数字 で 見る ドッカン バトル ベジータ。 【ドッカンバトル】『ベジータの系譜』カテゴリについて。主要キャラ・デッキ編成など ※2019/8/16改定

【ドッカンバトル】『宇宙一の戦闘民族』ベジータ[体]の性能と評価

数字 で 見る ドッカン バトル ベジータ

『ベジータの系譜』カテゴリのキャラ・デッキ考察です。 【カテゴリとしての特徴】 【リーダーキャラクター】主要カード 【LR・フェス限キャラクター】主要カード 【通常ガシャ産キャラ特記戦力】主要カード 【攻撃性能主体キャラ アタッカー 】主要カード 【防御性能主体キャラ】主要カード 【サポート・その他特殊な性能のキャラ】主要カード 【イベント産キャラクター】主要カード 【バトルロード難易度】 【最適編成一例】 という項目で書いています。 【カテゴリとしての特徴】 ・カテゴリの定義 基本的には『ベジータ一族』のキャラクターが所属しています。 具体的にはベジータ王・ベジータ・ターブル・トランクス・ブルマ・ブラなどです。 ブルマは『結婚後』のカードは入るようで、少女期は入っていませんが、ベジータ&ブルマなんかはカテゴリ入りしています。 ブルマが対象外だとこのカードも系譜は貰えないハズなので…。 2の大規模カテゴリですが、こちらは2019年8月現在所属カードは171枚、規模としては37カテゴリ中8番目です。 ・代替リーダーが多い カテゴリリーダーとしてはフェス限が1体、通常ガシャ産でも2体が存在してこれだけでも多いですが、『』カテゴリと被る部分があり、また多くのキャラクターが『超系』ということで、実質的に代替出来るリーダーが割と多いです。 要するに、フェス限リーダーの超4ベジータを持っていなくても、割と運用の目があるカテゴリです。 ・配布キャラクターが優秀 『』『』『』などで入手出来た『無料配布』のキャラクター達が非常に強く、ここが中軸を成している側面が強いカテゴリでもあります。 『イベント産・配布キャラが強いカテゴリ』というのは他にも少なくないですが、このカテゴリの場合は『カテゴリバトルロードでも大活躍出来る配布キャラ』が非常に多く、ここは大きな特徴でしょう。 ・ベジータ系リンクが活きやすい 『天才』『サイヤ人の誇り』『王の血筋』など、これまでそう汎用的とまでは言えなかったリンク群がこのカテゴリだと活きやすいです。 通常の編成とは違ったATKリンク・気力リンクで一貫性を取るというケースも少なくないでしょう。 『』のvs体属性ステージでは大活躍出来る属性でもあります。 ・特攻イベント 特攻、それからセ物語イベント『』、頂上決戦イベント『』のドロップ特攻に指定されています。 初出が2019年2月と遅めの割には特攻数が多く、割と恵まれています。 【リーダーキャラクター】主要カード 言わずと知れた『4周年ドッカンフェス』のLRです。 流石にLRベジータには負けるものの、面子次第では極限Zバトルやバトルロードにも対応出来るレベルの倍率であり、これだけの代替リーダーが2人もいる、というのも大きなメリットでしょう。 この3人のカテゴリリーダーも、割と代替リーダーとして機能する側面はあります。 代替出来るリーダーが非常に多いので、専用バトルロードや特攻イベントが来ても対応しやすい側面があります。 【LR・フェス限キャラクター】主要カード 最も特徴的なのは、やはり『フェス限定LR』リーダーである超4ベジータでしょう。 防御は鉄壁も鉄壁、被り無しでDEF16万とか叩き出すモンスターで、リーダー・フレンドでこのレベルのキャラが2体揃うのはやはり非常に大きいです。 火力は序盤はやや低めですが、『高難易度イベント適性』という観点では、十分過ぎる程に実用性の高いリーダーです。 ガシャ産LRキャラクターはこの2人です。 