パーネル ウィテカー。 さすがウィテカーさん!デラホーヤの4階級制覇阻止!…え…パーネル・ウィテカーvs.オスカー・デラホーヤ

4階級制覇の元ボクサーが交通事故で死去、五輪では金メダル 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

パーネル ウィテカー

[画像と動画] 怒り新党3月20日ボクサーのパーネル・ウィテカーのディフェンスが鬼凄 3月20日放送の「マツコ&有吉の怒り新党」で、ボクシング界の名選手パーネル・ウィテカーの凄いディフェンスが「新3大〇〇」で紹介されました。 ボクサーのパーネル・ウィテカー選手は、1984年にロサンゼルスオリンピックライト級で、金メダル獲得後にプロ入りします。 相手のパンチをことごとく避ける「ディフェンスマスター」として人気のあった選手です。 1991年7月27日 WBA世界ライト級タイトルマッチ 対ポリ・ディアス戦 プロ27戦目に迎えた、32戦32勝の全勝の成績を誇る無敵のヨーロッパチャンピオン「ポリ・ディアス」との1戦です。 この当時ウィテカー選手は27歳、26戦中25勝の成績でした。 ヨーロッパチャンピオンのパンチを、神業でよけまくったウィテカー選手が、結果3:0で判定勝ちしました。 ディフェンスを最優先してあまり手を出さないので、判定勝ちが多く「つまらない選手」として酷評されることもありました。 1994年4月9日 WBC世界ウエルター級タイトルマッチ 対サントス・カルドナ戦 このころディフェンスにさらに磨きをかけたウィテカーは、3階級を制覇した最強ボクサーと呼ばれていた時代です。 対戦相手はWBAウエルター級世界ランキング1位の、鋭いパンチを打つ選手 ディフェンスを軸に試合を進める、カルドナ選手のパンチをよけるほどにウィテカーのディフェンスのキレがよくなり、おしょくるようにしゃがんで相手のパンチをよける事もしました。 ノリノリになったウィテカーは相手のパンチを、まるで踊っているかのように避けまくり、観客も歓喜の声を挙げます。 ボディーめがけたパンチはジャンプしてお尻でブロック 顔面めがけたパンチは、飛び跳ねて背中でブロック お尻や背中で受けたパンチは、あまり負担にならない 観客を沸かせるキレキレの動きで、大差で判定勝ちしました。 1995年3月4日 WBA世界ジュニアミドル級タイトルマッチ 対フリオ・セサール・バスケス戦 世界でもほとんど達成されていない4階級制覇に挑んだ一戦 この階級を制覇するために体重を3kgも増やして挑むウィテカー、この体重の重さで動きの速いキレのよいディフェンスはできるのか? 対戦相手は、WBA世界ジュニアミドル級チャンピオンの凄腕 増量したにも関わらず、軽快な動きでパンチを避け続けるウィテカー、ラウンドがあがってもスタミナは下がらず、終止相手を翻弄、史上最強の守備力で4階級制覇を果たしました。 プロ通算46戦40勝で37歳で引退、史上最高のディフェンス選手として今でも語り継がれています。 日本ではあまり知られていないボクサーでしたが、世界では史上最高の守備力が絶賛されていたボクサーでした。 現在は、コーチをしているそうです。 3月20日放送の怒り新党動画は.

