君 の 膵臓 を たべ たい 小説。 【小説】「君の膵臓をたべたい」を読んだ【感想ネタバレ有】

「君の膵臓をたべたい」心に残った2つのフレーズ

君 の 膵臓 を たべ たい 小説

映画「君の膵臓をたべたい」の映画のCMがバンバン流れている時に 「ラスト、きっとこのタイトルに涙する—」 ってキャッチコピーがすんごい気になってた。 かなりインパクトのあるタイトルだから、とりあえずタイトルの意味だけでも知りたくて、ネタバレサイトとか検索したんだけど、いまいちハッキリと書いてくれている記事が見つからない。 それで、とりあえず漫画「君の膵臓をたべたい」を読んでみた。 その上で、このタイトルの意味をいまいち理解できなかった人のために、解説していきたいと思う。 物語序盤で、同じ図書委員になった主人公「僕」と桜良が会話をしている際、桜良が 「君の膵臓をたべたい」と突然言い出す。 その時、桜良の口からその言葉の意味が説明される。 「昔の人は、どこか悪いところがあると他の動物のその部分を食べたという。 肝臓が悪かったら肝臓、胃が悪かったら胃を食べて・・・。 そうすると病気が治ると信じられていたらしい。 だから私は君の膵臓をたべたい」 つまり、この物語はサイコパスな嗜好のある主人公の猟奇的な話ではなく、 病気のヒロインが神にもすがる思いで病気を治して生きたいと願う気持ちを表している。 だけど、 「病気を治して生きたい」 ってタイトルよりも、 「君の膵臓をたべたい」 ってタイトルのほうが確実に人の興味を引きますよね。 これは作者の発想勝ちだな~と思います。 私なら絶対にこんなタイトル思いつかないもん・・・。 「僕」が桜良に送ったメールの文面「君の膵臓をたべたい」の意味は? 実は、この物語の一番最初のシーンは、桜良がすでに死んでいるところから始まる。 そして、「僕」が桜良に送った最後のメールの文面 「君の膵臓を食べたい」 彼女に届いたのだろうか・・・? と主人公「僕」がもう届くことのない質問を投げかけるところから、時間を遡る形で物語がスタートする。 そして、終盤の桜良が通り魔に刺殺される日。 桜良と待ち合わせをしていた僕は、桜良とメールで会話をしていて、 「私のことを褒めて」 と言われて、どんな言葉を入れようかと考える。 そこで彼女に送った言葉が、 「君の膵臓を食べたい」 ここまでの流れで、僕は自分と正反対である桜良に対して強い憧れを持ち、ずっと彼女のようになりたいと願っていた自分の気持ちに気づく。 つまり、この言葉は 「君のようになりたい」 という意味合いを表したものだと考えられる。 実際、この言葉を選ぶ直前に「君の爪の垢を煎じて飲みたい」という文面を打ち込んで、もっと適した言葉はないかと考えた末に、メールを打ち直している。 「爪の垢を煎じて飲みたい」は優れた人を模範として、あやかりたいという意味であるため、それに近い意味を持って「君の膵臓を食べたい」という言葉を使ったと思われる。 そして、桜良からの遺書に残された最後の言葉もまた、 「爪の垢を煎じて飲みたい。 ううん、そんな言葉じゃダメだよね。 やっぱり私は、 君の膵臓を食べたい」 というものだった。 二人が同じ言葉を使ったことで、二人が運命的に惹かれあうべくして惹かれあったという感じが強調されている。 そしてなにより、地味な僕がクラスの人気者である桜良に憧れていたのは当たり前のことだが、みんなから羨まれる存在だった桜良のほうもまた、僕に対して憧れていたという種明かしが、最高に衝撃で感動的だったのだ。 桜良が僕に憧れていた理由については、こちらの記事で詳しく説明しています。 「ラスト、きっとこのタイトルに涙する—」の意味は? だから、たぶんラストにこのタイトルの意味にハッとして驚いて感動するのは、 桜良が僕に憧れを抱いていた理由にびっくりするからって意味なんじゃないかなと思う。 桜良が僕に対して恋心を抱いているのは、ずっと行動からわかっていたけど、その理由がわからなかったから。 普通に考えれば、クラスの人気者でモテモテで目立つタイプの1軍女子が、地味で根暗で友達もいない僕を相手にするはずがないのに、病気という秘密を知ったからって、どうしてこんなにも関わってくるの? いつから、なんで好きになったの?っていう疑問が終始浮かんでいた。 