バモス リフト アップ。 リフトアップとは

ジャッキアップポイントについて

バモス リフト アップ

A ベストアンサー 3級整備士です。 バモスなどの軽ワゴンは普通の車みたいに簡単に整備が出来ませんので7万円前後の工賃にはなりますから、ディーラーなら至って普通です。 今後、13万km前後くらいでオルタネータ(発電機)が故障すると思います。 (修理代で5万円前後) 15万km前後でドライブシャフトブーツが破れたりしてドライブシャフトを修理になると思います。 (5万円前後・ブーツだけなら安い) 大きなお金が掛かりそうなのはそれくらいでしょうか。 軽自動車はどうしてもエンジンが高回転で使用しますし、部品単体も小さいので強度普通車よりありません。 ですのでエンジンのオーバーホール時期が20万km前後が一般的です。 さすがにオーバーホールともなればかなりの金額にもなります。 長く乗っても20万km手前までではないでしょうか? Q 中古の箱バン AT を探しているのですが、その中で「パワステが軽くて使い勝手のいい箱バン」だと、聞き及んでいるホンダのバモス ターボは除きます とホンダアクティ、今現在乗られているユーザーの方々に是非お答えを頂戴したい質問があります。 どんな所を良いと感じて、反面どこを悪く感じましたでしょうか?? 走行性や装備・グレード・足回り・色・ギア 何でも結構です そして、ホンダバモスとホンダアクティはどこがどう違うのでしょうか?? 見た目はフロントが違うだけなのかと思いましたが…。 更に、軽自動車のATは荷物と人 例えば、満載の買い物カゴを4つ載せて運転席と助手席に一人づつ座った状態で を乗せて走ると坂道を登らなくなる アクセルべた踏みで速度が30キロしかでない とも聞き及んでおりますが本当なのでしょうか?? どうかユーザー様からの良心的且つ率直なご意見をお待ちしております。 尚、ホンダメーカー関係者の方、もしくはホンダバモスのターボにお乗りのユーザー様、また過去に乗っていたユーザー様からのご意見は今回、ご遠慮させて下さいませ。 宜しくお願い致します。 A ベストアンサー こんにちは。 仕事でバンに乗っています。 アクティの他いくつかのメーカーのバン、トラックにも乗りました。 アクティは荷物を積むこと優先にできています。 リヤシートも質素で左右一体でしか倒れず、リクライニングもありません。 (4ナンバー登録するにはリヤシート部分より荷室のほうが広くなければいけない) SDXだとリヤシートベルトとヘッドレストは付いていませんが、後付けが可能で、チャイルドシートの使用もできます。 (後付けはホンダだけ) ただし、リヤシートに関しては前席の下につま先が入るので、これができない他のメーカーのバンよりはワゴン代わりとして使えると思います。 タイヤはトラック用、サスも硬く乗り心地は硬いです。 乗用タイヤに交換すれば多少良くなりますが、車検で適合しなくなります。 初期型の「TOWN」(現行のホビオPRO相当)以外は助手席シートスライドなし。 リクライニングも3段階だけと質素ですが、そのかわりに折りたたんで広大な荷室にすることができます。 ちなみに、ハンドル、インパネ、メーターなどの違いは初期型と後期型によるもので、現在はバモスもバンも共通となりました。 バモス(PROを除くホビオ)は人が乗ることを優先に出来ています。 リヤシートは分割可倒、リクライニングもできます。 そのかわり、たたむと段差ができたり金具が露出したりして、段ボールを満載する仕事には使いにくいです。 (ベニヤ板などを敷いて段差を埋めることは出来ますが) ただし、バモスのリヤシートは他のメーカーより狭く、小柄な人なら気にならない(その分荷室が広い)のですが大柄な家庭では不満があると思います。 フロントシートもホールド性が良くなりますが、たたむことはできません。 後ろにリクライニングさせれば長尺物を乗せることが出来ると思いますが、汚れます。 タイヤは標準タイプがトラック用、SとUパッケージが乗用車用で、基本的に乗用タイヤを履いてもはみ出なければOKです。 (車検の検査官によっては意地悪されるかも) 乗り心地もバンより柔らかく、SとUパッケージは車高も低くなって安定しています。 ただし、ホンダは他メーカーのワゴンよりは硬めで、乗り心地よりも走行安定性優先に振っているようです。 我が家では5MTの4WDです。 