ビタミン 剤 副作用。 ビタミンの過剰摂取と副作用|健康知識の宝箱

知らなきゃ怖い!?ビタミンCの副作用&摂取する際のポイント5つ

ビタミン 剤 副作用

もくじ• ビタミンB6の概要 ビタミンB6(別名ピリドキシン)には3種類の天然型ピリドキシンpyridoxine PN 、ピリドキサールpyridoxal PL 、ピリドキサミンpyridoxamine PM があります。 ビタミンB6はピリドキシン(主として植物に含まれる)、ピリドキサールおよびピリドキサミンリン酸(リン酸化物は動物組織によく含まれる)などの含窒素化合物の総称です。 ビタミンB6は、たんぱく質からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。 マルチビタミンやビタミンB群、アミノ酸配合のサプリメントなどに使用されていることが多いです。 ビタミンB6を含む食品や医薬品 ビタミンB6を多く含む食品としては、レバー、肉、魚、全粒(小麦など)、大豆、ピーナッツ、その他の豆類、ナッツ、バナナ、アボカドなどがあります。 具体的な含有量の例としては、牛レバー 0. [1日摂取目安量】 上限値:10mg 下限値:0. 30mg 法的機能表示栄養機能食品の栄養成分のひとつであり、0. 3mgから10mgの含有で「ビタミンB6はタンパク質からのエネルギーの生産と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。 」の表示が可能です。 医療用医薬品ではビタミンB6製剤として、ビタミンB6欠乏症の予防および治療(イソニアジドなど、薬物投与によるものも含む)、ビタミンB6の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な場合の補給、ビタミンB6依存症(ビタミンB6反応性貧血)、ビタミンB6の欠乏または代謝障害が関与すると推定される疾患 口角炎、ロ辱炎、舌炎、急・慢性湿疹、脂漏性湿疹、接触皮膚炎、末梢神経炎、放射線障害)などに用いられます。 栄養剤にも配合されています。 一般用医薬品ではビタミン巳製剤、ビタミンB2製剤、栄養剤、ドリンク剤、乗り物酔い予防薬、点眼薬、皮膚治療薬(外用)などに配合されています。 ビタミンB6は栄養機能食品の栄養素として認められており、1日摂取目安量を満たした商品については、栄養機能表示が認められています。 医薬品例 医療用医薬品:強カアデロキシン末 一般用医薬品:アクテージAN錠、チョコラBBプラス ピリドキサールリン酸 「貧血、高ホモシステイン、食欲、神経伝達物質、興奮、抑うつ、錯乱、ダウン症、手根管症候群、神経症、麻痺発作、免疫、アレルギー、月経前症候群 PMS 、つわり、妊娠糖尿病、腎結石、脂質代謝、脂肪肝、グリコーゲン、皮膚、髪、湿疹、脂漏性皮膚炎、成長、乳児痙攣、ウイルス、歯石、口内炎、口唇口角亀裂、口角症、舌炎、浮腫、多動性機能障害症候群、遅発性ジスキネジー」 ビタミンB6は遺伝性鉄芽球性貧血(ピリドキシン応答性貧血)に対し経口で有効であるといわれています。 ビタミンB6は経口で葉酸およびビタミンB12と併用して、高ホモシステイン血症の改善に対して有効性、効果を示唆する報告があります。 ビタミンB6は冠動脈性心疾患のリスクファクターと考えられる血中ホモシステインレベルの調節に関わる、ビタミン類をサプリメントとして摂取した場合の心血管疾患への効果は、ヒト介入試験を行う必要がある等の報告があります。 