伊藤 るり子。 伊藤るり子のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!

舟木一夫 伊藤るり子『東京は恋する』

伊藤 るり子

来歴・人物 [ ] 、東宝芸能学校卒業。 卒業後スカウトされてに入社。 、『大日本ハッタリ伝』でデビュー。 『さすらいは俺の運命』で小林旭、『東京は恋する』では舟木一夫の相手役となるなど、日活青春映画で活躍する。 また、でも日活制作の石坂洋次郎シリーズの『山のかなたに』、『』、『』などでと共演した。 1969年の紹介記事では「松原との共演は多いので気楽に演じることができる」と述べている。 1970年代に日活がへの方向転換したことに伴い日活を退社し、テレビドラマに活躍の場を移す。 その後、結婚を機に芸能界を引退。 趣味は、。 特技はで、中学時代に主催の全国舞踊コンクールで1位入賞している 東宝芸能学校でもモダンバレエを専攻していた。 出演作品 [ ] 映画 [ ]• 大日本ハッタリ伝(1965年、) - 宮子• 花咲く乙女たち(1965年、日活) - アイコ• 拳銃野郎(1965年、日活)• (1965年、日活) - 杏子• (1965年、日活) - 桂子• 東京は恋する(1965年、日活)• 血と海(1965年、日活)• 河内カルメン(1966年、日活) - 武田仙子• 鉄火場仁義(1966年、日活)• あなたの命(1966年、日活)• 逃亡列車(1966年、日活) - 山下光子• (1967年、日活)• (1967年、日活) - 和枝• 喜劇 東京の田舎ッぺ(1967年、日活) - 森せつ子• (1967年、日活) - 由起子• (1968年、日活) - 細谷和子• (1968年、日活) - 田代悦子• (1968年、日活) - 佐久川ヤス• (1969年、日活)• (1969年、日活) - 大森雪• 野蛮人のネクタイ(1969年、日活) - トヨ• 鮮血の記録(1970年、日活)• (1970年、ダイニチ映配) - 依田圭子• 花の特攻隊 ああ戦友よ(1970年、日活) - 冬子• (1970年、ダイニチ映配) - ナオミ• (1973年、) - 工藤 テレビドラマ [ ]• 山のかなたに(1966年、)• (1966年、NTV) - きみえ• (1967年、NTV)• (1967年、) - 横山雪江• (1968年、)• (1968年 - 1969年、NTV) - 伊藤弥生• (1968年 - 1969年、NTV) - 玲子• (1969年、NTV) - エミ• なんでも引きうけ候 第11話(1969年、MBS)• 第685回「偽りの季節」(1970年、)• 第768回「その気になって」(1971年、TBS)• 第907回「ちいさい愛」(1974年、TBS)• 第917回「お母ちゃんありがとう」(1974年、TBS)• (1970年、)• 闘魂(1970年 - 1971年、NTV)• おんぶにだっこ(1970年 - 1971年、CX) - 清水かおる• (NTV)• (1971年)• (1973年)• (TBS)• 第26話「脅迫者」(1971年) - お梅• 第10話「江戸のごみ」(1972年) - お染• 第16話(1972年、NTV)• (1972年、NTV)• 第229話「SOSよろめき宝石泥棒」(1972年、TBS)• (TBS)• 第9話「ごますり剣法免許皆伝 -山形-」(1973年) - お七• 第9話「群狼の罠 -松前-」、第10話「吼えろ!! 北海の火縄銃 -函館-」(1976年) - おせい• 第36話「千春を引取ります」(1973年、NTV)• 第390話「十手一代」(1973年、CX) - おみの• 第21話「土佐の高知に愛を見た! 」(1973年、NTV) - 広瀬陽子• 第36話「100万ドル ヤキモチ深夜便」(1973年、TBS)• 第117話「仕組まれた祝言」(1973年、)• 第22話「ちちんぷいぷい」(1974年、CX)• 第32話「偽善大往生」(1974年、ABC) - 八重• 第28話「与力が殺し屋になるとき」 1974年、NET• ・夜蝶の舞い(1974年、CX)• (TBS)• 第12話「縛り首の木のある恐い町」(1974年)• 第46話「芸術的に女を殺せ! 」(1975年) - 浦川なぎさ• 第24話「守りて候」(1976年、NTV) - おふじ• (1976年、TBS)• 第25話「ふるさとの空はふたたび」(1976年、CX) 出典 [ ].