次の

メイウェザー氏がウィテカー氏追悼ツーショット投稿 事故前日に…/ファイト/デイリースポーツ online

パーネル ウィテカー

こんにちは管理人です。 今日は1990年にラスベガスで行われた WBC. IBF世界ライト級タイトルマッチ 王者パーネル・ウィテカーvs. アズマー・ネルソンの一戦です!! この試合はウィテカーの4度目の防衛戦。 オリンピック金メダリストのアウトボクサーはサウスポーでめちゃくちゃやりにくいボクサー。 まるで曲芸のようなディフェンススキルを持ちますな。 ネルソンはフェザー級、スーパーフェザー級でタイトルを獲得している2階級制覇チャンピオン。 サルドバール・サンチェスには敗れたもののスーパーフェザー級タイトルを保持したまま3階級制覇を狙ってきましたな。 そしてこの試合はネルソンがワイルドに迫る中ウィテカーがアウトボクシングで抜群のディフェンスを駆使する好試合に!ウィテカーが的確なパンチとディフェンス力を見せて判定勝ちとなりましたがオールアクションの接戦となりました! それではこの試合を振り返ります! 目次• 試合経過 1ラウンド サウスポーのウィテカーはジャブをついてサイドに回る。 ネルソンは前に出てきてボディにパンチを伸ばしてくる。 ウィテカーは動きがめちゃくちゃ速くてワンツーを伸ばす。 ウィテカーは左ボディをつくがネルソンはブロック。 ネルソンはプレッシャーをかけてきてこの階級でも遜色ない。 2ラウンド ウィテカーは入ってくるところに鋭い左右ボディを打つ。 ネルソンはプレッシャーをかけてきて左アッパーを振る。 そして右ストレートを出してきてガードもしっかり硬い。 ネルソンは前に出てくるもののウィテカーは見切りが良い。 そしてすばしっこくサイドに回って左リードを伸ばす。 3ラウンド ウィテカーはスルスルと下がるがネルソンは右をコネクト。 追いかけ回してプレッシャーをめちゃくちゃ強めてくる。 ウィテカーは押し合いにも強くてボディを打ち込む。 ネルソンは左フックを被弾してもガンガン出てくる。 ウィテカーは下がりながらジャブをついてアウトボクシングに徹する。 4ラウンド ウィテカーは押し込み始めてボディを差し込んでくる。 ネルソンは頭をつけて前に出てフックを振ってくる。 そして当たらなくてもパンチを出してくるがウィテカーは当てさせない。 ネルソンは右ストレートを振り回して本当に止まらない。 ウィテカーはいつもよりもスペースをもらえないがボディを差し込んでパンチは鋭い。 5ラウンド ウィテカーはボディをねじ込んでアッパーも打ち込む。 接近戦でもパンチをショートで返してネルソンは振り回す。 さすがのネルソンも当たらないパンチにイライラしている。 ネルソンは前に来るがショートの左を被弾する。 それでも前に来てパンチを受けてもと回らない強さを見せる。 6ラウンド ネルソンは左フックを振ってガードを固めてくる。 ウィテカーはガードの上にパンチを当てて下がる。 ネルソンはボディを当てて右フックを顔面に返す。 ウィテカーは落ち着いて下がりながらジャブをコツコツ当てる。 そして入り際に左ボディを差し込んでパンチはなかなか硬質。 7ラウンド ウィテカーは入ってくるところに左ショートを狙う。 ネルソンは頭を下げて前に出てきてプレッシャーをかける。 そして右フックを出してきてパンチを振り回して右を当てる! ウィテカーはディフェンスにフォーカスして手数が減る。 ネルソンはハイペースで前に来て振り回してくる。 8ラウンド ネルソンはプレッシャーをかけてワイルドなフックで迫る。 そしてダッキングしながら前に来てファイタースタイル。 ウィテカーは近づかれるとクリンチしてやり過ごす。 ウィテカーは見のこなしが流石でまともにパンチをもらわない。 ネルソンはいきなりの右フックを放つなどいつもとは違う。 9ラウンド ウィテカーは近づかれるとクリンチして押し倒そうとする。 そしてインサイドでもアッパーをねじ込んでうまい。 ウィテカーはジャブを伸ばしてサイドへと移動。 そして左フックを鋭く放って切れ味がすごい。 ネルソンはさすがにたじろいで顔色が変わっている。 10ラウンド ウィテカーは下がって間合いをするすると取る。 そしてジャブをついてきてコツコツと当ててくる。 ネルソンは前に来るものの少し打ち疲れている。 そして前に来る分ジャブを綺麗に被弾してしまう。 ウィテカーは入ってくるところに右フックを合わせてこれもうまい。 11ラウンド ウィテカーはクリンチして肩を押し付けてくる。 ネルソンは頭を振って前に出てきて振り回してくる。 しかしウィテカーはクリンチしてきてブーイングが鳴る。 ネルソンはしつこく出てくるがウィテカーはクリンチ。 ウィテカーはインサイドで左フックを返してこれは鋭い。 12ラウンド ネルソンはガンガン出てきてノックアウトを狙ってくる。 ウィテカーは下がってジャブをコツコツついてくる。 そして左ストレートを返してネルソンは捉えられる。 ネルソンは中盤にワイルドな右を返して肉薄してくる。 ウィテカーはホールディングで減点を取られてこれは痛い! 判定は116-111. 116-114. 115-113の3-0でウィテカー! ちなみに僕は114-113でネルソンでした! 所感 クロスファイトやな… チャンピオン対決となっているこの試合はお互いにとって死力を出し尽くした好勝負だったと思うし、多分違う日に見たら僕の祭典も変わると思う。 ただ、勝敗を分けたポイントはやはりウィテカーのディフェンスと手数。 ディフェンスだけならまだしもネルソンが踏み込みを躊躇するフックもあるからな。 しかしネルソンはウィテカー相手に食い下がってチャンピオンの意地を見せている。 ライト級でまた世界タイトルやって欲しかったんだけどな。 海外ボクシングの試合を見るなら WOWOW がおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!.

次の

フロイド・メイウェザーJr.とパーネル・ウィテカーとではどち...

