カルダモン 使い方。 カルダモンはダイエットにもいい!?その効果と使い方とは?

カルダモンの効能とは?オススメの使い方もご紹介!

カルダモン 使い方

Contents• どこか、消毒液を感じさせるような香りだといわれる事もあるようです。 カルダモンは、日本では知名度は低い方だと思いますが、実は、古くはギリシャやローマで口臭消しや香水の材料として重宝されていたようです。 インドでは経済的な意味から、 「スパイスの女王」と呼ばれています。 古代エジプトでは、神殿での祈祷の時に焚かれるお香として使われていたようです。 「聖なる香煙」と呼ばれていたようです。 カルダモンには、グリーンカルダモン・ホワイトカルダモン・ブラックカルダモン(ブラウンカルダモン)と呼ばれるものがあります。 グリーンカルダモンが、 1番良質とされていて、レモンのような爽やかな香りをも感じさせます。 ホワイトカルダモンは、グリーンカルダモンを漂白したものです。 ブラックカルダモンは、純粋なカルダモンではなく、安価で、カルダモンの代用品のように使われたりするものです。 しょうのうのような香りを感じさせます。 アラビア砂漠の遊牧民の一部には、 カルダモンコーヒーで質の良いカルダモンを使って歓迎の意を表して客をもてなす習わしがあるようです。 ちなみに、カルダモンの栽培はとても難しいようです。 カルダモンの期待されている効能7選 1、消化の促進・整腸作用 コリアンダーにも似たところで、食物の消化を助ける作用、胸焼けや吐き気を抑えたり胃の炎症を和らげる作用、胃酸過多を抑える作用があるといわれています。 胃腸内に溜まったガスを排出する作用を持ち、消化の助けになるといわれています。 2、口臭の予防 カルダモンには、爽やかなフレイバーだけでなく、菌を抑える働きがあるといわれています。 さらに、口内の消化機能を改善する作用があるといわれることから、口臭の根本的な改善に期待が持てます。 3、呼吸器系の症状緩和 カルダモンは、血液の循環を良くし、体を中から温めるとされています。 アーユルヴェーダでは、痰の排出や胸の詰まりの改善に良いといわれていたり、喘息や咳などの症状の緩和に期待されています。 4、心拍や血圧を整える カルダモンは、カリウムなどのミネラルを豊富に含むことからも、心拍を規則的にしたり血圧を良い状態に整える作用があるといわれています。 5、貧血 カルダモンに含まれる、 カリウム・カルシウム・マグネシウム、銅や鉄、必須ビタミンやナイアシンなどが貧血の緩和に役立つといわれていて、赤血球を作ったりすることにも助けになるといわれています。 6、デトックス カルダモンには、マンガンが豊富に含まれていて、活性酸素の除去する作用があり、他にも体の毒素を除去する作用が強いといわれています。 脂肪を取る作用もあるといわれてもいます。 7、夜の営みの味方 滋養強壮や性的効能、興奮剤としての作用があるといわれています。 そして、早漏やインポテツなどの治療にも効果があるといわれています。 ベッドの中でも、パワーと持続力に良い影響が期待できます。 他にも、 脳機能の向上・ 花粉症の改善・ 防腐性や殺菌性などの効果があるともいわれています。 カルダモンの副作用 摂り過ぎはいけませんが、適量であれば特に副作用はなさそうです。 ただ、胆石や胆嚢疾患がある場合は摂取を控えた方が良いといわれています。 どちらにしても、香りが強いですし、隠し味に少量使うのが良いようです。 カルダモンの使い方 カルダモンもやはり カレーにはよく使われるスパイスです。 ガラムマサラにもよく使われます。 個性が強いので、メインには使いにくいですが、隠し味に上手に使うのに良いでしょう。 他にも 焼き菓子や お茶としてなどにも使われます。 肉の臭み取りや風味付けに使われ、どんな食材とも相性はよいといわれていて、その中でも果物と相性が良いようです。 果実との相性がよいので、 ジャムや ゼリーなどを作る時にも使われます。 他のスパイスとの相性としては、クローブとの相性が良いといわれていて、 デザート作りに一緒に使われたりするようです。 シナモンの代用的に使われたりもします。 ただ、香りは分かりやすいく強さもありますので、風味的には好みが分かれるかもしれません。 意外にも、 そのまま実を噛むという使われ方もあります。 口臭消しや胃の粘膜の機能アップの為の使われ方です。 カルダモンティー 緑茶などにカルダモンを入れて、お湯を注ぎ煎じて飲みます。 消化不良や、頭痛などの時によく飲まれたりするようです。 紅茶などにもよく合い、カルダモンを加えて、カルダモン入り紅茶として飲まれたりもします。 お好みで、ティースプーンに一杯程度入れます。 ホールで使うのであれば、紅茶の茶葉と一緒に蒸らして濾します。 チャイ 紅茶に牛乳とシナモン、そこにクローブやカルダモンを少し入れて作ります。 手順はいろいろありますが、水に紅茶葉とスパイスとすった生姜などを入れて沸騰させ、そこに温めた牛乳を混ぜて、濾します。 カルダモンの貧血予防ドリンク 牛乳をコップ一杯ほど温め、そこにカルダモンパウダーを少し混ぜて作ります。 シロップなどで味を整えたりもします。 インドなどでは、貧血の予防に効果がらあると期待されている飲み方のようです。 コーヒー カルダモンを使うコーヒーには、いろいろ作り方がありますが、淹れたコーヒーの中にホールカルダモンの中の種子を入れるというだけでも、ちょっと違うコーヒーがいただけます。 カフェインの毒性を中和するといわれています。 カルダモンのまとめ いかがでしたか? 温かいカルダモンティーなどで、 消化促進・口臭予防・咳や痰の抑制・整腸作用・リラックス作用、汗も出しやすくしてくれるといわれていますし、風邪のひき始めなどに良さそうです。 もちろん、効果が証明されているわけではありません。 隠し味程度に風味を楽しむところで、そのような効果があれば嬉しいところですね。

