気兼ね。 テレビよりパソコン!休日にゲームを満喫して気兼ねなくゴロゴロと過ごす方法

気兼ねなくレシピを保存するためのデザイン|Taiga|note

気兼ね

「何なりと」や「ご遠慮なく」には、「気兼ねせずに」や「どんなことでも」、 「自由に」といった意味があります。 「何なりと」の後には、「お申し付けください」のような丁寧な言葉が続きます。 また、「ご遠慮なく」は、「遠慮なく」に敬語表現である「ご」を付けて、丁寧な言い方にしたものです。 そのため、「何なりと」や「ご遠慮なく」を用いた場合も、上司など目上の方に問題なく使用することが出来るのです。 また「お気軽に」という言葉を用いることもあります。 この「お気軽に」には、「堅苦しくない」や「面倒くさがらずに行動する」という意味があります。 少しでも気になることや分からないことがあったら、「こんなことを聞いたら迷惑かな。 などと考えたり躊躇したりしないで質問してくださいね」というニュアンスになります。 「お問い合わせください」とは、「質問してください」という意味があります。 そのため、不明なことがあった場合には質問して欲しいと伝えていることになります。 また、「ご連絡ください」の「連絡」には、相手と繋がるという意味があります。 そのため、電話やメールなど手段は何でも良いので、不明な点があった時には伝えて欲しいというニュアンスが含まれています。 「お申し付けください」は、「申しつける」を丁寧にした言葉です。 この「申しつける」には「言いつける」という意味があります。 「言いつける」といっても、依頼や希望のような優しいニュアンスのものとなります。 「お申し付けください」について、詳しく知りたいという方にオススメの記事がこちらの「お申し付けくださいの意味と敬語と使い方」です。 「お気軽に」や「何かございましたら」などを 「お申し付けください」の前につける使い方なども紹介されていますので、ぜひ参考にしてください。 ご不明な点がございましたらのビジネスメール例文 ここまで、「ご不明な点がございましたら」の使い方について紹介してきました。 「ご遠慮なく」や「何なりと」、「お気軽に」を使った例文や「お問い合わせ」「ご連絡ください」、「お申し付けください」を使ったビジネスメールに使用できる文例を紹介していきます。 ご不明な点がございましたらのビジネスメール例文• ・不明点がございましたら、ご遠慮なく申し付けください。 ・ご不明な点がございましたら何なりとお聞かせください。 ・ご不明な点がございましたら、お気軽に問い合わせください。 ・ご不明な点がございましたら、お問い合わせ下さい。 ・不明な点がございましたら、ご連絡ください。 ・ご不明な点がございましたらお申し付けください。 ・ご不明な点がございましたら、電話またはメールにてご連絡ください。 ご不明な点がございましたらに対する返信は? 不明な点がある場合の返信する方法 ご不明な点がございましたらに対する返信方法として、不明な点があった場合の返信の仕方について紹介します。 不明な点が発生する状況としては、何かについて口頭で説明されたときや、受け取った書類やメールを読んで気になることがあったときなどがあげられます。 そのような時は、気になる点や確認したいことなどについて問い合わせるようにします。 分かりやすく、疑問点をリストにするなどして、返信を受け取った相手が何について聞いているのか明確に分かるようにすることが大切です。 ビジネスシーンにおいて、不明な点があったときなど質問をメールで送りたいとき、どのように書いたら良いか悩んでしまう事ありませんか。 そのような方にこちら「ビジネスメールの質問の書き方」という記事を紹介します。 不明な点があったときの返信の際にも役立つ情報がまとめられていますので、ぜひ参考にしてくださいね。 「ご質問がございましたら」は、「何か聞きたいことがあったら」という意味になります。 そのため、「ご不明な点がございましたら」と同じような使い方をすることが出来ます。 また、「等」を付けて「ご質問等」にする事が出来ます。 「ご質問」が「ご質問等」となることで質問以外に気になることが合ったら問い合わせてくださいということになります。 例文としては「ご質問がございましたらお申し付けください」や「ご質問等がございましたらお気軽にご連絡ください」となります。 意味としては「ご不明な点がございましたら」とほとんど同じとなります。 ですが、「等」が付くことによって「不明な点以外の気になることについても聞いてください」というニュアンスが含まれることになります。 例文としては「ご不明な点等ございましたら何なりとお申し付けください」や「ご不明な点等ございましたら、お問い合わせください」、「ご不明な点等ございましたら、お気軽にご連絡ください」となります。 ご不明な点がございましたらの英語と例文は? 英語表現は「Ifyouhaveanyquestions」 ご不明な点がございましたらの英語表現は「If you have any questions」です。 「If you have any questions」の意味は、「何か不明な点や質問があったら」となります。 またその他のご不明な点がございましたらの英語表現としては、「for any inquiries」や「if you have any comments」などがあります。 こちらの英語には「不明点があれば」や「どんな質問でも」という意味があります。 ご不明な点がございましたらの例文 続けて「ご不明な点がございましたら」の英語表現である「If you have any questions」や「for any inquiries」、「if you have any comments」を使用した例文を紹介します。 ご不明な点がございましたら英語表現の例文• ・If you have any questions, please feel free to let me know. 不明な点がございましたらお気軽にお伝えください。 ・Please feel free to ask any questions. 不明点などございましたら、気軽にお問い合わせください。 ・Please contact me if you have any questions. 不明点がございましたら連絡ください。 ・Please feel free to contact us anytime for any inquiries. ご不明な点がございましたら、連絡ください。 ・Please let me know if you have any comments. 何かございましたらお声がけください。 状況に合わせた「ご不明な点がございましたら」を使っていこう 「ご不明な点がございましたら」の様々な使い方について紹介してきました。 問い合わせの出来ない状態の場合、自分が伝えたいことと相手が理解したことの内容が食い違ってしまうことがあります。 不明なことや分からない点があったときに「ご不明な点がございましたら」の一言があるだけで、相手の方は質問しやすい状況になります。 自分と相手の理解度を一致させるためにも「ご不明な点がございましたら」は、とても大切な言葉です。 「ご遠慮なく」や「何なりと」を用いるとより問い合わせがしやすくなります。 状況に合わせて「ご質問がございましたら」や「ご不明な点等ございましたら」のように伝え方を変えることも出来るので、その場にふさわしい「ご不明な点がございましたら」を使って、伝えたいことが上手に伝わるように出来ると良いですね。

