamaAkari 中田敦彦氏のイスラム教の解説は「不十分」なのではなくデマです。 また、イスラム教はイメージと違って厳しくない、怖くないと主張するために、ユダヤ教とキリスト教を極端に冒瀆しています。 これをもとにさらに勉強をというような基礎的知識ではなく、ウソと侮辱の言説です。 — 飯山陽『 イスラム2. 0』増刷決定、みなさまありがとうございます! IiyamaAkari 中田敦彦氏の支持者は異口同音に、お前こそ動画をアップしろ、できないくせに中田氏を批判するお前こそアホだとを言ってくる。 「正しい知識」は動画で得るものだと思い込み、その構造を批判する者は絶対に許さないという新種の人々の存在を認識した。 学ぶ手間を惜しむ者は愚かなまま生きるしかない。 — 飯山陽『 イスラム2. 0』増刷決定、みなさまありがとうございます! IiyamaAkari 中田敦彦氏の誤りを少し指摘。 誤)中田「宗教には大きく分けて二種類ありまして、それが多神教と一神教」 正)それは宗教の一分類にすぎず、全宗教がそのどちらかに該当するわけではない 誤)中田「如来、なんとか観音、これいっぱいでてきます、それが多神教」 正)如来は仏であって神ではない — 飯山陽『 イスラム2. 0』増刷決定、みなさまありがとうございます! IiyamaAkari 誤)中田「ユダヤ教をもとにキリスト教を作って、それをもとにイスラム教を作ったという、ちょっと兄弟分的な宗教」 正)三者はそれぞれ預言者の受けた神の啓示に立脚して生まれた宗教であり、人間がユダヤ教をもとにキリスト教を作ったわけでも、キリスト教をもとにイスラム教を作ったわけでもない。 — 飯山陽『 イスラム2. 0』増刷決定、みなさまありがとうございます! IiyamaAkari YouTubeでデマを流して金を稼ぐ中田敦彦に飯山陽自身が本を献上して解説してもらえばいいとか、間違いを訂正してやれと、それが専門家の役目だろうとか、中田氏信者の思考は全てが中田氏中心に回っている。 私は彼や彼の信者に尽くしタダ働きをする義理など一切ない。 勘違いも大概にせよ。 — 飯山陽『 イスラム2. 0』増刷決定、みなさまありがとうございます! IiyamaAkari 参考文献など挙げられていない。 中田氏を擁護しつつ、当該動画を見ていないから、こうした見当違いな侮辱に終始する。 彼の信者に共通するのは、己の愚かさを自ら露呈させるスタイルだ。 大好きなあっちゃんに付き従いどこまでも行くがいい。 私は違う道を行く。 — 飯山陽『 イスラム2. 0』増刷決定、みなさまありがとうございます! IiyamaAkari 有名人の発言こそが正しく、一介の学者は無名だという理由だけで「負け犬」「チョーゼツ胡散臭い」と断定する絶望的な価値観。 YouTubeで得た「知識」こそ真理だと頑なに信じる者に知的成熟は不可能だ。 中田敦彦氏は意図せずとも既に十分に扇動家として機能している。 YouTube左翼の時代がやってきた。 — 飯山陽『 イスラム2. 0』増刷決定、みなさまありがとうございます! IiyamaAkari YouTubeで発信する有名人こそが権威と信じる新種の「権威主義者」が多発している。 中田敦彦氏は「有名なので正しい」、飯山陽は「無名なので正しくない」となり、私は無名のくせに有名人にケチをつけ、その有名人のYouTubeで「学び」、万能感を得た「俺たち」をバカにする害悪と位置付けられている。 — 飯山陽『 イスラム2. 0』増刷決定、みなさまありがとうございます! IiyamaAkari 中田敦彦氏の動画はたとえ間違っていても楽しめるので「善」であり、解説の間違いを指摘する飯山陽は抑圧的で動画を楽しんでいる人々の機嫌を害する「悪」らしい。 イスラム教をエンタメとして消費するのは、宗教を愚弄する蛮行だ。 その蛮行を収めたYouTube動画を「楽しむ」中田信者も同罪だ。 — 飯山陽『 イスラム2. 0』増刷決定、みなさまありがとうございます! IiyamaAkari 内藤陽介氏が反論動画を緊急配信 オリラジのあっちゃんがイスラム教についてデマ拡散してるので、チャンネルくららで訂正動画作りました。 解説は内藤陽介先生です。 みなさまぜひ拡散にご協力下さい。 歴史的事実にも政府見解にも相違する。 「徴用」でもなく「応募」である。 — 政治・経済・国際ニュース評論 MATT25633150 創価学会について解説した動画 中田敦彦のYoutube大学の創価学会特集はお粗末だった。 日蓮正宗を「にちれん せいしゅう」とかあり得ないレベルのお粗末さ。 東南アジア(マレーシアとインドネシア)について語っているのを見ましたが、事実誤認や偏った見方が気になりました。 以前にメルマガのあとがき(以下リンク)で指摘しましたが、以下気づいた点を述べます。 — JD JDWorldBriefing マハティール首相がリー・クアンユーを追放してシンガポールを独立させた。 — JD JDWorldBriefing マハティールとリー・クアンユーに続く東南アジア3番目の指導者としてスカルノを並べる。 — JD JDWorldBriefing マハティールは党を除名されるが『マレー・ジレンマ』を書き、除名解除されると消費税撤廃を訴えて勝利した。 『マレー・ジレンマ』を書いたのは1970年。 その後除名解除を経て首相になったのは事実だがそれは81年の第1次政権の話。 おそらく混乱している。 — JD JDWorldBriefing また消費税撤廃は18年選挙における野党連合(PH)の勝因の一つだが、これが決定的な要因とは考えられない。 — JD JDWorldBriefing マレーシアは前政権のときAIIBから多額のローンを受けて財政が悪化した。 その前に唐突にADBとAIIBの対比をしているので、話を膨らませるために関連付けた節があるが、そうだとするとバイアスから生じた筋の悪い勘違い。 — JD JDWorldBriefing またAIIBの説明も非常に不正確。 明らかにイメージだけで語っている。 — JD JDWorldBriefing マレーシアが再び華人(ここでは中国、シンガポールの華人と一緒にしている模様)に支配されそうになっているところでマハティールが立ち上がった、マハティールは一帯一路にどう立ち向かうのか。 人気タレントの発信力によって多くの人に関心をもってもらうのは良いことと思いますが、事実誤認や偏った見方は見過ごせないので、指摘しておきます。 — JD JDWorldBriefing 「中田敦彦のYouTube大学」について書いた古いツイートが注目を集めているようなので補足しますが、コイツは細かいところを大人げなく突っ込んでいるなあ、本筋が分かれば大体でいいだろうに・・と思われるかもしれません。 — JD JDWorldBriefing でも、それは違います。 こんな基本的なところが分かっていないということは、本筋である大局的・俯瞰的なところも理解できていないはずなのです。 実際、私は「この人はマレーシア、東南アジア、中国そのものを分かっていない」と感じました。 — JD JDWorldBriefing それにしてもどうしてこんな変テコな理解になるのだろう・・誰から聞いたのか?日本企業の駐在員とか?と思っていたら、動画の中で「今回の私のネタ元はこれです」と言って池上彰氏の本を出していました。 「ここにそう書いてありました!」・・それはないでしょ・・(絶句) — JD JDWorldBriefing 大麻について解説した動画 ちなみに大麻に関する情報も間違っていたところが多かったので訂正をお願いしたのですが、返答はありませんでした。 わかりやすい話し方をする努力はされているように思えますが、正確な情報を発信することにも注意を払っていただきたいものです。 特に医学情報は人の命に関わりますから…。 来月の座禅会で警告しておきますね。