どちらも実装の早いLRキャラクターで、パッシブスキルも極めてシンプルでやや時代遅れ…でしたが、配布かつ超優秀なサポートであるの登場により、このカテゴリでは非常に使いやすくなりました。 特には超絶火力の超必殺技を連発しまくり、しかもサポートと必殺追加効果の併せ技で優れた防御性能も発揮出来ますから、間違いなくこのカテゴリの筆頭戦力です。 ベジータはサポート込みでも防御はそこそこ程度で高難易度イベント適性はさほどですが、全体攻撃が活きるイベントなら、サポートのおかげでとんでもないアタッカーになれます。 イベント産LRもベジータとトランクスです。 まあ、基本はどこまで行ってもこの2人です。 どちらもイベント産LRとしては中々の戦力で、特にトランクスは敵が複数なら鬼の強さです。 カテゴリバトルロード級のイベントでも余裕のスタメン入りが出来るでしょう。 まあ、と同名なので運用は厳しくなりましたが…。 ベジータも、例によってと組ませると非常に使い勝手も良く、カテゴリバトルロード級のイベントでも戦える地力は持っています。 同名フェス限は出てしまいましたが…。 【フェス限定キャラクター】主要カード カテゴリ世代のコスト58フェス限は3体所属しており、いずれもが『変身』機能持ちの攻守優れた実力者です。 特にトランクスは同名カード問題も無く、一際優れた特殊な性能を持っている筆頭戦力でしょう。 変身ベジータも同名カード最強、変身を最後まで拝むことは中々ないでしょうが、シンプルにATK,DEF共に高いタイプで使いやすいです。 ブルーのベジータは極限同名と食い合う部分はあるものの、やはり性能だけを切り取ればカテゴリ世代フェス限に相応しい水準です。 『』では世話になった人も多いでしょう。 この超4ベジータは属性世代のコスト58で実力も十分ですが、いかんせん同名問題が…。 代替リーダーの時に使う程度でしょう。 コスト48はこの2人です。 2人とも同名カード問題のせいでちょっと厳しい感じです。 同名は強いだけじゃなく、『』や『』で無料配布されまくったので、流石にね…。 しかし、この2人は『極限Z覚醒』が控えていますから、そこ次第でしょう。 コスト42フェス限は1体のみですが、こちらは短期決戦ではゲーム最強の壁役で、採用価値も非常に高いです。 気力リンクは通しづらいですが、このベジータの単体性能はそれを補って余りあるでしょう。 バトロなんかでも、リンクガン無視でも入れる価値は十分過ぎる程にあります。 【通常ガシャ産キャラ特記戦力】主要カード この3体はが実装されており、間違いなく通常ガシャ産キャラクターの中で最も優れた戦力です。 特にトランクスは余りにも便利なサポートキャラクターで、迷ったら入れておけば絶対に間違いないでしょう。 ブルーベジータは気力サポートが無い分やや使い勝手で劣りますが地力は十分ですし、超2ベジータはゲーム中でも屈指のDEFを誇り、短期決戦でも長期戦でも、何番目に置いても頼れる、非常に汎用性の高い至高の壁役です。 しかもこの3体は『』や『』で無料配布もされたキャラクター達でもあり、『入手しやすさ』という観点でも明らかに図抜けた存在です。 この5人は極限はありませんが、そこに次ぐだけの非常に高い実力を備えた面々です。 特に超3トランクスと戦闘服ベジータは屈指の防御性能を誇り、高難易度イベント適性が極めて高い、非常に優秀なキャラクターです。 ベジータ&ブルマと超ベジータも総合力は高く、特に攻撃面で非常に優れた特性を持っており、やはりこの2人も優秀です。 ヒーローズコラボのゼノベジータはドッカン覚醒すらしていませんが、高倍率サポート&DEF無限上昇で、長期戦では極限トランクスも超えうる非常に優れたサポートです。 この辺は上の面々からは多少落ちる感じですが、かなりの特記戦力です。 いずれのキャラクター達もシンプルに攻守優秀で、更なる付加価値を持っている者もいます。 特になんかは気絶が有効なイベントでは非常に優秀ですし、なんかも同名カード問題に目を瞑れば、非常に頼れる壁役だったりします。 