バッテリーが危険にさらされている可能性があります。 「あなたのAndroidは危険にさらされる可能性が!」

「スマホのバッテリーがウイルス感染」表示はウソ!対処方法と原因

バッテリーが危険にさらされている可能性があります

Androidのバッテリーが損傷!?このメッセージの意味は? Androidを操作中に突然飛び出すように 出てくるこのメッセージ…。 このメッセージが意味するものは? Android端末の バッテリーが ウイルスにより損傷することは 本当にあるのでしょうか? ひと口に 「 バッテリーがウイルスで損傷しています」 というメッセージだと言っても、 実際は 複数のパターンがあります。 とは言え、 どんなメッセージでも 共通している部分はありますし、 そもそもそんな状況が起きるのかどうかを 知っていれば、 冷静に判断できるもの。 代表的な2つのパターンを紹介しますので、 しっかりとそうしたメッセージの 狙いを知っておくとしましょう。 ウイルス感染の可能性 出典: このメッセージ、 じっくり読むと意味がよく分かりませんよね。 このような突拍子もないメッセージに 表示されているとおりに ウイルス感染しているということは ありません。 OSやアプリならまだしも、 バッテリーがウイルスに感染し損傷することは まずあり得ませんので安心してください。 これは アドウェア・ランサムウェアと 呼ばれるもので、強制的に広告を表示させ アプリをダウンロードさせようとする 悪質な広告 のひとつです。 メッセージに書かれている 手順に従う必要は 全くありませんので、 無視して広告を閉じてください。 もし閉じられない場合は 端末を再起動させる、 この広告が表示されている ブラウザを一度完全に終了させるなど の方法を取ると良いですよ。 詐欺の可能性 出典:MECHMURO このように似たようなメッセージは 様々なバージョンがあります。 その点からも、このおかしな日本語からも この メッセージが嘘であることが分かります。 この画像のようにGoogleの画面に似せた メッセージを表示させるのは悪質を通り越して 詐欺のようなものです。 慌てて 誘導されるままにアプリをインストール することのないようにご注意ください。 バッテリー損傷のメッセージが出た時の対処法とは? このような詐欺であることは分かりましたが、 ではバッテリーが損傷したという メッセージが出たらどうしたらよいのでしょう。 こういったメッセージは 無視して閉じるのが 何よりの対処法です。 しかし、最近は手口が巧妙化し、 閉じられない広告も存在します。 その場合は、一度 端末の再起動・キャッシュのクリア をしましょう。 ウイルス感染だった場合はどうすればいい? こういったメッセージが ウイルスではない! とは100%は言いきれません。 ウイルス感染を通知するために ウイルスソフトがこのようなメッセージを 出すことはありませんが、 悪質な表示と共に実際にウイルスに 感染している可能性もゼロでは ありません。 また、メッセージ通りに進み、 アプリなどをインストールした場合、 その アプリにウイルスが入っている 可能性もあります。 万が一ウイルス感染したと思われる場合は 原因となっているアプリをアンインストール してください。 そして 信頼のおけるウイルスソフトを インストールしておくと安心です。 こんなメッセージが出るようになった原因は何? このようなメッセージのほとんどは インターネットのWEBサイトを閲覧した時に 表示されます。 この表示がされた時に一番最後に見ていた サイトに仕組まれていた 可能性が最も高いと思われます。 怪しいサイトは見ないのが一番ですね。 まとめ こういった 詐欺まがいの悪質な広告は 日々巧妙化しています。 具体的なウイルスの名前を出してきたり 閉じても閉じてもウインドウが開き、 不安を煽ってきたり。 日頃から ウイルス対策を万全にして、 怪しいサイトは見ない。 これが一番の 自衛策かもしれませんね。

