中島裕翔 ドラマ。 中島裕翔

SUITS/スーツ2鈴木大輔(中島裕翔)の過去・能力ネタバレ!

中島裕翔 ドラマ

勝利のためなら違法行為ギリギリの際どい手段をとるが、事務所内ではトップクラスの稼ぎ頭。 事務所の稼ぎ頭でかなりのやり手。 替え玉受験などで生活費を稼ぐなど、裏稼業にも手を染める中、人生最大のピンチを迎える。 そんな時、甲斐に出会い……。 甲斐と知り合い弁護士資格がないのに弁護士として働くことになる。 検事時代に八方塞がりになっていた甲斐 織田裕二 を救い、弁護士として引き取った。 傲慢な甲斐が唯一頭が上がらない人物。 織田裕二さんとは27年前の東京ラブストーリー以来の共演ということで、なんだか懐かしいなぁと感じる世代の人も多いかも。 知らない人は東京ラブストーリーもぜひチェックしてみて下さいね。 甲斐正午 織田裕二 の元上司。 駆け出しの検事だった甲斐に検事の仕事を全て教え、甲斐を家族ぐるみでかわいがっていた人物。 頭脳明晰で人心掌握術にも長けている役どころ。 中村アンさんは月9に出演するのは3度目だそうで役が美人秘書なのでワクワクしているとか、どんな演技を見せてくれるのか楽しみですね。 事務所では甲斐 織田裕二 と肩を並べる稼ぎ頭。 2人は昔からのライバル。 極度のひねくれ者で嫌味なところがあるが、どこか憎めない。 ハーバード大ロースクール卒のお人好し弁護士。 小手伸也さんと言えばスカッとジャパンの9月25日の2時間SPにも出演されています。 兄とは真逆の性格で正義感が強い。 中学の頃から兄の友人である大貴 中島裕翔 のことを意識し始める。 大貴にとっては秘密を打ち明けられる唯一の存在。 兄とは対照的な正義感が強い女性、次第に大貴を意識し始める。 今回注目の出演者と言えば今田美桜さんじゃないでしょうか?花のち晴れでわき役ながら美少女っぷりが話題になり一気にブレイク。 21歳と年齢もまだ若いですしこの先の活躍が楽しみな若手女優の1人ですね。 SUITS スーツ ドラマ日本版のあらすじは? 今回のドラマは海外版のシーズン1を原作に脚本制作とのことです。 甲斐正午 織田裕二 は『幸村・上杉法律事務所』に所属する敏腕弁護士。 東大入学後にハーバード大学に留学した経歴を持つ甲斐は、企業の買収・合併や、企業間の戦略的提携など、金になる仕事を手がけている。 だが、かなり傲慢な性格で勝つためなら違法行為ギリギリの際どい手段を用いることもあった。 『幸村・上杉法律事務所』は、幸村チカ 鈴木保奈美 が代表弁護士を務める、日本四大弁護士事務所のひとつ。 敏腕弁護士を父に持つ有能なパラリーガル・聖澤真琴 新木優子 、頭脳明晰で人心掌握術にも長けた甲斐の秘書・玉井伽耶子 中村アン 、ハーバード大学のロースクール出身で甲斐をライバル視している弁護士・蟹江貢 小手伸也 らが働いている。 事務所の稼ぎ頭である甲斐は、出資者としての地位を持ち、経営にも参画するシニアパートナーへの昇格を狙っていた。 気乗りしないものの、その条件を受け入れた甲斐は、新人採用の面接会を開く。 そこに偶然やってきたのが、優れた頭脳と一度見たものは決して忘れない完全記憶能力を持ちながら、悪友・谷元遊星 磯村勇斗 の影響でその日暮らしのフリーター生活を送り、さまざまな業種の替え玉受験にも手を染めていた鈴木大貴 中島裕翔 だった。 その能力に興味を抱いた甲斐は、大貴を採用することにするが…。 引用: SUITS スーツ 原作は海外ドラマ?.

