仮面 ライダー ゲイツ。 明光院ゲイツとは (ミョウコウインゲイツとは) [単語記事]

www.digitaleskimo.netts仮面ライダーゲイツ レビュー! ジオウを支えしツンデレライダーは写真映え間違いなし!

仮面 ライダー ゲイツ

こんにちは、です。 今回は一般販売したS. Figuarts仮面ライダーから… S. Figuarts仮面ライダーゲイツを紹介します!! ひらがなで「らいだー」とかかれた複眼で衝撃的なインパクトを与えた、仮面ライダージオウの2人目の仮面ライダー。 しかしデザインに違和感はなく、ボディのレッドがまた良い印象を与えていますね! 今となっては仮面ライダーゲイツリバイブにもパワーアップしたりとどんどん活躍していますし、時に見せるコミカルな一面で人気を集めています。 そんな仮面ライダーゲイツが誰でも手に取れる一般販売で発売しました! S. Figuarts仮面ライダーゲイツは、今まで通りの通常価格での提供となっています。 Figuarts仮面ライダーゲイツ 概要 では、S. 色の分け方は、S. Figuarts仮面ライダージオウと同じ感じですが、初回特典として台座がついてますよってシールがはられています。 左側面には、2018年と50年後の未来である2068年の数字がデジタル表記で乱雑に描かれています。 劇中通りの赤いボディが目立ち、胸部周りのアーマーはメタリック塗装を施しています。 デジタル腕時計な頭部の造形も良くできていますね! 後ろも省略している部分はありません。 では各部分をアップしながら見ていきましょう。 ・頭部 「らいだー」の文字がめっちゃかっこよくデザインされているのが仮面ライダーゲイツですが、そのデザインを忠実に再現しています! 複眼のクリア感もいい感じです。 頭部の周りが黒なので、キュッと引き締まったような見た目になりクールな印象が立っていますね。 「G-SHOCK」のようなデジタル時計みたいな見た目のですが、左にはジオウと同じくリューズがついています。 ゲイツがいじったところを見たことはありませんが、ここは仮面ライダージオウと同じくのチャームポイントですね! ・ボディ 上半身のボディ、特に胸部や肩パーツにはメタリック塗装が施されていてしっかりとしたアーマー感を演出しています。 顔や首や胴体を通っている時計ベルトの造形も艶のない黒で表現されています。 Figuarts仮面ライダージオウ同様に胸部のボリュームがでかくてマッシブです! 背中にはベルトの留め具のような装飾が施されています。 仮面ライダージオウとは異なった留め具になっていて、細かいところで差別化しているなとデザイン性の高さを感じました。 後頭部にもしっかりベルトが回っています。 ・ジクウドライバー お次は変身アイテムの「ジクウドライバー」! 小さなアイテムですが、塗装やシールで劇中通りに仕上げています。 少し濁ったクリアパーツを使用して、真っ白な仕様にしていないのがいいですね! ちょっと見えにくいですがライダーズクレストも施されておりますよ。 ゲイツライドウォッチはちょと簡素な作りですが、モールドは細かいです。 ゲイツライドウォッチだけの四隅の丸みも作りこまれています。 ジクウドライバーは回転することができるので、仮面ライダーゲイツのいかした変身も再現することができます! ・ライドウォッチ&ライドウォッチホルダー 戦闘で使用するライドウォッチを持ち運ぶためのライドウォッチホルダーには、仮面ライダーゲイツが初期に持っていたライドウォッチが取り付けられています。 右腕のホルダーには、「ドライブライドウォッチ」と「ゴーストライドウォッチ」が取り付けられています。 左腕には、「バイクライドウォッチ」と「ブランクライドウォッチ」が付いていました。 シールが無いのがちょっとだけ残念ですねw ホルダーについているライドウォッチは取り外すことができます。 内側のモールドも作りこまれています。 ライドウォッチの裏側も妥協が無く、おもちゃの認識ピンのようなモールドが施されていました。 ちっちゃいパーツですが、作りこみがすごいです。 ・足&足裏 太ももとすね周りで違うパーツを使って表現しています。 ブーツ上部分はメタリック塗装が施されています。 