パワーは必要最小限という感じで峠道でもまあまあ流れに乗れますが、余裕はないので運転テクニックが要求されます。 燃費は良く、チョイ乗りの悪条件でも(配達車なので、通勤車と違って過酷です)10を切ったことがなく、ちょっと遠乗りをすれば10.15モードの16kmを越えて17~18も出ます。 知人でターボ無し、4WD、4ATの組み合わせを買った人がいるのですが、あまりの遅さに速攻でバモスターボに買い換えました。 また、ターボ付き、ターボ無しに関わらず燃費はかなり悪いようです。 (この手の車はATの燃費が極端に悪いんです) 更にバモスターボはターボの熟成不足で、不具合が出る車が多いようです。 こんにちは。 仕事でバンに乗っています。 アクティの他いくつかのメーカーのバン、トラックにも乗りました。 アクティは荷物を積むこと優先にできています。 リヤシートも質素で左右一体でしか倒れず、リクライニングもありません。 (4ナンバー登録するにはリヤシート部分より荷室のほうが広くなければいけない) SDXだとリヤシートベルトとヘッドレストは付いていませんが、後付けが可能で、チャイルドシートの使用もできます。 (後付けはホンダだけ) ただし、リヤシートに関しては前席の下につま先... バモスは乗用ですよね?貨物なら8PRですから・・・・ だとすると、最低240kPaで 乗用の空気圧が320kPa以下だったような・・・? ですので240~300kPaまでの間くらいでしょうね・・・ 多分、乗用ならそのタイヤでも軸重は超えないと思いますので、 車検は受かるとお思いますが・・・ Q 今度ユーザー車検に挑戦しようと思っているので、下回りの点検や洗浄のため、ウマを買ってきました。 しかし、ジャッキアップポイントにウマをかけようとしたところ、ウマの上のゴム部分に、ボディの鉄板が食い込んでしまいそうで、実行できませんでした(実際、ちょっと鉄板がゆがんでしまいました)。 ネットで少し調べてみたところ、ジャッキアップポイント以外の場所にウマをかけて作業している人もいるようです(サスペンションアーム等)。 私の車は180SX(後期型)なのですが、この車には、ジャッキアップポイント以外にウマをかけられる場所はあるのでしょうか? (ネット検索で「ウマ ジャッキアップ 180」などと検索してみましたが、見つけられませんでした) A ベストアンサー どうも!日産車はジャッキポイントに鉄板のつなぎ目があるんです よね。 純正ジャッキはコの字なってるからかけられるんですよ。 手っ取り早いのは、まがるの覚悟でのせちゃうとか。 まあ普通それ はいやでしょうから、答えようと思います。 ちなみに車屋はゴムのクッションをかませます。 さて、ダメなとこ先に言っておきます。 1、フロントはオイルパン 2、リヤはガソリンタンク 当たり前のことでした。 ベストは左右シートの下、前から後ろに塞いだコの字がたに通って いるフレーム部分かな。 ただジャッキが上がりきらないんだよね。 木の木っ端をかますと上がります。 (危なっかしいけど上げたら タイヤの下にスペアタイヤをカマす等すれば大丈夫かと) 工夫すればなんとかなります。 あとは牽引フックとか。 ただこれ片側しかないからジャッキ ポイントかな。 あとはご自分でもふれてたアーム部分。 でき れば付け根部分がいいかな。 こんな所でしょうか。 参考にしてください。 A ベストアンサー エンジオイルトレーンパンは 大概アルミで 鉄ボルト ネジ山が がじって固いのなら 外す際 長めのメガネレンチで プラスティックハンマー(砂の入った)ので叩いて取る か 長いパイプを繋げ てこの原理で 高トルクで回す メガネレンチも 安物でなく しっかり食いつく 型付きのないメガネレンチです アストロツールや ストレートなどで 長いメガネレンチも 安く売ってます。 超浸透潤滑剤(ワコーズラスペネ)を吹きかけてやると 少し楽に緩むと思います。 外したら 新しいドレーンボルト(500円程度でパッキン付きでホームセンターで買えます)を手締めで 一杯まで入るか確認 新品ドレーンボルトが 固く手では ネジ込めなければ オイルパン側の 雌ネジがガジってますので タップで ネジ山をさらう必要が有ります これを行わないと そのうち取れなくなります。 通常 規程トルクで しまってれば 長めのメガネレンチで外れます.

