アブに刺されたら 病院。 ブヨに刺されたら何科を受診すればいいのでしょうか!?

ハチに刺されたときの応急手当、病院の診療科目は?|横須賀市

アブに刺されたら 病院

夏のレジャーのときに心配の種のひとつが「虫刺され」です。 蚊やブヨ、アブなどは夏に多く発生します。 アブは川や田んぼなどの水のある場所に生息していますが、プールや露天風呂などの周辺にもいることがあるので注意が必要です。 ブヨとアブの違いは、ブヨは3〜5mm程度で小さなハエのような見た目で、活動期間は3〜9月です。 アブは10〜30mm程度とかなり大きく、大きなハエや蜂のような見た目で、活動期間は7〜9月とブヨに比べて短期間となっています。 この記事では、アブに刺されたときの対処法について解説します。 アブに刺されたとき、アブは毒素を持っていないため多くの場合は患部を水で洗って様子を見ておけば1週間程度で腫れが引きます。 しかし、人によっては発熱や頭痛などの別の症状をともなうことがあるため、その場合は病院を受診してください。 また、1週間以上経過しても症状が改善しない場合も病院を受診することをおすすめします。 アブではなくハチのおそれも アブとハチは姿が似ているため、刺されたときにどちらに刺されたのかがわからないことがあります。 もしアブと思しき虫に刺された後に、息苦しさ・嘔吐・じんましん・血圧低下・意識の低下などの症状が複数同時かつ急激に現れた場合は、ハチ刺されによるアナフィラキシーショックの疑いがあるため、速やかに病院を受診してください。 アブが吸血をするときは皮膚を刺して血を吸うのではなく、皮膚を切り裂いて流れ出てくる血を吸うので、強い痛みを生じます。 刺されたあとは時間が経つとともに、患部の腫れ・強いかゆみ・熱を帯びるような感覚が増していくのが特徴です。 人によっては悪化すると微熱が出たり、患部周辺がパンパンに腫れ上がったりしてしまうこともあります。 治るまでの期間は個人差があり、数日で治ることもあれば1か月以上続くこともあります。 なお、かゆいからといって患部をかきむしると細菌感染を引き起こすおそれがあるため、なるべくかかないようにしましょう。 アブに刺されてしまった場合は、次のような応急処置を施しましょう。 傷口を洗い流す アブに刺されたら、刺された場所を清潔な水でよく洗い流しましょう。 アブは皮膚を噛んだときに流血させる成分を注入してくるので、水で流すことによりその成分を取り除くことができます。 また、血が出ているときは血を絞り出してください。 薬を塗る アブに刺されたばかりで早めに症状を和らげたい場合には、市販の塗り薬を使用するのも一つの手です。 特に、抗ヒスタミン剤を含んでいるステロイド軟膏がおすすめです。 ただし、薬を使用するのは完全に止血したあとにしましょう。 患部を冷やす 患部が炎症を起こすと熱を持つことがあるので、炎症をおさえるために患部を冷やしましょう。 アブは服の上から刺すことができないので、自然や水場が多い場所に行くときにはなるべく肌を露出させないよう、暑くても上着を羽織るなどしましょう。 また、屋外に出かけるときは虫除けスプレーを使用するのも一つの手です。

次の

アブとブヨの違いって何?!刺された時の症状や対処法を知ろう!