ビタミンB6は神経伝達物質(セロトニン、タウリン、ドーパミン、ノルアドレナリン、ヒスタミンやアミノ酪酸)の合成に関わるため、セロトニンレベルの低い多動性脳機能障害症候群に対し、経口で効果があるという報告があります。 遅発性ジスキネジー(ロを動かす、足踏み、体をねじる等の持続性の不随意運動の総称で、向精神薬を長期投与したときなどに見られる)に対するビタミンB6の有効性、効果を示唆する報告があります。 ダウン症候群、手根管症候群(手の疼痛と知覚異常が症状の神経障害 、糖尿病性神経障害などの病気の治療薬や予防薬としてピリドキシンが処方されています。 しかし、これらの試みではビタミンB6の効果はまだ不明瞭な部分もあります。 月経前症候群(PMS の治療や予防薬としてピリドキシンが処方されていますが、ビタミンB6の効果はまだ不明瞭な部分もあります。 ビタミンB6はトリプトファンの代謝を正常に保ち、妊娠期のつわりを軽くするという報告、妊娠に伴う吐き気と嘔吐に対する有効性、効果を示唆する報告があります。 妊娠糖尿病及び糖尿病性神経障害の治療薬や予防薬としてピリドキシンが処方されていますが、これらの試みではB6の効果はまだ不明瞭な部分もあります。 ビタミンB6はステロイドホルモンの調節に関わり、内分泌疾患に対して効果を示す可能性がある等の報告があります。 腎臓結石の再発リスク減少に対するビタミンB6の有効性、効果を示唆する報告があります。 ビタミンB6は脂質代謝に関わり、脂肪肝の予防に役立つとの報告があります。 ビタミンB6はトランスアミナーゼの補酵素として各種アミノ酸、アミン類の生合成に関与するため健康な皮膚や髪を作るとの報告があります。 ビタミンB6は慢性腰痛患者に対して、非ステロイド性抗炎症薬との併用で、薬剤単独よりも効果が高かったとの報告があります。 ビタミンB6は成長を促進する効果があるとの報告があります。 ビタミンB6は抗菌、抗ウイルス免疫能を介してエイズなどのウイルス治療に役立つ可能性があるとの報告があります。 肺がんのリスク減少に対するビタミンB6の有効性、効果を示唆する報告があります。 疫学調査により、血中ピリドキシン濃度の高い男性喫煙者は、肺がんリスクが低いという結果が示されました。 ビタミンB6は浮腫を起こす遺伝性鉄芽球性貧血(ピリドキシン応答性貧血)に対しては有効といわれています。 セロトニンレベルの低い多動性の子供に対しビタミンB6が有効であるという報告があります。 アルコールの多飲や食事の欠乏などによってペラクラおよびペラグラ脳症が起こり、ビタミンB6やニコチン酸などの服用によって軽快した症例が報告されています。 ビタミンB6の欠乏・相互作用で起こる症状 赤血球のヘモグロビンの合成に関わるため、ビタミンB6欠乏により血色素減少症、(小赤血球性 貧血を起こします。 ビタミンB6が欠乏すると動脈硬化性血管障害の原因となる等の報告があります。 ビタミンB6が欠乏すると食欲不振、妊娠時の嘔吐などの原因になります。 ビタミンB6欠乏により麻痺発作、多発性神経炎が起きやすくなります。 神経伝達物質(セロトニン、タウリン、ドーパミン、ノルアドレナリン、ヒスタミンやアミノ酪酸)の合成に関わるため、ビタミンB6欠乏によりセロトニン産生が低下し、異常興奮性、憂うつ症、精神錯乱などを起こしやすくなると言われています。 ビタミンB6は免疫機能維持に重要な核酸合成に関わるため、免疫応答に影響を与え、欠乏すると免疫低下やアレルギーを招くと考えられます。 ビタミンB6欠乏により腎結石が増加するという報告があります。 ビタミンB6欠乏により湿疹、脂漏性皮膚炎などを起こしやすくなります。 ビタミンB6欠乏により乳児痙攣を起こす等の報告があります。 