次の

「スマホのバッテリーがウイルス感染」表示はウソ!対処方法と原因

バッテリーが危険にさらされている可能性があります

スマホの調子が悪いので、ウイルスのせいでおかしな症状が出ているかもしれないと疑っていませんか? あなたがお使いの端末がAndroidで、セキュリティ対策をとっていないのであれば、その可能性があります。 この記事ではスマホの不調について、ウイルスを原因とするもののと、そうでないものについて、それぞれ解説していきます。 スマホをターゲットにしたウイルスの多くは、悪意のあるアプリとして端末に入り込みます。 Androidのアプリは誰でも自由に公開できるため、どうしても危険なものが一部出回ってしまうからです。 それに対しiPhoneアプリは審査や管理が厳しい公式サイトでしか公開できませんので、危険なアプリはごくわずかしかないと言われています。 よってこの記事では、Androidのウイルス感染の症状を主に取り上げていきます。 まずウイルス感染の諸症状を解説しますので、心当たりがあるようならばセキュリティソフトをインストールして、すぐさまウイルス駆除を試みてください。 無料、あるいは一定期間無料のものも多くありますので、さしあたって費用の心配はいりません。 くわえて、ウイルスに感染しないよう日ごろから気を付けるべきポイントも解説します。 これらの知識を身につければ、今後のウイルス侵入をシャットアウトできるはずです。 Androidがウイルスに感染したときの症状とその被害 Androidの端末がウイルス感染したときに現れる症状を解説していきますが、目に見えて感染していることが分かるのは、ユーザーを脅迫してくるランサムウェアくらい。 最近のスマホが高性能化して処理速度が向上したこともあり、ほとんどのウイルスは症状がわかりにくく、普通に使っているだけではなかなか感染に気づきません。 ウイルスに関して不安があるのなら、今後の感染を未然に防ぐためにも、を参考にセキュリティソフト導入を検討する必要があります。 1-1. プライバシーの侵害・個人情報の流出 スマホをターゲットにしたウイルスが狙っている代表的なものの一つは、ユーザーのプライバシーです。 メールアドレスや電話番号などが個人情報を買い取る業者が存在するため、個人情報を盗み出そうとするウイルスには膨大な種類が存在します。 またユーザーを監視したり、プライベートを盗み見るタイプのウイルスも確認されています。 以下はプライバシー関連のウイルスがはたらく悪事の例です。 これが名簿リストとして収集され、闇ルートで売買されてしまいます。 1-2. スマホを人質に身代金を要求するランサムウェア 突如としてスマホをロックし、解除のための入金を要求してくる悪質なウイルスを「ランサムウェア」と呼びます。 ひとたび感染してしまうと、スマホの操作ができなくなりますので、感染自体を未然に防ぐのがベストです。 1-3. Androidを狙った不正なアプリは亜種も含めると数百万種類存在すると言われていますが、iPhoneはごくわずかな数が確認されたのみです。 これはすでに述べた通り、アプリ公開のハードルの低さが大きな要因です。 またAndroidのアプリはGoogle Playなどの公式マーケットであっても、iPhoneアプリと比べ審査基準が厳しくないため、危険なアプリが公開されている可能性があります。 もちろんアプリを経由しないウイルス感染の可能性もあるため、iPhoneだからといって安全が保証されているわけではありません。 しかし同時に、アプリを経由したウイルス感染の危険度については、メーカー保証の範囲で使うかぎりiPhoneのほうが安全なのは事実です。 そして、それらは脱獄していないiPhoneにも影響を及ぼすものです。 2015年9月には公式App Storeにウイルスを混入させたXcodeGhost 、同年10月には企業が社内アプリを配布するプロセスを悪用するYiSpecter が発見されており、iOSを搭載したiPhoneのセキュリティが万全とは言えない状況になってきています。 詳しくは以下の記事をご参照ください。 参考記事 : 1-4. ユーザーをあわてさせる手口も いきなり高額の利用料金を要求してきたり、ウイルス感染を騒ぎ立て特定のアプリをインストールさせようとする手口もありますが、これらの多くはWEBサイト閲覧時やメール開封時に行われるため、厳密にはウイルスではありません。 すでに解説した通り、ウイルスの主な目的の一つは秘密裏のプライバシー侵害ですから、あからさまに騒ぎ立てるタイプは、あわてず騒がず相手の要求に応じないことが基本となります。 上の画面は、ブラウザ上に「あなたの携帯は感染しています」と表示して、あわてたユーザーに特定のアプリをインストールさせようとする手口ですが、このアプリがウイルスであるパターンが一般的です。 『』も参考にしてみてください。 ウイルス以外が原因と思われる症状 スマホの調子が悪くなったからといって、必ずしもウイルスの感染が原因とは限りません。 ウイルス以外の不調要因もあります。 2-1. スマホ本体の動きが悪い 「端末がフリーズする」「電源が落ちる」「再起動が頻繁に起きる」「動作が重い」といった物理的な動作不良は、ウイルスに起因するものではなく、単純な故障・不具合の可能性が高いと考えられます。 なぜならば、物理障害は犯罪者の目的にそぐわないからです。 