あぐら しびれる。 頸椎ヘルニアでしびれと痛みがある場合におすすめ7つのストレッチ

増えている股関節の機能不全が不調を招く!|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

あぐら しびれる

もっと見る 長時間の正座などによって足がビリビリ、ピリピリとしびれることがあります。 痛みを伴う場合もあるので、できることならうまく対処したいものです。 この記事では足がしびれやすくなる原因と、病気の可能性について解説していきます。 足のしびれが起こる原因は? 1. 正座やあぐらによる血管、神経の圧迫 この場合、 一言でいうと酸欠が原因です。 正座やあぐらをすると下腿部(膝から足首までの部分)に体重がかかるため、周辺の神経や血管を圧迫してしまいます。 そうすると膝から膝下にかけて血行不良が起こるため、神経に酸素が行き渡らなくなってしびれが起こります。 「総腓骨神経」が大きく関係している! 総腓骨神経(そうひこつしんけい)とは、図のように 枝分かれして下腿部を通る神経です。 そのためこの部分が圧迫されると、そこに繋がる様々な神経にも酸素が届かず、しびれの原因となります。 ちなみに総腓骨神経は皮膚表面に比較的近いため、正座やあぐらなどの影響を受けて圧迫されやすいと言えるでしょう。 病気の症状 正座などによる一時的なしびれでなく、病気の症状として現れる場合もあります。 下記は、しびれの症状を伴う代表的な病気です。 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症 背骨に通っている神経がヘルニアによって圧迫されたり、脊柱管(神経の通り道)が靭帯や骨のとげによって圧迫を受けたりすると、足のしびれや痛みが出ます。 しびれや痛みが日常生活に支障をきたすこともあります。 閉塞性動脈硬化症 足先に血液を送る太い動脈が硬化すると、血流が悪くなります。 血流が悪くなると酸素や栄養が足の神経に届かないため、しびれや痛みなどの症状が現れます。 動脈硬化がおこる原因としては、糖尿病・高血圧・脂質異常症・喫煙・肥満などが挙げられます。 糖尿病 糖尿病になると、血管が傷つくことで血流が滞ります。 すると上記と同様に足などの末梢神経に酸素や栄養が届かず、しびれが起こります。 糖尿の場合は ほとんど常にしびれている状態です。 しびれが一時的ではなく日常的に起こる場合、すみやかに病院を受診してください。 足のしびれを抑える方法は? 足がしびれたときは、まずはあぐらのような体制で左右の足首を上下に重ねます。 そのままかかとに向かって体を倒します(前のめりになるイメージ)。 血行を促進したり、圧迫していた箇所をほぐしたりする効果があり、しびれが軽減されるでしょう。 太っている人と痩せている人でしびれに差はある? 実際のところ、体重はあまり関係ありません。 太っている人は体重が重たい分、正座のときに足を圧迫する力が大きくなるという意見もあります。 しかし痩せている人は脂肪や筋肉が少ないため、その分ダイレクトに神経や血管への刺激を受けやすいとも言えます。 そのため、 肥満が必ずしも足のしびれにつながるとは言えないでしょう。 足のしびれの予防法 1. 足のしびれを予防する正座のコツ 座るとき 両足の甲を地にべったりつけて座ると圧迫されてしびれやすくなるので、片足の甲をもう一方の足に重ねて座ります。 その際、親指同士を重ね合わせてかかとは外側へ開くように座ると、足の甲が圧迫されづらくなりしびれを予防できます。 また膝頭をぴったりくっつけずに少し開いて座ると、膝の裏が圧迫されにくくなることでしびれを防げるでしょう。 正座の最中 正座による足のしびれを防ぐには、体の重心が膝側にくるよう意識します(前のめりのような状態)。 そしてときどき座ったまま重心を前後左右に移動させて、 圧迫が一点に集中しないようにします。 また途中で上下の足を入れ替えて血流が滞らないようにし、しびれを予防します。 立ち上がるとき 立ち上がる直前はつま先を立ててかかとに重心を移し、しびれが早く取れるようにします。 このとき周りに分からないように、両足の内側をパンパンと両足で拍手するように叩き、血流の回復を促しましょう。 正座が必要な場面ではあらかじめ対策を! タイトな服装を避ける きつい服やピタっとした下着は体を締め付けるため、血行が悪くなってしびれやすくなります。 あらかじめ正座をすることがわかっている場合は、タイトな服装を避けましょう。 ゆったりとしたスカートがおすすめ 正座をするときは、ゆったりとしたフレアスカートなどの着用がおすすめです。 足元も隠れるため、周りに見えないようにさりげなくしびれ対策を行えます。 正座用のイスを使用する 正座用の小さなイスを使用すると、しびれを予防できます。 お尻が足に直接乗らないような造りになっており、ネットなどで購入できるので試してみるのも良いでしょう。 法事では後ろの席を選ぶ 法事などで席が決まっていないのであれば、後方の席を選ぶのも一つの手です。 後ろの方であれば、しびれた時に多少足を動かしても目立ちません。 しびれに耐えられる体をつくる 日頃からストレッチを! 筋肉量や生活習慣、慣れによってもしびれの頻度や度合は変動します。 そのためストレッチやトレーニングで、 日頃から筋肉を慣れさせておく事が大切です。 普段から正座に慣れておく 普段から正座をする機会を増やして慣れることで、しびれの頻度が少しずつ減っていきます。 最初は短い時間から始め、徐々に時間を増やして長時間の正座に耐えられるからだをつくりましょう。 まとめ 正座やあぐらなどで足がしびれやすい方は、日頃からしびれに耐えられる体づくりをすることで対応できる場合があります。 法事などであらかじめ正座をすることがわかっているなら、今回紹介した正座のコツを参考に実践してみましょう。 しびれの原因が正座やあぐらはない場合は、病気の可能性があるので異変を感じたら速やかに病院を受診してください。

