やけど 薬 軟膏。 「火傷」に効く市販薬 おすすめランキング|皮膚薬

オロナイン公式サイト|大塚製薬

やけど 薬 軟膏

日常生活で、やけどは身近な怪我です。 家庭で、仕事場で火を扱う場合にうっかりとやけどしてしまうことも多いでしょう。 そんな時に、すぐに痛みを抑えて怪我を治してくれる薬などはあるのでしょうか? 湿潤療法というやけど治療が主流に やけどの治療と言えば、すぐに冷やして放置するというのが一般的でした。 ところが今は、それだけではなく「湿潤療法」という方法が主流になってきています。 やけどをした場合には、軟膏を幹部に塗り痛みを和らげつつ、怪我の治りを促進させるものが主流です。 すぐに病院に行き適切な処置を受けるようにしましょう。 日焼けなどにも使えるやけどの薬 やけどの薬として広く使われているのが、「非ステロイド軟膏」です。 効能効果のところに「やけど」が記載されている商品の中でも、ステロイドの成分が入っていない商品群のことを指します。 スポンサーリンク 軽いやけどや日焼け、さらにはしもやけなどに効果を発揮します。 薬局やドラッグストアなどにも売られており、最近はネットショッピングでも気軽に購入できるので、もしものために1つ用意しておくと助かります。 効き目が強いステロイド軟膏薬 やけどの痛みが少し強い場合には、「ステロイド軟膏」と呼ばれる塗り薬を用いるのが良いでしょう。 こちらは、非ステロイド軟膏に比べて効き目が強いので、痛みや赤みを抑える効果が高いと言われています。 ただステロイド軟膏は、免疫力を低下させてしまう作用もあるので、幹部の炎症が強い場合やジクジクしている時などは、使用を控えるようにしましょう。 ステロイド軟膏は、気軽に利用できるものではありませんので購入する場合には、使用方法などを登録販売者や薬剤師に相談してください。 やけどは決して珍しい病気ではありません。 しかし、いざやけどしてしまうと処置方法やその後のケアなどをど忘れしがちになります。 そうならないためにも、日頃から準備を怠らないようにしておきましょう。

次の

やけどの薬におすすめの市販薬一覧

やけど 薬 軟膏

やけどの診療などでよく処方される軟膏の、効能や副作用についてご紹介します。 アクアチム 殺菌作用がある軟膏です。 新キノロン系の外用抗菌剤です。 やけど以外にも、ニキビや、おでき、とびひ(伝染性膿痂疹)などの皮膚感染症の治療に使用されます。 (副作用) ヒリヒリした感じ、赤くなる、湿疹、接触性皮膚炎、ほてり、皮膚の乾燥などが出る場合があります。 このような症状が出た場合、使用を止めて速やかに医師または薬剤師に相談して下さい。 プロスタンディン 深いやけどで真皮にダメージを負ってしまった時、へこんだ皮膚を盛り上げるために使用します。 患部の血流を改善する効果があるお薬です。 褥瘡(床ずれ)に対して処方されることが多く、皮膚に出来た「潰瘍」を治します。 他にも術後潰瘍や糖尿病性潰瘍、下腿潰瘍に対して使用されます。 (副作用) 塗った箇所に「痛み」、ヒリヒリした感じ、疼く感じ、出血、皮膚炎などが起こる場合があります。 このようなこのような症状が出た場合、使用を止めて速やかに病院を再受診してください。 ヒルドイドソフト 皮膚の保湿をおこない、乾燥状態を軽減します。 また患部の血行促進、それによりに血行障害に基づく痛みや腫れを軽減します。 やけどでは上皮化後のケアに対して、ケロイドなどの治療に用いられます。 その他には皮脂欠乏症、指掌角皮症、凍瘡などにも幅広く利用されています。 (副作用) 出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病など)、をお持ちの方は僅かな出血が重篤な結果に繋がる恐れがあるため、必ず事前に医師、薬剤師にお伝えください。 副作用としてはかゆみ、赤みが出る、皮膚炎、紫斑などがあります。 このような症状が出た場合、使用を止めて速やかに医師または薬剤師に相談して下さい。 リンデロン-V軟膏 ステロイドの軟膏です。 ガーゼを固定するテープや湿潤療法による健康な皮膚部分のかぶれに対して処方されます。 他にも湿疹、乾癬などの治療に使用されます。 通常は潰瘍や重いやけど患部・凍傷には用いられません。 (副作用) 目の中に入らないように注意して下さい。 副作用としては、おでき、毛包炎、ヒリヒリ感、違和感、接触性皮膚炎、発疹などです。 このような症状が出た場合、使用を止めて速やかに医師または薬剤師に相談して下さい。 ハイドロキノン その優れた漂白作用で色素沈着を起こした皮膚に対して使用します。 色素沈着を起こしている患部にのみ使用します。 同時に外用薬「トレチノイン」や内服薬「トランサミン」などを併用することで更なる相乗効果が期待できます。 皮膚科、美容皮膚科、美容外科等で扱っています。 (副作用) 赤み、ヒリヒリ感、痛み、しみる、刺激、灼熱感などです。 このような症状が出た場合、使用を止めて速やかに医師または薬剤師に相談して下さい。 トレチノインクリーム 皮膚のターンオーバーを促す作用がとても強く、ハイドロキノンと合わせて使用することで色素沈着が起こっている皮膚を入れ替える作用があります。 (副作用) 赤み、極度の乾燥、つっぱり感、ヒリヒリ感、患部の痛み、周辺皮膚の痛み、しみる、刺激、灼熱感などです。 このような症状が出た場合、使用を止めて速やかに医師または薬剤師に相談して下さい。 トランサミン のどの薬として飲んだ事がある方もいるのではないでしょうか。 「止血剤」として使用されるこのトランサミンですがトラネキサム酸は内服することでメラニンの発生を抑える効果もあります。 上記のハイドロキノン、トランサミンと併用することでより一層の効果が期待出来ます。

