トゥナイト2。 伝説のいかがわしい番組「トゥナイト2」をキミは知っているか? えっ知ってるの? それってちょっと不潔じゃない??

トゥナイト (テレビ番組)

トゥナイト2

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2013年7月)• 的な記述になっています。 ( 2013年7月)• が含まれているおそれがあります。 放送開始時に使用していたタイトルロゴの表記は『 トゥナイトII』(読み同じ)。 概要 [ ] 『』を前身とする深夜ので、に替わってが総合司会を務めていた。 本番組は、前身の『トゥナイト』よりも取り扱う情報の範囲を広げた。 の「脱・お色気」の風潮の中、、、ら本番組のリポーター陣がお色気系の企画に取り組んでいた。 お色気以外にも、の被災地リポートなど、社会に訴える硬派な取材もこなしていた。 他にも発売直後の『』を紹介したり、やなどについて特集することもあった。 プレイステーション2の特集時には、他の情報番組が「が見られる」ことを大きく取り上げていたのに対し、本番組は純粋にとしての機能を紹介していた。 この事で番組は『』から取材を受けている。 その他、ゲームソフト『』発売時にも特集を組んだり、での取材を行ったりした。 番組は2002年3月29日放送分をもって終了し、1980年に『トゥナイト』がスタートしてからの22年に及ぶ歴史に幕を下ろした。 『トゥナイト』時代も含めた通算放送回数は4,101回。 本番組の終了により、NETテレビ時代の1971年4月5日に『』がスタートして以来31年間 続いたテレビ朝日の深夜ワイドショーは姿を消した。 以後テレビ朝日平日深夜の帯ワイドは、2009年10月6日(10月5日深夜)に『』がスタートするまで一時消滅状態にあった。 出演者 [ ] 司会 [ ]• アシスタント [ ]• (当時テレビ朝日) - 1994年4月から1995年3月まで出演。 - 1995年4月から1996年9月まで出演。 (テレビ朝日アナウンサー) - 1996年10月から2000年3月まで出演。 - 2000年4月から2002年3月まで出演。 主要リポーター [ ] 男性 [ ]• - 月曜レギュラー。 『トゥナイト』時代からの出演者の1人であり、山本ともに「ランク10国」に出演していた。 1997年8月26日の放送で「トイレは中に」と発言し、スポンサーから抗議を受けて一時降板したことがある (後に復帰)。 - 火曜レギュラー。 シリーズ「大人電話相談室 」を担当。 AV女優・の名付け親。 - 火曜レギュラー。 基本的に北野のリポートVTRのみに出演していた。 (ライター、写真家) - 水曜レギュラー。 晩年のレギュラー出演者。 シリーズ「快人勝谷リポート」を担当。 生江有二(ライター) - 隔週水曜に出演のセミレギュラー。 2000年3月まで出演。 (映画監督、通称「カントク」) - 木曜レギュラー。 1980年の『トゥナイト』スタート時から本番組の最終回までリポーターを務めていた。 リポートやシリーズ「ある愛のかたち」が有名。 山本が番組中に口癖のように言う「ほとんど病気」はになったことがある。 山本が本番組で行っていたリポート企画は、番組の終了後に社会的問題や話題の人物についての人物考証へとシフトする形で昼の帯番組『』(水曜)に引き継がれた。 現在 [ ]放送局「山本晋也のランク10国」を開局し、インターネット上で本番組に似た番組を配信している。 (当時テレビ朝日アナウンサー) - 『トゥナイト』時代にリポーターを務めていた。 本番組には最終回のみに出演し、17年ぶりに顔を見せた。 (当時テレビ朝日アナウンサー)• 小久保とものしん(、当時テレビ朝日アナウンサー) - この番組に限り、ひらがな表記の名義を用いて出演していた。 辻義就(、当時テレビ朝日アナウンサー) - 石川の夏休み中に司会代理を務めていた。 女性 [ ] 五十音順。 『』(1998年6月24日号・1999年2月3日号)や番組終了直前に発売された『 No. 61』でリポーター名鑑なる企画が組まれたことがある。 - 1994年から1997年まで出演。 - 1990年代前半に出演。 「荒木師匠」として活躍。 クイーン、元祖扇子ギャルと呼ばれて一世を風靡。 で登場してお茶の間にジュリアナブームを浸透させた。 乱や山本との掛け合いも番組名物となる。 飯島みゆき• いしいその - 1998年から2001年まで出演。 - 2001年頃 [ ]に出演。 依玲 ( いりん )• - 2001年に出演。 - 1996年から1999年まで出演。 - 2000年から2002年まで出演。 山本のコーナーのアシスタントを務めていた。 - 1998年頃 [ ]に出演。 - 1996年頃 [ ]に出演。 - 2001年4月から半年間勝谷とコンビを組んで出演。 出演期間中の2001年5月に妊娠が判明した。 斉藤ますみ - 1998年から2000年まで出演。 1999年からは北野とコンビを組んで出演。 - 1998年にシリーズ化した「大人電話相談室」にて。 当時としては非常に貴重な101cm Jカップバストから実験台や脱ぎ要員、モニターとして登場。 - 1994年から1999年まで出演。 『トゥナイト』時代からの出演者の1人であり、前番組と同様にリポーターを務めていた。 - 1995年から1998年まで出演。 - 女性リポーターでは唯一全期間にわたって出演。 『トゥナイト』時代からの出演年数は8年半に及ぶ。 に進行役として出演。 田中絵麻 - 1998年頃 [ ]に出演。 - 「大人電話相談室」にて沢口みきとのバストの比較として登場。 