妖怪ウォッチ 犬夜叉。 妖怪ウォッチのさとみ・テレビ・みんなが話題

犬夜叉(主人公) (いぬやしゃ)とは【ピクシブ百科事典】

妖怪ウォッチ 犬夜叉

作品についての犬夜叉は『』の項目を参照。 (アニメ版では)と、の父()の間に生まれた。 妖怪からも人間からも蔑まれ忌み嫌われる孤独な子供時代を過ごしてきた。 ひょんな事から・と恋に落ち人間として生きる決意をするも、 の策略により2人は引き裂かれ、犬夜叉は桔梗自身の手により封印されてしまう。 50年の眠りを経て復活した彼は、桔梗の生まれ変わりの少女・と出会い、 彼女とともに砕け散ったのかけらを探す旅に出る事となる。 容姿・性格等 長いにをまとい、頭からはが生えている(半化け犬妖怪だから)。 ときどきらしい仕草をするが犬扱いされると怒る。 半妖である為、の夜になると人間になってしまい、犬耳がなくなり黒髪となる。 この状態では一般的な人間の青年と同じ身体能力しかなく、やよりも弱い。 逆に絶体絶命のピンチに陥ると妖怪の血が身体を支配し、瞳は翠になり虹彩は紅くなる。 この際、戦闘能力が飛躍的に向上するが、殺戮を好む残忍な性質が顕在化してしまう。 鼻がよく利き 遠くからでも桔梗に化けた奈落の匂いを嗅げばすぐに正体を暴けるはずだった 、地面のにおいを嗅いで物を探す事が得意。 においの強いものは苦手。 右目には黒真珠が隠されており、父の墓がある場所へつながっていた。 首から『言霊の念珠』 桔梗作 という勾玉の首飾りを提げているが、これは物語初期に犬夜叉の横暴を抑えるために桔梗の妹であるが付けさせたもの(本来は桔梗が犬夜叉にプレゼントしようとしたもので言霊は『愛しい』)で、かごめの「魂鎮めの言霊」の 「おすわり」という言葉に反応し、犬夜叉を座らせるのではなく 思いっきり地面に叩きつける効果がある。 旅の途中で半妖と出会うと、何かしら気にするような態度を見せる。 を通り抜けることができと現代を自由に行き来できる。 非常に好奇心旺盛で、かごめの荷物である数学の教科書に興味を示したり、一人のときにかごめの自転車に乗る練習をしていたり、いつの間にか懐中電灯を使いこなしたりしている。 また、アニメでは忍者食と呼ぶが好物だったり、現代でかごめと買い物をしていた際にパンの匂いに惹かれてパン屋のディスプレイを前に目を輝かせたり、食糧であるを独り占めたりするなど食いしん坊な一面も強調されている。 普段から素足で行動しており、運動能力は仲間内でも非常に高い部類に入る。 口調はきつく暴れん坊な反面、根は優しい。 戦いでは持ち前の俊敏さを生かした接近戦を得意とするが、頭より体が先に反応するため、頭脳戦はあまり得意ではない。 しかし、鋭い直感の持ち主でもあるため、相手の弱点を些細なきっかけから掴むなど意外性は高い。 武器は自身の爪による攻撃、のちに大妖怪である父親の牙から作られたを手に入れる。 怒りで我を忘れたり、致命傷や瘴気に当てられ続けると妖怪としての血が目覚めて暴走する。 暴走状態は身体能力こそ普段の比ではないが、理性が完全に吹っ飛んでいるため敵味方関係なく襲いかかる非常に危うい状態でもある。 かごめの言霊によって理性を取り戻す。 の事は最初は嫌っていた(桔梗に似ているため)のだが、彼女の優しさや逞しさに次第に惹かれていく。 そのため、かごめが関わると速い。 基本、色気より食い気なので色恋沙汰には疎い朴念仁だが、一度思いを寄せれば一筋に貫こうとする。 ただ、この律儀さが仇となり、桔梗の復活後はその思いの狭間で揺れることとなる。 関連イラスト.

