急性 すい 炎。 医療と健康[日本医師会ホームページ]

急性膵炎の症状 ~急性すい炎になった私の症状~

急性 すい 炎

成因 [ ] 成人の急性膵炎の原因としては と が2大成因とされている。 この二つが急性膵炎全体で占める割合は国や地域によって大きく異なる。 胆石症の場合は胆嚢摘出術、アルコール性の場合は禁酒によって再発のリスクが減少する。 その他は、特発性、(ERCP)後、、膵胆管合流異常症等が上げられる。 また、感染者ではによる薬剤性のものが報告されている。 小児の場合は、といった感染症、であるやのバルプロ酸、などの全身疾患、交通事故、虐待などの外傷・遺伝性膵炎の報告もある。 その他、上皮小体機能亢進症、膵・胆道系腫瘍によるものもある。 症状 [ ] 以下の症状を認める• 上腹部(特に心窩部)の激痛• 麻痺性• 悪心・嘔吐• 背部痛• カレン徴候(Cullen徴候) 膵液によって組織が自己融解を起こし、血性滲出液が臍周囲の皮下組織に沈着して暗赤色に染まる• グレイ・ターナー徴候(Grey-Turner徴候) 膵液によって組織が自己融解を起こし、血性滲出液が左側腹部の周囲が暗赤色に染まる 検査 [ ] 血液検査 [ ] 血液検査としては以下が認められる。 膵酵素の高値(診断の指標として用いられる)• 血中上昇(特異度・感度共に一番の指標となる)• 血中上昇(48時間で最高に達し、以後下降する)• ・・高値(重症度の指標として有用) さらに疑いが強ければ次のもの。 低値(重症度の指標として有用)• 腎機能• 動脈血の酸性度• 酸素濃度• 酸と塩基のバランス(など) 画像検査 [ ] 膵臓の腫大の評価と胆石等の要因精査のために・等が行われる。 膵腫大像・周囲組織脂肪織高値像・液体貯留像・腹水貯留像• 膵壊死像・融解像(Echoで低輝度 造影CT検査で造影不良像)• 麻痺性像(colon cut off sign sentinel loop sign) 評価 [ ] 診断 [ ] 厚生労働省難治性膵疾患に関する調査研究班2008年によると急性膵炎は以下の手順で診断される 上腹部痛に急性腹痛発作と圧痛がある。 血中または尿中に膵酵素(・など)の上昇が認められる。 超音波、CTまたはMRIで膵に急性膵炎に伴う異常所見がある。 上記3項目中2項目以上満たし、他の膵疾患および急性腹症を除外したものを急性膵炎と診断する。 但し、慢性膵炎の急性増悪は急性膵炎に含める。 急性膵炎と診断した場合は重症度に関係なく、入院治療を行う。 重症度によって治療を行う医療機関が異なるため搬送が必要となる場合がある。 重症度 [ ] 重症度評価には主に以下のものがある。 日本ではである「重症急性膵炎」への適応判断のために作成の重症度判定基準が一般的に用いられる。 発症より48時間以内で評価を行うこととされる。 厚生労働省急性膵炎重症度判定基準(2008)では9つの予後因子からなる判定基準および造影CTによるgradeで重症度判定を行う。 9つの予後因子に関しては診療所等でも評価可能であり搬送基準として用いられている。 予後因子が3点以上または造影CTgrade2以上を重症と判定する。 