確定申告 郵送 消印。 必着か消印有効か

ミスなく確定申告書類を郵送する方法。提出先や間違えやすいポイントとは

確定申告 郵送 消印

予防接種や健康診断等、健康の保持増進・病気の予防のための取り組みをしている方で、対象の医薬品を12,000円以上購入された方は、 セルフメディケーション税制を受けることができます。 対象商品の中にはロキソニンSやガスター10などがあります。 詳しくはを参照してください。 セルフメディケーション税制では、12,000円を超えた額が所得から控除されます。 セルフメディケーション税制を受ける方は、 健康の保持増進に努めていることを証明できる書類 予防接種の領収書・健康診断結果等 のコピーと、対象商品を12,000円以上購入していることが分かる 明細書の同封が必要です。 また、 セルフメディケーション税制と医療費控除は一緒に受けることできないので注意してください。 確定申告書を入れる封筒のサイズに規定はありません。 申告書は折ってもよいとされているため、折って入るサイズであれば大丈夫です。 ただ、同封する書類が多い場合には、封筒が小さいと受け取る側も大変なので、大きいサイズにした方が良いでしょう。 確定申告書を入れる封筒のサイズでおすすめなのは、 「角形2号」です。 A4サイズのため、確定申告書を折らずに入れることができ、同封する書類が多い場合でも、簡単に出し入れが可能となります。 返信用封筒にも規定はありません。 ただ、確定申告書を入れる封筒のサイズ同様に、返却してほしい書類が多い場合は「角形2号」が良いです。 返却書類が数枚であれば一般的に「長形3号」で十分なようです。 どちらも100円ショップで購入することができるため、好きなサイズを選びましょう。 ネットで調べていると、確定申告書の控えと返信用封筒を同封するように書いてあることが多いですが、これは 必須なわけではありません。 確定申告書の控えは、 収受日付印が押された確定申告書の控えを貰いたい方のみ同封が必要となります。 この控えが必要となるのは主に自営業の方、フリーランスの方等です。 自営業やフリーランスの方等は「収受日付印が押された確定申告書の控え」が所得証明書となります。 そのため、この書類がなければローンを組む時などの所得証明ができないのです。 しかし、会社員の方等は源泉徴収票が所得証明となりますので、確定申告書の控えは必要ないことになります。 返信用封筒も、確定申告書の控えや証明書類の中に返却してほしい書類がない場合には、必要ないので覚えておきましょう。 確定申告の書類は、紙に直接書いて作成することもできますが、会計ソフトを使用した方が簡単で作成時間も短縮することができます。 会計ソフトにも色々な種類がありますが、おすすめなのは e-Taxでの申告です。 e-Taxとは国税庁が作った会計ソフトです。 e-Taxでは確定申告書はもちろん、白色申告用の収支内訳、青色申告書など 確定申告に必要な書類を全て作成、提出することができます。 税務署は土日 祝日休みで開庁時間も限られていますが、e-Taxであれば 24時間利用することが可能です。 また、青色申告の制度が改定され一定の条件を満たさなければ65万円の控除を受けられなくなってしまいましたが、e-Taxで申告をすれば今までと変わらず 65万円の控除を受けることができます。 利用する際は、パソコンとマイナンバーカード、ICカードリーダが必要になります。 利用する方は事前に用意しておきましょう。