だけど、桜良の理屈はすごく納得できるもので、だけど普通の人間はそんなことには気づかない。 「他人がいないと成立しない魅力」なんてね。 一人の人間として成立している僕に対する憧れかぁ~・・・ 深いっ!! 確かに、これは衝撃的なラストだった。 ちなみに、冒頭の 「僕の最後のメールは彼女に届いていたのだろうか?」 という疑問の答えは・・・ 届いていた!! 彼女は、メールを読んでから通り魔事件に巻き込まれていました。 だから、桜良は最後に僕が自分と同じ気持ちを抱いていたことを知ってから死んだということになる。 最後に、両思いだと知って死んだのかぁ・・と、読者にとってもちょっと救いのある終わり方になっている。 だけど、まあタイトルの意味がちょっとわかりにくかったのも事実。 だって、最初に言ったように「君の膵臓を食べたい」っていう意味が、「そうすることで病気が治るから」って位置づけだったからね。 桜良が旅行中に 「人に食べてもらうとね、その人の中で魂が生き続けるんだって。 私生きたい、大切な人たちの中で」 と話すシーンがあるので、やっぱりラストの「君の膵臓を食べたい」の意味は、「病気を治す」という意味ではなくて、「自分の中で君に生き続けてほしい」っていう意味合いが強いのかなって思います。 でも、やっぱりちょっとわかりづらかったかな~っていうのは正直な感想。 あのキャッチコピーからすると、東野圭吾のミステリー小説みたいに、ラストでバチーンと全ての伏線回収ーーー!!みたいなスッキリ感と驚きがあるのかな~なんて期待してたから。 あれ・・・?ん~っと、どうゆう意味・・・? みたいになったのは事実。 だけど、何回か読み返して、よく熟考して、他の人とも語り合ったりして、こうゆう結論にたどり着いた。 だけど、いい作品って、読んだあとに誰かと話したくなる作品だと私は思ってる。 誰がどう解釈してもこうゆう意味だよね、っていう簡単なものよりも、どうゆう意味だと思う!?と思わず人の意見を聞きたくなるような難しさがあるほうが、余韻が残るし、読後にその世界観にずっと浸れて私はいいかなとも思う。 そして、私は映画はまだ観ていないので、映画のほうだともっとラストにバチーン!と衝撃が来るような作りになっているのかな?なんてちょっと期待。 でも、レビュー読んだ限りでは「タイトルの意味がわからなかった」という人がけっこういたから、漫画と同じ感じなのかな・・・? でも、映画では原作にない僕や恭子が大人になってからの話が描かれているみたいだから、いつか見てみたいなと思う。 追記 原作の小説も映画のほうも見ました。 映画は原作の小説や漫画とは違うラストになっていて、私的には映画がとっても良かった! もちろん原作もすっごく良かったんだけど、そうゆう場合、たいてい実写化に不満が出るもの。 ミステリー小説なので恋愛の要素はストーリーとは関係ないのですが、私的にはそこが結構気になっていた(笑) 映画版では木村拓哉さんと長澤まさみさんなので、ラブストーリー要素も意識した配役だと思うし! 続編の「マスカレード・ナイト」では、二人の関係がどうなったのかを知りたくて読みました! むしろそこだけでいいから早く知りたくて!! (笑) こちらでは「マスカレード・ナイト」の新田浩介と山岸尚美の恋愛要素にだけ着目してネタバレを書いていきたいと思います。 (でも、結果的にちょっとだけストーリーのネタバレにも触れることになるので、ご注意くださいね!! ) 「ラプラスの魔女」見てきました~! 感想書きま~す! まずはストーリーの内容をネタバレしない程度に感想を書きます。 まだ映画を見ていない方も安心して読んで下さい。 (後半ではネタバレ全開で感想書いてます) さてさて、では全体的な感想から。 なんと私、映画館で映画を見たのはかれこれ7年ぶりくらい…! 」って言ったら、「おーすごいじゃん! どうだった? 」と聞かれ… 「え、う~ん…そうだねぇ…」 って、なんともすんなり感想が出てこないこと…!! 映画館にいること自体にドキドキしてしまって作品に集中できなかった感は否めませんが、それを差し引いてもちょっとなぁ~…。 「すごく良かったよ! 」でもないし、かといって「めちゃくちゃつまらなかった」でもない。 可も不可もなく、5段階で言ったら3くらいの超中途半端な感じっていうか、まぁハッキリ言って「微妙」ってやつです…!! ゴメンネ、翔くん!!