パーネル ウィテカー

こんにちは管理人です。 今日は1990年にラスベガスで行われた WBC. IBF世界ライト級タイトルマッチ 王者パーネル・ウィテカーvs. アズマー・ネルソンの一戦です!! この試合はウィテカーの4度目の防衛戦。 オリンピック金メダリストのアウトボクサーはサウスポーでめちゃくちゃやりにくいボクサー。 まるで曲芸のようなディフェンススキルを持ちますな。 ネルソンはフェザー級、スーパーフェザー級でタイトルを獲得している2階級制覇チャンピオン。 サルドバール・サンチェスには敗れたもののスーパーフェザー級タイトルを保持したまま3階級制覇を狙ってきましたな。 そしてこの試合はネルソンがワイルドに迫る中ウィテカーがアウトボクシングで抜群のディフェンスを駆使する好試合に!ウィテカーが的確なパンチとディフェンス力を見せて判定勝ちとなりましたがオールアクションの接戦となりました! それではこの試合を振り返ります! 目次• 試合経過 1ラウンド サウスポーのウィテカーはジャブをついてサイドに回る。 ネルソンは前に出てきてボディにパンチを伸ばしてくる。 ウィテカーは動きがめちゃくちゃ速くてワンツーを伸ばす。 ウィテカーは左ボディをつくがネルソンはブロック。 ネルソンはプレッシャーをかけてきてこの階級でも遜色ない。 2ラウンド ウィテカーは入ってくるところに鋭い左右ボディを打つ。 ネルソンはプレッシャーをかけてきて左アッパーを振る。 そして右ストレートを出してきてガードもしっかり硬い。 ネルソンは前に出てくるもののウィテカーは見切りが良い。 そしてすばしっこくサイドに回って左リードを伸ばす。 3ラウンド ウィテカーはスルスルと下がるがネルソンは右をコネクト。 追いかけ回してプレッシャーをめちゃくちゃ強めてくる。 ウィテカーは押し合いにも強くてボディを打ち込む。 ネルソンは左フックを被弾してもガンガン出てくる。 ウィテカーは下がりながらジャブをついてアウトボクシングに徹する。 4ラウンド ウィテカーは押し込み始めてボディを差し込んでくる。 ネルソンは頭をつけて前に出てフックを振ってくる。 そして当たらなくてもパンチを出してくるがウィテカーは当てさせない。 ネルソンは右ストレートを振り回して本当に止まらない。 ウィテカーはいつもよりもスペースをもらえないがボディを差し込んでパンチは鋭い。 5ラウンド ウィテカーはボディをねじ込んでアッパーも打ち込む。 接近戦でもパンチをショートで返してネルソンは振り回す。 さすがのネルソンも当たらないパンチにイライラしている。 ネルソンは前に来るがショートの左を被弾する。 それでも前に来てパンチを受けてもと回らない強さを見せる。 6ラウンド ネルソンは左フックを振ってガードを固めてくる。 ウィテカーはガードの上にパンチを当てて下がる。 ネルソンはボディを当てて右フックを顔面に返す。 ウィテカーは落ち着いて下がりながらジャブをコツコツ当てる。 そして入り際に左ボディを差し込んでパンチはなかなか硬質。 7ラウンド ウィテカーは入ってくるところに左ショートを狙う。 ネルソンは頭を下げて前に出てきてプレッシャーをかける。 そして右フックを出してきてパンチを振り回して右を当てる! ウィテカーはディフェンスにフォーカスして手数が減る。 ネルソンはハイペースで前に来て振り回してくる。 8ラウンド ネルソンはプレッシャーをかけてワイルドなフックで迫る。 そしてダッキングしながら前に来てファイタースタイル。 ウィテカーは近づかれるとクリンチしてやり過ごす。 ウィテカーは見のこなしが流石でまともにパンチをもらわない。 ネルソンはいきなりの右フックを放つなどいつもとは違う。 9ラウンド ウィテカーは近づかれるとクリンチして押し倒そうとする。 そしてインサイドでもアッパーをねじ込んでうまい。 ウィテカーはジャブを伸ばしてサイドへと移動。 そして左フックを鋭く放って切れ味がすごい。 ネルソンはさすがにたじろいで顔色が変わっている。 10ラウンド ウィテカーは下がって間合いをするすると取る。 そしてジャブをついてきてコツコツと当ててくる。 ネルソンは前に来るものの少し打ち疲れている。 そして前に来る分ジャブを綺麗に被弾してしまう。 ウィテカーは入ってくるところに右フックを合わせてこれもうまい。 11ラウンド ウィテカーはクリンチして肩を押し付けてくる。 ネルソンは頭を振って前に出てきて振り回してくる。 しかしウィテカーはクリンチしてきてブーイングが鳴る。 ネルソンはしつこく出てくるがウィテカーはクリンチ。 ウィテカーはインサイドで左フックを返してこれは鋭い。 12ラウンド ネルソンはガンガン出てきてノックアウトを狙ってくる。 ウィテカーは下がってジャブをコツコツついてくる。 そして左ストレートを返してネルソンは捉えられる。 ネルソンは中盤にワイルドな右を返して肉薄してくる。 ウィテカーはホールディングで減点を取られてこれは痛い! 判定は116-111. 116-114. 115-113の3-0でウィテカー! ちなみに僕は114-113でネルソンでした! 所感 クロスファイトやな… チャンピオン対決となっているこの試合はお互いにとって死力を出し尽くした好勝負だったと思うし、多分違う日に見たら僕の祭典も変わると思う。 ただ、勝敗を分けたポイントはやはりウィテカーのディフェンスと手数。 ディフェンスだけならまだしもネルソンが踏み込みを躊躇するフックもあるからな。 しかしネルソンはウィテカー相手に食い下がってチャンピオンの意地を見せている。 ライト級でまた世界タイトルやって欲しかったんだけどな。 海外ボクシングの試合を見るなら WOWOW がおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!.

次の