次の

伊藤るり子

伊藤 るり子

来歴・人物 [ ] 、東宝芸能学校卒業。 卒業後スカウトされてに入社。 、『大日本ハッタリ伝』でデビュー。 『さすらいは俺の運命』で小林旭、『東京は恋する』では舟木一夫の相手役となるなど、日活青春映画で活躍する。 また、でも日活制作の石坂洋次郎シリーズの『山のかなたに』、『』、『』などでと共演した。 1969年の紹介記事では「松原との共演は多いので気楽に演じることができる」と述べている。 1970年代に日活がへの方向転換したことに伴い日活を退社し、テレビドラマに活躍の場を移す。 その後、結婚を機に芸能界を引退。 趣味は、。 特技はで、中学時代に主催の全国舞踊コンクールで1位入賞している 東宝芸能学校でもモダンバレエを専攻していた。 出演作品 [ ] 映画 [ ]• 大日本ハッタリ伝(1965年、) - 宮子• 花咲く乙女たち(1965年、日活) - アイコ• 拳銃野郎(1965年、日活)• (1965年、日活) - 杏子• (1965年、日活) - 桂子• 東京は恋する(1965年、日活)• 血と海(1965年、日活)• 河内カルメン(1966年、日活) - 武田仙子• 鉄火場仁義(1966年、日活)• あなたの命(1966年、日活)• 逃亡列車(1966年、日活) - 山下光子• (1967年、日活)• (1967年、日活) - 和枝• 喜劇 東京の田舎ッぺ(1967年、日活) - 森せつ子• (1967年、日活) - 由起子• (1968年、日活) - 細谷和子• (1968年、日活) - 田代悦子• (1968年、日活) - 佐久川ヤス• (1969年、日活)• (1969年、日活) - 大森雪• 野蛮人のネクタイ(1969年、日活) - トヨ• 鮮血の記録(1970年、日活)• (1970年、ダイニチ映配) - 依田圭子• 花の特攻隊 ああ戦友よ(1970年、日活) - 冬子• (1970年、ダイニチ映配) - ナオミ• (1973年、) - 工藤 テレビドラマ [ ]• 山のかなたに(1966年、)• (1966年、NTV) - きみえ• (1967年、NTV)• (1967年、) - 横山雪江• (1968年、)• (1968年 - 1969年、NTV) - 伊藤弥生• (1968年 - 1969年、NTV) - 玲子• (1969年、NTV) - エミ• なんでも引きうけ候 第11話(1969年、MBS)• 第685回「偽りの季節」(1970年、)• 第768回「その気になって」(1971年、TBS)• 第907回「ちいさい愛」(1974年、TBS)• 第917回「お母ちゃんありがとう」(1974年、TBS)• (1970年、)• 闘魂(1970年 - 1971年、NTV)• おんぶにだっこ(1970年 - 1971年、CX) - 清水かおる• (NTV)• (1971年)• (1973年)• (TBS)• 第26話「脅迫者」(1971年) - お梅• 第10話「江戸のごみ」(1972年) - お染• 第16話(1972年、NTV)• (1972年、NTV)• 第229話「SOSよろめき宝石泥棒」(1972年、TBS)• (TBS)• 第9話「ごますり剣法免許皆伝 -山形-」(1973年) - お七• 第9話「群狼の罠 -松前-」、第10話「吼えろ!! 北海の火縄銃 -函館-」(1976年) - おせい• 第36話「千春を引取ります」(1973年、NTV)• 第390話「十手一代」(1973年、CX) - おみの• 第21話「土佐の高知に愛を見た! 」(1973年、NTV) - 広瀬陽子• 第36話「100万ドル ヤキモチ深夜便」(1973年、TBS)• 第117話「仕組まれた祝言」(1973年、)• 第22話「ちちんぷいぷい」(1974年、CX)• 第32話「偽善大往生」(1974年、ABC) - 八重• 第28話「与力が殺し屋になるとき」 1974年、NET• ・夜蝶の舞い(1974年、CX)• (TBS)• 第12話「縛り首の木のある恐い町」(1974年)• 第46話「芸術的に女を殺せ! 」(1975年) - 浦川なぎさ• 第24話「守りて候」(1976年、NTV) - おふじ• (1976年、TBS)• 第25話「ふるさとの空はふたたび」(1976年、CX) 出典 [ ].