次の

『君の膵臓をたべたい』徹底ネタバレ解説!あらすじから結末、タイトルの意味まで!|よなよな書房

君 の 膵臓 を たべ たい 小説

少年と少女が病によって引き離される、その悲痛な感情を結末に置いた物語 確かに泣けるかもしれないけれど、逆に言えば「読者を泣かせる」ためだけの物語というものだと予想したんです。 しかし、この「君の膵臓をたべたい」はそんな浅はかな作品ではありませんでした。 生きるということ 小説「君の膵臓をたべたい」を通じて、わたしは「生きるということ」について考えさせられました。 それも、ただの「自分の命もいつなくなるかわからない (から今を大切に生きよう)」というメメントモリ的な反省だけではありません。 作中で、余命少ないヒロイン・桜良は 「人と心を通わせることこそ生きるということ」 だと主人公に語りかけます。 その言葉に、人との関わりを避けてきた主人公はハッとさせられるのですが、同時に読んでいた私にもその言葉は響いてきました。 ただ命があって、24時間を過ごすことだけが一日を生きるという事ではない 主人公は、桜良と過ごした4カ月こそが「生きている時間だった」と気づきます。 『そんなふうに、いつかこの世を去る私は今を【生きる】ことができているのだろうか?』 わたしは即座に「YES」と言えませんでした。 そして、自分も本当の意味で生きていきたいと思ったんです。 小説「君の膵臓をたべたい」はただのエンタメ作品ではなく、読者に強く語り掛けてくる作品だと感じました。 恋愛関係を超えた特別な関係 ヒロインの桜良が亡くなり、その遺書でもある「共病文庫」を主人公が読む場面では、涙が止まりませんでした。 れは単に「実は両想いだったことを遺書で初めて知ったから」なんてチープな展開のせいではありません。 この遺書の場面に来るまでの「君の膵臓をたべたい」は 『主人公の男の子の物語』 でした。 根暗で地味で人と関わりたがらない男の子が、明るく行動的な女の子と出会って変わっていく。 主人公は作中で「彼女と出会って人間性も日常も死生観も変わった」と心の中で回想しています。 実際に読んでいても、余命少ないにも関わらず弱さを見せず最後まで強く生き抜いた桜良の一貫性に対し、主人公は彼女との出会いによってどんどん人間性が変化していきました。 うんうん しかし、遺書の場面で初めて明かされた桜良の本音を知って、この考えは変わりました。 「君の膵臓をたべたい」は 『主人公と桜良の物語』だったんです。 2人はそれぞれに正反対の人間性を持っていて、だからお互いに憧れて、お互いを必要としている。 そこに恋愛感情がゼロだったのかと言われればそうではなかったでしょうが、それよりも2人は「尊敬・憧れ」によってつながっていました。 