足裏には「きっく」の文字が再現されております。 これでタイムバーストを再現する際も気持ちが滅入ることなくポージングできますね。 ・手首パーツ まずは手首パーツから。 左右で2種類と左のみの2種類があります。 手を大きく広げたパーツがあるので、変身する際のポーズを完璧に再現できますね。 ・ライドウォッチ型台座2種 S. Figuarts仮面ライダーゲイツには初回特典として、仮面ライダージオウと仮面ライダーゲイツ二人のライドウォッチ型台座が付属しています! 二人分の台座なので、計4枚のクリアパーツと2枚のシートが付属されていました。 仮面ライダージオウ用の台座は「HEISEI RIDERS RISING PROJECT」第1弾で付属していた台座と同じものですが、仮面ライダーゲイツ用の台座パーツは専用の特殊な形をしています。 台座用のシートがこちらです。 ライドウォッチのデザインを忠実に再現しています。 これを台座パーツの間に挟めば… 簡単にライドウォッチ型台座が完成しました! これまでもレジェンドライダー達の台座を組み立ててきましたが、この2つの為に台座があるのだなと思わせるくらい見た目がいいです。 試しに仮面ライダージオウと仮面ライダーゲイツを載せてみました! 台座が大きくて面がフラットなので、安定してポージングできます。 後は真骨彫製法仮面ライダーキバとライドウォッチ型台座セットを買えば、平成仮面ライダー全員分の台座を揃えることができますね! まあ大変なので、私は恐らくやらないと思いますw ご了承ください… また、仮面ライダーゲイツ専用アイテム「ジカンザックス」は後日発送される「 S. Figuarts ライドストライカー&ジカンギレード/ジカンザックスセット」に付属されております。 届き次第レビューして、持たせてレビューしますね! S. Figuarts仮面ライダーゲイツ 可動域 S. Figuarts仮面ライダーゲイツの概要を紹介した次は、フィギュア本体の可動域を見ていきましょう。 胸部のボリュームがでかいため、顎と干渉してしまいあまり下には向けません。 横に向く際は首周りの襟と顎が干渉しますが、顎を少し上げれば問題なく動かすことができます。 肩パーツが腕の稼働に合わせて動いてくれるので、腕を広げるのも楽々です。 肩部分と腕パーツのジョイント、肘手首で可動します。 肘は写真くらいまで曲げれます。 胸部パーツ下の装飾が胴体真ん中の時計ベルトパーツとぶつかるため、胸部パーツ部分の横の可動は写真くらいとなります。 上半身はこれくらい反れて、 前にはこれくらい倒せます。 後ろより前に倒すほうが浮いているフィギュアですね。 足は前後にほぼ180度に広げることができます。 横にはこれくらい広げれます。 付け根付近のでっぱりが腰に干渉するためにあまり広げることができないんですね。 腰と足のジョイント、ひざ、足首、つま先で稼働できます。 ひざの曲げ具合は、写真くらいが最大です。 以上S. Figuarts仮面ライダーゲイツの可動域でした。 Figuarts仮面ライダーゲイツ ポージング お待たせしました! S. Figuarts仮面ライダーゲイツでかっこよくポージングを撮っていきましょう! 「変身!」 『カメンライダーゲイツ!』 仮面ライダーゲイツ見参! 付け替えなどせずただ腕の位置とかをちょこっと変えただけなのに、もうかっこいいです!w 腕をパンッ!ってやるポージングも自然にかっこよくできます! 腕の位置を変えればライドウォッチを取り外す際のポージングを行えます。 バランスとって何とか置くという無理くりなやり方ですが、ライドウォッチを持つなんてこともできちゃいますw リューズいじり用の手首パーツを使って、「なんかいけそうな気がするポーズ」をとってもらいましたが、仮面ライダーゲイツがこれをやるとめちゃくちゃクールになりますw 「絶対にいける!」 って感じですw この手首パーツを応用すれば、敵を挑発するようなポージングをとることができます! このパーツをS. Figuarts仮面ライダーグリスで欲しかった…w あ、でもフィギュアのクオリティは最強ですよ!! さ、仮面ライダーゲイツに戻りましょう。 