次の

【ぷにぷに】覚醒・犬夜叉(かくせい・いぬやしゃ)の入手方法と能力評価【妖怪ウォッチ】

妖怪ウォッチ 犬夜叉

河童ということであまり陸上で行動できないかに思われるが首に下げている水筒から水分補給することである程度長時間陸を移動することが可能。 カッパと相撲勝負をしており、圧倒されていたがカッパの皿が乾いてきたことと、自身の皿が保湿クリームで乾きを防いでいたことでカッパに勝利している。 カッパに勝利しているが戦闘力で比較すると圧倒的に劣ってしまうので順位も下位。 ハナホ人よりも弱いということで順位も下位で最下位。 ケータはハナホ人のことを敵視しているが自身の鼻くそが妖怪になっていた。 ジバニャンもタイミングの悪い状態で召喚されるのでハナホ人のことを良く思っていない。 戦闘力はほぼ皆無でコマじろうやジバニャンと比較しても戦闘力は低いので順位は下だがノガッパと比較すると戦闘力は高いと思われるので順位も上。 だが、アニメ版ではコマさんと再会し、同じ家で暮らすようになっている。 明るく無邪気な兄のコマさんとは正反対でしっかり者で落ち着ている妖怪でコマさんに何か聞かれたときには優しく教えてあげている。 都会に来たばかりの時には、コマさんの言うことを真実と思い込み尊敬していたが現在では、コマさんの保護者的な立ち位置になっている。 戦闘力に関しては不確定な部分が多いがコマさんと比較すると戦闘力は劣ってしまうと思われるので順位も下位。 必殺技は、【風雷サンダー】。 マキモド石を使ったことで主人公たちを過去に導き、事件解決に尽力している。 事件解決後には、60年前に戻ったが60年後の現在でもケマモト村のパトロールをしたりと活動を続けている。 必殺技は、【ど根性ストレート肉球】。 強力な妖怪が出現したことによりこの順位だが自身もパワーアップすることができるようになっており、ダークニャンという姿に変貌することが可能。 パワーアップでダークニャンに変身していることからダークニャンよりも戦闘力は低いと思われるので順位も下位。 だが、ハナホ人やコマじろうと比較すると戦闘力は高く、強いと思われるので順位も上位。 自身が命を落とす原因になったトラックに日々報復しようと挑戦を続けるが失敗し、吹っ飛ばされてしまっている。 性格は、面倒くさがりで怠けることが多いが仲間想い。 ケータやウィスパーとの信頼関係を築いており、度々召喚されている。 ケータが憑かれてしまっているときには妖怪メダルをセットするなど活躍していた。 【ひゃくれつ肉球】という必殺技を持っており、デカニャンとコンビを組み繰り出した【百万t肉球】という技で上位にランクインしているウバウネを倒している。 ウバウネを倒すほどの強力な必殺技を持っているが総合的な評価をするとこのくらいの順位。 コマじろうと比較すると戦闘力は高いのランクも上だがコマさんと比較すると弱いと思われるので順位も下位。 そのため、人間と妖怪が仲良くすることを許すことができず、妖怪ウォッチを破壊しようと目論んでいた。 あまり戦闘力の高い妖怪ではないため、ランキングの順位も下位の方だがフユニャンやジバニャンと比較すると戦闘力は高いと思われるので順位も上位。 過去には、伝説のバスターズチームのメンバーで指導教官としても登場していた。 大人気エクササイズの発案者でその体格からも戦闘力は高いことはわかるがマイティドッグやレッドJと比較すると戦闘力は劣ってしまうので順位も下位だがジバニャンたちと比較すると戦闘力は高く、強いと思われるので順位も上。 イマドキ妖怪のノガッパと勝負を行っており、水泳では平泳ぎだけでノガッパを圧倒していた。 相撲勝負では、終始戦闘を有利に進めていたが皿が乾いてしまい敗北している。 