こんなに純粋でまぶしい人間関係が他にあるでしょうか。 そして、そんなに特別な関係だった2人が永遠に別れなければならない痛みとはどれほどだったのでしょうか。 感情を自分の中に押し込める生き方をしてきた主人公が桜良の母親の前で泣き叫ぶ場面では、まるでその悲痛な咆哮が聞こえてくるようで涙が止まりませんでした。 「君の膵臓をたべたい」 初見では度肝を抜かれるこのタイトル。 序盤では膵臓を患っている桜良が「同物同治 (患っている部分と同じ部位を食べることで病気が治る)」の考えから、冗談としてこの言葉を口にします。 そして、この言葉が再度登場するのはクライマックスの場面。 示し合わせたわけでもないのに、お互いがお互いへの感謝と尊敬の念を込めて「君の爪の垢を煎じて飲みたい」ならぬ「君の膵臓をたべたい」というメッセージを送り合います。 この符号にはもう、号泣しかありませんでした。 「読後、きっとこのタイトルに涙する」というキャッチコピーは本当でした。 結末への感想 こんなに悲しいお話なのに、結末が爽やかに描かれていた点はすごく好みでした。 桜良の喪失から1年後、拒絶されていた桜良の親友と苦労の末友達になって桜良の墓参りをする。 墓地から去ろうとする2人の耳に「うわははっ!」と特徴的な彼女の声が聞こえた気がする。 非常にすっきりとした爽やかな読後感で本を閉じることができました。 行き先の名称などはことごとく伏せられているのですが、読んでいる人(特に福岡県民)には丸わかりです。 博多駅に着き、ラーメンを食べて太宰府天満宮へ。 2日目に行ったのはキャナルシティ。 実際に知っている場所が細かに描写されているというのは、なんだか嬉しい気分になります。 そんなわけで、特に福岡に詳しいという人にはおススメです! まとめ 以上、実写映画化される小説「君の膵臓をたべたい」のネタバレ感想でした! 私の買った本を見てみると、発売1年未満なのに第32刷! なんと現在50万部を突破しているそうです。 そんな話題作を読んでみた感想はというと……号泣必至の感動作! イメージだけで敬遠するのはもったいない!と声を大にして言いたいほど胸に来る物語でした。 映画版ももちろん楽しみですが、ぜひ小説でも読んでほしいです。 とても読みやすく、ストーリーに引き込まれてどんどんページが進むので、一気読みもできちゃいます。 未読の方は、ぜひ騙されたと思ってお試しください。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 1 ・アニソンや声優コンテンツも充実 31日間 ・ 海外ドラマが充実 ・オリジナルドラマも多数 ・見放題作品5万本 2週間.