パンチポーズもがっちり決まり、 片足立ちでキックも余裕でできます! ジクウドライバーを回転するポーズもいい感じ! 『タイムバースト!』 ライダーキックポーズも様になってますね! 仮面ライダーゲイツのライダーキックはタイムラグを発生させるという能力があるのも男心をくすぐる良い設定です。 ではせっかくなので、以前発売したS. Figuarts仮面ライダージオウと一緒に撮っていきましょう! 「この時代のお前に恨みはない。 だが未来のためだ…消えてもらう!」 ソウゴを消すために2018年にやってきたゲイツは、仮面ライダージオウに変身したソウゴに冷徹な言葉と共に攻撃をしていました。 様々出来事と共に着実に絆を深めた二人ですが、運命という束縛によって再び戦ったりしていました。 「お前は最善最高の魔王になると俺に言った!だったら問題ない。 お前が最低最悪の魔王になったら、俺が倒してやる!!必ずな!」 自分が最低最悪の魔王になってしまう未来を見て絶望していたソウゴを、ゲイツなりのやり方で励まし再び覇道へと導いたシーンは二人の確かな絆を感じさせました。 「こいつは誰よりも優しく、誰よりも頼りになる男だ!そして…俺の友達だ!」 そして神回と言っても過言ではない第28話でゲイツが言い放った最高の言葉! 二人の見えそうで見えなかった絆が遂に形となって表れた瞬間に、感動が止まりませんでした! 「俺以外に倒されるなど許さんぞ!」 「うん!!」 誰も知らない新たな未来を作り上げるために、二人は共に戦う道を選んだのでした。 Figuarts仮面ライダージオウと一緒にポーズをとれば、いろいろなシーンを再現することができます! この二人は、戦兎と万丈並みにベストマッチなコンビです!.

次の

仮面ライダーゲイツマジェスティ

仮面 ライダー ゲイツ

魔王との戦いの経験もあってかどこか殺伐とした雰囲気を醸し出しており、将来オーマジオウになる(可能性がある)ソウゴに対しては様子見をしつつも敵意を隠すことはない。 しかし本来は正義感が強く優しい人物で、目的を優先しようとを放置しようとしても、結局人が襲われているのを放っておけずに助けに入ったり、 アナザーライダー攻略には自分から協力を行ったりなんだかんだでジオウと共闘したりするなど、そこかしこで人の良さが垣間見える描写が多い。 というか同じ屋根の下で生活しているくせに寝首を掻かなかったり、倒したい相手が油断して近づいて来ているのに「来るな!」と牽制したり、 騙し討ち等をせずわざわざ倒す相手を呼び出して戦いを申し込んだり、どう考えても戦士に向いていない。 アナザーライダーに対しても初期こそ「(アナザーライダーの)個人的な事情などどうでもいい」と吐き捨てていたが、 に対して「ジオウならどうする」とツクヨミに尋ねたり、アナザークイズからウォッチを奪うのを躊躇する描写がある。 そのためか、『』公開時に出版された『仮面ライダーぴあ』では、 『非情になりきれない戦士』と紹介されている。 放送開始直後の第3話の時点でソウゴにアドバイスしてお礼を言われたときに「助言したっ…助言したわけじゃない!」と動揺したり、 第14話では幽霊になったソウゴを助けるため奔走し、そのお礼を言われ「バカなことを言うな、別にお前のために戦ったんじゃない」と言い張ったりしている。 要するに。 しかしツンデレの代名詞「勘違いするな」系のセリフは使用していない。 ちなみにはとの戦いに助太刀する際に言った。 ソウゴとの本格的な和解後は「ヤツの作る新たな未来を俺も見てみたい」とこれまでと比べるべくもない素直さを見せているが、にソウゴの家臣扱いされた時には反射的に否定している。 ソウゴと友達になった後はウォズにツンツンするようになった。 でも無言で醤油を取ってご飯もついでくれる。 アナザーライダーを巡る事件の中でソウゴとの共闘と対立を繰り返す中、彼に対する友情が芽生えていき自分は本当にソウゴを倒すべきなのか葛藤していくことになり、 遂にはソウゴの命を奪いたくない故にジクウドライバーを捨てる様に促すようになる。 後に未来の自分を見て絶望したソウゴに頼まれて彼のドライバーを破壊するも、暴走したカッシーンから子供を守る為に生身で立ち向かう彼を見かねて自身のドライバーを渡し、 「最高最善の魔王を目指せ」「最低最悪の魔王になったら自分が倒す」と改めて約束することで、ソウゴを立ち直らせつつ自分の気持ちに一応の整理をつける。 