白菜 黒い点。 白菜の葉先や茎に黒い点!カビ?食べても大丈夫?返品するべき?!

白菜の黒い点の正体はポリフェノール!食べても大丈夫です!

白菜 黒い点

スポンサードリンク 白菜の黒い斑点は『ゴマ症』 白菜の黒いてんてんはポリフェノール。 正式名称は「ゴマ症」といいます。 ゴマ症とは白菜の白い部分に 多数の黒い点々、 シミ状の黒い斑点が発生する現象のこと。 病原菌などのによるものではなく カビや虫でもありません。 栽培環境のストレスに 白菜の細胞が対応し ポリフェノールが蓄積したもの。 それが斑点状に出たものが黒い斑点ですから 食べても全く問題ありません^^ ゴマ症を虫やカビと勘違いし 農家に苦情が来る事も結構あるそうです。 ストレスの原因としては ゴマ症になる原因はストレス! 白菜のストレスとは下記のような状態。 窒素 肥料 の過剰• 高温、低温• 高密度で畑に植えられてしまった• 殺菌剤 銅を含む の多用• 収穫後の低温での長期保存 などが白菜のストレスの理由です。 それにしてもゴマ症の原因が ストレスだなんて なんだか人間と一緒。 白菜の世界も何かと大変ですね… 白菜のてんてんが 安全とわかれば、あとは食べるだけ! 今夜はお鍋にしようかな~?!.

次の

白菜の黒い斑点「汚れ、カビじゃない」 ではいったい...その意外な正体: J

白菜 黒い点

昨日の夕飯は鍋にしようと思って 白菜を買ったら、その白菜、 黒い 斑点がたくさんついてて……。 なんだか気持ち悪くて使ってないんだけど、あれって 病気なのかな?それとも カビ? 黒い斑点がついている白菜。 時々そんな白菜にめぐり会うことがありますよね。 少しならあまり気にならなくても、 点々とたくさん付いていると、• これって食べて大丈夫なの?• 子供に食べさせるのはなんだか心配…… と気になってしまいます。 それに、もしも 病気や カビ、 虫だったりしたら、「買ったお店に言った方がいいのかな?」って思いますよね。 実際、スーパーの野菜売り場で働いていた友達の話では、「白菜に黒い点々がいっぱいついてる!」と、クレームが来ることがあるそうなんです。 でも、実はあの黒い斑点は、 病気やカビ、虫なんかではないんですよ~。 今回は、 目次(クリックすると読みたいところにとびます)• 黒い斑点の正体は?食べても大丈夫? 白菜の黒い斑点の正体、それは…… 白菜のポリフェノールが表面に出てきたもの 白菜の ポリフェノールが蓄積して、 細胞壁が変色したものなんです。 黒い点々なので「 ゴマ症」と呼ばれています。 黒くなる 原因については、後で詳しく説明しますが、 病気やカビ、虫などではありません。 ポリフェノールはほとんどの野菜にあり、栄養素のひとつと言われています。 ゴマ症は、そのポリフェノールが「生理障害」で表面に現れて、黒くなってしまったものなんです。 白菜の シミや そばかすみたいなもの……と思ってもらえれば大丈夫です! 栄養失調、栄養過多、低温度または高温度による障害など。 野菜の生理障害には、栄養分の過不足や温度の過不足があります。 主な症状は、葉が変色・萎縮したり枯れたり、成長が鈍化します。 do-agri. html そして、白菜に黒い斑点があっても、 食べるのには全く問題ありません!安心して食べてくださいね! でも、黒いのがあまりにも点々とたくさん付いていると、なんとなく気持ち悪い……。 黒いので、そんな風に感じてしまうこともあるかもしれませんね。 そんな時は、包丁で黒い部分を そぎ落として食べて下さい。 いくら「食べても大丈夫だよ」と言われても、食材の見た目が食欲に影響することもありますよね。 でも、気になる部分をそぎ落とせば、その問題もクリアできますよ。 肥料のやり過ぎ• 気温(高過ぎや低過ぎ)• 過密状態での栽培 などで、栽培の環境や方法によって起こる、白菜が受けるいわゆる ストレスが 原因なんです。 また、ゴマ症は、 低温での管理が原因で起こることもあります。 買ってきてすぐは斑点がなくても、冷蔵庫での保管が長くなると現れることもあるのです。 ゴマ症が気になるなら、買ったらできるだけ早く、新鮮なうちに食べる方がいいということですね! 黒い点々は、見た目があまり良くないので、消費者にはやっぱり敬遠されがち。 栽培農家の方も、できるだけゴマ症が出ないように努力されています。 でも、気温によるストレスなどは農家の方でもどうしようもありませんよね。 ゴマ症がまったく出ないようにするのは、なかなか難しいことです。 万一、当ブログ内の情報を利用することでトラブル(直接、間接を問わず)が生じたたとしても、当方では責任を負いかねます。 あらかじめご了承の上、読者様の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。 商品ご購入、ご利用の最終的な判断は読者様の責任でお願いいたします。 また、引用文の著作権は引用元に所属します。 全体一部を問わず無断使用はできません。

次の

白菜にある黒い点の原因は何?カビや虫ではない・・・その正体はポリフェノールだった!