次の

カルダモンのホールの使い方紹介!さやを潰すと皮を剥ける!カレーにはパウダーとそのまま、どちらが適切?

カルダモン 使い方

Cardamom:ショウガ科の多年生草本 エキゾチックな魅惑のスパイス:カルダモン! 「スパイスの女王」と呼ばれるカルダモンのエキゾチックな芳香と清涼感は、非常に好まれる一方で、薬臭いと感じる人も多く、好き嫌いが分かれやすいスパイスの1つです。 カルダモンは他のスパイスと一緒に使うと失敗しない その為、なるべく単独での使用をさけ、少量を他のスパイスとブレンドして使用するのがカルダモンを上手に使いこなす秘訣です。 カルダモンは、カレーの主要原料 カルダモンはカレーパウダーの主原料の1つなので、香りからカレーをイメージする人も多いですが、柑橘系の成分「リモネン」が含まれているのでフルーツやお菓子、紅茶やジュース等の甘いものとの相性も良いスパイスです。 カルダモンの成分 シオネール、テルピネオール、ピネン、リモネン、リナロール、サビネン、ミルセン、ゲラニオール他… カルダモンの効能・美容効果 胃の働きを助けてくれるカルダモン カルダモンには、芳香性健胃作用といって、胃腸の調子を調える効果があると言われています。 食前に摂れば、食欲増進効果が期待でき、食後に食せば消化促進に効果的です。 爽やかな清涼感は心の不調にも作用します その他、矯臭力と清涼感がある為、口腔清涼剤としても利用されている他、スーッとした清涼感が胸焼けや吐き気、胃の不快感を取り除き、胸の仕えを取ってくれるとされています。 お口さっぱり効果だけでなく、気を巡らす「ホールズ」効果も! 「胸の支え」というのは、どちらかというと「気持ち」からくるものです。 漢方では、カルダモンは「理気」効果といって、くよくよしたり、思い悩んだりしている時の胸のあたりの重さや気の滞りを改善してくれる生薬として処方されます。 イメージで言えば、「ホールズ」のコマーシャルのような感じ。 カルダモンの香りと特徴 サフランの次に高価なスパイス! 甘く爽やかな芳香で、スーとした清涼感とスパイシーさがまざった香り。 サフランに次ぐ高価なスパイスです。 カルダモンの外側の緑のサヤはスパイスじゃない! 黄緑色の莢(サヤ)には芳香成分はなく、中の黒い種子にのみ香味があります。 ホールのまま利用する場合は、この黄緑色の莢を指で半分ぐらい裂くか、1~2度、乳棒などで叩いてから利用します。 ご自分でパウダーにする場合は、莢を取り除き、黒い種の部分のみをミルで挽きくと純度の高いカルダモンパウダーができます。 ただ、非常に手間がかかるのと、効果なスパイスでもあるので、カレーやチャイに使う場合は、莢(サヤ:外側の緑の皮)ごとミルサーで挽いてしまいましょう。 私もサヤごとミルサーで挽いて使っています。 フルーツポンチやフルーツに直接振りかけて使う場合は、使用分量もごくわずかですし、繊細な香味を楽しみむ為にも種だけを挽いて使うのがオススメです! カルダモンの芳香が苦手な方は、莢(サヤ)ごとホールで利用すると、独特の刺激性芳香が弱く感じられて使いやすいと思います。 カルダモンと相性の良い食材 カルダモンはお肉の臭み消しとして使う カルダモンは香りが強いので、肉類の臭みを取る矯臭効果が期待できます。 ハンバーグやミートローフにいれれば、消臭効果と合わせて、いつもよりもエキゾチックでエスニックな香味が楽しめます。 カルダモンは魚介類の淡白な素材と相性抜群 カレーのイメージが強いカルダモンですが、実は、ホタテやエビとの相性が抜群。 淡白な素材の臭み消し+香りづけとして、ホワイトペパー等と合わせて使ってみてください。 ただし、分量には注意が必要。 5-6コのホタテなら、カルダモン耳かき2杯程度+ペパー3杯くらいで十分です ベルモットやジンにもカルダモンは入っている!! また、ベルモットやジン等のお酒の主要香気成分となっていることからも、カルダモンの香りは飲料水やお酒などとも相性が良いです。 爽やかな香りを利用して果物や飲み物にも使ってみて! その他、果物や、クッキー、ケーキなどの甘い菓子類、ドライフルーツやナッツ類と合わせてパンに入れる等、甘く脂分の多い食材ともカルダモンは良く合います。 カルダモンの防腐効果はピクルスにも最適! カルダモンには防腐効果もあるので、ピクルスのアクセントとして利用すれば香味と保存の両面で効果を発揮してくれます。 コーラーに入れて飲んでも美味しいカルダモン! コーラーは、あまり身体に良くありませんが、コーラ等にいれて飲んでも美味しいです。 カルダモンは、デーザートや飲み物の分野で非常に活躍してくれるスパイスです。 白ワインの飲み残しに、2粒ほどのカルダモンをサヤを少しさいて入れてみてください。 次の日には、また違った香りの白ワインを楽しむことができますよ! カルダモンを使った時短レシピ•