ビタミンB6欠乏により歯石が増加する、虫歯になりやすくなる、口内炎、口唇口角亀裂、口角症、舌炎にかかりやすくなるという報告があります。 ビタミンB6との併用により、レポドパ(パーキンソン病治療薬)の作用が減弱することがあります。 ビタミンB6は、レポドパ脱炭酸酵素の補酵素ですが、併用によって末梢におけるレポドパの脱炭酸が促進され、脳内作用部位に到達するレポドパの量が減少するためと考えられています。 イソニアジド(結核治療薬)の服用により、ビタミンB6が欠乏することがあります。 これは、ビタミンでの尿中排泄促進や活性化阻害が起こるためと考えられます。 イソニアジドの長期服用により、末梢神経炎(手足の先端部のしびれ、痛みなど)がみられた場合は、ビタミンB6の補給も考慮します。 抗生物質の長期服用により、腸内細蘭が抑制され、ビタミンB6などのビタミンB群が欠乏することが考えられます。 テオフィリン(キサンチン系気管支拡張薬)、エストラジオール(エストロゲン製剤)、フェノバルビタール・フェニトイン(抗てんかん薬)などで、ビタミンB6の血中濃度が低下するとの報告があります。 ビタミンB6の代謝異常によると思われる光線過敏症が報告されています。 摂取アルコール、経口避妊薬により必要要量が増大します。 ビタミンB6の過剰摂取・副作用 ビタミンB6の過剰摂取による副作用などの危険性は以下の通りです。 しかし、過剰摂取により知覚神経障害、末梢感覚神経障害、筋肉脆弱、精巣萎縮、精子数減少、光過敏症、吐き気、嘔吐、など腹痛、食欲不振、頭痛、錯感覚、眠気、血中AST SGOT の上昇、血中の葉酸濃度減少、皮膚反応やその他のアレルギー反応、乳房の痛みと膨張感などを起こすことがあります。 月経前症候群や関連した機能異常の治療にビタミンB6を使用(長期にわたり500mg投与)したとき、神経毒性や光過敏症が少数例ありますが、250mg以下であれば大部分の人にとって安全です。 2~40ヶ月にわたりピリドキシンを1日2000~4000mg服用して末梢性感覚性神経症になったという報告、知覚神経障害は300~500mgの連用で起こったという報告があります。 1日1000mgのビタミンB6の長期連用でシュウ酸腎臓結石発生の危険性が示唆されています。 経口で過剰に長期間摂取した場合、おそらく安全でないと考えられます。 月経前症候群(PMS 、小児痙攣発作、つわりに有効ですが、長期のビタミンB6過剰摂取は神経障害を起こします。 妊娠中のビタミンB6経口摂取は、1. 9mgという推奨摂取量のレベルであればほぼ安全です。 しかし、妊娠中の過剰な経口摂取は安全でないと考えられます。 高濃度ピリドキシンの過剰な摂取は新生児の発作と関連があるようですが、授乳中の過剰量の摂取に関しての安全性に関しては十分な情報が得られていません。 アミオダロン(抗不整脈薬)とビタミンB6の併用は、光過敏症のリスクを上昇させる可能性があります。 レポドパ(パーキンソン病薬)やフェニトイン・フェノバルビタール(抗てんかん薬)とビタミンB6の併用は、これらの薬剤の血中濃度を減少させるおそれがあり、抗生物質、エストロゲン、ヒドララジン、テオフィリン、イソニアジドなどいくつかの医薬相互作用品はビタミンB6の吸収および血中濃度に影響を与えることが知られています。 500〜6,000mgのビタミンB6長期摂取は末梢神経障害を起こし、中枢神経系に毒性を与える可能性があります。 多量のビタミンB6急性投与はプロラクチンの分泌を減少させ、授乳中の女性での母乳量の低下を起こします。 研究・エビデンス.