次の

中田敦彦はなぜテレビの仕事を減らしたのか

中田 敦彦 ツイッター

中田敦彦Twitterより 吉本興業が揺れている。 しかしその結果は、「大崎さんが辞めるなら、俺も辞める」(21日放送フジテレビ系『ワイドナショー』より)。 翌22日に岡本昭彦社長による記者会見が開かれたが、松本は会見後にと騒動の収束を急くようなツイート。 これには吉本芸人の友近も「ちょっと待って松本さん、と思ってしまう」「まだその気持ちにまで追いつけてない」と異論を述べている。 オリエンタルラジオの中田敦彦だ。 かつて、中田敦彦は松本人志の怒りを買い、吉本の上層部から謝罪を要求されたが、それを拒否した。 ことの発端は2017年2月、脳科学者の茂木健一郎と松本人志が「笑い」をめぐる議論で衝突したことだった。 茂木健一郎はTwitterで、「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。 後者が支配する地上波テレビはオワコン」とテレビ業界を批判した。 これに松本が『ワイドナショー』で「(茂木さんには)笑いのセンスがまったくないから、この人に言われても刺さらない」などと反論。 茂木は、翌週の同番組にゲスト出演して謝罪した。 すると中田敦彦は、ブログを更新して騒動に言及するかたちで参戦。 <オリラジ中田、茂木健一郎の『お笑いオワコン論』支持!>と題し、<大御所の番組に出演して大御所に面白くないと言われ公開処刑をされてしまいました><大御所にセンスがないとか価値を決められてしょげ返っている様子こそが茂木さんの意見通りだったのに。 茂木さんの指摘、当たってたのに>と展開。 茂木のテレビ批判に賛同し、大御所=松本人志をなじったのだった。 渦中の中田は、ラジオ番組『らじらー! サンデー』(NHKラジオ第1)にて、「吉本の幹部と社長に、僕は(松本に)謝れと言われている」「すごいんですよ、騒ぎ方が。 会社と先輩」と状況を明かしたうえで、「僕の意志としては謝らない。 僕も覚悟を持ってやってますので」と謝罪を拒否する姿勢を見せていた。 すると中田は、翌年の春および秋の番組改変期において、長年レギュラーをつとめた『ビビット』(TBS系)と『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)からの卒業を相次いで発表することになる。 以降、中田の姿はテレビから消えた。 なにしろ「謝れ」と言われて「謝らなかった」のだから。

次の