次の

「君の膵臓をたべたい」心に残った2つのフレーズ

君 の 膵臓 を たべ たい 小説

少年と少女が病によって引き離される、その悲痛な感情を結末に置いた物語 確かに泣けるかもしれないけれど、逆に言えば「読者を泣かせる」ためだけの物語というものだと予想したんです。 しかし、この「君の膵臓をたべたい」はそんな浅はかな作品ではありませんでした。 生きるということ 小説「君の膵臓をたべたい」を通じて、わたしは「生きるということ」について考えさせられました。 それも、ただの「自分の命もいつなくなるかわからない (から今を大切に生きよう)」というメメントモリ的な反省だけではありません。 作中で、余命少ないヒロイン・桜良は 「人と心を通わせることこそ生きるということ」 だと主人公に語りかけます。 その言葉に、人との関わりを避けてきた主人公はハッとさせられるのですが、同時に読んでいた私にもその言葉は響いてきました。 ただ命があって、24時間を過ごすことだけが一日を生きるという事ではない 主人公は、桜良と過ごした4カ月こそが「生きている時間だった」と気づきます。 『そんなふうに、いつかこの世を去る私は今を【生きる】ことができているのだろうか?』 わたしは即座に「YES」と言えませんでした。 そして、自分も本当の意味で生きていきたいと思ったんです。 小説「君の膵臓をたべたい」はただのエンタメ作品ではなく、読者に強く語り掛けてくる作品だと感じました。 恋愛関係を超えた特別な関係 ヒロインの桜良が亡くなり、その遺書でもある「共病文庫」を主人公が読む場面では、涙が止まりませんでした。 れは単に「実は両想いだったことを遺書で初めて知ったから」なんてチープな展開のせいではありません。 この遺書の場面に来るまでの「君の膵臓をたべたい」は 『主人公の男の子の物語』 でした。 根暗で地味で人と関わりたがらない男の子が、明るく行動的な女の子と出会って変わっていく。 主人公は作中で「彼女と出会って人間性も日常も死生観も変わった」と心の中で回想しています。 実際に読んでいても、余命少ないにも関わらず弱さを見せず最後まで強く生き抜いた桜良の一貫性に対し、主人公は彼女との出会いによってどんどん人間性が変化していきました。 うんうん しかし、遺書の場面で初めて明かされた桜良の本音を知って、この考えは変わりました。 「君の膵臓をたべたい」は 『主人公と桜良の物語』だったんです。 2人はそれぞれに正反対の人間性を持っていて、だからお互いに憧れて、お互いを必要としている。 そこに恋愛感情がゼロだったのかと言われればそうではなかったでしょうが、それよりも2人は「尊敬・憧れ」によってつながっていました。 こんなに純粋でまぶしい人間関係が他にあるでしょうか。 そして、そんなに特別な関係だった2人が永遠に別れなければならない痛みとはどれほどだったのでしょうか。 感情を自分の中に押し込める生き方をしてきた主人公が桜良の母親の前で泣き叫ぶ場面では、まるでその悲痛な咆哮が聞こえてくるようで涙が止まりませんでした。 「君の膵臓をたべたい」 初見では度肝を抜かれるこのタイトル。 序盤では膵臓を患っている桜良が「同物同治 (患っている部分と同じ部位を食べることで病気が治る)」の考えから、冗談としてこの言葉を口にします。 そして、この言葉が再度登場するのはクライマックスの場面。 示し合わせたわけでもないのに、お互いがお互いへの感謝と尊敬の念を込めて「君の爪の垢を煎じて飲みたい」ならぬ「君の膵臓をたべたい」というメッセージを送り合います。 この符号にはもう、号泣しかありませんでした。 「読後、きっとこのタイトルに涙する」というキャッチコピーは本当でした。 結末への感想 こんなに悲しいお話なのに、結末が爽やかに描かれていた点はすごく好みでした。 桜良の喪失から1年後、拒絶されていた桜良の親友と苦労の末友達になって桜良の墓参りをする。 墓地から去ろうとする2人の耳に「うわははっ!」と特徴的な彼女の声が聞こえた気がする。 非常にすっきりとした爽やかな読後感で本を閉じることができました。 行き先の名称などはことごとく伏せられているのですが、読んでいる人(特に福岡県民)には丸わかりです。 博多駅に着き、ラーメンを食べて太宰府天満宮へ。 2日目に行ったのはキャナルシティ。 実際に知っている場所が細かに描写されているというのは、なんだか嬉しい気分になります。 そんなわけで、特に福岡に詳しいという人にはおススメです! まとめ 以上、実写映画化される小説「君の膵臓をたべたい」のネタバレ感想でした! 私の買った本を見てみると、発売1年未満なのに第32刷! なんと現在50万部を突破しているそうです。 そんな話題作を読んでみた感想はというと……号泣必至の感動作! イメージだけで敬遠するのはもったいない!と声を大にして言いたいほど胸に来る物語でした。 映画版ももちろん楽しみですが、ぜひ小説でも読んでほしいです。 とても読みやすく、ストーリーに引き込まれてどんどんページが進むので、一気読みもできちゃいます。 未読の方は、ぜひ騙されたと思ってお試しください。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 1 ・アニソンや声優コンテンツも充実 31日間 ・ 海外ドラマが充実 ・オリジナルドラマも多数 ・見放題作品5万本 2週間.

次の