この辺はやや条件を取ったり尖ったりという感じですが、やはり採用価値は高い面々です。 ここまでで既に十数体も筆頭戦力が出ているので埋もれがちですが、高難易度イベントでも十分に通用する素養は持っているでしょう。 【攻撃性能主体キャラ アタッカー 】主要カード ヒーローズコラボのこの2人は守りもそこそこで、アタッカーとしてはかなりの力も持っています。 特にサイヤマンは『反撃』によって爆発的なパワーを発揮しますし、非常に特徴的な性能です。 守りがもうちょい堅ければ…。 この辺はイベントやSRで技上げ可能…ですが、そう出番も無いでしょう。 全体攻撃キャラは何気に多かったりしますが、いかんせん非力過ぎて使う場がない…。 技上げ不可なアタッカー専レベルまで行くと、どうやっても出番も無いでしょう。 【防御性能主体キャラ】主要カード この辺はDEFにもそれなりの補正を入れられるキャラクター達ですが、同名問題やらシンプルに力不足やらでそう出番も無いでしょう。 特にブルーのベジータはイベント産や配布極限が優秀過ぎるので出番はまず…。 この2人は少々特殊な性能で、場合によっては採用もあるかも、という感じです。 特にトランクスはドッカン覚醒もまだなので、来れば相当な戦力になりそうな予感…。 【サポート・その他特殊な性能のキャラ】主要カード 筆頭戦力以外で実用性のあるサポートはこの2人くらいでしょう。 どちらも属性補正ですし、やはり入手もしやすいが強過ぎるので、出番も中々…。 特にレトロベジータはドッカン覚醒すらしていないにも関わらず、DEF10万~18万くらいを叩き出すキャラで、高難易度イベント適性も非常に高いです。 極限している2人も、流石にそこまでではありませんが守れて火力も高く、高難易度イベントでもある程度通用する水準ではあるでしょう。 覚醒が来ればかなり化けそうです。 その他で言えばこの辺でしょうか。 そこまで強いと言う程でもありませんが、トランクスはDEF無限上昇持ちなので長期戦なら…という感じです。 その他も『そこそこ』程度のキャラはいますが、そう出番は無いでしょう。 【バトルロード難易度】 2019年8月現在、バトルロードは実装されていません。 前述のように、配布やイベント産で優秀なキャラクターが多く、また代替リーダーも用意しやすいので、『突破に必要な最低限の戦力』は非常に整えやすいでしょう。 まあ、カテゴリの実装が2019年2月なので、バトルロードの実装は遥か先でしょうが…。 【最適編成一例】 1 リーダー ・ 2・ 3・ 4・ 5・ 6・ 7 フレンド ・ 実装から半年で一気に戦力が強化され、特に『フェス限・LR以上の採用価値を持つ通常ガシャ産キャラクター』が一気に増えたので、非常に悩ましいです。 ここでは通常ガシャ産からは、LRトランクスとのコンビも意識して極限トランクス、それから全キャラクター中でも屈指のDEFを誇る超2ベジータを採用しています。 この編成だとほぼ全員が受けられますし、火力の方も非常に高く、長期戦になると変身・倍率上昇などで尻上がりに実力を上げてくる面子も多く、短期決戦でも長期戦でも十分に対応出来ます。 勿論、より短期決戦を強く意識するならなんかは最優先ですし、長期戦ならも同様、その他にも変身ベジータや超ベジータ、親子ギャリック砲ベジータに、超3トランクスにベジータ&ブルマなど、採用価値が非常に高いキャラが目白押しです。 通常、最適編成レベルだとフェス限・LRでほとのど埋まるのが常ですが、このカテゴリはそれ以外の枠でも優秀なキャラクターが多いのでその分自由度も高いです。 カテゴリ実装当初は割と一意的に決まる側面も強かったですが、実装から半年で大幅に魔改造され、編成自由度が急激に高まったとも言えるでしょう。 以上です。 