成せ ば なる 成 さ ねば 成ら ぬ 何事 も 成ら ぬ は 人 の 為 さ ぬ なり。 成る/為る(なる)の意味

為せば成る

成せ ば なる 成 さ ねば 成ら ぬ 何事 も 成ら ぬ は 人 の 為 さ ぬ なり

スポンサーリンク ワンポイント解説 「為せば成る」までが有名ですが、本当はその後に「為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」と続きます。 強い意志を持って事に当たれば、大抵のことはなし得ることができるのだという勇気をもらえる言葉です。 「絶対に成し遂げてみせる!」 そんな強い気持ちを持ち続けるのは簡単ではありません。 何か困難にぶつかると、人はすぐにあきらめてしまいます。 また、気がついたらついつい楽な方に流れてしまうというのも人間というものです。 でも、何かを成し遂げるにはやっぱり強い意志が不可欠です。 だからでしょうか、企業経営者を対象にしたあるアンケートでは、 この言葉を座右の銘にしている人が圧倒的に多かった(2位は「継続は力なり」)。 ちなみに、この言葉はもともと 武田信玄の次の言葉を上杉鷹山がアレンジしたものだと言われています。 「為せば成る、為さねば成らぬ成る業を、成らぬと捨つる人の儚さ」 (強い意志を持って行えば必ず実現するのに、できないと諦めてしまうのが人の愚かさだ) 言わんとしていることはどちらも同じですが、少し受け取る印象が変わってきます。 武田信玄の方はどこか教訓めいた感じですが、上杉鷹山の方は直接ガツンと言われるような迫力があります。 いつの時代でもこうした意味を持つ言葉が存在します。 今風に言うと 「信じれば夢は叶う」みたいな言葉になるでしょうか。 時代を超え言われ続けている事ですから、やっぱりそれは真実なんだと思っても良いんじゃないでしょうか。 強い気持ちを持ちたいときに思い出したい言葉です。

次の

為せば成る 為さねば成らぬ何事も・・・ 上杉鷹山 − 名言から学ぶ幸せのヒント

成せ ば なる 成 さ ねば 成ら ぬ 何事 も 成ら ぬ は 人 の 為 さ ぬ なり

スポンサーリンク ワンポイント解説 「為せば成る」までが有名ですが、本当はその後に「為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」と続きます。 強い意志を持って事に当たれば、大抵のことはなし得ることができるのだという勇気をもらえる言葉です。 「絶対に成し遂げてみせる!」 そんな強い気持ちを持ち続けるのは簡単ではありません。 何か困難にぶつかると、人はすぐにあきらめてしまいます。 また、気がついたらついつい楽な方に流れてしまうというのも人間というものです。 でも、何かを成し遂げるにはやっぱり強い意志が不可欠です。 だからでしょうか、企業経営者を対象にしたあるアンケートでは、 この言葉を座右の銘にしている人が圧倒的に多かった(2位は「継続は力なり」)。 ちなみに、この言葉はもともと 武田信玄の次の言葉を上杉鷹山がアレンジしたものだと言われています。 「為せば成る、為さねば成らぬ成る業を、成らぬと捨つる人の儚さ」 (強い意志を持って行えば必ず実現するのに、できないと諦めてしまうのが人の愚かさだ) 言わんとしていることはどちらも同じですが、少し受け取る印象が変わってきます。 武田信玄の方はどこか教訓めいた感じですが、上杉鷹山の方は直接ガツンと言われるような迫力があります。 いつの時代でもこうした意味を持つ言葉が存在します。 今風に言うと 「信じれば夢は叶う」みたいな言葉になるでしょうか。 時代を超え言われ続けている事ですから、やっぱりそれは真実なんだと思っても良いんじゃないでしょうか。 強い気持ちを持ちたいときに思い出したい言葉です。

次の

「為せば成る」の意味とは?語源となった上杉鷹山の全文や類語も

成せ ば なる 成 さ ねば 成ら ぬ 何事 も 成ら ぬ は 人 の 為 さ ぬ なり

日本語 [ ] 成句 [ ] せばる( )• (後続の句「為さねば成らぬ」以下を暗示して)ばかりして、をあげようとするを起こさなければ、決して成果を得ることはない。 天のとでも申しましょうか、のまですれば、必ずそのうしろにはの啓示があって道はと拓けてまいるものだと、わたくしは、画道五十年の経験から、とそう思わずにはいられません。 なせば成るなさねば成らぬ何事も、ならぬは人のなさぬなりけり……の歌は、このあたりのことをうたったものであろうと存じます。 ( 『無題抄』)• (口語、現代語における曲解)やってみれば、とできるものである。 後者であれば「なさば成る」となるであろう。 由来 [ ] 江戸時代の米沢藩主・の「為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり」という歌からと言われる。 なお、鷹山より遡り、の歌「為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人の儚き」からとも。 いずれも、『』中の「 弗爲胡成(為さずんばなんぞ成らん)」に基づくものと思われる。

次の