中園りお - 1998年頃 [ ]に出演。 - 1995年から1999年まで出演。 - 1999年から2001年まで出演。 - 月曜レギュラー。 2001年に乱とともに出演していた。 谷野千佳子 - 1998年頃 [ ]に出演。 - 1996年頃 [ ]に出演。 番組テーマ曲 [ ] オープニング [ ]• 「The Key, The Secret」• 「BLOWZ JOB」• TONIGHT IS THE NIGHT GTS feat. Melodie Sexton エンディング [ ] 曲は3か月ごとに変更されていた。 「震える背中越しにさよなら」• 「誰のためのSolitude」吉村麻希• 「愛してると言えない」• 「メロディー」• 「生まれたての愛をあなたに」• 「Climbing Wind」• 「クラゲ」• 「」T-BOLAN• 「LOVE TRAIN」• 「Antique」西脇唯• 「AQUA」SHAZNA• 「Because」• 「a love song」• 「卒業」• 「スミレ」• 「失えないもの」sisters• 「the first night」UNITED JAZZY• 「」(2002年1月 - 3月〔終了〕) 放送時間 [ ] いずれも。 月曜 - 木曜 23:55 - 翌0:50 (1994年4月4日 - 2000年3月30日)• 月曜 - 木曜 23:59 - 翌0:54 (2000年4月3日 - 2001年9月27日)• 火曜 - 金曜 0:06 - 1:01 (月曜深夜 - 木曜深夜、2001年10月2日 - 2002年3月29日) 備考 [ ]• 『』や『』などの放送日には放送開始時刻を遅らせていた。 末期には15分遅れで放送。 では自社製作の深夜番組『』放送のため、上記時間帯よりも1時間遅れで放送されていた。 放送局 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年12月) 放送対象地域 放送局 系列 備考 EX 製作局 HTB ABA IAT 1996年10月開局から KHB AAB YTS KFB UX abn SATV HAB NBN HOME yab 1999年3月29日から KSB eat 1995年4月開局から KBC 1996年から NCC 2000年4月3日から QAB 1995年10月開局から• 、、、では一度も放送されなかった。 備考 [ ]• 終了前の2001年を除き、毎年10月(1週間ずっと)やその年の最後の放送では時間を延長して特別版を放送していた。 女性が撮影上裸になる必要がある場面では、別にモデルを起用してその場面を撮影していた。 番組放送期間中は、、などで番組が休止になったことがある。 2000年6月に『』()が終了したが、同年7月に行われたシリーズ開幕戦に取材に赴き、日本テレビはその場で全日本プロレスから取材拒否されたのに対し、本番組は試合を取材することができた。 2001年11月12日放送分では、放送開始前にが発生したためオープニングの挨拶だけで終了し、に切り替わった。 番組終了から間もなくして、音楽情報誌『』に「TONIGHT3」という1ページのコーナーが設けられたことがある(隔号連載)。 同記事のライターは、乱一世など本番組のリポーターの名前を騙って執筆したり、リポーターのせがわきりの下を訪ねて当時の思い出や番組に出るようになった [ ]。 ただし、『』1992年10月7日号の「中森文化新聞 」で語った内容とは大きく食い違う点がある。 そのコーナーは、結局1年ほどで消滅した。 2004年の『』で山本が国外ロケをしていたが、この時に「山本晋也のニャンニャンリポート」と発言していた。 及び「」を同時ネットしていた、、は本番組の放送実績がない。 CS放送 甦るトゥナイト2 [ ] 2016年12月25日23時よりCS2にて放送。 『甦るトゥナイト2』という番組名で本放送終了後から14年ぶりに復活した。 かつての出演者を交えテーマに沿って地上波の放送内容を詰め合わせて放送。 出演は、、、の4人。 全3回放映予定だったが、第3回のエンディングにて、乱一世、高尾晶子から第4回の放送が提案された。 放送日は現時点では未定。 (初回) 放送日 内容 備考 1 2016年12月25日 ラブホテル特集 出演者の1人に顔にモザイクあり 2 2017年 01月19日 80年代~90年代 若者たちの肖像 ~お立ち台から援助交際まで 乱一世と高尾晶子がリポーターになるまでの経緯も思い出として語られた。 3 2017年 02月23日 カントクの風俗リポート大特集 〜ほとんどビョーキの20年史 山本監督の性風俗レポートのVTRを80年代のトゥナイト時代の映像も交えて放送。 放送時、がスタジオ及び同行リポーターとして出演。 脚注 [ ]• テレビ朝日. 2004年4月15日時点のよりアーカイブ。 2015年12月9日閲覧。 ただし、第一次時に中断していたことがある。 デイリースポーツ. 2018年9月23日. 2018年10月5日閲覧。 スポーツニッポン. 2017年1月28日. 2018年10月5日閲覧。 この当時はの『』のパロディであり、2007年開始の『』との関連性は無い。 一時地元番組 [ ]放送のため、2000年3月まで木曜日のみネットしなかったことがある。 『ドォーモ』放送後の1:06 - 2:01に時差ネット。 、、、のように本人が出演することあった。 が主宰していたコーナー。 後に消滅。 外部リンク [ ]• - (2004年4月15日アーカイブ分)• - 石川次郎との対談記事で、本番組に関する記述がある。 - 23:55 - 23:59枠 前番組 番組名 次番組.