実装当初はどうにも『』に一歩劣るイメージでしたが、この半年で非常に強力なフェス限・極限Z覚醒・通常ガシャ産キャラ・コラボガシャ産キャラが多角的に追加され、一気に評価を上げたカテゴリです。 特に『非フェス限・非LRキャラ』の戦力の厚さは凄まじく、フェス限・LR0体編成でも非常にハイレベルな編成が可能なのは特記に値します。 そして勿論、このカテゴリの顔である『ベジータ』もドラゴンボールコンテンツでは最重要キャラクターの内の1体ですし、今後も追加カードはバシバシ出て来るでしょう。 流石に『』には劣るでしょうが、定期的な新規カードの追加も十分に期待出来ますし、現状の強さ・将来性の高さ共に優れたカテゴリです。 替え歌作るヤツめっちゃサムイって てかキモいって by 49. 104. 始まったガシャ 課金の合図 何か引きたいって 無我夢中で ガシャった 一人ぼっちで 迷い込んだテーブル 見つけたよ 探してた 夢の新キャラ 君に決めた! 課金コネクション 新しい課金から始めよう oh oh oh テーブルだね 晴れのちテーブル 課金コネクション ちょっぴり不安でも課金さ oh oh oh ガシャを引けばほらテーブルにはまる 太陽みたいなフェス限が大好きさ oh oh oh oh oh oh by 180. 145. 225. 「廃課金! 」 俺、課金者のドッカンバトラー! 夢は廃課金マスターになること! こいつは俺の相棒、激震する怒り悟空! オッス! オラ悟空! みんなもフェス限探しに全力で行こうぜ! ただ引いてずっと爆死してたって始まらない フェス限もLRもぶっ壊れも 振り向いちゃうような課金をしていたいみたい アイヤイヤ! どっきりびっくりさっぱりやっぱり止まらない ほらあっちもこっちもどっちもそっちもたまらない さあまだまだまだまだまだまだ引こうぜ アイヤイヤ! 熱い課金君に決めた! 熱い課金君に決めた! そこだ決めろゲットだぜ! そこだ決めろゲットだぜ! いっけー! テーブル最も熱くなれ 燃える課金でガシャり出せ ハイ! 金金たぎる勇気が課金を照らしてくれる アイヤイヤ! さあドッカンテーブルで MAX廃課金 大きな声で 廃課金! by 180. 145. 225.

次の

【燃え上がるプライド】ベジータの考察

数字 で 見る ドッカン バトル ベジータ

【燃え上がるプライド】ベジータの考察です。 40 倍 必殺技倍率 4. 最高 DEF が高いだけのキャラクター…と思いきや、その DEF はどんな局面においても非常に高く、防御キャラクターとしては間違いなく一流です。 勿論、今後高倍率リーダーの『カテゴリ』が実装されたり、被りカードで解放を進めたり、単純に 4 回以上必殺を撃ったりすれば、更にとんでもない DEF を発揮することが可能です。 このように全キャラクター中でもトップクラスの DEF を持っていますが、必殺レベルも強襲イベントで MAX に出来るので火力もそこそこ、更に代替リーダーとしても優秀という付加価値まで持っています。 今後もしサイヤ人同士で組めるカテゴリなんかが来れば ATK リンクもそれなりに盛れますし、体属性のリーダーがいないなら取り敢えずの代役には最適なスキルです。 4 倍界王拳のかめはめ波を浴び、元気玉を喰らわされ、ヤジロベーの剣に切り裂かれ、それでも尚立ち上がった、クリリンに『不死身』と称された無類のタフネスが存分に再現されたカードであると言えます。 優秀なガード役ではありますが、 現状においてはその力を最大限に発揮するのは難しい部分もあります。 というのも、現在は『カテゴリ』等も振られていないので、主戦場は『』ということになりますが、いかんせんサイヤ人は超属性に集中しているため、極の単属性デッキではリンクの一貫性を非常に取りにくいです。 特に ATK リンクはほぼ盛れないので火力はかなり貧弱になりがちですし、『臨戦態勢』すら組めない場合、 DEF 無限上昇の方にすら支障をきたします。 