次の

ご不明な点がございましたらの例文9選!英語とビジネスメールの返信も

気兼ね

こんにちは、デザイナーの佐野大河 です。 先日、で、レシピ画面を中心とした 「レシピの保存」機能のデザインをアップデートしました。 毎日の料理の中で、 もっと気兼ねなくレシピを保存できるように この方針のもと、このデザインに至りました。 今日は、 どのような想いのもと方針を定め、それを どうUIデザインに落とし込んだのかについて紹介します。 レシピを保存する目的 そもそもレシピを保存する目的って何でしょうか。 レシピを見る人の多くは、今日、明日、あるいは週末の料理で 「何をつくるか」を決めるために訪れています。 その中でレシピを保存する目的には、例えば以下のようなものがあります。 ・気になるレシピ同士を 比較する ・つくると決めたレシピを、後から 取り出しやすくする ・つくるレシピが複数あるので、確認しやすいように まとめる ・今回はつくらないけど、いつかつくりたいときのために 取っておく 一口に「保存」と言ってもその目的や用途は様々です。 とはいえ、これらの手前には「このレシピをつくりたい」という気持ちが大なり小なりあります。 あたりまえのことのようですが、 つくりたいと思うから保存しているというのが根底にはあります。 なぜ「 気兼ねなく保存」なのか なぜ「もっと気兼ねなくレシピを保存できるように」という方針を定めたのかについてお話します。 クックパッドには一般のレシピ作者さんの投稿で集まった 約325万品のレシピがあります。 そこには定番料理の作り方だけでなく、日々の料理で発掘された沢山の 知恵や工夫も詰まっています。 それらは、同じく料理をする人たちの要望に応えるにとどまらず 「こんな料理あったんだ」という発見や「つくってみたい!」というモチベーションも与えてくれます。 自分が想像もしていなかった素敵なレシピと出会い、発見や成長を重ねること。 そういった、 ユーザーさんの期待を超える体験を提供することが、毎日の料理を楽しみにするためには必要だという想いがあります。 昨年には、今まで見つけにくかった素敵なレシピに出会いやすくするため「つくれぽ」という機能のリニューアルをしました(詳しくはこちらの記事をご覧ください👇) 日々の料理に発見や楽しみを生むためには、 自分にとって新しいレシピをどんどん取り入れやすい場をつくることが大事だと考えています。 なので、レシピを見てちょっとでも「いいな」「つくってみたいな」と思ったら気兼ねなく保存できるようにと、この方針を定めました。 今までの保存の課題 今までの保存機能では、保存したレシピはMYフォルダという画面に貯まっていきました。 ここでは、任意にフォルダを作ってレシピを振り分けることもできます。 レシピ画面からファーストビュー右下のボタンをタップすると、どのフォルダに入れるか・入れないかを選択した後、レシピが追加されます。 このフォルダ機能は柔軟性があり様々な使い方が可能です。 カテゴリ別に分けたり、季節やイベントごとに分けたり、作った日付で分けたり。 しかし、柔軟性がある反面 「整理できている」「使いこなせている」と実感できている人は多くはないということが、幾度かのユーザーインタビューを重ねてわかってきました。 整理できていない状況に罪悪感を覚える人も中にはいました。 よくもわるくも 「貯めて整理すること」を前提とした機能になっていて、レシピを気兼ねなく保存できる!