福井 県 コロナ。 新型コロナウイルス

シネマ

福井 県 コロナ

当社は、福井本社(福井市)で勤務する役員1名(男性)が新型コロナウイルスに感染していることを確認しました。 当該者は2020年3月12日に発熱し、その後一旦発熱は治まりましたが、3月18日に再度発熱したため、同日福井市内の医療機関を受診しPCR検査を受けた結果、COVID-19の陽性であることが同日夜に判明したものです。 当該者は現在、所管保健所の指導のもと福井市内の医療機関にて療養中です。 現在、保健所からの連絡を受け、当該者の行動歴や濃厚接触者の詳しい調査を進めると同時に、当該者が勤務する建屋において勤務する社員全員に対して、本日より4月1日(水)までの最長14日間、在宅勤務等をするよう指示を行ったところです。 福井本社では、研究開発、営業、生産、事務等の業務を行っており、約470人が就業しておりますが、そのうち研究開発、営業、事務等の一部の約250名が自宅待機となります。 なお、同建屋につきましては、速やかに消毒作業を実施いたします。 また、当社の商品を介し、感染することはございません。 当社では、これまでも出張制限や手指の消毒、マスク着用等、新型コロナウイルス感染予防策を実施してまいりましたが、今般新型コロナウイルス対策本部を設置し、お客様、取引先様、従業員および家族への感染拡大を最小限に防ぐよう全力で対応してまいります。 今後につきましては、社内外への感染被害抑止及び社員の安全確保を最優先に行動するとともに、引き続き、社員及びご関係の皆さまの健康状態の把握をはじめとする情報収集に努めてまいります。 なお、当件に関しての今後の業績への影響等につきましては、詳細が判明次第追って公表させていただく予定です。 前スレ [ 匿名さん].

次の

新型コロナウイルス関連情報(7月21日更新:新型コロナウイルスに関する休日相談窓口の変更について)

福井 県 コロナ

本ページでは、新型コロナウイルス感染症の福岡県内での感染者の概要を掲載しています。 )(6月24日時点) 福岡コロナ警報について(6月24日時点) 本日、1件(うち、経路不明1件)の陽性者の報告がありました。 4つの指標の値は、全て基準未満です。 検査陽性率は0.2%です。 病床については、490床(このうち重症病床60床)を確保しています。 民間の宿泊療養施設についても、826室を確保しております。 また、患者の受入調整についても、「新型コロナウイルス感染症調整本部」によって全県的に実施される等、医療現場は、直ちにひっ迫する状況ではないと考えております。 北九州市1名 北九州市2名、福岡市1名 6月24日(水曜日)、福岡県内でPCR検査を429件(うち、民間検査369件)実施し、842人目の患者の発生報告がありました。 患者842 6月24日(水曜日)、北九州市内で842例目の新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 6月23日(火曜日)A医療機関を受診。 B医療機関にて検体採取。 6月24日(水曜日)本市保健環境研究所におけるPCR検査の結果、陽性が判明。 (3)現在の状況 調査中。 (4)行政対応 患者に対する健康調査(行動歴、接触歴を含む)を実施中。 例目 行政区 年代 性別 職業等 渡航歴 濃厚接触者 備考 842 中間市 50歳代 女 調査中 調査中 調査中 6月23日(火曜日)、福岡県内でPCR検査を376件(うち、民間検査306件)実施し、839~841人目の患者の発生報告がありました。 患者839~840 6月23日(火曜日)、北九州市内で839~840例目の新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 A医療機関受診。 6月22日(月曜日)症状が続くため、B医療機関受診。 胸部X線写真にて肺炎像を確認。 C医療機関にて検体採取。 6月23日(火曜日)本市保険環境研究所におけるPCR検査の結果、陽性が判明。 (3)現在の状況 軽症、入院中。 (4)行政対応 患者に対する健康調査(行動歴、接触歴を含む)を実施中。 (5)患者行動歴 調査中。 (6)濃厚接触者 調査中。 ・840例目 (1)患者情報 下記のとおり (2)経過 6月初旬から咳が続く。 6月22日(月曜日)症状が続くため、D医療機関受診。 胸部X線写真にて肺炎像を確認。 6月23日(火曜日)E医療機関にて検体採取。 本市保健環境研究所におけるPCR検査の結果、陽性が判明。 (3)現在の状況 軽症、入院中。 (4)行政対応 患者に対する健康調査(行動歴、接触歴を含む)を実施中。 (5)患者行動歴 調査中。 (6)濃厚接触者 調査中。 例目 行政区 年代 性別 職業等 渡航歴 濃厚接触者 備考 839 門司区 40歳代 男 自営業 なし 家族 840 小倉南区 70歳代 男 会社員 なし 調査中 患者841 6月23日(火曜日)、福岡市内で841件目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 例目 年代 性別 居住地 家族構成 職業 行動歴 発症日 症状 特記事項 841 20歳代 女 福岡市中央区 単身 無職 発症前、東京での滞在歴あり 6月22日 発熱、倦怠感 感染症指定医療機関に入院中 6月22日(月曜日)、福岡県内でPCR検査を230件(うち民間検査179件)実施し、患者の発生報告はありませんでした 6月21日(月曜日)、福岡県内でPCR検査を139件(うち民間検査96件)実施し、患者の発生報告はありませんでした。

次の

新型コロナ「感染率」ワースト1位は東京ではなく、福井だった 10万人当たり感染者数で見えた真実

福井 県 コロナ

公開日:2020年4月30日 15時20分 (令和2年4月26日改訂) 社会福祉協議会では、このたび、新型コロナウイルス感染症拡大等の影響により収入減少があった世帯に対し、生活福祉資金貸付制度にかかる特例貸付を実施いたします(通常の一部条件を緩和)。 本制度は返済の必要がある貸付であり、給付ではございませんのでご注意ください。 貸付内容 「緊急小口資金」と、「総合支援資金」があります。 申込受付開始 令和2年3月25日(水) 9時~ 相談・申込先 住民票と住所地の一致するお住まいの市町社会福祉協議会(下記参照) 貸付条件など• 貸付に際しては、各種条件があります。 申込後、審査にて最終的な貸付可否を決定しますので、貸付まで一定程度(緊急小口資金特例貸付で10営業日程度)の時間がかかります。 資金の貸付とともに、状況の回復(返済完了)まで社会福祉協議会をはじめとする関係機関が相談・支援を行います。 記入・押印漏れや書類不足の場合、送金が遅れます。 【2】総合支援資金 (生活支援費) (新型コロナウィルス感染症特例) 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて主に失業したことにより生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯に対して、生活再建までの間に必要な生活費用を貸付する制度です。 窓口により受付時間を設けている場合や、担当者が不在の場合もございますので、 事前に必ず電話でお問い合わせください。

次の