次の

90年代グラビア女神(2) 「トゥナイト2」 岡元あつこ (2012年7月11日)

トゥナイト2

元女子大生レポーターはソープ嬢役に挑戦 「取材体験も今の仕事に生きてます」 90年代の人気深夜番組「トゥナイト2」()で、女子大生レポーターとして風俗現場を駆け回った(38)。 当時のエピソードから8年ぶりのセクシー撮影までを語ってくれた。 * 「まず、最初に思い出すのは、初めてムチを握ったSM体験取材ですね(笑)。 毎年クリスマスの特番では、(札幌の)ススキノ担当でした。 その年はそめやゆきこちゃんと一緒にSMバーに行ったんです。 カジュアルにSMを楽しもうという企画でした。 もちろん、ボンデージ衣装を着たり、本物のに話を聞かせてもらったんですが、帰り際にオーナーからスカウトされたんです。 丁寧にお断りすると『M嬢でもいいから~』と口説かれました(笑)」 80年にスタートした「トゥナイト」は、94年4月にリニューアルされ、「トゥナイト2」として、より化していく。 「たまごっち」ブームに火をつけたゲーム業界の取材から自慢の風俗業界取材まで、タブーなき伝説の深夜番組とまで称されたものだった。 「(漫画家の)杉作J太郎さんと『膣トレ』の取材に行きましたが、あれは衝撃的でしたね。 だって、エクササイズのようなトレーニングじゃないんですよ。 風俗嬢の方が鉄のような素材の棒を使って鍛錬しているんです。 すりガラスの向こうから、ゴトン、ゴトンと何度も(棒が)床に落ちる音が聞こえてくる。 今では考えられない取材ですよね(苦笑)」.

次の

『トゥナイト2』キャスター&司会者の今(2020年5月16日)|BIGLOBEニュース

トゥナイト2

月曜日の顔といえば、この方。 1997年8月、番組内で発した「2分間のCMの内にトイレに行かれる方はトイレへ行った方が良いですよ!」という失言はあまりにも有名。 スポンサーの怒りを買っただけでなく、新聞やテレビで大々的に報じられたため、出演していた全番組を降板する憂き目に。 最高で500万円、平均で300万円あった月収はほとんどゼロとなるも、2年後に『トゥナイト2』へカムバックした。 1950年4月生まれの乱は、御年70歳。 現在もナレーターとして活動を続けており、最近では、愛人マッチングサービスを提供する会社「ユニバースグループ」の公式YouTubeチャンネルで展開されているパパ活普及目的の動画に出演するなど、相変わらず、豊富な性産業への知見を活かした仕事をしていた。 火曜日は、AV女優、男優の半生に迫ったり、AVの歴史を紐解いたりと、アダルトビデオを深堀する特集が多かった。 その案内人を務めたのが北野誠その人。 番組において、タレント・しいなまおとの名コンビで深夜の茶の間にエロと笑いを届けた。 もともと歯に衣着せぬ発言が売りだった北野は、2009年4月、朝日放送の冠ラジオ番組「誠のサイキック青年団」及び関連イベント内の不適切な発言が原因で、無期限の謹慎処分に処された。 21年間続いた同番組が打ち切りになるなど、一時はタレント生命も危ぶまれたが、2010年2月に復帰を果たし、タレント活動継続に成功している。 61歳となった現在は、テレビのレギュラーはなく、CBCラジオの「北野誠のズバリ」「北野誠のズバリサタデー」「誠と拓海はディナーのあとで」でパーソナリティとして活躍している。 『トゥナイト2』における水曜日がまさにそれだった。 個性の強いリポーターを据える他の曜日に比べ、水曜日は、テレビ朝日アナウンサー(当時)の辻よしなりやコラムニストの勝谷誠彦などをレポーターに迎えたものの、これといった「色」が打ち出せなかった。 辻は2000年10月にテレ朝を退社後、フリーアナウンサーへ転身。 現在は、プロレスへの深い造詣を活かし、TBSラジオの番組「レック presents プロレスの勝ち! neo」に出演するほか、様々なイベントの司会者として活躍している。

次の