今後、もしサイヤ人同士で組める高倍率なカテゴリなんかがくれば、より攻守に優れた性能も発揮出来るでしょう。 ただ、現状でも気力さえ何とかすれば非常に高い DEF は発揮出来ますから、優秀なのは間違いありません。 被りカードを利用して大幅な潜在解放まで踏み込むなら、『』ですら、 2 発も必殺を撃てば十分なダメージカットを期待出来る壁役にもなれるレベルです。 とてつもない勢いで DEF は上昇していくので、解放する程にめちゃくちゃ固くなります。 ここで載せている数値は『必殺 3 回』ですから、更に必殺を重ねれば更に上昇していきます。 壁としての役割を考えれば『連続攻撃』一択でしょう。 特にバトルロードなんかでは初動の速さも死活問題なので、こちらは大きく上げて安全度は上げたくもあります。 『回避』はこの DEF ならそう必要無いでしょうし、連続攻撃を育てて、攻撃面を気にするなら『会心』を多少育てる程度で良いでしょう。 今後、『王の血筋』やら『純血サイヤ人』なんかに関わるカテゴリが来れば、非常にリンクは使いやすくはなるでしょう。 中々厳しい部分はあるでしょう。 【老界王神は使うべき?】 使う必要はないです。 強襲イベントでドロップする を重ねて技上げしましょう。 火力はそれほどでもないですが、潜在解放するなら技レベルも必要ですし、せっかくなので MAX にしておきましょう。 『』なんかでも技レベルは効いてきます。 【引けたら当たり?外れ?】 通常ガシャ産キャラでありながらフェス限キャラすら遥かに超える程の DEF も発揮出来る、優秀な 当たりと言えるキャラクターです。 3 周年フェスではフェス限以外に 4 体の新規キャラクターが登場しましたが、その中でもこのベジータは最も特殊で安定した性能を持っていると言えます。 今後、組み込める編成なんかが増えれば更なる活躍も期待出来るでしょう。

次の

【ドッカンバトル】『宇宙一の戦闘民族』ベジータ[体]の性能と評価

数字 で 見る ドッカン バトル ベジータ

『ベジータの系譜』カテゴリのキャラ・デッキ考察です。 【カテゴリとしての特徴】 【リーダーキャラクター】主要カード 【LR・フェス限キャラクター】主要カード 【通常ガシャ産キャラ特記戦力】主要カード 【攻撃性能主体キャラ アタッカー 】主要カード 【防御性能主体キャラ】主要カード 【サポート・その他特殊な性能のキャラ】主要カード 【イベント産キャラクター】主要カード 【バトルロード難易度】 【最適編成一例】 という項目で書いています。 【カテゴリとしての特徴】 ・カテゴリの定義 基本的には『ベジータ一族』のキャラクターが所属しています。 具体的にはベジータ王・ベジータ・ターブル・トランクス・ブルマ・ブラなどです。 ブルマは『結婚後』のカードは入るようで、少女期は入っていませんが、ベジータ&ブルマなんかはカテゴリ入りしています。 ブルマが対象外だとこのカードも系譜は貰えないハズなので…。 2の大規模カテゴリですが、こちらは2019年8月現在所属カードは171枚、規模としては37カテゴリ中8番目です。 ・代替リーダーが多い カテゴリリーダーとしてはフェス限が1体、通常ガシャ産でも2体が存在してこれだけでも多いですが、『』カテゴリと被る部分があり、また多くのキャラクターが『超系』ということで、実質的に代替出来るリーダーが割と多いです。 要するに、フェス限リーダーの超4ベジータを持っていなくても、割と運用の目があるカテゴリです。 ・配布キャラクターが優秀 『』『』『』などで入手出来た『無料配布』のキャラクター達が非常に強く、ここが中軸を成している側面が強いカテゴリでもあります。 『イベント産・配布キャラが強いカテゴリ』というのは他にも少なくないですが、このカテゴリの場合は『カテゴリバトルロードでも大活躍出来る配布キャラ』が非常に多く、ここは大きな特徴でしょう。 ・ベジータ系リンクが活きやすい 『天才』『サイヤ人の誇り』『王の血筋』など、これまでそう汎用的とまでは言えなかったリンク群がこのカテゴリだと活きやすいです。 通常の編成とは違ったATKリンク・気力リンクで一貫性を取るというケースも少なくないでしょう。 『』のvs体属性ステージでは大活躍出来る属性でもあります。 ・特攻イベント 特攻、それからセ物語イベント『』、頂上決戦イベント『』のドロップ特攻に指定されています。 初出が2019年2月と遅めの割には特攻数が多く、割と恵まれています。 【リーダーキャラクター】主要カード 言わずと知れた『4周年ドッカンフェス』のLRです。 流石にLRベジータには負けるものの、面子次第では極限Zバトルやバトルロードにも対応出来るレベルの倍率であり、これだけの代替リーダーが2人もいる、というのも大きなメリットでしょう。 この3人のカテゴリリーダーも、割と代替リーダーとして機能する側面はあります。 代替出来るリーダーが非常に多いので、専用バトルロードや特攻イベントが来ても対応しやすい側面があります。 【LR・フェス限キャラクター】主要カード 最も特徴的なのは、やはり『フェス限定LR』リーダーである超4ベジータでしょう。 防御は鉄壁も鉄壁、被り無しでDEF16万とか叩き出すモンスターで、リーダー・フレンドでこのレベルのキャラが2体揃うのはやはり非常に大きいです。 火力は序盤はやや低めですが、『高難易度イベント適性』という観点では、十分過ぎる程に実用性の高いリーダーです。 ガシャ産LRキャラクターはこの2人です。 どちらも実装の早いLRキャラクターで、パッシブスキルも極めてシンプルでやや時代遅れ…でしたが、配布かつ超優秀なサポートであるの登場により、このカテゴリでは非常に使いやすくなりました。 特には超絶火力の超必殺技を連発しまくり、しかもサポートと必殺追加効果の併せ技で優れた防御性能も発揮出来ますから、間違いなくこのカテゴリの筆頭戦力です。 ベジータはサポート込みでも防御はそこそこ程度で高難易度イベント適性はさほどですが、全体攻撃が活きるイベントなら、サポートのおかげでとんでもないアタッカーになれます。 イベント産LRもベジータとトランクスです。 まあ、基本はどこまで行ってもこの2人です。 どちらもイベント産LRとしては中々の戦力で、特にトランクスは敵が複数なら鬼の強さです。 カテゴリバトルロード級のイベントでも余裕のスタメン入りが出来るでしょう。 まあ、と同名なので運用は厳しくなりましたが…。 ベジータも、例によってと組ませると非常に使い勝手も良く、カテゴリバトルロード級のイベントでも戦える地力は持っています。 同名フェス限は出てしまいましたが…。 【フェス限定キャラクター】主要カード カテゴリ世代のコスト58フェス限は3体所属しており、いずれもが『変身』機能持ちの攻守優れた実力者です。 特にトランクスは同名カード問題も無く、一際優れた特殊な性能を持っている筆頭戦力でしょう。 変身ベジータも同名カード最強、変身を最後まで拝むことは中々ないでしょうが、シンプルにATK,DEF共に高いタイプで使いやすいです。 ブルーのベジータは極限同名と食い合う部分はあるものの、やはり性能だけを切り取ればカテゴリ世代フェス限に相応しい水準です。 『』では世話になった人も多いでしょう。 この超4ベジータは属性世代のコスト58で実力も十分ですが、いかんせん同名問題が…。 代替リーダーの時に使う程度でしょう。 コスト48はこの2人です。 2人とも同名カード問題のせいでちょっと厳しい感じです。 同名は強いだけじゃなく、『』や『』で無料配布されまくったので、流石にね…。 しかし、この2人は『極限Z覚醒』が控えていますから、そこ次第でしょう。 コスト42フェス限は1体のみですが、こちらは短期決戦ではゲーム最強の壁役で、採用価値も非常に高いです。 