次の

マルチビタミンに副作用あるの?過剰摂取による副作用

ビタミン 剤 副作用

生き生きとした暮らしに不可欠なのがビタミンですが、ビタミンB12にはどのような効果があり、どんな食品や食材に含まれているのかをご存知でしょうか。 なので、ビタミンB12とは何か、貧血や神経への効能や成分を含んでいる食べ物、吸収のされ方と不足した場合の危険性、ビタミンB12摂取による副作用、ビタミンB12が高値の場合や過剰摂取による危険性について知りたいのではないでしょうか。 それから、ビタミンB12が含まれている目薬や注射、摂取量の目安や、葉酸との併用など、サプリのオススメも気になりますよね。 そこで今回は、ビタミンB12の効果と副作用や摂取量、また、過剰摂取や不足の危険性などについても詳しくお伝えしていきます。 ビタミンB12の効果!どんな食品や薬に含まれている? ビタミンB12は、牛の肝臓から発見されたビタミンB群の一種である水溶性のビタミンで、主な働きとしては貧血の予防や神経機能の正常化、睡眠リズムの安定化などが知られています。 そして、ビタミンB12に貧血の改善を期待するのであれば、葉酸と併用するとヘモグロビンの生成サポート効果が現れるので、併用で摂取することが推奨されています。 それから、メラトニンは脳にある「松果体」と呼ばれる部位でビタミンB12の作用によってセロトニンから生合成されるので、ビタミンB12には睡眠と覚醒のサイクルを整え、睡眠リズムの安定化が期待できるとされているのですね。 そのため、ビタミンB12は時差ぼけの予防薬や不眠症改善薬などにも含まれていて、病院ではビタミンB12製剤が注射剤として貧血や末梢神経痛、しびれなどを改善するための治療として活用されています。 また、ビタミンB12は目のかすみやしょぼしょぼといった疲れ目の症状を改善する効果があるので、市販で販売されているソフトサンティアやサンテメディカルなどの目薬や、アイボンWビタミンなどの洗眼薬などにも配合されているんですよ。 ビタミン12が含まれている食品や食材は? ビタミンB12はしじみなどの貝類に特に多く含まれていますが、それ以外にも鶏肉のレバーや生牡蠣、豚肉などといった食べものに含まれているそうなので、上記の表を参考にチェックしてみましょう。 スポンサーリンク ビタミンB12が不足するとどうなる?適切な摂取量も!副作用は? ビタミンB12は、不足すると造血機能が低下して、悪性貧血といって少し前までは原因不明で治療法のない病気とされていた症状に陥ってしまうことが分かっています。 それから、脳を正常に働かせる栄養素でもあるので、不足するとうつ症状やアルツハイマーなどにもよくないそうです。 しかも、ビタミンB12は年齢を重ねるにつれて減少傾向になるという特徴があるので、こうした視神経への影響は心配ですし、高齢でなくてもベジタリアンの方などは元々ビタミンB12が不足しがちなので注意した方が良いそうです。 このほかにも、ハンター舌炎(舌の発赤、しびれや痛み、灼熱感や乾燥など)やイライラや不安感、運動失調や肩こりなどの症状の原因になることで知られているそうです。 適切な摂取量は? ビタミンB12は不足すると様々な面で健康へ悪影響をもたらすので、1日あたりに摂取するべきビタミンB12の適切な摂取量が厚生労働省によって決められています。 そして、ビタミンB12は他のビタミンのように胃で消化された後に腸で吸収されるのではなく、そのまま胃で溶かされたり、腸内の細菌によって食べられるという特徴があります。 さらに、熱には安定していますが光に弱く酸化しやすいという特徴があるので、食品から摂る場合はなるべく空気に触れないようしっかり包むか密閉して管理し、できるだけ鮮度が高いうちに調理する必要があります。 それから、水溶性のビタミンなので、煮物などにした場合は煮汁なども一緒に飲むなど、食事を通して摂るにはなかなかハードルが高いですよね。 ビタミンB12の高値に注意!過剰摂取によるリスクと副作用は ビタミンB12は貧血を中心とした欠乏症のリスクのみ問題視されてきた一方で、たとえ摂りすぎたとしても必要以上には吸収されないことから、これまで過剰摂取については副作用などの問題はないとされてきました。 ところが、最近になって、血中のビタミンB12濃度が高値の方を対象とした調査で、ビタミンB12の値が高い人ほど、1年以内に特定の癌を発症するリスクが高いということが米医学誌「Journal of the National Cancer Institute」にて発表されたのです。 この報告によると、血中のビタミンB12濃度が最も高いグループでは発がんリスクが6倍以上も高くなるという結果が出て、喫煙やアルコールに関連する癌や血液癌の発症リスクが高いということが分かったそうです。 とはいえ、ビタミン剤のサプリなどでビタミンB12を摂取する場合でも、サプリの商品で規定された1日の摂取量を超えないようにすれば特に問題は起きないので、用法通りに飲んでいれば問題ないでしょう。 ビタミンB12のサプリのおすすめは? ビタミンB12はしじみなどの貝類やレバーなどの食材に多く含まれているとのことでしたが、貝類が苦手な方やベジタリアンの方などはどうしても不足がちになりますし、問題なく食べられたとしても毎日かなり意識して摂らなければなりません。 しかも、女性は生理などで貧血になりやすく、妊娠を控えている方や妊娠中の方は特に気をつけてビタミンB12を摂取する必要があります。 そこでオススメしたいのが、ビタミンB12を5000mcgも含んでいるNatrol社の「ビタミンB12ファーストディゾルブ」です。 Natrol社の「ビタミンB12ファーストディゾルブ」は、エネルギーと神経系をサポートするためのサプリで、有用性の高いビタミンB12を5000mcgも配合しており、素早く吸収させ神経系をサポートすることでストレスや疲労を軽減させ、いきいきとした暮らしを送ることができるようになるそうです。 しかし、Amazonや楽天など大手インターネット通販では取り扱いがないため、個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で購入するのがお勧めです。 ただ、初めてインターネットの個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか心配になってしまう方も多いのではないでしょうか? でも、オオサカ堂であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができますし、口コミをチェックすると高い評価の方がとっても多いことが分かりますよ。 それに、葉酸のサプリも販売されているので、セットで購入すると良いですね。 ちなみに、気になるお値段ですが、オオサカ堂ではNatrol社のビタミンB12ファーストディゾルブが100錠入って1本あたり1,922円でなので、とってもお買い得ですよね。 というわけで、ビタミンB12のサプリを購入するならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみて下さいね! スポンサーリンク.