次の

日本版ドラマ「スーツ」3話の感想 恋愛が始まりそう 中島裕翔と新木優子以外にあの2人も

中島裕翔 ドラマ

他人の文章を書き写すことで、その人の思考をコピーできる特殊能力を持つ竹内薫(中島裕翔)は替え玉受験で小論文に取り組んでいる最中、井上玲(笠松将)の思考に入り込んでしまう。 薫の頭に広がる不吉なイメージ… この嫌な感情は一体何なのか…?違和感を覚えつつ指示通り試験を終え、藤原智美(間宮祥太朗)らと落ち合うと、そこに玲の姿はなかった。 嫌な予感がした薫はひとり慌てて井上家へ向かうが、家にも玲はいない。 代わりに見つけたのは目を見開いたまま絶命した、血まみれの井上涼子(須藤理彩)の死体だった。 しかも駆け付けた刑事・桐原崇(神保悟志)に殺害を疑われ、警察に連行されてしまう。 一方、東宮寺正胤(若林豪)に呼び出された智美は、失敗が許されないシノギに一般人である薫を巻き込んだ挙句、警察に捕まったことを厳しく問い詰められていた… 【出典:】 替え玉受験は、東宮寺正胤(若林豪)が目論むカジノ計画成立のために必要なシノギだった。 竹内薫(中島裕翔)は釈放されたが、警察が井上玲(笠松将)を見つけ出し真相を知れば、計画のとん挫はおろか自分たちの命もない…藤原智美(間宮祥太朗)と千佳(上白石萌歌)が頭を悩ませていると、権堂真司(音尾琢真)から着信が。 電話から聞こえてきたのは、薫の家へ向かっているらしき東宮寺と権堂の会話だった。 その頃、薫の横を怪しげな清掃車が通過する。 「立ち話はなんだから乗りなさい」…声の主は東宮寺だ。 その迫力に圧倒され震える薫を、東宮寺は力ずくで車内に引きずり込み…。 【出典:】 山田龍一(高橋努)は井上玲(笠松将)がとある清掃業社にいると竹内薫(中島裕翔)に教える。 そこで藤原智美(間宮祥太朗)に銃を渡し助けて欲しいというが、本当は銃を持った薫と智美が落ち合ったところで、警察に逮捕されることをもくろんでいた。 山田の言葉に何かを感じつつ、清掃業者に向かうため長距離バスに乗り込む薫。 バスの近くには桐原崇刑事(神保悟志)の姿が。 実は薫と智美の供述の不審点に気づき、後を追っていたのだ。 山田と繋がる刑事・喜多慎吾(金井浩人)も乗車し、薫を陥れるための包囲網が敷かれた長距離バス。 そんな中、サービスエリアでキャリアウーマン風女性が乗り込んで来る。 実は彼女の正体は…。 そして山田の壮絶な人生、駿(岡崎体育)との強い絆の秘密が明らかとなる。 【出典:】 薫と智美がそれぞれ敵と対峙する中で二転三転する展開が面白く、裏切りなどもあってアッと驚く展開に見ごたえがあってよかったです。 しかし、薫が一話と違ってかなり悪に染まっているというか、肝が据わっているような成長ぶりも素敵でした。 【5段階評価-5. 面白い】 『僕はどこから』あらすじ 「僕は…僕はどこから… 来るんですか…」 特殊な能力を持つ青年&エリートヤクザ… 青春異能クライムサスペンス! 文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内 薫。 認知症を患う母と二人暮らしをしながら、今日も一心不乱に原稿に向かっている。 薫の前には類まれなる能力を持ちながらも、その能力ゆえに「自分独自の作品」が作れないという大きな壁が立ちはだかっていた。 必死に母を介護しながら自分の夢と現実にもがく薫になおも降りかかる「母の事故」という悲劇。 薫はその異能を活かして成功直前までこぎつけるが、予想だにしない大きな流れに飲み込まれることになる。 『出典:』 『僕はどこから』CAST&STAFF 竹内 薫役:中島裕翔(Hey! Say! JUMP) 1993年8月10日 東京都町田市出身 ジャニーズ事務所所属• - 所属事務所による公式プロフィール• 基本的、JUMPのメンバーが出とるドラマっておもろない?視聴率低いこと多いけど…笑 — きらりんちょ qYsiFuwerT9uUog ドラマ「僕はどこから」を見逃し動画無料フル視聴しよう.