上述の通りソウゴに頼まれて彼のドライバーを破壊し、後に自らの物をソウゴに託して以降はウォズがソウゴ用に持ってきた予備のドライバーを使用している。 これによりソウゴとは心中に複雑な思いを抱えながらも袂を分かち、3つのミライドウォッチが揃って遂にゲイツリバイブウォッチが現れた。 リバイブウォッチはジオウを倒すためのウォッチであり、ジオウを倒すと言う覚悟がなければ使用できない。 との戦いでリバイブウォッチを使用したものの起動することが出来ず、 白ウォズからは「今や君は牙を抜かれた獣だ。 君の使命を思い出して貰いたいものだね」と責められてしまう。 そしてツクヨミにも起動できなかったことを伝えると、ツクヨミは単独でソウゴの過去を探るため2009年へ飛んだ。 その後ゲイツもツクヨミと同じく2009年へ飛んだのだが、その際目にしたのは「ツクヨミがソウゴの名前を叫びながら発砲する姿」と「ツクヨミを乗せたバスがトンネルで爆発する惨状」であった。 「自分がグズグズしていたばかりにツクヨミが手を汚すことになり、更には死なせてしまった」と思い込み呆然とするゲイツは、遂に本気でジオウを倒す覚悟を決める。 救世主と呼ばれるに相応しい力を見せつけた。 しかしこの力にはリスクがあり、リバイブウォッチによる時間を圧縮したり引き延ばしたりすることで生み出される力がゲイツの命を削るほどのダメージを与えているため、 使用は控えたほうが良いと黒ウォズに忠告される。 だがゲイツは「奴との約束を破るわけにはいかない」とこの忠告を無視。 鼻・耳・目となんだかヤバそうな場所から血を流しながらも、 リバイブの力でアナザージオウやを退け決戦の地へと向かう。 決戦の地にて、ソウゴに「ゲイツとツクヨミに会うまで友達がいなかった」と告げられ、「俺たちは友達じゃない」と一旦は否定。 更に「ゲイツは確信したんだよね?俺がオーマジオウになるって」と過去に交わした約束について問われる。 ゲイツが覚悟を決めたのはあくまで「自分がやらなくてはいけない」という強い使命感と焦りからであり、「ソウゴが本当にオーマジオウになるのか」についての答えは出ていなかった。 ゲイツが言い淀んでいるとアナザージオウが乱入。 ゲイツより先にソウゴの命を奪うべく拳を振り上げたが、ゲイツはアナザージオウに飛びついて攻撃を阻止する。 太腿の特殊装甲「ファイズアビリティプレート」はファイズと同じ組成を限定的に再現し、 ナノテクノロジーの極細の毛細ケーブルがアーマー内部に行き渡り、装着者の意志を各部にロスなく伝達する。 ファイズフォンを模した両肩の特殊大型デバイス装甲「フォンギアショルダー」はファイズフォンXのコード入力を受け、拡張デバイス「ギア555」を瞬時に実体化させる。 これはミッションメモリーの部分が「カメン」のライダーズクレストになっている。 作中ではファイズショットと同型のパンチングユニット「ショット555」を装備してグランインパクトを放ったほか、 ファイズポインターと同型のポインティングマーカーデバイス「ポインター555」を使用している。 ポインター555の先端から発射される赤いマーカーはファイズポインター同様、 対象が破壊されるまで自動追尾する性能を備えている。 頭部「ファイズヘッドギアR」はファイズの頭部「ブラックシェルメット」とほぼ同じ機能を持っており、 メインとなる「ブラックシェルフレーム」は「ソルメタル」 製の極薄ハードシェルの多層構造で、内部に耐衝撃パックを装備している。 複眼は「アルティメットファインダーインジケーションバタフライ」となり、 オリジナルの視覚器官「アルティメットファインダー」と同様に暗闇でも鮮明な視界を確保する超高感度のスコープやX線カメラが搭載されている。 2本のアンテナ「グローバルフィーラー」はファイズの同名パーツと同じ形状で、人工衛星・ビークル・情報機関といった外部からの情報を受信して連携を取る。 中心部の器官「エクストリームノーズ」も同名パーツと同じ形状で、同様に感度調節を行い人間の100万倍の嗅覚(犬と同程度)を人工的に作り出すことが可能。 