次の

なぜ葉酸はアリムタの副作用を軽減することができるのか?

ビタミン 剤 副作用

プロキオンは活力や精力の衰えを感じる 男性に人気のサプリメントです。 今回はプロキオンの副作用のリスクを徹底調査します。 まずはプロキオンとはどんな商品かをザックリと説明させて下さい。 プロキオンとは プロキオンの主成分は 生にんにくに0. 03%だけ含まれるオキソアミヂンです。 プロキオン 一日分でニンニク13玉分の有効成分を摂取出来るのです。 プロキオンは精力剤の中で唯一医薬部外品として認可されており、安全性や有効性が厚生労働省のガイドラインに準拠した 信頼性の高い活力サプリです。 滋養強壮や肉体疲労の軽減、食欲不振など男としての機能に衰えを感じている中高年男性には最適な精力剤といえます。 現役最高齢セクシー男優の徳田重男さん(84歳)が 愛用をしている事でも、話題になりました。 そんな生涯現役を貫きたい男性に人気のプロキオンに副作用はないのかを調査していきます。 メーカーによる副作用の説明 プロキオンの開発販売を行っているのは 株式会社京福堂です。 HMBサプリ等をはじめとした男性向けの健康食品を販売する大阪の会社です。 株式会社京福堂はプロキオン服用時の副作用や注意点を次のように説明しています。 プロキオンは医薬品(指定医薬部外品)ですが、副作用は限りなく少なくなっています。 継続してお飲みいただく事で実感していただけるものですが、現在通院中であったり医師からお薬を処方されているお客様は、医師・薬剤師にご相談ください。 (出典:) 安全性の高さがプロキオンの特徴のようですが、普段飲んでいる薬との飲み合わせには注意が必要のようですね。 とはいえプロキオンの配合成分の危険性については何も記載がありませんね。 各成分の副作用と注意点 プロキオンは毎日飲む事で精力回復を実感する商品です。 毎日体に入れる成分にどんな作用や危険性があるかを知らずに飲むのは恐怖です。 今回はプロキオンを販売する京福堂に代わって主要成分の特徴と考えられる副作用を徹底調査しました。 にんにくには血流促進効果があり、継続して摂取する事で、性的な刺激を受けたときにより多くの血液を下半身に送る事が出来るようになります。 イギリスの大手メディアであるBBCによるとニンニクの抽出物を男性を対象に3カ月間摂取させた実験では勃起頻度が向上した。 オキソアミヂンはにんにくから抽出されている成分なので 基本的には副作用が報告されていません。 しかしながら、にんにくを大量に摂取したときに一般的に報告されるような副作用には注意する必要があります。 にんにくの副作用でもっとも注意すべきなのは、 血液をサラサラにする効果があることです。 血液がサラサラになることで勃起力を強くする作用はあります。 しかしその分血液が固まりにくくなるため、手術などを控えている場合はプロキオンの摂取も控えてください。 軽度な副作用は、 胃もたれや、 下痢や便秘など消化器系の問題が報告されています。 血液循環の改善によるED改善効果があるため、 勃起力を高めたい男性には効果的です。 トコフェロール酢酸エステルは ビタミンE剤の一種です。 つまりビタミンEを過剰摂取した場合の副作用が注意すべき点です。 ビタミンEを 過剰摂取すると大半が便と一緒に体外に排出されます。 つまり過剰摂取したとしても体内にはほとんど残らないため 問題が発生しにくい成分なのです。 とはいえ過剰摂取はもちろん良い事ではありません。 トコフェロール酢酸エステルにはまれに次のような副作用のケースが報告されるそうです。 胃の不快感、むかつきなど• 発疹やかゆみなど肌の異常 いずれも 副作用としては軽度なものですが、これらの症状が発生した場合は、すぐに使用を停止して、医師へ相談してください。 つまり、チアミン硝化物の副作用とはビタミンB1の副作用とも言えるでしょう。 栄養素を摂取するときに一般的に注意すべきポイントは摂取量です。 しかしながら、 過剰なビタミンB1は排尿時に排出されるため、過剰摂取による 副作用は基本的にはありません。 また、身体がチアミン硝化物と相性が悪い場合でも、考えられる副作用は発疹など の軽微なものであるため、チアミン硝化物は比較的安全な成分です。 