と言えるものではありませんでした。 どう変えたのか これらを踏まえてレシピの保存機能を具体的にどう変えたのかについてお話します。 「整理する」から「一時的に取っておく」に 今まで、保存ボタンを押すとフォルダ選択を挟んだ後別の画面にレシピが追加されていたのを、 画面下のスペースに追加されるように変更しました。 このスペースは基本どの画面にいても表示され、タップひとつでレシピを展開できます。 また、ここに追加できるレシピ数に上限はなく 何品でも保存可能です。 ただし、ここのスペースは 翌日になるとリセットされます。 「貯める場所」から「履歴が残る場所」に じゃあ保存したレシピをずっと残すことはできないのか?と思われるかもしれませんが、 一度保存したレシピは全て別の画面に記録されています。 なので「レシピ画面からボタンを押すと特定の画面に追加される」という実態はそのままです。 この画面からフォルダ整理もできます。 ですが、あくまで保存するときの気持ちは下のスペースに向き、今までレシピを貯めていた場所は 「気になったレシピの履歴が残る場所」に変わります。 機能名は「クリップ」に 上記の通り新しい保存機能は「貯めて整理する」ではなく「一時的に取っておく」です。 それに見合った機能名として 「クリップ」にしました。 アクションボタンに強弱をつける レシピ画面からできるアクションはいくつかあります。 レシピの共有、作者画面への遷移、つくった後の写真の投稿、など。 どれも大事なアクションです。 その上で、レシピを見る人の多くは「何をつくるか」を決めるために訪れていることと、各ボタンの利用者数を加味し、 優先順位を付けてUIに反映させました。 保存、展開、切り替えをシームレスに パッと保存してパッと開けるように、一連の挙動をシームレスに繋げています。 また、 レシピの比較検討や複数レシピを見ながらの調理のしやすさも考慮しています。 この結果のみで「気兼ねなく保存できるようになった」と言い切れるものではありませんが、今回の機能の構造・UIの変更によるポジティブな変化だと考えています。 一方で、今回のアップデートはユーザーさんが積み重ねた資産に関わる機能の変更であるため入念に対応を行なっています。 リリース前にはユーザーテストを重ねてアップデート時の案内方法を詰め、リリース後に届いたユーザーさんからのご意見はひとつひとつ確認し改善に繋げています。 まとめ サービスの目指す方向性によって機能の何が課題なのかは変わってきます。 特に汎用的に使われている機能のアップデートは、一つの課題を解決した裏で別の体験に影響を与える可能性があり、リスクのあることです。 今回でいうと「気兼ねなく保存」という価値をつくった傍らで「柔軟に保存」という価値の優先度を下げています。 今回のような既存機能の構造を変えるようなデザインに取り組むときは「変えなければならない理由は何か?」「本当に変えなければならないのか?」を考え理解した上で、既存のあらゆる利用シーンを想定し、得られる体験だけでなく失われる体験も含めて設計することが大事だと改めて感じました。 今後も、新しいを機能を自然に使って頂けるように引き続きサービス開発に取り組んでいきます。 —— 簡単に話だけ聞いてみたいという人はを送って頂いてもOKです! また、クックパッドのデザイナーが現場のリアルな取り組みを紹介するnoteのマガジンもあるので、ぜひフォローしてみてください👇.