次の

やけどの薬 ランキングTOP19

やけど 薬 軟膏

オロナインH軟膏 やけど用の薬は常備していなくても、オロナインなら常備している家庭は多いのではないでしょうか?軽いやけどならばオロナインは効果を発揮します。 1度のやけどなのか、2度のやけどなのかを自分で判断できない場合は、オロナイン軟膏を 患部に塗ってラッピングし、応急処置をした後で病院に行くのがよいでしょう。 水で冷やしたあとに塗布するよいです。 また、オロナインH軟膏については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。 ドルマイシン軟膏 殺菌や菌の増殖を抑える効果のあるパシトラシンとフラジオマイシンという抗生物質を含んでいるので、 やけどによる化膿に効果的です。 また、ドルマイシン軟膏については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。 ベトネベートN軟膏AS 強い抗炎症効果を持ったベタメゾン吉草酸エステルというステロイド成分と細菌の繁殖を抑える抗生物質フラジオマイシンが配合されてるので、 やけどによる炎症を抑えてくれます。 加えてステロイドには皮膚細胞の増殖を抑える効果があり、治療の妨げになることがあるので注意が必要です。 ステロイド配合の薬は、即効性はありますが、長期に渡る使用は避けることが大切です。 また、ベトネベートN軟膏ASについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。 スポンサードリンク アットノン ヒルドイドというヘパリン類似物質が配合されており、皮膚の保湿力を取り戻して炎症を抑える効果があり、 やけどの傷跡のケアにおすすめです。 加えて、ヒルドイドには血行を促進する効果もあります。 また、アットノンについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。 メモA 皮膚の再生や修復を助け、傷跡を徐々に目立たなくしたりする効果のあるアラントインが配合されており、 やけどの傷跡ケアに効果的です。 また、アラントインには炎症を抑える効果もあります。 また、メモAについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。 まとめ 一般用医薬品は要指導医薬品、第1〜3類医薬品までの4種類に分類されていますが、第2類の医薬品の中で副作用などの安全上の注意を要するものは指定第2類医薬品に分類されています。 ここで紹介した薬はすべて第2類医薬品に分類されますので、薬剤師不在のお店でも購入できます。 薬を購入する際はできる限り薬剤師に相談することをお勧めしますが、そうでない場合も薬の添付文書をよく読むことが大切です。 また、やけどを一般市販薬で治療できるのは最も軽度な1度のやけどに限られることも覚えておきたいものです。

次の