次の

中島裕翔ドラマ一覧

中島裕翔 ドラマ

もくじ• 鈴木大輔(中島裕翔)のネタバレ ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました! 気になる箇所へ飛んでみてくださいませ! 鈴木大輔(中島裕翔)とは SUITSオンエア前に皆さんに言っておきたいことがありますが 裕翔くんと女性とのラブシーンが辛い人は "中島裕翔"としてではなくて "鈴木大輔"として見てあげてください 本人もそれを望んでる ファンが悲しんで批判すれば批判するほど裕翔くんの仕事の幅が狭くなるということは分かって欲しい! — ゆうかりんこ🐰 YuuuKaaa0810 本名は鈴木大貴(すずき だいき)。 幼い頃に交通事故で両親を亡くしている。 静岡県立東小山高等学校普通科2年の時に「司法試験予備試験」に合格するが、遊星(磯村勇斗)に頼まれて先輩の大学受験の替え玉をしたことが発覚し、高校を退学処分となると同時に司法試験の受験資格を失う。 それでも遊星との腐れ縁は続き、アルバイトだけでなく犯罪につながる危険な仕事にも手を出す。 麻薬資金の運び屋をしたのがきっかけで甲斐(織田裕二)と知り合い、事情を把握した甲斐の命令で「鈴木大輔」の替え玉として「幸村・上杉法律事務所」で働くことになる。 なぜ鈴木大貴から鈴木大輔に改名? 元々の鈴木大輔は、AIビジネスで成功したダイス・スズキ(清原翔)のこと。 甲斐が顧問弁護士を務める「テクノーツ」の社長でシンガポール在住。 兵庫県神戸市生まれ。 私立桃宮幼稚園、神戸市立篠原小学校、私立宝塚中学校・高等学校卒業。 東京大学教養学部1類在学中に「テクノーツ」を起業。 司法試験予備試験を合格した後に東京大学法学部1類に進学。 司法試験合格と法学部1類卒業後は関西弁護士会に登録。 ハーバード大学ロースクールを卒業した後、テクノーツの経営に専念する。 元社員の梅宮(泉里香)にパワハラで告訴され、スキャンダル記事のゲラを手に「幸村・上杉法律事務所」を訪れる。 担当弁護士の甲斐に週刊誌の記事差し止めを求めていた。 甲斐は、茜がダイスのライバル会社・AIトラストと交わしたとされるメールを捏造し、彼女がスパイ行為を行った上、ダイスのスキャンダルをでっち上げようとしたと主張。 さらに、茜の弁護士・木次谷公一(橋本さとし)がAIトラストの顧問弁護士であることからスパイ行為の共謀だと非難し、記事の差し止め要求を飲ませる。 鈴木大貴と甲斐の接触と改名までの流れ 事務所の稼ぎ頭である甲斐は、出資者としての地位を持ち、経営にも参画するシニアパートナーへの昇格を狙っていた。 気乗りしないものの、その条件を受け入れた甲斐は、新人採用の面接会を開く。 そこに偶然やってきたのが、悪友・谷元遊星(磯村勇斗)の影響でその日暮らしのフリーター生活を送り、さまざまな業種の替え玉受験にも手を染めていた鈴木大貴(中島裕翔)だった。 大貴は、幼いころに両親を交通事故で亡くし、祖母の結衣(田島令子)に育てられた。 結衣が骨折したという知らせを受けた大貴は、彼女を介護施設に入れるための資金を手に入れるために遊星が持ちかけた儲け話に乗り、とあるホテルまでアタッシュケースを届けに行く。 実はそのアタッシュケースの中身は3000万円もの現金だった。 遊星は、かき集めた金で違法薬物の取引をしようとしていたのだ。 しかし、実はその取引は警察のおとり捜査だった。 取引直前にそれに気づいた大貴は、捜査員たちに追跡されるが、同じホテルで甲斐が行っていたアソシエイトの面接に紛れ込んで難を逃れる。 事情を知った甲斐は、大貴に興味を抱く。 大貴は、六法全書をたった2回読んだだけでそのすべてを記憶するほどの頭脳の持ち主で、高校2年生のときに司法予備試験に合格していた。 だが、ある先輩の替え玉としてセンター試験を受験したことがバレて本試験の受験資格を失っていた。 