相撲での戦闘で敗北しているが総合的な評価をすると戦闘力はノガッパ以上のモノを持っていることは確実なので順位も上。 ガブニャン菌というウイルスを持っており、血を吸われた相手は最終的にガブニャンになってしまうというゾンビ的な能力を持っている。 しかもこのウイルス空気感染もする。 ゾンビみたいな能力を持っており、ランキングも上位に行くかに思われたが強さを議論するサイトなどの評価を参考にするとこの順位が妥当。 ジバニャンやカッパと比較すると戦闘力は高いがコマさんやマイティドッグと比較すると戦闘能力は劣ってしまうので順位も下位。 アニメでは、自身の生活していた神社が取り壊されたことで都会にやってきており、ソフトクリームに憧れていたことでファストフードでお客さんが注文したソフトクリームを勝手に食べているところをケータとウィスパーに見つかっている。 ケータとウィスパーに街を案内されたことで友達になっており、それからは弟のコマじろうと一緒に河川敷のバラックに生活の拠点を置いている。 作中で妖怪としての能力を発揮することは滅多にないが手が触れた相手の思い出を見ることが可能。 常識に疎く、不得意な分野も多いがわざわざ人間に見える姿になり、博物館の入場料を払うなど律儀な一面も見せていた。 必殺技は、【ひとだま乱舞】。 戦闘力に関しては、特別高いわけではないのでこの順位。 ジバニャンや弟のコマじろうと比較すると戦闘力は高いと思われるので順位も上位だがブシニャンやふぶき姫と比較すると戦闘力は劣ってしまうと思われるので順位も下位。 アニメ版では、イケメンに変身することでキュン玉を100個集め、【紅蓮の親方】に献上し、上級のキュウビに進化することを目指していた。 妖怪大辞典には、火山の噴火と同じくらいの威力のモノを簡単に生み出せると記載があることから高い戦闘力を持っていることは確実だがエンマ大王やぬらりひょんと比較すると戦闘力は劣ると思われるので順位も下位。 だが、ガブニャンやコマさんと比較すると戦闘力は高いので順位も上位。 ある特定の妖怪メダル集めたところで出現しており、その見た目からジバニャンだと思われていた。 ケータとウィスパーの友情に感動し、自身の子孫を頼むといい、メダルを手渡している。 喋り方は武士そのものだが行動は、現代的でスマホで自撮りをしたり、写真集を読んだりしていた。 漫画では、先祖妖怪として登場しており、霊体の状態で登場していた。 高い戦闘能力を持っているが霊体の為、物体を斬ったり、触れたりすることができなかったがジバニャンに憑依することで実体化が可能になっている。 作中での活躍から高い戦闘力を持っていることは確実でジバニャンよりも強いと思われるので順位も上位。 だが、 マイティドッグやレッドJと比較すると戦闘能力は劣ってしまうと思われるので順位も下位。 ケータの家でメラメライオン、あつガルル、のぼせトンマン、あせっか鬼が集まっていたところにあつい系さむい系関係なく仲良くしたいとケータの家にやってきているが力が強力すぎるため、みんな凍ってしまった。 純粋な性格をしているが時折、腹黒い一面を見せている。 その場に来るだけで凍らせてしまうという強力すぎる力を持っているので強いことは確実。 ジバニャンやコマじろうと比較すると圧倒的に強いので順位も上だがレッドJやオロチと比較すると戦闘力は劣ってしまうと思われるので順位も下位。 レッドJの率いていた【地獄の軍団】をさらに引き連れていく存在として描かれていたが強さを議論するサイトなどの評価を参考にするとレッドJよりも僅かだが戦闘能力は劣ってしまうと思われるので順位も下位。 だが、コマさんやジバニャンたちと比較すると戦闘力は高いので順位も上位になっている。 次のページでは、 妖怪ウォッチ強さランクTOP10を発表! スポンサードリンク.