気力リンクは通しづらいですが、このベジータの単体性能はそれを補って余りあるでしょう。 バトロなんかでも、リンクガン無視でも入れる価値は十分過ぎる程にあります。 【通常ガシャ産キャラ特記戦力】主要カード この3体はが実装されており、間違いなく通常ガシャ産キャラクターの中で最も優れた戦力です。 特にトランクスは余りにも便利なサポートキャラクターで、迷ったら入れておけば絶対に間違いないでしょう。 ブルーベジータは気力サポートが無い分やや使い勝手で劣りますが地力は十分ですし、超2ベジータはゲーム中でも屈指のDEFを誇り、短期決戦でも長期戦でも、何番目に置いても頼れる、非常に汎用性の高い至高の壁役です。 しかもこの3体は『』や『』で無料配布もされたキャラクター達でもあり、『入手しやすさ』という観点でも明らかに図抜けた存在です。 この5人は極限はありませんが、そこに次ぐだけの非常に高い実力を備えた面々です。 特に超3トランクスと戦闘服ベジータは屈指の防御性能を誇り、高難易度イベント適性が極めて高い、非常に優秀なキャラクターです。 ベジータ&ブルマと超ベジータも総合力は高く、特に攻撃面で非常に優れた特性を持っており、やはりこの2人も優秀です。 ヒーローズコラボのゼノベジータはドッカン覚醒すらしていませんが、高倍率サポート&DEF無限上昇で、長期戦では極限トランクスも超えうる非常に優れたサポートです。 この辺は上の面々からは多少落ちる感じですが、かなりの特記戦力です。 いずれのキャラクター達もシンプルに攻守優秀で、更なる付加価値を持っている者もいます。 特になんかは気絶が有効なイベントでは非常に優秀ですし、なんかも同名カード問題に目を瞑れば、非常に頼れる壁役だったりします。 この辺はやや条件を取ったり尖ったりという感じですが、やはり採用価値は高い面々です。 ここまでで既に十数体も筆頭戦力が出ているので埋もれがちですが、高難易度イベントでも十分に通用する素養は持っているでしょう。 【攻撃性能主体キャラ アタッカー 】主要カード ヒーローズコラボのこの2人は守りもそこそこで、アタッカーとしてはかなりの力も持っています。 特にサイヤマンは『反撃』によって爆発的なパワーを発揮しますし、非常に特徴的な性能です。 守りがもうちょい堅ければ…。 この辺はイベントやSRで技上げ可能…ですが、そう出番も無いでしょう。 全体攻撃キャラは何気に多かったりしますが、いかんせん非力過ぎて使う場がない…。 技上げ不可なアタッカー専レベルまで行くと、どうやっても出番も無いでしょう。 【防御性能主体キャラ】主要カード この辺はDEFにもそれなりの補正を入れられるキャラクター達ですが、同名問題やらシンプルに力不足やらでそう出番も無いでしょう。 特にブルーのベジータはイベント産や配布極限が優秀過ぎるので出番はまず…。 この2人は少々特殊な性能で、場合によっては採用もあるかも、という感じです。 特にトランクスはドッカン覚醒もまだなので、来れば相当な戦力になりそうな予感…。 【サポート・その他特殊な性能のキャラ】主要カード 筆頭戦力以外で実用性のあるサポートはこの2人くらいでしょう。 どちらも属性補正ですし、やはり入手もしやすいが強過ぎるので、出番も中々…。 特にレトロベジータはドッカン覚醒すらしていないにも関わらず、DEF10万~18万くらいを叩き出すキャラで、高難易度イベント適性も非常に高いです。 極限している2人も、流石にそこまでではありませんが守れて火力も高く、高難易度イベントでもある程度通用する水準ではあるでしょう。 覚醒が来ればかなり化けそうです。 その他で言えばこの辺でしょうか。 そこまで強いと言う程でもありませんが、トランクスはDEF無限上昇持ちなので長期戦なら…という感じです。 その他も『そこそこ』程度のキャラはいますが、そう出番は無いでしょう。 