次の

カレーにも、紅茶にも!カルダモンの効能と効果的な使い方

カルダモン 使い方

カルダモンとは?脳機能を改善など効能もご紹介! インド料理を中心として、エスニック料理に多く用いられる香辛料であるカルダモン。 カルダモンの基本的な知識と使い方、そして脳機能を改善させるなどの効能をご紹介していきます。 そもそもカルダモンとは? カルダモンは、 南インドが原産のショウガ科の多年草・ショウズクの種子部分のことです。 日本での呼び名・カルダモンは、 ラテン語の「Elettaria cardamomum エレッタリア カルダモムム 」に由来する、英語の「cardamom カーダモン 」から来ていると言われています。 また、一説によるとその名前は、 ヒンドゥー後で心臓という意味を持つ「cardia カルディア 」と生薬を意味する「amoumum アモーマム 」を合わせて「心臓の形を持つ生薬」という意味からきているとも言われています。 本場である中東では、コーヒーの風味つけとしても使われています。 中東で カルダモンは「歓迎のシンボル」とされていて、客人をカルダモンコーヒーでもてなす、という習慣があるそうです。 中東ではポットの口にカルダモンを詰めて風味つけしますが、日本では カルダモンホールのさやをコーヒー豆といっしょに保管することで風味つけするのが一般的です。 その他にもハーブティーにしたり、ワインに入れて飲んだりするのがおすすめ! 肉料理の臭み消しやパン・スイーツの風味つけにも使用されるなど、幅広い使い方ができます。 また、カルダモンは食べるだけでなく、 香水の原料としても古くから使われてきました。 POINTカルダモンを摂取すると脳の酸素消費量が上がり、脳が刺激され、活性化すると言われています。 それにより、 集中力や記憶力が高まり、仕事や勉強などの物事を積極的に行う意欲を湧き起こす効果が期待できます。 その他の効果も簡単にまとめてみました。 おなかの調子を整える効果• 交感神経に作用してリラックスさせるなど疲労回復をさせる効果• 発汗を促す作用による体温の調節効果• 抗菌作用による口臭予防効果• 消化・脂肪燃焼によるダイエット効果 また、 呼吸器官の改善効果も期待できるので、 風邪を引いたときや花粉症の季節にカルダモンのアロマオイルなどで香りを取り入れると楽になるそうです。 カルダモンコーヒーやカルダモンティーなどを飲めば、 体が温まり、肺の血流も改善されるので、ぜんそくなどの重い呼吸器系の病気を緩和させることもできます。 注意胆石・胆のう疾患・胆管疾患を患っている方は使用を控えましょう。 カルダモンには、これらの痛みを鎮める効果がありますが、 痛みがなくなったことで危機感を失ってしまい症状が悪化していってしまう可能性があるからです。 また、問題は確認されていませんが、 妊娠・授乳中の方も安全性が確立していないため使用は控えた方がいいでしょう。 まれにではありますが、 敏感肌の人の場合は、肌へ使用するとアレルギー反応が出てしまうこともあるので、アロマオイルを使用する際には少量を試してからにしましょう。 ここまで、カルダモンの効能やアーユルヴェーダのアロマへの使い方、副作用についてお伝えして参りました。 過剰な摂取は効果を高めずにむしろ体にとって有害となるので控えましょう。 適切な量を守り、カルダモンを取り入れた健康的な生活を目指しましょう!.

次の