通常形態のフォンライドウォッチから携帯電話型の「フォンモード」、銃型の「ブラスターモード」に変形する。 フォンモードではコードを入力することで、ファイズアーマーにギア555を装備させる機能も有している。 更に時代を超えて通話することも可能で、作中ではこれにより事態が収束した事例もある。 ブラスターモードでは銃口から流体エネルギー「フォトンブラッド」を圧縮した弾丸「フォトンバレット」が撃ち出される。 精密射撃に向く単発の「シングルモード」、破壊力が高く連射可能な「バーストモード」、 高威力の光線を照射する「チャージモード」の3種類の形態を使い分けることができる。 出力調整した低威力の状態では対象を気絶させることも可能で、作中でもツクヨミが実際に使用した。 胸部の赤い宝石のような部位「フレイムラングストーン」はオリジナル同様、余剰な魔動力を吸収することで暴走を抑える制御装置として機能する。 他のアーマーと異なり下半身は太腿の特殊装甲および共通のプレートアーマーが追加されず、 「ウィザードコート」という魔動力で形成されたローブを纏い、オリジナルの「ウィザードローブ」と同様に外部からの衝撃を拡散し装着者のダメージを軽減する。 また、両肩から赤い魔法陣を模した魔動力増幅器「エングレイブドカタリスター」が垂れ下がる。 任意の場所に円形の誘導サーキットを展開し、その地点に魔動力を収束・増幅することで効果を最大化する機能を持つ。 ゴーストライドウォッチが ゲイツの凄まじ過ぎる恐怖心に呼応して一時的に変化した末の形態。 本来真紅に染まっていたスーツカラーがゴースト本編の2号ライダー・スペクターを彷彿とさせるように真っ青になり、アーマーの形状もゴーストアーマーと似ている が、こちらも本来オレンジである部分が水色に染まっている。 他にもマスクの口元は恐怖で怯えたような表情となり、両足のプレートにもムンクの「叫び」のような表情が描かれ、複眼部分には冷や汗のような模様が大量に浮かび、胸部のマークや肩アーマー等の各所には怯えていることを示す黒い縦線が走ると、 これでもかと言うくらいにゲイツの恐怖心を押し出したような奇抜なデザインになっている。 実は彼は この物語上、最も『謎』の多い人物である。 何故未来人たちの中で唯一苗字があるのか?• 何故ジクウドライバーを使うことが出来るのか?• ジクウドライバーとゲイツライドウォッチはどうやって入手したのか?(ウォッチの方はジオウのものともレジェンドのウォッチともミライドウォッチとも形状が違う、独自のものである)• どの時点から仮面ライダーとして活躍していたのか?(2068年で変身した描写がない)• なぜ一人だけ専用のタイムマジーンを持っているのか?(ソウゴが使っているのは、ツクヨミが乗っていたレジスタンスの量産型仕様がジオウの力で変化したものである)• これだけソウゴに密接に関わる人物でありながら、元の歴史でソウゴの未来に何の影響もない人物と語られる理由とは?• そもそも『明光院ゲイツ』とは何者なのか? 世界線ごとに大きく違いのある人物像を見せながら同じ「明光院ゲイツ」である、というのも彼の謎を引き立てる要因となっているのだろう。 ジオウを演じる奥野氏にはバレエダンスの経験があるが、奇しくもゲイツを演じる押田氏も ストリートダンスの経験があり、双方共に自身が直接アクションシーンを撮影する際の動き方の元になっている。 容姿が役の松田悟志氏を幼くしたように見えた事から 秋山と呼ばれる事がある。 完全にとばっちりで蓮が「ゲイツオルタ」と呼ばれることも。 1話目で主人公に攻撃を仕掛けたり、なんだかんだで共闘することが多く、友情が芽生えて倒せなくなっていくあたりも似ている。 ゲイツを演じる押田岳氏本人にも認知されており、「宇宙船」vol. 162のインタビュー等で「よく言われる」と語っている。 松田氏の方もこの事は認知していたようで、ジオウスピンオフ『』への出演が公表されたタイミングで、 自身のTwitterに「ようやく会えたね」というコメントと共に押田氏とのツーショット写真や、ゲイツの衣装を着た写真を投稿している。 誰が言ったか「溜まった秋山蓮ポイントで本人召喚」。 ちなみに押田氏は『』に登場したがお気に入りだそう。 