重症度判定は48時間以内は繰り返し再評価を行う。 予後因子3点以上になった場合は集中治療が可能な施設に搬送する。 「重症急性膵炎」と診断される場合、・・を呈し、致死率が極めて高くなり、予後も不良である。 治療 [ ] 基本的に以下の治療を行っていく。 重症急性膵炎の場合は集中治療管理が必要となってくる。 絶食・大量輸液投与・安静 絶食・絶対安静とし、循環血漿量の維持のため投与を行っていく。 通常成人では1日1500~2000mlの水分が必要となるが急性膵炎ではその2~4倍量の輸液が必要となる。 重症例だけではなく軽症例も十分な細胞外補充液を用いて初期輸液を行うべきとされている。 蛋白分解酵素阻害薬の投与 メシル酸ガベキセート(FOY)・ウリナスタチン(ミラクリッド)・メシル酸ナファモスタット(フサン)の投与を行う。 重症急性膵炎に対する蛋白分解酵素阻害薬の大量持続点滴静注は死亡率や合併症発生率を低下させる可能性がある。 重症ではウリナスタチンにメシル酸ガベキセートまたはメシル酸ナファモスタットを追加することもある。 軽症例ではもちいるとしたらどれか1剤である。 メシル酸ガベキセートとメシル酸ナファモスタットは生理食塩水で溶解すると白濁することがあるので5%ブドウ糖で溶解する。 44~4. 軽症例では胆管炎の合併がなければ予防的抗菌薬投与は不要であるが重症例では予防的に投与する。 イミペネムやメロペネムといったカルバペネム系がよく用いられる。 必要に応じて静注ではなく、動注を行うこともある。 持続的血液透析ろ過療法 CHDF 急性膵炎により惹起された炎症性物質()が、全身の炎症を起こし、多臓器不全の原因になるため、により炎症性物質を除去することで、急性膵炎の重症化を防ぐ。 鎮痛薬 鎮痛薬としてはや、を投与(はを収縮させ、膵液の流出障害が生じるため禁忌)。 やが好まれる。 ERCP 胆石が原因の場合の膵炎に胆石除去を目的として行われる。 ただしERCP施行そのものでも膵炎の悪化を助長するため慎重に判断される。 合併症 [ ] 予後を左右する合併症としては以下がある。 仮性膵嚢胞 感染を併発し膿瘍化するとになる場合も多くドレナージ治療が必要となってくる。 壊死部感染 膵臓に壊死が生じ感染するとになる場合も多く、壊死組織摘出術が必要となる。 内分泌機能低下 膵臓に壊死が生じることで、膵臓の内分泌機能を失い等を生じてくる。 予後 [ ] 軽症~中等症の場合、致死率は数%であるが、重症急性膵炎の場合の致死率は30%以上と報告されている。 急性膵炎は3~15%の頻度でに移行する。 動物における急性膵炎 [ ] 中~高年齢の犬において発生が多い。 症状は激しい嘔吐、腹痛。 出典 [ ]• 小泉勝『膵臓の病気』p38、保健同人社、平成23年9月20日改定、ISBN978-4-8327-0658-3 参考文献 [ ]• 急性膵炎診療ガイドライン2010 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 日本膵臓学会• 膵臓 Vol. 26 2011 No. 6 P651-683.