次の

【ぷにぷに】覚醒・犬夜叉の評価と入手方法|ゲームエイト

妖怪ウォッチ 犬夜叉

退治屋の里では一番の手練れで、【飛来骨】を使用し、複数の妖怪を一気に薙ぎ払うという豪快な戦闘スタイルで戦っていた。 奈落の陰謀で父や弟を失っており、最初は犬夜叉が里を滅ぼした人物だと勘違いしていたが、後に誤解が解け犬夜叉の仲間に加わっている。 【飛来骨】を使用し、敵に近づかなくても相手を仕留めることができる。 だが、近接戦でも腰に備えている刀や仕込んだ刃で対応することができ、敵が近くに来ても優れた戦闘力を発揮している。 雲母と一緒におり、雲母に乗り空中戦でも実力を発揮している。 邪気や妖術に対抗する耐性を持っていないが邪気を感知することができる。 【飛来骨】や【雲母召喚】、【毒粉】を使用し、妖怪と戦闘をしていた。 あまり 強くない妖怪に対しては、簡単に勝利することができるが、強い妖怪が登場するとそれほど実力を発揮することが出来なくなるのでこの順位。 奈落を倒した後には、弥勒と祝言を上げ、3年後には3人の子宝に恵まれている。 野盗の手下に人間の女性を集めさせ、精気を喰らっていたが、妖怪化した犬夜叉の一撃を喰らい敗北している。 普通の人間に比べると妖怪ということで戦闘力も高くなるが、 犬夜叉の一撃で敗北しているので下位。 強力な毒を使うため自分自身の身体が毒になれており、唾液ですら毒液として脅威になる。 女にモテないということでかごめをさらい自分のモノにしようとし、かごめや弥勒、珊瑚、七宝、雲母を毒で苦しめたが、殺生丸には毒が効かず殺生丸の一撃で敗北している。 【七人隊】の中では、毒以外に上回るものがなく他の人物よりも順位は低い。 善良な医者と残忍な殺人鬼の2つの心を持っている二重人格者で医者と殺人鬼では、正反対の人格になる。 【手甲鉤】を戦闘で使用しており、鎧以上の強度を持つとも言われていた犬夜叉の【火鼠の衣】を簡単に引き裂いた。 殺生丸一行との戦闘でつり橋から川に転落してからは、見た目は医者だが人格は殺人鬼という特殊な状態になっている。 医者のふりをして、白霊山麓の村に戻り村人たちを惨殺したが、医者の人格が影響し、子供たちだけは手にかけなかった。 最後は、桔梗の矢を喉に受け、医者としての人格を取り戻し、殺人鬼としての記憶も戻ったことで桔梗に自分を消滅させるようにお願いし、桔梗に看取られながら骨に帰っていった。 四魂のかけらを桔梗が手をかけようとしたが、蛇骨にかけらを取られている。 戦闘で傷つくたびに煉骨に改造されていったため、徐々に機械人間になっている。 犬夜叉の攻撃を受け、身体をバラバラにされてしまってからは、戦車のような姿になっており、頭以外すべて機会になっている。 白霊山麓での戦いでは、 鋼牙の捨て身の攻撃を受け、破壊されている。 犬夜叉を舐めていて【風の傷】を受けた蛮骨とは逆に【鉄砕牙】を危険視し、弟分に「化け刀を振らせるな」という指示を送るほどの知将。 戦国時代を超越した技術を持っており、鋼の糸や油を使用した火炎攻撃、砲筒や爆雷筒などの自作の兵器を使うことが多い。 腕力などは普通の人とほとんど変わらないが、大砲を持ったまま犬夜叉に追いつくなど足はかなり速い。 熱に耐性を持っている妖怪との戦闘では実力を発揮することが難しくなってしまうが、 人間に対してはめっぽう強く、一騎当千の強さを誇っていた。 弥勒や珊瑚を火の網に閉じ込め、桔梗を銀骨で吹っ飛ばし、犬夜叉の鉄砕牙を糸で拘束するなどの戦闘力を見せ、鋼牙とも互角に戦えるほどの実力も見せていた。 蛇骨から四魂のかけらを奪い消滅させたことで仲間殺しを許さない蛮骨の怒りを買い、 蛮骨の一撃で敗北している。 蛮骨に比べて腕力も弱いが、頭脳戦という面では【七人隊】の中では頭一つ抜き出ている。 蛇骨を消滅させたが、単純な戦闘力としてみたところ 蛇骨の方が戦闘力は高いということで蛇骨よりも下位。 若い男性と殺戮以外のモノに興味がなく、好きな相手を切り刻みたいという異常な癖の持ち主。 【七人隊】の中で一番最初に犬夜叉たちと出会っており、犬夜叉、殺生丸、鋼牙の3人と直接戦闘をしている唯一の人物。 