彼は第1話よりも前から仮面ライダーでありソウゴは第1話で仮面ライダーになるのだが、劇中の時系列的にはソウゴの方が先に仮面ライダーになっており、 「主人公が仮面ライダーになる前からライダーをやっているサブライダー」にカウントするかしないか正直ややこしい。 作中ではゲイツリバイブに変身する以前も「覚悟」するものの迷いを振り切ることができない場面が度々見られ、視聴者の中には「また覚悟を決めている」と言われることもあった。 本作の主に序盤から中盤に流れた戦闘BGMは曲調が激しく、『』放送終了後の新番組予告でも使用され印象に残りやすいが、 2019年9月4日に発売・配信された『仮面ライダージオウ TV オリジナルサウンドトラック』によると曲名は意外にも「ゲイツ フィニッシュタイム」。 ただし第1話では途中からしか流れず、第2話のビルド&クローズとの共闘シーンが初使用。 加えてゲイツのフィニッシュタイムの際は別のBGMが使用されている。 ちなみに重々しくゆっくりした曲調のバージョンは「ゲイツ出現」という曲名。 各地のヒーローショーではどちらもゲイツのテーマ曲として使用されることが多い。 正直キカイの世界を見るにオーマジオウ倒してもロクな事になってないのは火を見るより明らか -- 名無しさん 2019-03-24 02:53:10• アナザージオウを止めて叫んだあの言葉、もうこれ以上ないくらいグッときた。 -- 名無しさん 2019-03-24 21:31:00• ここからはまた一緒にタイムジャッカーや白ウォズと戦う感じになるのかな -- 名無しさん 2019-03-24 21:46:06• ファイズウォッチってソウゴが手渡されたのに、なんですぐゲイツに渡したのか?って最初は思ったけど、思えばファイズって「闇を切り裂き光をもたらす救世主」だもんな…ゲイツの手に渡る運命だったのかも知れない -- 名無しさん 2019-04-12 22:53:03• 今朝の回でトリニティに取り込まれる時のヘヴン顔はいったい… -- 名無しさん 2019-05-12 21:49:30• 序盤に比べるとだいぶ丸くなった感じだけど、これが本来のゲイツの性格なのかもしれない。 -- 名無しさん 2019-06-02 11:46:42• 映画を見るにソウゴが普通の高校生だとしたら、ゲイツもあの時代での普通の未来人だったんだろうな -- 名無しさん 2019-08-01 03:50:04• ハイパーバトルDVDの主役おめでとう! -- 名無しさん 2019-08-01 07:13:30• 『悲報』お化け等心霊の類いがキャラ崩壊レベルで駄目だと言う事が発覚。 いやあんたお化けより恐ろしいの相手にしまくっとるやん…あとツクヨミの貞子ごっこは卑怯過ぎて大草原 -- 名無しさん 2019-08-01 21:15:16• 前半の何となく不穏なフラグはゲイツ敵対ルートへのフラグだったのかな。 もう味方で確定してそうだし謎はある程度伏せられたままかも -- 名無しさん 2019-08-01 22:00:21• ゴーストライドウォッチが変化しちまったらグランドジオウやオーマフォームへの影響出ませんかねぇ・・・いくら幽霊怖いからってレジェンドライドウォッチが共鳴しちゃって変化する程とか 白目 -- 名無しさん 2019-08-02 12:33:48• そもそもビビルって何だ…。 仮面ライダービビルというライダーがいるのか? それはそれで見たい -- 名無しさん 2019-08-02 19:53:49• 先輩ライダーにもオバケダメな人いたっけな…。 (元)闇医者なんですけどね -- 名無しさん 2019-08-02 21:24:21• ゲイツが望んだのが魔王を倒して救世主になることではなく、ソウゴとのファーストコンタクトをやり直したい見たいな思いが感じられた気がする -- 名無しさん 2019-08-15 20:51:12• 今更だが、ソウゴの孫というオチじゃないだろうな…? だけどそれなら「救世主」の未来にゲイツ自身が影も形もなかったり、専用のウォッチがあったりと本編の謎が全部解決するんだよなぁ… -- 名無しさん 2019-08-18 19:07:19• 死を2度も経験した強者。 -- 名無しさん 2019-08-25 18:10:52• ゲイツマジェスティはウォッチはグランド 姿はオーマフォームのゲイツ版か、これ? -- 名無しさん 2019-08-25 22:38:49• クウガ枠を自分で埋めるゲイツマジェスティ -- 名無しさん 2019-08-27 12:03:43• -- 名無しさん 2019-08-27 16:52:55• ハイパーバトルDVDでキャラ崩壊させられた挙げ句珍妙なウォッチ作り出したかと思えば、今度はVシネマで2号ライダー達の力の結集のウォッチで真の救世主に覚醒。 このレベルの差は何だ 遠目 -- 名無しさん 2019-08-27 17:02:09• Vシネマの敵はアナザーゲイツ若しくは歴代2号ライダーのアナザーライダーだったりするんだろうか。 -- 名無しさん 2019-08-28 19:02:22• ソウゴとゲイツの会話をまとめたクライマックスTシャツのページ・・・イチャイチャすんなやww -- 名無しさん 2019-08-29 01:00:43• ハーネスが無いとかえって違和感がある…いやまぁモモに憑依された時の、はち切れんばかりのハーネスも色々凄かったがw -- 名無しさん 2019-09-01 04:54:26• 取り敢えず超バトルDVD見た感想・・・こ れ は ひ ど い 爆笑 -- 名無しさん 2019-10-11 00:48:36• Vシネマの件をコメントアウト。 BD発売1週間後でお願いします。 -- 名無しさん 2020-04-01 22:31:28• ついでに。 -- 名無しさん 2020-04-01 22:31:59• ログ化しました。 -- 名無しさん 2020-04-22 18:21:10 名前: コメント:.

次の

仮面ライダーゲイツマジェスティ

仮面 ライダー ゲイツ

柔道でメダルを取る夢に向かって練習に励むゲイツ、「王様になる」などとふざけた夢を語るソウゴ。 そして、ゲイツがひそかに恋心をいだくツクヨミ。 しかし、試合中に再起不能の怪我を負ったゲイツは選手生命を絶たれた。 傷心の彼に、謎の青年がウォッチとドライバーを差し出して言う。 「私はウォズ。 君を救世主に導くためにやって来た。 柔道でメダルを取る夢に向かって練習に励むゲイツ、「王様になる」などとふざけた夢を語るソウゴ。 そして、ゲイツがひそかに恋心をいだくツクヨミ。 しかし、試合中に再起不能の怪我を負ったゲイツは選手生命を絶たれた。 傷心の彼に、謎の青年がウォッチとドライバーを差し出して言う。 「私はウォズ。 君を救世主に導くためにやって来た。 そうでないと、常磐ソウゴが最低最悪の魔王として、その名を轟かせる」 さらに、クラスには海東大樹と名乗る転校生も現れ…。 入り乱れる陰謀、二重三重に張りめぐらされた罠。 柔道でメダルを取る夢に向かって練習に励むゲイツ、「王様になる」などとふざけた夢を語るソウゴ。 そして、ゲイツがひそかに恋心をいだくツクヨミ。 しかし、試合中に再起不能の怪我を負ったゲイツは選手生命を絶たれた。 傷心の彼に、謎の青年がウォッチとドライバーを差し出して言う。 「私はウォズ。 君を救世主に導くためにやって来た。 そうでないと、常磐ソウゴが最低最悪の魔王として、その名を轟かせる」 さらに、クラスには海東大樹と名乗る転校生も現れ…。 入り乱れる陰謀、二重三重に張りめぐらされた罠。 高校生たちが導かれていく先にはどんな未来が待っているのか? 「…夢を忘れず、戦え」 或人が目覚めるとそこは、いつもの日常ではなく人工知能搭載ロボ・ヒューマギアに支配された世界だった…!社長の座もヒューマギア・ウィルに奪われ、ヒューマギアたちの人間抹殺が激化する最中、現れたのは仮面ライダーの記憶を失くし、学生として過ごしていたはずのソウゴ・ゲイツ・ツクヨミ、そしてそこにはウォズの姿も。 元いた世界を取り戻すべくソウゴたちとともに12年前にタイムトラベルした或人を待ち受けていたのは、仮面ライダー1型なる兵器を開発しヒューマギアを守るために戦う父親ヒューマギア・其雄と、謎のタイムジャッカー・フィーニス。 何故、其雄は仮面ライダー1型になったのか。 ¥440 5. 0 7.

次の