次の

ご存知でしょうか? 昭和の青春ポップス~www.digitaleskimo.net~

伊藤 るり子

冒頭ビルの軒下で俄雨を除ける印象的な出会いシーンのスチールだが本篇では両者離れたままで接触せず。 大傑作。 秀作揃いの60s中期日活歌謡映画既見作中でも最高峰『二人の銀座』 67 に迫る域。 お話も音楽 歌 も演出も演技も全て完璧と言っても言い過ぎではないほど。 歌謡物では脚本 監督が変に創造性を発揮し過ぎて肝心の楽曲が活かされずに終わる例が散見されるが本作はそんな悪弊と最も無縁なお手本的好例。 当然恋愛テーマで定番の恋と友情の綱引きが描かれるが悲劇的過ぎたり逆に他愛なさ過ぎたりでなく適度な悲恋性と軽みとのバランスが絶妙。 ラスト恋路の落としどころはあまり類例なさそうな斬新さ。 そんな心得切った脚本&演出に俳優陣が見事な演技で応える。 とくに主演舟木は既見出演作 助演格多し 中でも最出色。 芝居の達者さには以前から舌を巻いてきたが今作では顔のアップが多用され微妙な表情の動きで心理の綾まで表現されその天性に瞠目。 しかも決して大仰でなくどこまでも自然な演技ができるのが本当に凄い…と個人的には舟木にばかり目が行きがちだが助演陣でも親友役 和田浩治 21 もこれまでで一番。 口八丁でエネルギッシュなバンドリーダー役が嵌まる本領。 小僧シリーズ 未見 等の主演物から転じて脇役に専念の時期だがその割り切りと振り切れ潔し。 ヒロイン伊藤るり子初見 日活アイドル女優中では新タイプの愛らしさで演技も溌剌。 約10年後結婚引退したそうで惜しい。 23 まだデビュー翌年乍ら2年間で20作以上出演 美貌にも既に貫録すら。 中野味和子 19 のちに『』カバーガール&歌手ともなる沢知美の初期名。 出番少ないが伏線的な役で舟木 和田 伊藤 山本にこの中野を加えた5角関係? が軸となる。 他に 19 葉山良二 33 39 らいずれも好演だが忘れてならないのが和田のバンド仲間役 杉山俊夫。 和田も在籍したとヤング&フレッシュの陰のリーダー? で俳優としては風貌ゆえか気弱な青年役が多いが音楽面は一流 今作でも流石のギター姿魅せる 他メンバーでは弟 はおらずベース木下雅弘のみ出演。 和田もドラム捌き片鱗。 序盤 後輩役 堺がモンキーダンス教えるシーンがあるが舟木は笛吹けど踊らずで残念でもあり安堵でもあり… 特集 東京映画地図2 関連では伊藤祖父母 早川由紀 をで案内するシークエンスで定番東京タワーや前年 64 由縁の等。 は前々年 63 初メガホン 30代の若手乍ら本作含め5本の舟木歌謡映画がある由 64『仲間たち』65『花咲く乙女たち』『北国の街』『東京は恋する』『高原のお嬢さん』。 未見2作も観たし。 本篇抜粋映像付き。 この曲は当時テレビで聴いた憶えあり。 domperimottekoi.

次の