犬夜叉との戦闘を常に望んでいたが、煉骨の指示で2回ほど犬夜叉との戦闘の機会を失っている。 最後には、 犬夜叉の【風の傷】を喰らい重傷を負い、煉骨に四魂のかけらを奪われ、骨に還っている。 骨に還る時には、二度目の人生を楽しんだと納得し、消滅していった。 煉骨に四魂のかけらを奪われ、煉骨に敗北したように思われているが、犬夜叉との戦闘での重傷がなければ 煉骨よりも実力は上なので煉骨よりも上位。 妖怪強さ第23位 金禍銀禍 2つの頭を持って生まれた妖怪で金禍は、炎を操る力を持っており、銀禍は雷を操る力を持っている。 完全な妖怪になるにはどちらかを倒す必要があり、生まれてからずっと戦っていたが決着はついていない。 戦闘力は、2人とも高いが凶暴な妖怪ではなく、人を傷つけることはほとんどない。 2人の血が魍魎丸の鎧甲を強化する役割を持っているということで 魍魎丸に吸収されている。 人間を獲物として髪の毛を首ごと集めており、集めたものを武器や住処の材料として使用していた。 戦闘では、【鬼火髪】や【髪檻】、【髪籠】など髪の毛を使用した術を使っていたが、腰に持っている宝刀【紅霞】も戦闘で使用していた。 魂を櫛に移しているので身体を傷つけられても動じることがなかった。 犬夜叉に腕を切り落とされたり、胸を貫かれてもまったく動揺することなく髪の毛で反撃してきた。 四魂の玉に反応し、犬夜叉やかごめを襲い、髪を自由自在に操り苦戦させたが、魂を櫛に移していることをかごめに察知され、 櫛を破壊され、宝刀【紅霞】と頭につけていたリボン以外の衣服をすべて残し消滅している。 アニメでは、再生能力を持っていた。 足元についている滑車で空中を飛び回り、【雷撃刃】と呼ばれる矛を使用し、攻撃していた。 見た目は、美男子だが性格は弟よりも凶暴で激怒した勢いで女の妖怪を消滅させてしまっている。 四魂のかけらを持っている犬夜叉と戦闘をしており、満天の心臓を喰らい妖力を取り込んだ。 弟、満天の仇を討とうとしたが、かごめに滑車を破壊され、 犬夜叉に【雷撃刃】ごと【鉄砕牙】で一刀両断され消滅している。 かなり凶暴な性格で戦闘力もかなり高かったが、犬夜叉に力が及ばなかった為この順位。 祖父の弥萢が奈落に穿たれた「風穴」の呪いを打ち破るために一人で旅を続けている。 犬夜叉と同じくらいの足の速さでさらに強い法力を持っている為、邪気に対しても抵抗力を持っている。 錫杖と強い法力を駆使し、戦闘をしているが体術も普通の人間よりも強く、並みの 妖怪なら圧倒することが可能である。 奈落に穿たれた「風穴」は、徐々にその大きさを広げていき、最終的にはその身を喰いつくす。 「風穴」を打ち破るには奈落を消滅させる以外に方法はない。 「風穴」はブラックホールのようになっており、敵を吸い込んでいく。 奈落を倒した後には、珊瑚と祝言を上げ、3年後には3人の子供を授かっている。 生贄の少年を喰らい、神器で嵐や竜巻を自在に起こしていた。 鉄砕牙の妖気を浄化し、変化を解くことも可能であった。 神器を持った精霊は神同然で他の精霊たちも逆らうことができないでいたが、弥勒が本物の水神を救出し、犬夜叉の活躍で成敗されている。 神器を持ったことで戦闘力は、向上したが 犬夜叉に敗北している為、この順位。 「風」の分身ということで風のように自由になりたいと望んでいるが、奈落に心臓を握られているので反抗を許されていない。 そのため、心臓奪還を密かに狙っている。 殺生丸と幾度か接触に奈落を倒すように諭しているが、次第に殺生丸に惹かれていっている。 扇子で風を操り、カマイタチで相手を切り裂く、【風刃の舞】や竜巻で相手を突き刺す【竜蛇の舞】、死者を操る【屍舞】など数多くの技を使っていた。 最後は、奈落に心臓を戻されてすぐに触手で心臓を貫かれて心臓が瘴気に蝕まれてその場を逃走し、殺生丸と再会を果たし、殺生丸に会えたことを喜び、風となって消滅している。 殺生丸が【天生牙】で助けようとした数少ない人物。 