【バトルロード難易度】 2019年8月現在、バトルロードは実装されていません。 前述のように、配布やイベント産で優秀なキャラクターが多く、また代替リーダーも用意しやすいので、『突破に必要な最低限の戦力』は非常に整えやすいでしょう。 まあ、カテゴリの実装が2019年2月なので、バトルロードの実装は遥か先でしょうが…。 【最適編成一例】 1 リーダー ・ 2・ 3・ 4・ 5・ 6・ 7 フレンド ・ 実装から半年で一気に戦力が強化され、特に『フェス限・LR以上の採用価値を持つ通常ガシャ産キャラクター』が一気に増えたので、非常に悩ましいです。 ここでは通常ガシャ産からは、LRトランクスとのコンビも意識して極限トランクス、それから全キャラクター中でも屈指のDEFを誇る超2ベジータを採用しています。 この編成だとほぼ全員が受けられますし、火力の方も非常に高く、長期戦になると変身・倍率上昇などで尻上がりに実力を上げてくる面子も多く、短期決戦でも長期戦でも十分に対応出来ます。 勿論、より短期決戦を強く意識するならなんかは最優先ですし、長期戦ならも同様、その他にも変身ベジータや超ベジータ、親子ギャリック砲ベジータに、超3トランクスにベジータ&ブルマなど、採用価値が非常に高いキャラが目白押しです。 通常、最適編成レベルだとフェス限・LRでほとのど埋まるのが常ですが、このカテゴリはそれ以外の枠でも優秀なキャラクターが多いのでその分自由度も高いです。 カテゴリ実装当初は割と一意的に決まる側面も強かったですが、実装から半年で大幅に魔改造され、編成自由度が急激に高まったとも言えるでしょう。 以上です。 実装当初はどうにも『』に一歩劣るイメージでしたが、この半年で非常に強力なフェス限・極限Z覚醒・通常ガシャ産キャラ・コラボガシャ産キャラが多角的に追加され、一気に評価を上げたカテゴリです。 特に『非フェス限・非LRキャラ』の戦力の厚さは凄まじく、フェス限・LR0体編成でも非常にハイレベルな編成が可能なのは特記に値します。 そして勿論、このカテゴリの顔である『ベジータ』もドラゴンボールコンテンツでは最重要キャラクターの内の1体ですし、今後も追加カードはバシバシ出て来るでしょう。 流石に『』には劣るでしょうが、定期的な新規カードの追加も十分に期待出来ますし、現状の強さ・将来性の高さ共に優れたカテゴリです。 替え歌作るヤツめっちゃサムイって てかキモいって by 49. 104. 始まったガシャ 課金の合図 何か引きたいって 無我夢中で ガシャった 一人ぼっちで 迷い込んだテーブル 見つけたよ 探してた 夢の新キャラ 君に決めた! 課金コネクション 新しい課金から始めよう oh oh oh テーブルだね 晴れのちテーブル 課金コネクション ちょっぴり不安でも課金さ oh oh oh ガシャを引けばほらテーブルにはまる 太陽みたいなフェス限が大好きさ oh oh oh oh oh oh by 180. 145. 225. 「廃課金! 」 俺、課金者のドッカンバトラー! 夢は廃課金マスターになること! こいつは俺の相棒、激震する怒り悟空! オッス! オラ悟空! みんなもフェス限探しに全力で行こうぜ! ただ引いてずっと爆死してたって始まらない フェス限もLRもぶっ壊れも 振り向いちゃうような課金をしていたいみたい アイヤイヤ! どっきりびっくりさっぱりやっぱり止まらない ほらあっちもこっちもどっちもそっちもたまらない さあまだまだまだまだまだまだ引こうぜ アイヤイヤ! 熱い課金君に決めた! 熱い課金君に決めた! そこだ決めろゲットだぜ! そこだ決めろゲットだぜ! いっけー! テーブル最も熱くなれ 燃える課金でガシャり出せ ハイ! 金金たぎる勇気が課金を照らしてくれる アイヤイヤ! さあドッカンテーブルで MAX廃課金 大きな声で 廃課金! by 180. 145. 225.

次の