次の

確定申告書を郵送する場合に消印が有効なケース|国税OB記事

確定申告 郵送 消印

もくじ• スポンサードリンク 1.振替納税の概要 本来、納税は銀行等の金融機関に行って行わなければなりませんが、 個人の所得税、消費税については、あなたの銀行口座から引き落としをすることができます。 この引き落としをしてもらうことを振替納税と言います。 振替納税は、預貯金口座振替依頼書兼納付書送付依頼書(以下、「振替納税依頼書」)を確定申告書の提出期限までに、納税地の所轄税務署長宛(確定申告書を提出する税務署)に提出すればOKです。 そうしたら、今年分の確定申告書の提出期限までに振替納税依頼書を提出すれば、 今年の確定申告に係る所得税から振替納税を行うことができます。 ちなみに、確定申告後の予定納税についても振替納税がされますので、これもまた便利ですね。 2.振替納税のメリット 本来、確定申告に係る所得税額は3月15日、消費税額は3月31日までに納付しなければなりませんが、振替納税の場合は所得税が4月20日、消費税が4月25日(該当日が土日の場合は次の営業日)に引き落としがされます。 実に 1ヶ月近くも納税しなくて済むんですね。 もちろん、これに係る利子税・延滞税などは一切かかりません。 単純に納付時期が遅くなるだけです。 3.振替納税の手続き から振替納税依頼書をダウンロードして内容を埋めていきます。 記載方法は簡単で、銀行情報を書いて銀行印を押すだけです。 (出所:) くどいですが、 提出期限は確定申告書の提出期限と同じです。 確定申告書と一緒に提出するのが楽ですね。 ETAXを利用している場合は、振替納税依頼書のみ紙で提出することになります。 4.振替納税依頼書を提出する場合の注意点 振替納税依頼書の提出は、税務署に持参するか郵送することになります。 この場合の注意点として、 「控えを必ず持っていく」 ようにして下さい。 控えを持参すると受付印を押してくれますので、後で「提出されてないよ!」と言われた場合であっても、「控えがありますよ!」と言うことができます。 たまに、こういったことがあるようですので、必ず控えをもらうようにして下さい。 また、郵送の場合は、 ・振替納税依頼書 ・振替納税依頼書控 ・ 返信用封筒(切手貼付) の3点セットで送ります。 返信用封筒を入れておかないと控えが返ってきませんので、必ず入れましょう。 また、切手の貼り忘れも結構あるようですので、ご注意下さい。 なお、郵送の場合の提出期限は、申告書の 提出期限日の消印有効となります。 必着ではないので、少しだけ余裕がありますね。 5.ネットバンクは振替納税ができない? 振替納税を行う金融機関には制限があります。 具体的には、 ほとんどのネットバンクは使えません。 軽く調べたところ、メジャーなジャパンネット銀行や楽天銀行では振替納税ができないようでした。 もし、振替納税をネットバンクで行おうとお考えの場合は、必ず金融機関に振替納税ができるか問い合わせるようにして下さい。 振替納税依頼書を提出したけど金融機関がNGでした・・・ となって、延滞税がかかってしまったらもったいないですからね。 6.引っ越しをした場合は要注意! 振替納税は税務署単位で提出をします。 したがって、 所轄税務署が変わってしまう引っ越しをした場合は、振替納税依頼書を再度新しい税務署に提出しなければなりません。 「振替納税依頼書出してるから大丈夫!」と思っていると痛い目を見るかも知れませんので、引っ越した場合は、 ・異動届(引っ越し前後の所轄税務署) ・振替納税依頼書(所轄税務署が変わる場合) を提出することを忘れないようにして下さいね。 ということで、まだ振替納税をしていないという方は、この機会にぜひ振替納税をご検討下さい。 1回提出したら取りやめをしない限りずっと有効ですので、便利ですよ。