こうした現象は、端末を再起動することで解消されることがあります。 それでもおかしいなら故障が考えられますので、修理や買い替えを検討してください。 また充電がすぐなくなる場合、バッテリーの劣化である可能性が高いです。 2-2. 身に覚えのないメルマガ配信される ウイルス感染によりメールアドレスが流出した結果、スパムメールが届いている可能性もありますが、知人の誰かが電話帳を盗まれれば自分のアドレスも流出しますので、必ずしも自分が感染したとは言えません。 届くメールがアダルトや架空請求といったスパムの可能性が高いものではなく、まっとうなサービスが発行するメールマガジンだった場合、なんらかのサービスに登録したアドレスにメールが配信されているケースもあります。 『』も参考にしてください。 セキュリティソフトは無料版から有料版までさまざま Androidには様々な種類のセキュリティソフトがありますが、どのソフトでも、• 新型ウイルスの特徴をアップデートし、最新の対策を講じてくれる• すでに判明しているウイルスとの接触を防いでくれる• すでにスマホに入り込んでいるウイルスを駆除してくれる といった基本の機能は搭載されています。 有料と無料の違いは、使い勝手の良さや追加機能の豊富さにあります。 セキュリティソフトの有料版と無料版の違いは、『』でも解説しています。 3-1. 有料版の主なセキュリティソフト 有料版と無料版の主な違いは、機能やサポートの充実度だと言えます。 またウイルス対策だけではなく、紛失時の端末ロック、データ削除、GPSによる所在地特定なども可能。 スマホのトラブルを総合的に解決してくれる存在です。 無料期間を設けているソフトも多いため、まずは使ってみて判断するのも良いでしょう。 ノートン以外の製品についてはそれぞれの会社の手順に従ってください。 3-2. 無料版の主なセキュリティソフト 製品にもよりますが、有料版と無料版でウイルス検知&駆除の機能に絶大な差があるわけではありません。 しかし、日本語版がないものや、広告が表示されるものなど、使い勝手の悪さを感じるものも少なくありません。 またサポートも基本的に行っていないので、自分で問題をある程度解決できる自信がある方なら、まずは無料版から試してみるのもよいでしょう。 ウイルス感染の主要ルート!アプリ選択には細心の注意を Androidのウイルスの多くは、悪意のあるアプリとしてスマホに入り込んでくるため、危険なアプリを避けるテクニックは必須です。 ここで紹介するルールを守りつつ、セキュリティソフトを常駐させれば、かなりの確率でウイルス感染をブロックすることができます。 4-1. 野良マーケット・アプリは避ける Androidのアプリを扱うサイトには、Google直営のGoogle Playなど信頼のおけるマーケットと、信頼のおけない野良サイトがあります。 野良サイトには不正なアプリが入り込みやすいため、完全とまではいかないものの公式サイトを利用したほうが安全です。 4-2. アプリへの許可権限を要確認 アプリをインストールする際には、そのアプリがどの情報へアクセスして良いのかを許可する画面が表示されます。 これを許可すると、アプリが電話帳などに自由にアクセスすることを許してしまうことになってしまいます。 不正なソフトは、ここに罠を張っているのです。 4-3. デベロッパーの確認 デベロッパー(アプリの製作者)が信頼できるかどうかを確認することも重要です。 誰もが知る企業と、そうでないところとではリスクに大きな格差があります。 ただしデベロッパーを詐称するケースもあるので、レビュー(高評価ほど良い)やDL数(多いほど良い)を参考にするなど、総合的に判断する必要があります。 4-4. アプリの公開日に注目 GooglePlayなどのアプリ公開サイトは、公開済みのアプリがウイルス入りだと判断した時点で公開を停止します。 そのため、ウイルス入りアプリは基本的に短命です。 長い間公開されているアプリは、それだけで安全度が高いと言えます。 まとめ Androidには数多くのウイルスが存在しているので、セキュリティ対策をとっていない端末は、とてつもないリスクにさらされていると言えます。 ウイルスが働く悪事は目に見えるものと、隠れて行われるものがあり、後者を見抜くことは困難です。 ゆえに、セキュリティソフトを導入してウイルスの検知を行うことをおすすめします。 近年、スマホにおいてもネット犯罪が増加し、その被害は年々増加しています。 「スマホは電話だし、大丈夫だろう」と何も対策をしなかった結果、次のような悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。 無料セキュリティアプリをインストールしたら、画面がロックされてロック解除の代金を要求された• 電話帳のデータが知らないうちに流出していた• 自分のSNSアカウントから、勝手に投稿されたり、メッセージの送信がされていた• 自分のスマホ内の写真や動画が流出している、電話の通話内容を盗聴されていた スマホならではの携帯性やいつでもネットにつながっている利便性の恩恵を受けるのは犯罪者も同様です。 ノートンセキュリティは、20年以上の実績と最先端のテクノロジーで、不正なアプリやサイトから、あなたのスマホをしっかり守ります。 30日間の無料体験版をご用意しましたので、まずはウイルスチェックから始めてみてください。