戦闘力も高く、カマイタチも強力で奈落に心臓を取られているときは、どんな攻撃を受けても再生できるという不死身の身体であったため、この順位。 壺の中で生まれてすぐに奈落の首をはねるほどの凶暴な性格で「獣」と同じように話すことができず、闘争本能しかない。 鋼牙以上の戦闘速度で犬夜叉以上の腕力を誇っていたが、 鋼牙と犬夜叉の共闘で影郎丸と一緒に倒されている。 普段は、獣郎丸の身体の中に隠れており、獣郎丸と違ってよく喋る。 獣郎丸と同じように鋼牙以上の戦闘速度を誇っており、地面に潜って奇襲を仕掛けることも可能であった。 獣郎丸と同じく、 鋼牙と犬夜叉の共闘で獣郎丸と一緒に倒されている。 妖気や気配もなく、妖怪を滅する結界も自由に行き来することが可能である。 【死鏡】という大きな鏡を常に持っており、敵の力を鏡で映し取るという能力を持っており、敵が強ければ強いほど神無の力も強大になり、この鏡に写し取られた人物は能力を失ってしまう。 更に、相手の魂を奪い取ることも可能である。 犬夜叉との戦闘では、鉄砕牙の能力を写し取り、 犬夜叉を追い詰めていったが体がボロボロになり、戦闘不能になっている。 最後は、奈落に強制的に自爆され、消滅している。 7人の分身の中でも 最強クラスの戦闘力を見せていたが、【死鏡】の力が強大だったためこの順位。 体術の戦闘力がさらに高ければもっと上位に食い込んだかも。 人の心を読む能力で相手の行動を先回りして戦うという戦闘スタイルで戦っている。 相手が今考えている内容を読み取るという能力で赤子や白童子のように心の深淵を覗くことはできない。 犬夜叉との戦闘では、【鉄砕牙】を噛み砕き、武器を奪い、 犬夜叉を追い詰めていったが、妖怪に変化した犬夜叉に敗北している。 その後、殺生丸の依頼で灰刃坊の手によって【闘鬼神】という妖剣になり、灰刃坊に操られ犬夜叉たちを再び襲撃していた。 妖剣になっても凄まじい邪気を放つほどの力を持っており、鉄砕牙を噛み砕くほどの牙を持っていたが、 妖怪に変化した犬夜叉に敗北しているのでこの順位。 奈落と神楽の策略で仲間を殺されたことでその仇を討つ為に奈落を追っていた。 かごめに想いを寄せており、犬夜叉とよくケンカをしている。 半妖の犬夜叉と同じくらいの腕力を持っているが、力任せの犬夜叉とは違って作戦を立てたりと用意周到な面も見せていた。 人間を狼たちに襲わせていたがかごめに惚れてからは、人間を襲うことはなくなった。 桔梗が翠子と同化したことで四魂のかけらを埋め込んでいた足が動かなくなり、窮地になることが多くなった。 奈落との戦いで犬夜叉たちの仲間に加わったが、奈落に四魂のかけらを奪われたことで戦線離脱している。 足の速さと妖狼族に受け継がれている 【五雷指】を武器として戦闘をしており、冥王獣の鎧甲を突き抜けるほどの威力を持っている。 刀を腰に差しているが、武器ではなく飾り。 奈落との戦いが終わってから3年後には、菖蒲と祝言を上げ、妖狼族の御頭になっている。 高い霊力を持っており、さらに勘も鋭く、妖怪に対する戦闘力はかなり高い。 【破魔の矢】という霊力を込めた矢で妖怪を滅していき、1本の矢で10体以上の妖怪を消滅させることもできた。 更に【破魔の霊力】で直接相手に触れ、消滅することも可能であった。 並みの妖怪ならこれのみで倒すことができるが、どうしても倒せない妖怪には、【封印の矢】を使用していた。 【封印の矢】は、奈落に嵌められた時に犬夜叉を封印するときに使用している。 並みの妖怪なら難なく消滅させることができ、倒せない相手には【封印の矢】で封印することができる。 戦闘力はそこまで高くはないが、 【破魔の矢】や【破魔の霊力】が驚異的なので鋼牙よりも上位。 鬼蜘蛛の寝ていた洞窟にかごめの姿を見たことがきっかけで記憶を取り戻しているが、顔が無く、【無双】という人物の顔の皮と名前を奪っている。 奈落と同じようにバラバラにされても心臓を中心に再生できるという再生能力を持っており、さらに体の一部を変形させることで武器にできるという能力も持っている。 次のページでは犬夜叉強さTOP10を発表!! スポンサードリンク.

次の