次の

ジャッキアップポイントについて

バモス リフト アップ

A ベストアンサー 3級整備士です。 バモスなどの軽ワゴンは普通の車みたいに簡単に整備が出来ませんので7万円前後の工賃にはなりますから、ディーラーなら至って普通です。 今後、13万km前後くらいでオルタネータ(発電機)が故障すると思います。 (修理代で5万円前後) 15万km前後でドライブシャフトブーツが破れたりしてドライブシャフトを修理になると思います。 (5万円前後・ブーツだけなら安い) 大きなお金が掛かりそうなのはそれくらいでしょうか。 軽自動車はどうしてもエンジンが高回転で使用しますし、部品単体も小さいので強度普通車よりありません。 ですのでエンジンのオーバーホール時期が20万km前後が一般的です。 さすがにオーバーホールともなればかなりの金額にもなります。 長く乗っても20万km手前までではないでしょうか? Q 中古の箱バン AT を探しているのですが、その中で「パワステが軽くて使い勝手のいい箱バン」だと、聞き及んでいるホンダのバモス ターボは除きます とホンダアクティ、今現在乗られているユーザーの方々に是非お答えを頂戴したい質問があります。 どんな所を良いと感じて、反面どこを悪く感じましたでしょうか?? 走行性や装備・グレード・足回り・色・ギア 何でも結構です そして、ホンダバモスとホンダアクティはどこがどう違うのでしょうか?? 見た目はフロントが違うだけなのかと思いましたが…。 更に、軽自動車のATは荷物と人 例えば、満載の買い物カゴを4つ載せて運転席と助手席に一人づつ座った状態で を乗せて走ると坂道を登らなくなる アクセルべた踏みで速度が30キロしかでない とも聞き及んでおりますが本当なのでしょうか?? どうかユーザー様からの良心的且つ率直なご意見をお待ちしております。 尚、ホンダメーカー関係者の方、もしくはホンダバモスのターボにお乗りのユーザー様、また過去に乗っていたユーザー様からのご意見は今回、ご遠慮させて下さいませ。 宜しくお願い致します。 A ベストアンサー こんにちは。 仕事でバンに乗っています。 アクティの他いくつかのメーカーのバン、トラックにも乗りました。 アクティは荷物を積むこと優先にできています。 リヤシートも質素で左右一体でしか倒れず、リクライニングもありません。 (4ナンバー登録するにはリヤシート部分より荷室のほうが広くなければいけない) SDXだとリヤシートベルトとヘッドレストは付いていませんが、後付けが可能で、チャイルドシートの使用もできます。 (後付けはホンダだけ) ただし、リヤシートに関しては前席の下につま先が入るので、これができない他のメーカーのバンよりはワゴン代わりとして使えると思います。 タイヤはトラック用、サスも硬く乗り心地は硬いです。 乗用タイヤに交換すれば多少良くなりますが、車検で適合しなくなります。 初期型の「TOWN」(現行のホビオPRO相当)以外は助手席シートスライドなし。 リクライニングも3段階だけと質素ですが、そのかわりに折りたたんで広大な荷室にすることができます。 ちなみに、ハンドル、インパネ、メーターなどの違いは初期型と後期型によるもので、現在はバモスもバンも共通となりました。 バモス(PROを除くホビオ)は人が乗ることを優先に出来ています。 リヤシートは分割可倒、リクライニングもできます。 そのかわり、たたむと段差ができたり金具が露出したりして、段ボールを満載する仕事には使いにくいです。 (ベニヤ板などを敷いて段差を埋めることは出来ますが) ただし、バモスのリヤシートは他のメーカーより狭く、小柄な人なら気にならない(その分荷室が広い)のですが大柄な家庭では不満があると思います。 フロントシートもホールド性が良くなりますが、たたむことはできません。 後ろにリクライニングさせれば長尺物を乗せることが出来ると思いますが、汚れます。 タイヤは標準タイプがトラック用、SとUパッケージが乗用車用で、基本的に乗用タイヤを履いてもはみ出なければOKです。 (車検の検査官によっては意地悪されるかも) 乗り心地もバンより柔らかく、SとUパッケージは車高も低くなって安定しています。 ただし、ホンダは他メーカーのワゴンよりは硬めで、乗り心地よりも走行安定性優先に振っているようです。 我が家では5MTの4WDです。 