次の

ビジネスでの「気兼ねなく」の意味と使い方、類語と例文を解説!!

気兼ね

こんにちは、デザイナーの佐野大河 です。 先日、で、レシピ画面を中心とした 「レシピの保存」機能のデザインをアップデートしました。 毎日の料理の中で、 もっと気兼ねなくレシピを保存できるように この方針のもと、このデザインに至りました。 今日は、 どのような想いのもと方針を定め、それを どうUIデザインに落とし込んだのかについて紹介します。 レシピを保存する目的 そもそもレシピを保存する目的って何でしょうか。 レシピを見る人の多くは、今日、明日、あるいは週末の料理で 「何をつくるか」を決めるために訪れています。 その中でレシピを保存する目的には、例えば以下のようなものがあります。 ・気になるレシピ同士を 比較する ・つくると決めたレシピを、後から 取り出しやすくする ・つくるレシピが複数あるので、確認しやすいように まとめる ・今回はつくらないけど、いつかつくりたいときのために 取っておく 一口に「保存」と言ってもその目的や用途は様々です。 とはいえ、これらの手前には「このレシピをつくりたい」という気持ちが大なり小なりあります。 あたりまえのことのようですが、 つくりたいと思うから保存しているというのが根底にはあります。 なぜ「 気兼ねなく保存」なのか なぜ「もっと気兼ねなくレシピを保存できるように」という方針を定めたのかについてお話します。 クックパッドには一般のレシピ作者さんの投稿で集まった 約325万品のレシピがあります。 そこには定番料理の作り方だけでなく、日々の料理で発掘された沢山の 知恵や工夫も詰まっています。 それらは、同じく料理をする人たちの要望に応えるにとどまらず 「こんな料理あったんだ」という発見や「つくってみたい!」というモチベーションも与えてくれます。 自分が想像もしていなかった素敵なレシピと出会い、発見や成長を重ねること。 そういった、 ユーザーさんの期待を超える体験を提供することが、毎日の料理を楽しみにするためには必要だという想いがあります。 昨年には、今まで見つけにくかった素敵なレシピに出会いやすくするため「つくれぽ」という機能のリニューアルをしました(詳しくはこちらの記事をご覧ください👇) 日々の料理に発見や楽しみを生むためには、 自分にとって新しいレシピをどんどん取り入れやすい場をつくることが大事だと考えています。 なので、レシピを見てちょっとでも「いいな」「つくってみたいな」と思ったら気兼ねなく保存できるようにと、この方針を定めました。 今までの保存の課題 今までの保存機能では、保存したレシピはMYフォルダという画面に貯まっていきました。 ここでは、任意にフォルダを作ってレシピを振り分けることもできます。 レシピ画面からファーストビュー右下のボタンをタップすると、どのフォルダに入れるか・入れないかを選択した後、レシピが追加されます。 このフォルダ機能は柔軟性があり様々な使い方が可能です。 カテゴリ別に分けたり、季節やイベントごとに分けたり、作った日付で分けたり。 しかし、柔軟性がある反面 「整理できている」「使いこなせている」と実感できている人は多くはないということが、幾度かのユーザーインタビューを重ねてわかってきました。 整理できていない状況に罪悪感を覚える人も中にはいました。 よくもわるくも 「貯めて整理すること」を前提とした機能になっていて、レシピを気兼ねなく保存できる!