次の

急性膵炎の症状 ~急性すい炎になった私の症状~

急性 すい 炎

更新日時:2017年7月24日 急性胆のう炎とは 急性胆のう炎の概要 急性胆のう炎とは胆のうに炎症が生じた状態です。 胆のうがむくんで腫れ、炎症の進行とともに胆のうの壁が壊死していきます。 症状は初期には上腹部の不快感や鈍痛で、炎症の進行とともに右季肋部痛(右の肋骨の下あたり)になり、次第に激痛になります。 急性胆のう炎の原因 急性胆のう炎は胆のう結石が胆のうにはさまり、胆のうと胆管をつないでいる胆のう管が詰まってしまうことによって起こることがほとんどです(図1)。 そのほかの原因には、胆管の奇型や捻転、胆のうと隣り合う臓器の炎症や腫瘍による胆のう管の圧迫、寄生虫が胆管や胆のうにもぐりこむことなどがあげられます。 しかし、胆のう管が詰まってしまうだけでは急性胆のう炎は起こりにくく、詰まってしまうことに加えて胆汁に細菌が感染したり、胆のう内に膵液が逆流したりすることにより、胆のう炎が引き起こされると考えられています。 【図1】 急性胆のう炎の診断 胆のう炎は、腹部超音波検査や腹部CT検査などと採血検査によって診断されます。 採血検査で白血球数の増多、C反応性蛋白 CRP 陽性というような炎症反応が陽性になり、腹部超音波検査やCTでは胆のうの腫れや胆のうの壁の厚みが観察されることなどが診断の決め手になります。 急性胆のう炎の治療 検査結果と症状を総合して急性胆のう炎の診断と重症度が判定され、重症度に応じて治療が行われます。 初期治療の後に胆のう摘出術が行われますが、緊急手術や緊急ドレナージ術が行われることもあります。 初期治療としては、絶食と輸液、抗菌薬や鎮痛剤の投与などがあります。 急性胆のう炎に対する胆のう摘出術は、症状が起こってからなるべく早い時期に手術を行うこと(早期手術)が推奨されていますが、重症度や合併する病気などの理由により、症状が軽快してから待期的に手術を行うこともあります。 手術は腹腔鏡下手術または開腹手術による胆のう摘出術です。 急性胆管炎とは 急性胆管炎の概要 胆管は胆汁が流れる管で、肝臓から分泌された胆汁を十二指腸に運ぶ役割をしていますが、胆管に感染が生じた状態が急性胆管炎と呼ばれます(図1)。 急性胆管炎が起こると、発熱し黄疸が出現し、右季肋部痛がおこります。 症状が進行すると、意識が混濁したりショック状態になることもあります。 【図1】 急性胆管炎の原因 急性胆管炎は、胆汁の細菌感染に加えて、胆汁がうっ滞して胆管内の圧力が上がることの両方がそろったときに起こります。 胆汁のうっ滞の原因には、総胆管結石、肝内結石、良性胆管狭窄のほか、胆管癌、乳頭部癌、膵頭部癌などの悪性疾患があります。 血液検査で白血球数の増多、肝機能異常、高ビリルビン血症が認められ、CT・超音波検査では胆管が拡張していたり、胆管結石が認められたりすると、急性胆管炎と診断できます。 急性胆管炎の治療 急性胆管炎の初期治療は絶食・輸液、抗菌薬投与、鎮痛薬投与で、これらに加えて胆道ドレナージが推奨されています。 重症化してショック状態になったり、肝障害が強くなったりした場合には、緊急の胆道ドレナージが行われます。 胆道ドレナージは、うっ滞している胆管の胆汁を体外に排出させる方法で、内視鏡を用いて(内視鏡的ドレナージ)行われますが、その他に体表から針を肝臓に刺して行う経皮経肝胆管ドレナージや、きわめてまれですが開腹手術によるドレナージがあります。

次の

医療と健康[日本医師会ホームページ]

急性 すい 炎

急性膵炎の症状としては、背中や胸、胃が痛くなり、おう吐することもあります。 重症であれば、多臓器不全で死に至ることもあります。 先頭にもどる 【目次】• すい炎の症状 急性すい炎の症状としては、次のような症状が現れます。 上腹部の痛み(みぞおちから左上腹部あたりで、背中側まで痛くなることがある)• 吐き気・嘔吐(おうと)• 発熱 先頭にもどる すい炎の原因 膵炎の原因としては、やアルコールの飲み過ぎ、高脂肪・高カロリー食などがほとんどの原因と言われています。 胆石症は、胆石(脂肪の消化を促進する胆汁成分が固まってできる)が、やの中にできる病気で、胆管とすい管は十二指腸乳頭部という共通の出口をもっており、この乳頭部に胆石がつまると、すい臓にすい液がたまり、胆汁がすい管に逆流し、すい液が活性化されてすい炎が起こります。 アルコールの過剰摂取がどのようにしてすい炎を引き起こしているのかその仕組みはまだわかっていないそうですが、アルコールの影響がさまざまなことを引き起こすことで、膵炎を起こしていると考えられます。 また、()もすい炎の原因となります。 それは、高脂肪・高カロリー食によってが増えると、すい臓に負担がかかり、すい炎を引き起こす原因になると考えられるからです。 お酒の飲み過ぎや不規則な生活習慣、高脂肪・高カロリー食、喫煙といった生活習慣に見覚えのある方は注意したほうがよいようです。 健康的で規則正しい、ヘルシーな生活、食生活を心がけてすい炎を予防しましょう。

次の