アブに刺されたら 病院

蜂とアブの違いは? 蜂とアブは色が似ていることが多いのですが、よく見ると姿がちょっと違います。 蜂は蟻に翅が生えたイメージで、アブはハエのようなイメージです。 これは、元々 蜂の分類がアリと同じ膜翅目であり、 アブはハエや蚊と同じ双翅目(翅が2枚)に属するからです。 (昆虫の定義は4枚翅ですが、ハエやアブは後翅が退化しており、 「平均こん」という痕跡物があり、これでバランスを保って飛んでいます。 ) 蜂とアブ 姿の違い 蜂は、頭・胸・腹の間が細くくびれています(アリと同じ)。 触角は長めでハッキリ見えており、 眼が顔の中で占める割合が少ないです。 毒針を持っているのはメスだけでお尻に小さな針があります。 これは元々産卵管だったものが変化したためです。 花の蜜を吸いにくる働き蜂は全て毒針を持ったメスなのです。 蜂の色は黄色(オレンジ色)と黒色が多いのですが、これは自分が危険な生物だと 周囲の動物に警告するためです。 アブは、頭・胸・腹の差が無く、殆どくびれがありません(ハエと同じ)。 触角は短い種類が多く、よく見ないと気づかないほどで、 眼が異常なくらい大きく、顔の半分以上を占める種類が多いです。 アブには毒針はありませんが、口で血を吸ったり噛んだりする種類もあります。 蜂に姿が似ているのは天敵から身を守るための擬態です。 蜂とアブ 飛び方の違い 蜂はゆっくり飛ぶものが多く、時々ホバリングして静止状態になります。 アブは素早く飛び、一箇所に静止しません。 蜂が怖いのを克服するにはどうしたらいいの? 蜂は昼間花の蜜を吸いに出かけたりして活動し、夜は巣に戻って休みます。 また、羽が水に弱いため、雨の日はあまり外を飛び回りません。 ですので、 夜や雨の日の場合に遭遇率が低いです。 蜂は他の虫よりも刺されると危険なので注意が必要ですが、 スズメバチ以外は通常、人間が何もしなければ攻撃してくることはないので 目の前にきても、静かにしていれば大丈夫でしょう。 ただ、 攻撃性が強くなっている夏の終わりから秋 にかけて、あるいは 蜂の巣を荒らそうとしたり、巣を他の動物に攻撃された後などは 近くを通るだけでも刺されることがあります。 身だしなみに注意しよう 1 服装 蜂は黒などの濃い色を攻撃する習性があるため、薄い色の服装にしましょう。 2 帽子 髪の毛は黒いため、頭が一番刺されやすく危険です。 髪の毛を隠すためにも薄い色の帽子を着用しましょう。 体の香りにも注意しよう 蜂は花やフルーツの甘い香りが好きなので、芳香剤入りの洗剤や 柔軟剤を使った衣類に寄ってくる可能性があります。 また、香水や整髪料なども寄ってくる可能性があるため、 なるべく甘い匂いは避けたほうが良いでしょう。 逆に嫌いなのは、木が焦げた臭いやタバコの煙などですが、あまり実用性がありません。 アロマでは、ハッカの香りが苦手です。 蜂に遭遇したらどうする? 大声を出したりせずに、静かにゆっくり、その場から離れましょう。 大声を出すと逆に蜂がびっくりして攻撃してくるケースがあります。 また、蜂は素早い動きに反応するため、急に逃げると追いかけられるケースがあります。 スポンサーリンク 蜂にさされた時の対処方法は? なるべく早くその場から離れ、傷口を洗って毒を出しましょう。 蜂によっては何度も襲ってきたり、蜂の針から他の蜂が呼び寄せられる可能性もあるので 姿勢を低くして静かに離れます。 また、傷口を吸い出す際にはリムーバー(毒吸引器)があると便利です。 この時、 口で吸い出そうとすると雑菌が入って化膿する危険もあるので避けましょう。 次に虫刺され薬を塗って、暫くの間保冷剤等で冷やします。 蜂に刺されると傷口周辺がかなり熱を持って痛みが出てくるため、 長時間冷やして痛みを和らげましょう。 虫刺されの薬には、以下の2つの成分が含まれる軟膏が適しています。 ・抗ヒスタミン・・・かゆみ止め薬。 じんましんやアトピー等を緩和する。 ・ステロイド ・・・副腎皮質ホルモン薬。 炎症やアレルギーを抑える。 これらはドラッグストアで入手できますが、分からなかったら薬剤師に 蜂に刺された場合の塗り薬を尋ねたら教えてくれます。 ショック症状が出たらすぐに病院へ! 通常は、刺されると激しい痛みが出て、刺された患部が赤く腫れますが、1週間程度で直ります。 ですが、 蜂の毒にアレルギーがあると、嘔吐、呼吸困難、動悸、じんましん等の皮膚症状等 (アナフィラキシーショック)が出るケースもあり、この場合は命に関わる危険もあります。 これらの全身症状は刺されて短時間で起きることが多いので、 少しでもだるいと感じる場合は、すぐに病院に行って診察してもらいましょう。 まとめ 蜂とアブは外見が似ているので分かりにくいですが、 遭遇したときには慌てず静かにその場を離れることが大切です。 アブは動きが素早いですが刺しませんし(ただし血を吸ったり噛む種類はあります)、 蜂は動きがゆっくりなので、スズメバチ以外なら相手を驚かせなければ大丈夫です。 怖がりの子供がいたら、遭遇したときに必要以上に慌てず行動できるよう 蜂とアブの違いや見分け方を教えましょう。