パワーは必要最小限という感じで峠道でもまあまあ流れに乗れますが、余裕はないので運転テクニックが要求されます。 燃費は良く、チョイ乗りの悪条件でも(配達車なので、通勤車と違って過酷です)10を切ったことがなく、ちょっと遠乗りをすれば10.15モードの16kmを越えて17~18も出ます。 知人でターボ無し、4WD、4ATの組み合わせを買った人がいるのですが、あまりの遅さに速攻でバモスターボに買い換えました。 また、ターボ付き、ターボ無しに関わらず燃費はかなり悪いようです。 (この手の車はATの燃費が極端に悪いんです) 更にバモスターボはターボの熟成不足で、不具合が出る車が多いようです。 こんにちは。 仕事でバンに乗っています。 アクティの他いくつかのメーカーのバン、トラックにも乗りました。 アクティは荷物を積むこと優先にできています。 リヤシートも質素で左右一体でしか倒れず、リクライニングもありません。 (4ナンバー登録するにはリヤシート部分より荷室のほうが広くなければいけない) SDXだとリヤシートベルトとヘッドレストは付いていませんが、後付けが可能で、チャイルドシートの使用もできます。 (後付けはホンダだけ) ただし、リヤシートに関しては前席の下につま先... バモスは乗用ですよね?貨物なら8PRですから・・・・ だとすると、最低240kPaで 乗用の空気圧が320kPa以下だったような・・・? ですので240~300kPaまでの間くらいでしょうね・・・ 多分、乗用ならそのタイヤでも軸重は超えないと思いますので、 車検は受かるとお思いますが・・・ Q 今度ユーザー車検に挑戦しようと思っているので、下回りの点検や洗浄のため、ウマを買ってきました。 しかし、ジャッキアップポイントにウマをかけようとしたところ、ウマの上のゴム部分に、ボディの鉄板が食い込んでしまいそうで、実行できませんでした(実際、ちょっと鉄板がゆがんでしまいました)。 ネットで少し調べてみたところ、ジャッキアップポイント以外の場所にウマをかけて作業している人もいるようです(サスペンションアーム等)。 私の車は180SX(後期型)なのですが、この車には、ジャッキアップポイント以外にウマをかけられる場所はあるのでしょうか? (ネット検索で「ウマ ジャッキアップ 180」などと検索してみましたが、見つけられませんでした) A ベストアンサー どうも!日産車はジャッキポイントに鉄板のつなぎ目があるんです よね。 純正ジャッキはコの字なってるからかけられるんですよ。 手っ取り早いのは、まがるの覚悟でのせちゃうとか。 まあ普通それ はいやでしょうから、答えようと思います。 ちなみに車屋はゴムのクッションをかませます。 さて、ダメなとこ先に言っておきます。 1、フロントはオイルパン 2、リヤはガソリンタンク 当たり前のことでした。 ベストは左右シートの下、前から後ろに塞いだコの字がたに通って いるフレーム部分かな。 ただジャッキが上がりきらないんだよね。 木の木っ端をかますと上がります。 (危なっかしいけど上げたら タイヤの下にスペアタイヤをカマす等すれば大丈夫かと) 工夫すればなんとかなります。 あとは牽引フックとか。 ただこれ片側しかないからジャッキ ポイントかな。 あとはご自分でもふれてたアーム部分。 でき れば付け根部分がいいかな。 こんな所でしょうか。 参考にしてください。 A ベストアンサー エンジオイルトレーンパンは 大概アルミで 鉄ボルト ネジ山が がじって固いのなら 外す際 長めのメガネレンチで プラスティックハンマー(砂の入った)ので叩いて取る か 長いパイプを繋げ てこの原理で 高トルクで回す メガネレンチも 安物でなく しっかり食いつく 型付きのないメガネレンチです アストロツールや ストレートなどで 長いメガネレンチも 安く売ってます。 超浸透潤滑剤(ワコーズラスペネ)を吹きかけてやると 少し楽に緩むと思います。 外したら 新しいドレーンボルト(500円程度でパッキン付きでホームセンターで買えます)を手締めで 一杯まで入るか確認 新品ドレーンボルトが 固く手では ネジ込めなければ オイルパン側の 雌ネジがガジってますので タップで ネジ山をさらう必要が有ります これを行わないと そのうち取れなくなります。 通常 規程トルクで しまってれば 長めのメガネレンチで外れます.