次の

「お使いのコンピュータが危険にさらされる可能性があります。」と警告が出た時の対処方法

バッテリーが危険にさらされている可能性があります

信じてタップしてはいけません。 どんなコンピューターウイルスでも物理的なバッテリーを攻撃することは不可能です。 また、バッテリーに関するプログラムに介入したとしても「初期化」で解決できます。 スマホの「アプリ」である以上はまったく心配のいらないことなので無視するのが1番です。 何もせずにこちらの方法で解消しましょう。 これで解決!対処法を紹介 ほとんどはブラウザアプリでweb検索やインターネットを利用しているときに起きているはずなので、こちらの方法で解決できます。 アクセス情報のキャッシュを消去• ブラウザの「︙」ボタンをタップしてメニューを表示• 「設定」をタップして「プライバシー」をタップ• 「閲覧履歴データを消去する」をタップすれば完了 再発するようなら「設定」の下のデータを消去で完全に消せますのでご安心下さい。 使っている機種名なども個人情報じゃない 「お使いの〇〇で~」と機種名などが表示されても個人情報ではなくアクセスから簡単に把握できる情報なので焦る必要はありません。 GoogleのロゴやAndoridのキャラクターも勝手に使っているだけなので、信用性はゼロです。 Android自体がもともと無料のOSだったので、広く利用できる利点を悪いように使っているのです。 心配なら無料のセキュリティアプリでチェック どうしても心配なら無料で使えるセキュリティアプリでスキャンしましょう。 おすすめはこちら• avast Mobie Security 無料• AVL 無料 2つとも無料で高い信用度のスキャン機能を備えています。 セキュリティアプリを常駐させる必要はないので、影響ないことが確認できたらアンインストールしても大丈夫です。 ウイルスとセキュリティアプリについて詳しくご紹介した記事があるので、ぜひご覧ください。 アプリが起因の場合でもこちらで紹介した方法で全て解決できます。 誘導されたアプリをインストールしてしまったら!? 焦らずアンインストールすれば大丈夫です。 関連して違うアプリまでインストールしている場合もあるので、こちらの方法で探しましょう。 怪しいアプリを探してアンインストールする• スマホの下にある全てのアプリの表示画面を開く• 上部「アプリケーション検索」横の「︙」をタップしてメニューを開く• 「アプリの並べ替え」タップして「日付順」を選択 この方法で見覚えのないxをタップすればアンインストールができます。 使っていないアプリもアンインストールすればスマホがサクサクに動作するようになりますよ。 原因と今後の対策を紹介 バッテリーの警告やウイルス感染のメッセージはほとんどブラウザアプリでweb閲覧をしていたときに起こります。 控えればいいのですが、好奇心を満たすためにいろんな情報を見てみたくなるのは当然のことでしょう。 怪しげな情報を閲覧する場合には通常と別のブラウザアプリを利用しましょう。 もし何かあっても最悪アンインストールが気軽にできます。 Chorome以外のおすすめブラウザアプリは• セキュリティの高い「Firefox ファイヤフォックス 」• データ節約のできる「Opera Mini オペラミニ 」• 軽量で高速と人気の「Smooz スムーズ 」 こちらは実際に、利用してみて確認していますがどれも評価も高く信用できる便利なアプリです。 最後に よく「Android機種はセキュリティが心配」と言われますがスマホのシステム上で本体のプログラムまで侵入するウイルスは現在、まったく不可能です。 逆にアカウントを忘れただけで持ち主が利用不可能になるiPhoneのセキュリティのほうが問題ではないでしょうか。 例外があるとすれば「GooglePlayストア」を利用せず、ブラウザからインストールするアプリは高い危険性を持っています。 ですが、そんな危険行為を犯すならよっぽど「Androidスマホ」の可能性を信じてやることでしょう。 失敗を恐れては未来のクリエイターは育ちません。 開発者やプロは失敗してもいい「捨て機種」で行いますが、自分のスマホを使うしかないのであれば、バックアップをクラウドやSDカードなど本体に依存しない場所にしておきましょう。 Andoridスマホの不具合は最悪でも初期化すれば99. 過剰に心配せず紹介した方法で解消して可能性の高いAndroidスマホを活用していきましょう。 物理的にバッテリーに問題がある場合は、こちらの記事でもくわしくまとめてご紹介しています。 ぜひ参考にご覧ください。

次の