大貴の採用を決意した甲斐は、悪友との関係を清算するよう命じると、ある人物に成りすますよう指示した。 それは、ハーバード大学のロースクールを出て弁護士になったにもかかわらず、そのキャリアを捨てて企業家に転身した人物、ダイス・スズキこと鈴木大輔だった。 ダイスはシンガポール在住だが、いまも関西弁護士会に所属していた。 大貴は、家庭裁判所を訪れて「大輔」への改名を申請すると、ダイスに関する資料をすべて暗記する。 さらに大貴は、ダイスの生まれ故郷はもちろん、彼が入学した東京大学、ハーバード大学を訪れる。 甲斐は、そんな大貴に、これまでの犯罪歴をまとめておくよう指示した。 鈴木大輔(中島裕翔)の能力 わぁー、素敵だ!鈴木先生。 というだけでとくにこの能力を身に着けた切っ掛けなどは描かれていません。 これは原作の海外ドラマでも同じ事で、とくに理由はなく、生まれ持った才能・・・というやつですね。 一度目を通せば六法全書でもなんでもフル暗記出来るという能力です。 記憶能力が高い、天才的な能力です。 上司だった柳慎次(國村隼)が重要な証拠を隠蔽していたんです。 13年間、世田谷で名門私立高校に通う女子高生・東珠里が惨殺された。 強姦目的の殺人として逮捕されたのは、前科がある無職の男・栗林紡(淵上泰史)だったが、隠されていた証拠品には栗林と被害者が恋愛関係にあったことを証明する手紙があった。 また、所轄署に戻された証拠品の中に事件当日被害者が着用していたキャミソールもあり、そこには栗林とは別の人間の血液が付着していたのだ。 甲斐が真犯人だと考えていたのは、事件当日、被害者とカラオケに行った同級生・曽我部一也(生島翔)と蜂矢勇気(上遠野太洸)だ。 曽我部たちは、当時学内で違法薬物を売りさばいていたという噂もあった。 甲斐からふたりに関する情報を集めるよう依頼された大輔は、遊星(磯村勇斗)のもとを訪れ、協力を求めた。 ほどなく、被害者のキャミソールに付着していたDNAが、曽我部のものと一致したという結果が出る。 さっそくその結果を春香に伝える甲斐。 すると春香は、警察から連絡があり、キャミソールが被害者のものかどうか怪しいと言われたことを告げる。 13年前にキャミソールを所轄署から検査施設に運んだ記録がないというのだ。 大輔とともに検察庁の春香(上白石萌音)を訪ねた甲斐は、曽我部と蜂矢に出会う。 曽我部は、いくら騒ごうと裁判にはならない、と余裕を見せる。 そこで甲斐と大輔(中島裕翔)は、容疑者の自白を取るためのある作戦を考える。 チカのもとを訪れた大輔は、自分が無資格の弁護士という事がチカにバレていたため 「この案件を最後に弁護士を辞めます。 僕はどうなっても構わないので、甲斐先生だけは守ってください」 とチカ(鈴木保奈美)に告げます。 その夜、暴漢に扮した遊星は、蜂矢のマンションに侵入し、曽我部に頼まれてきた、といって彼を襲おうとする。 怯えた蜂矢は、珠里を殺したことはしゃべらないと曽我部に伝えてほしい、と遊星に告げる。 そのとき、部屋の明かりがともった。 そこにいたのは、刑事の高松だった。 蜂矢は、刑事たちに連行され・・・。 報告を受けた大輔は、弁護士バッジを甲斐のデスクに置くと、事務所を出ていく。 柳に会いに行った甲斐は、蜂矢が落ちたことを告げた。 そして甲斐は、過去の案件の中から不正が見つかったことをチカに報告していた。 そのすべてを公表し処罰を受ける、とチカに告げる甲斐。 怒ったチカは、絶対に認めない、と甲斐に迫った。 すると甲斐は、不正に目を瞑る代わりに、代表にも目を瞑ってもらいたいことがある、と切り出す。 栗林の釈放に立ち会った大輔が、ファームに戻ってきた。 ロビーで待っていたのは真琴(新木優子)だ。 甲斐は、そんな大輔に声をかけ、何かを放った。 それは、弁護士バッジだった。 甲斐は、大輔にボストン行のチケットと小切手を手渡すと、2年で帰ってこい、と告げた・・・。 そしてここから、season2の1話に繋がったわけでございます。

次の