次の

【薬剤師監修】ブヨ(ブユ)・アブに刺された時に効く市販薬|かゆみや腫れに効く成分

アブに刺されたら 病院

アブとは 日本全国に生息しており、7月~9月の夏場に活動的になるといわれています。 雑木林や渓谷など、水のある所に生息しているほか、糞尿がある不衛生な場所にも多くみられるようです。 このため、川遊びや渓谷で釣りをする場合はアブに遭遇する確率が高くなるため、十分に注意しましょう。 また、アブの習性として糞尿に産卵する種類もいるといわれています。 このことから牧場や家畜施設にもアブは現れる可能性があります。 アブの中には哺乳類の血を吸って生息している種類もいるので人間、動物ともに刺されないよう対策することが大切です。 蚊は気づかないうちに刺されていることの方が多いですが、アブは「刺す」というよりは皮膚を「噛み切る」という表現のほうが近く、激しい痛みを伴って刺されます。 そして激しいかゆみを伴い、場合によっては赤く腫れあがり、かゆみが長引くこともあります。 アブの生態 アブは全体的に黒い色をしています。 腹部に黄金色の独特の模様があり、成虫で約2センチ前後の大きさをしています。 アブにも様々な種類が存在し、その種類によって好むエサも変わってきます。 哺乳類の血が好きなアブ、人間を含む動物の糞尿や昆虫が好きなアブなど、様々な種類のアブが存在します。 アブの習性として吸血するアブは「メス」のみです。 メスは産卵のときたんぱく質を必要とするため、生き物にまとわりつき吸血しているのです。 吸血する時間も3~10分前後と、とても長い間吸血するといわれています。 春になると花粉をエサとする「ハナアブ」などが様々な植物に飛びまわることで受粉の手助けをしています。 アブのメスは一度に100~1000個の卵を湿った土や、水中植物で産卵します。 ほとんどのアブは幼虫の期間に越冬し、春になるとサナギとなります。 3週間前後でサナギから成虫へと成長し、アブの寿命は10~30日前後と、とても短い一生なのです。 アブの習性 アブに刺される人と、刺されない人の違いは何かあるのでしょうか?よく言われているのは、アブは匂いに反応して獲物を探す習性があることから柔軟剤の香りのする人に寄り付く傾向があるようです。 また黒や紺色の服を着ている人に寄っていく傾向があり、明るいオレンジなどの色には近づかないというのがアブの習性のひとつです。 アブは湿度のある場所や車の排気ガスが好きだと言われています。 雨の日や湿度の高い梅雨の時期はとくに注意が必要です。 キャンプ場などで車のエンジンをかけたまま昼寝をしていると、アブが車の中に入ってきてしまう可能性もあるので気を付けましょう。 アブはお酒の臭いにも敏感で、飲酒した人を襲う傾向にあります。 梅雨時にアウトドアをするなんてことはアブにとっては絶好の環境なので、長そでを着たり、殺虫スプレーを使用するなどして十分に注意しましょう。 アブが人間にもたらす害は? 先ほども少しお話したように、アブは皮膚を「刺す」というより「噛みちぎる」という表現が近いようです。 アブの習性として、チクっと一瞬刺すのではなく皮膚を切り裂いてそこから流れる血を吸う、という恐ろしい生き物です。 