と言えるものではありませんでした。 どう変えたのか これらを踏まえてレシピの保存機能を具体的にどう変えたのかについてお話します。 「整理する」から「一時的に取っておく」に 今まで、保存ボタンを押すとフォルダ選択を挟んだ後別の画面にレシピが追加されていたのを、 画面下のスペースに追加されるように変更しました。 このスペースは基本どの画面にいても表示され、タップひとつでレシピを展開できます。 また、ここに追加できるレシピ数に上限はなく 何品でも保存可能です。 ただし、ここのスペースは 翌日になるとリセットされます。 「貯める場所」から「履歴が残る場所」に じゃあ保存したレシピをずっと残すことはできないのか?と思われるかもしれませんが、 一度保存したレシピは全て別の画面に記録されています。 なので「レシピ画面からボタンを押すと特定の画面に追加される」という実態はそのままです。 この画面からフォルダ整理もできます。 ですが、あくまで保存するときの気持ちは下のスペースに向き、今までレシピを貯めていた場所は 「気になったレシピの履歴が残る場所」に変わります。 機能名は「クリップ」に 上記の通り新しい保存機能は「貯めて整理する」ではなく「一時的に取っておく」です。 それに見合った機能名として 「クリップ」にしました。 アクションボタンに強弱をつける レシピ画面からできるアクションはいくつかあります。 レシピの共有、作者画面への遷移、つくった後の写真の投稿、など。 どれも大事なアクションです。 その上で、レシピを見る人の多くは「何をつくるか」を決めるために訪れていることと、各ボタンの利用者数を加味し、 優先順位を付けてUIに反映させました。 保存、展開、切り替えをシームレスに パッと保存してパッと開けるように、一連の挙動をシームレスに繋げています。 また、 レシピの比較検討や複数レシピを見ながらの調理のしやすさも考慮しています。 この結果のみで「気兼ねなく保存できるようになった」と言い切れるものではありませんが、今回の機能の構造・UIの変更によるポジティブな変化だと考えています。 一方で、今回のアップデートはユーザーさんが積み重ねた資産に関わる機能の変更であるため入念に対応を行なっています。 リリース前にはユーザーテストを重ねてアップデート時の案内方法を詰め、リリース後に届いたユーザーさんからのご意見はひとつひとつ確認し改善に繋げています。 まとめ サービスの目指す方向性によって機能の何が課題なのかは変わってきます。 特に汎用的に使われている機能のアップデートは、一つの課題を解決した裏で別の体験に影響を与える可能性があり、リスクのあることです。 今回でいうと「気兼ねなく保存」という価値をつくった傍らで「柔軟に保存」という価値の優先度を下げています。 今回のような既存機能の構造を変えるようなデザインに取り組むときは「変えなければならない理由は何か?」「本当に変えなければならないのか?」を考え理解した上で、既存のあらゆる利用シーンを想定し、得られる体験だけでなく失われる体験も含めて設計することが大事だと改めて感じました。 今後も、新しいを機能を自然に使って頂けるように引き続きサービス開発に取り組んでいきます。 —— 簡単に話だけ聞いてみたいという人はを送って頂いてもOKです! また、クックパッドのデザイナーが現場のリアルな取り組みを紹介するnoteのマガジンもあるので、ぜひフォローしてみてください👇.

次の