白菜 黒い点

・白菜の全体的に黒いポツポツがある ・芯の白い部分に一部だけ黒い点々がある ・白菜の内側の筋にそって黒くなっている ・カビや虫食いのように黒い点々がある このような黒い点がある白菜を購入することがありますよね。 一部だけなら大丈夫かなと思いますが、全体的に黒い点が沢山付いていると食べると身体に害があるのではないかと心配になりますよね。 白菜の黒い点は 「ゴマ症」という生理障害です。 黒い点々が黒ゴマを振ったように見えるのでその名の通りですよね。 ゴマ症は病気やカビ、虫ではなく、白菜の表面に「ポリフェノール」が出てきたものです。 白菜の黒い点は見た目だけの問題で食べても全く問題ありません! 今まで黒い部分が気持ち悪くて、捨ててしまったり、そぎ落としていた方も、これからは安心して食べてくださいね! それでは、次は黒い斑点である「ゴマ症」が白菜に出る原因についてご説明していきます。 黒い斑点が出る原因は? 1、肥料の窒素のやりすぎ 2、栽培中に低温・高温になったため 3、収穫時期の遅れ 4、収穫後に低温で保管していたため 「ゴマ症」というポリフェノールが表面に出てくるのは白菜の 「生理障害」が原因です。 白菜の 栽培中の環境や状況によって生じるものです。 白菜の「ゴマ症」は栽培状況の環境によって割と頻繁に起こってしまうのです。 1、肥料の窒素の影響 栽培中に 窒素系の肥料のあげすぎで黒い点がでることがあります。 農家さんも肥料やりには十分注意されていますが、やはり個体差で黒い点が出てしまうことあります。 2、栽培中の気温の変化 低温や高温など気温の激しい変化があった場合でも黒い斑点が出てしまいます。 気温の変化は農家さんではどうすることもできないので辛いですよね。 3、収穫時期の遅れ また、 収穫時期の遅れも「ゴマ症」になる原因となります。 さすがに大幅に収穫時期が遅れるってことはないと思いますが、白菜の個体差によって、収穫したときには黒い斑点が出てしまっているというのもあります。 4、収穫後の低温の保管 収穫後に 低温で保管してしまっために黒い斑点がでることもあります。 保管倉庫や運搬中や冷蔵庫の冷え過ぎなども原因となります。 このように白菜は栽培中や収穫後も色々なストレスを受けています。 黒い点である「ゴマ症」は白菜が受けたストレスと言われており、 白菜が頑張った証拠になるのです。 スポンサーリンク 「ゴマ症」の白菜の味の変化は? 味に大きな変化はない! 黒い点がある白菜は、 味が若干落ちるという説や寒い気候にさらされているので むしろ甘みが増しているという説など色々あります。 私が食べた感じでは、黒い点があるからと言って特に 大きな味の変化はないように思います。 冬の白菜はどれも美味しいし甘みがあるので、それが黒い点があるからと言って大きな差があるようには思えません。 仮に味が落ちていたとしても 気になるレベルではないということです。 味の変化は問題ないので、あとは 見た目が気にならない料理にすると良いですね。 白菜と豚肉のミルフィーユ鍋とか、白菜のクリーム煮も美味しいですね。 あとは普通に お鍋をしたり炒め物や味噌汁にしても気にならないですよ!サラダは黒い斑点が目立つので、気になる方はやめておいた方がいいですね。 まとめ <白菜の黒い点は何?食べても害はない?> ・黒い点はポリフェノールが白菜の表面に出たもの ・黒い点がある白菜は食べても大丈夫! <黒い斑点が出る原因> ・肥料の窒素のやりすぎ ・栽培中に低温・高温になったため ・収穫時期の遅れ ・収穫後に低温で保管していたため <ゴマ症の白菜の味の変化> ・味に大きな変化はない! 鍋や炒め物、サラダなど色々な料理に使えて便利な白菜は寒い季節の必須の野菜ですよね!白菜の黒い点はポリフェノールなので食べても何も問題はありません。 また、味も普通の白菜とほとんど違いはありませんので安心してくださいね!.

次の