その他(添加物や凝固剤) プロキオンに含まれる男性機能を改善する有効成分は今までに紹介した3つです。 しかしサプリメントには錠剤を コーティングする際や 固める事を目的とした添加物も含まれています。 主にゴマ油、サラシミツロウ、ゼラチン、グリセリンなど添加物として含まれています。 ゴマ油やゼラチンは日頃口にする食材なので説明はいらないでしょう。 サラシミツロウとはミツバチの腹部から分泌される蝋成分です。 ミツロウはサプリはもちろんの事、赤ちゃん用のクリーム等にも使用されており、皮膚への塗布や点眼した場合も副作用は確認されておりません。 阪本薬品工業によるとグリセリンは高等植物や海藻、動物に含まれる脂質で、有害性は確認されていません。 プロキオンに含まれる添加物に関しても 特段注意すべき副作用はないでしょう。 プロキオン利用者が感じた副作用 安全性の高いプロキオンですが、一番大切なのは実際に飲んだ人が感じる事です。 STERONではSNSやAmazon、楽天、Yahooショッピング等の口コミ500件以上を全て調査してみました。 調査をした結果、 副作用に関する声はほとんどありませんでした。 唯一見つかったのが お腹の調子が悪くなるといった口コミです。 お腹の調子が悪くなったので、やめました。 お試し版があればいいと思いました。 (出典:) もちろんこの口コミがプロキオンを飲んだせいなのか、それ以外の食事やサプリが影響しているのかはわかりません。 プロキオンに限らず過剰摂取を行ったときに一番影響を受けやすいのがお腹の調子(下痢や胃もたれ含む)です これだけたくさんの男性に利用されているプロキオンですが、副作用に関する声がほとんど挙がっていない事からも、安全性は精力剤業界でもトップレベルな事がうかがえます。 いずれの成分も深刻な副作用が確認されている事がわかりますね。 この辺でプロキオンを利用する際の注意点を3つまとめてみました。 まず一つ目は絶対に 用量用法を守って利用する事です。 直ぐに勃起や性欲を高めたいからといって大量に飲んではいけません。 いずれも安全性の高い成分ですが、大量に摂取するとお腹の調子を崩してしまう可能性はあり得ます。 2つ目は 手術前後の利用です。 血流を促進する事で下半身を元気にする効果のあるプロキオン配合成分。 体に外傷や手術による閉じていない傷口がある場合は、 流血の原因になる危険性があります。 最後は医師から処方されている 効果の強い薬との併用です。 特に高血圧の薬(血圧を下げる医薬品)は血流を促進する効果のあるプロキオンとの相乗効果で 血圧が下がり過ぎてしまう可能性があります。 これはプロキオンに関わらず勃起力を向上させる成分を配合している精力剤や運動パフォーマンスを上げる筋トレ時のサプリ全般に言える事です。 精力剤の中でプロキオンが安全な理由 数ある精力剤や男性向け活力サプリの中でも、実はプロキオンに副作用の心配が少ないとされているのには理由があります。 一番大きな理由が 指定医薬部外品の認可を受けている事です。 指定医薬部外品とは効果効能以外でも人体への 安全性が高く作用が緩やかな商品のみに認可されます。 つまり指定医薬部外品の認可を受けていない精力剤や活力サプリと比べて、プロキオンは厚生労働省お墨付きのサプリメントだという事です。 【まとめ】信頼できるNo. 1精力剤• プロキオンに含まれている成分は、基本的に安全なものばかりです。 主成分のオキソアミヂンは、ニンニクから抽出した無臭有効成分であるため、食品由来の栄養素とも言えます。 トコフェロール酢酸エステルやチアミン硝化物は、それぞれビタミンEとビタミンB1。 いずれの成分も副作用はほとんどなく、摂取しすぎてしまっても安全に体外に排出される成分です。 このように安全性の高い成分が原料だからこそ、プロキオンは指定医薬部外品の認可を得ることができたと言えるのではないでしょうか。 プロキオンには 35日間の全額返金サービスがあります。 効果だけではなく、安全性にも絶対の自信があるからこそ、返金保証を提供出来るのでしょう。 まずは用量と用法をしっかりと守って利用をしましょう。 プロキオン以外にも精力サプリを探している場合はSTERONが調査したおすすめランキングを参考にして下さい。

次の