次の

【軽バン カスタム】軽 箱バンをパーツやリフトアップ・内装カスタムで楽しむ

バモス リフト アップ

そんな「働くクルマにピッタリのアゲスタイル」を確立させるアイテムと言えば、KLCのリフトアップスプリング轟を忘れてはならない。 上げ幅は約3センチ程度なのだが、実際に装着した姿は純正とは大きく異なる迫力を持ち、インパクト十分なフォルムへと変身。 またブロックタイヤとの相性も抜群で、ホイールとの組み合わせ次第ではオフロード感も強く演出することができる。 と同時に、取り付けは純正スプリングと交換するだけ。 さらに上げ幅は車検対応範囲内に設定されているため、そのままの状態で車検を通すことができる(インチアップによる全高の上昇は含まず)。 乗り心地も非常によく考えて設計されているので、普段の運転だってストレスフリー。 要は、アゲスタイルの良いところだけを楽しめるアイテムというわけ。 アゲに興味があるなら、マジでオススメの逸品だ。 例えば同じエブリイでもワゴンとバンでは、正確には同じものではない。 これは車重の違いなどによりストロークや車高の上がり方が異なるから。 KLCではそこまでこだわって製作しているのだ。 DA64Vエブリイバン アップ幅(F)35㎜・(R)35㎜ DA64Wエブリイワゴン アップ幅(F)35㎜・(R)35㎜ S320Vハイゼットカーゴ アップ幅(F)35㎜・(R)35㎜ S320Gアトレーワゴン アップ幅(F)35㎜・(R)35㎜ DA62Wエブリイワゴン アップ幅(F)35㎜・(R)35㎜ TV1サンバーバン アップ幅(F)35㎜・(R)35㎜ DA17Vエブリイバン アップ幅(F)30㎜・(R)30㎜ DA17Wエブリイワゴン アップ幅(F)30㎜・(R)30㎜ LA700Vハイゼットキャディー アップ幅(F)30㎜・(R)30㎜ U61タウンボックス アップ幅(F)30㎜・(R)30㎜ ワークスプリング横綱 ドレスアップよりもむしろ機能性を追求したのが横綱。 独自の設計によって、荷室に多くの荷物を積み込んでもほぼ純正同等車高のままケツ下がりしないよう防いでくれる。 荷物を積んだまま車検に通せるのは便利。 バンパー部分を小さくシェイプし、スキッドプレートも設定。 オフロード感抜群のスタイルを生み出すとともに、大きなタイヤでも干渉しにくい構造に。 24 箱型 K-CAR カスタムガイド2019より [スタイルワゴン・ドレスアップナビ].

次の