実際にアブに噛まれると鋭い痛みを伴い出血します。 そして噛まれた皮膚が腫れあがり、猛烈なかゆみが襲ってきます。 このかゆみや痛みは、大人であっても耐えられないほどなので非常に厄介です。 一度腫れあがった皮膚はなかなか治らず、場合によっては約1か月も長引くこともあるようです。 かゆみに耐えられず掻きむしってしまうと傷が悪化するばかりか、皮膚炎を起こすことも考えられます。 掻きむしることで患部からとびひし、二次被害に発展する可能性もあるので蚊とは比べものにならないくらい厄介な害虫なのです。 アブに噛まれたら、病院へ行くことをおすすめします。 特に小さなお子様や高齢の方はアブの毒に対して抵抗力が低いため、症状が重くなることも考えられます。 健康な成人であっても傷口が化膿したり、リンパに炎症を及ぼしたりと、予想できない事態に発展することもあります。 蚊と違っていつまでもかゆく、赤く腫れあがるといった症状がある場合は早めに受診し、薬を処方してもらいましょう。 アブ対策 まずはアブが生息していそうな場所にはむやみに近づかないことが重要です。 アウトドアなどをする場合は、夏場でも長そで、長ズボンを履くことをおすすめします。 ただアブの習性として、長そでを着ていても服の上から噛むことが考えられます。 厚手の洋服を着ていてもその上から噛まれる場合があるので、完全に防備できるかといえばそうではありません。 半そでを着ているよりは、長そでの方が……くらいに思っておいた方がいいかもしれません。 市販の殺虫スプレーを使うのもいいですが、アブに絶大な効果を発揮すると言われているのは「ハッカ油」です。 アブなどを含む多くの害虫はハッカやミントの臭いを嫌います。 その習性を活かしてハッカ油スプレーを作って持参するとよいでしょう。 作り方も簡単で、準備するものはハッカ油(薬局などで入手できます)、消毒用エタノール(薬局で入手可能)、水、スプレー容器(ポリスチレン製は避ける)の4つのみ。 まずはスプレー容器に消毒用エタノールを12~13mlほど(無水エタノールを使う場合10ml程度)入れ、そこにハッカ油を3ml(約60滴)加えます。 そこに合計が100ml程度になるよう、水を加えて混ぜ合わせましょう。 しっかり混ざり均一になれば完成です。 このハッカ油スプレーをアブから守りたい皮膚や衣類に直接スプレーします。 材料費も安く、手軽で効果抜群なので、アウトドアへ行く際はぜひこのハッカ油スプレーを持って万全に対策しましょう。 なお日持ちするのは7~10日程度なので、基本的に作り置きせず使うたびごとに混ぜ合わせることをおすすめします。 まとめ 蚊に刺された時と違って、アブは噛まれるとかゆい思いをするどころか、痛みを伴い非常にツライ思いをします。 そうならないためにも、できればアブがいそうな場所には近づかないのが賢明ですが、キャンプやバーベキューに行く場合は、ハッカの香りが嫌いというアブの習性を利用して、ハッカ油スプレーなどで十分に対策をしてから出かけるようにしましょう。 万が一、アブに噛まれたら病院へ行って受診することも大切ですが、身近にアブが生息している可能性がある場合は衛生害虫駆除業者にいちど相談してみてはいかがでしょうか。

次の