次の

確定申告期限と消印

確定申告 郵送 消印

確定申告の書類を郵送する場合 確定申告は自分で税務署まで持っていかなくても、郵送によっても申告が可能です。 とても便利な制度ですが、しかしあらためて郵送しようとすると知らないことも多く、あれこれ悩んでしまうという方も少なくないのではないでしょうか。 ここでは、郵送で確定申告を行う際の注意点をまとめました。 申告書に添付する書類 源泉徴収票 給与所得者が確定申告をする場合は、源泉徴収票の添付が必要です。 源泉徴収票は、給与・賞与額の証明書であるとともに、あらかじめ月々の給料から天引きされていた納税額を証明するものでもあります。 この証明ができないと、所得税や住民税を二重に取られてしまいます。 事業所得者も仕事によっては源泉徴収がされていますが、この場合は支払調書に天引きされた所得税額の記載があります。 支払調書は確定申告書に添付する義務はありません。 天引きされた所得税額は、自ら帳簿をつけることでしっかりと把握しておきましょう。 源泉徴収票は勤務先から1月中を目処に発行されます。 転職や退職等があった人は、自分から請求しないと発行してもらえないこともあるため注意しましょう。 なお、源泉徴収票は必ず原本を添付しなければならないことになっています。 控除関係書類 社会保険料 国民年金や国民年金基金といった社会保険のために支払った保険料・掛金は、所得から全額を控除することができます。 控除を受けるためには、支払を証明する書類を添付する必要があります。 国民年金保険料については、「 社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」がこれに該当します。 例年11月に日本年金機構から送られてきますので、きちんと保管しておきましょう。 ただし、10月以降に加入した場合は1月頃となります。 国民年金基金の掛金については、それぞれの加入する基金から「 社会保険料控除証明書」が送られてきます。 こちらは10月末〜11月末の期間に発送されることが多いようです。 小規模企業共済等掛金 個人事業主が廃業後の退職金のかわりに積み立てている掛金も、所得から全額控除することができます。 該当するのは、小規模企業共済法によって定められている共済契約、確定拠出年金法によって定められている個人型年金、地方公共団体が心身障害者に実施している扶養共済の3種類です。 掛金の支払を証明する書類としては、小規模企業共済の場合は「 小規模企業共済掛金払込証明書」があり、11月頃に中小企業基盤整備機構から送られてきます。 個人型確定初出年金については国民年金基金連合会から「 控除証明書」が、心身障害者扶養共済については各自治体から「 掛金払込証明書」が送られてきます。 生命保険料控除関係書類 生命保険料は、支払った保険料に応じて一定の金額が所得から控除されます。 現在の制度では、一般生命保険料控除・介護医療保険料控除・個人年金保険料控除の3種類が当てはまります。 自分の加入保険がどれに当てはまるかは、各保険会社から送られてくる書類によって確認できます。 控除額はそれぞれ最大4万円まで、つまり総額で12万円までの所得控除が受けられますので、添付を忘れないようにしましょう。 控除のために必要となる書類は、「 生命保険料控除証明書」です。 加入している各保険会社から10〜11月頃を目安に発行されます。 地震保険料控除関係書類 地震保険料は、支払った保険料に応じて一定の金額が所得から控除されます。 控除額は、年間の支払保険料が5万円以下の場合は全額が、5万円超の場合は5万円までとなっています。 控除の対象となる保険契約には細かい規定があり、控除対象となるかどうかは各保険会社から送られてくる書類によって確認できます。 また、平成18年までの旧制度である長期損害保険料についても、契約変更等がなく継続している場合はこの対象です。 必要となる書類は、「 保険料控除証明書」です。 各保険会社から10〜11月頃を目安に発行されます。 寄附金控除関係書類 国・地方公共団体・公共法人・政治団体などに寄附をした人は、所得控除や税額控除を受けられる可能性があります。 年間で2,000円以上から控除の対象となりますので、少ない金額でも手続きを忘れないようにしましょう。 控除額は最大で総所得金額の40%までです。 寄附金控除については、基本的には寄附を証明する領収書が必要です。 また一定の場合には領収書に加え、その寄附先が寄附金控除の対象であることを証明する書類も必要となります。 また、政治団体への寄附の場合は、「 寄附金(税額)控除のための書類」が必要です。 送り方と注意点 郵送先の調べ方 郵送で確定申告を行おうとすると、意外と困ってしまうのが宛先です。 自分で提出する場合は税務署まで出向けばよいだけですが、郵送の場合はどうすればよいのでしょうか? 結論からいえば、郵送する際も宛先は開業届に記載した納税地(住所地・居所地・事業所等の所在地)の管轄税務署となります。 とはいえ、はじめて確定申告を行う場合は自分がどこの税務署の管轄なのかわからないという人も多いでしょう。 また、例年は自分で提出しに行っているという人の場合も、いざ郵送しようとしても税務署の住所なんて気にしたことがないという人が多いのではないでしょうか。 そこで、を見てみましょう。 ここでは、全国の税務署一覧が記載されています。 ここから各都道府県を選んで進むことで、各税務署の住所や管轄区域を調べることが可能です。 封筒のサイズ 原則的に申告用紙は折っても問題ありませんので、入りさえすればどんなサイズでも大丈夫です。 ただ、添付する書類も多いですから、あまりに小さいと受け取る側も大変です。 一般的には、「角形2号」と呼ばれるA4サイズの封筒を利用する人が多いでしょう。 100円ショップでも買うことができます。 宛名の書き方 一般的な手紙と基本的には変わりません。 特定の担当者に対して送付するわけではありませんので、敬称は「御中」になります。 さらに、「<所得税確定申告書在中>」と朱書きしておくと親切です。 重要書類ですから、裏にしっかりと自分の郵便番号・住所・氏名を書くことも忘れないようにしましょう。 郵送形態について 確定申告書は法律上「 信書」に当たります。 信書は「郵便物」(第一種郵便物)または「信書便物」の扱いで送らなければならず、宅配便などの「荷物」扱いでの送付は禁止です。 違いがよくわからないという人は、基本的には普通郵便を選べば問題ありません。 「角形2号」を使用する場合は不定形郵便になりますので、120〜140円程度の送料となるでしょう。 添付書類の量によって料金は変わりますから、切手を貼らずに郵便窓口まで持っていってその場で量ってもらうのがおすすめです。 申告書の提出日の判断 「今年こそは早めに申告しよう」と思っていても、ついつい締切ギリギリになってしまうという人は多いのではないでしょうか。 そんな人にとって気になるのは、郵送の場合の提出日の扱いでしょう。 確定申告を郵送する際は、 消印の日付が提出日と見なされます。 つまり、締切当日に郵便窓口で受け付けてもらえば充分に間に合うということです。 ただし、ポストに投函する場合は回収時間の関係で翌日扱いになってしまう可能性もありますから、締切間際になったら窓口へ行く方が安心です。 まとめ 郵送での確定申告は、基本的には自分で提出する場合とそう変わるものではありません。 特に気をつけなければいけないのは消印の日付程度です。 ただ、不備があった場合の修正が大変ですので、余裕をもって何度か確認してから提出するようには心掛けておきましょう。 関連記事:.

次の