次の

足がしびれやすい原因は?病気のことも。正座の痛みの予防法を解説!

あぐら しびれる

あぐらができない原因 (Photo by SHOKO MATSUHASHI) あぐらができないのは、恥骨筋がこわばり、股関節が外側に回転しにくくなるのが原因。 意識して動かすことが少ない部分なので固まりがち。 習慣的にゆるめよう。 「あぐらができない」原因をヨガで解消しよう 解消ヨガワーク1:上半身ねじりのポーズで股関節をほぐす 日常動作であまり使わない恥骨筋を、ツイストによりダイレクトに刺激。 HOW TO 1. 前脚の膝が90度になるように踏み込み、後ろに引いた足の角度は45度。 前足のかかとと後ろ足の土踏まずは一直線上、足幅は肩幅の2. 5倍をキープする。 できるだけ重心を低く保ったまま、両手を前脚の膝に置く。 (Photo by SHOKO MATSUHASHI) POINT 前脚の膝が内側に入らないようにし、後ろ脚の膝は曲がらないように注意する。 手を頭の後ろで組んで胸を開く。 両膝の位置を動かさず上体をゆっくりツイストし、ねじる時に息を吐きながらお尻を下げる。 ねじり切ったらすぐに戻さず、状態をキープすることで効果が高まる。 5~8呼吸キープ。 (Photo by SHOKO MATSUHASHI) POINT 腰からではなく骨盤からねじると、恥骨筋のストレッチが深まり効果抜群。 解消ヨガワーク2:操体法のポーズで圧迫してゆるめる 筋肉は思い切り伸ばすと最大筋力を発揮、そこから一気に弛緩させると柔軟性がアップする。 この性質を利用し、反動をつけた動きで恥骨筋の柔軟性を高めるワーク。 HOW TO 1. 長座になり、骨盤が後傾し腰が丸まらないようにして背骨を伸ばす。 片方の足裏を持ち、膝を曲げて脇のほうに引き寄せる。 引き寄せる動きと対抗するように、足裏で手を押し返し脚を前に伸ばそうとしながら5呼吸キープ。 (Photo by SHOKO MATSUHASHI) POINT 膝は脇の下の後方までぐっと引き寄せ、股関節を最大限にストレッチするのがポイント。 足を引き寄せている手の力を一気にゆるめ、同時に足を前方に投げ出す。 (Photo by SHOKO MATSUHASHI) POINT 自然呼吸で行い、息を吐くタイミングで手の力を抜くと反動がついてゆるみやすい。 教えてくれたのは... 佐藤ゴウ先生 ヨガインストラクター、IHTA理事。 YMCメディカルトレーナーズスクールでクラスを担当する他、各地でのヨガイベントに講師として出演。 これまでに男性限定の「男ヨガ」を考案して男性にもヨガを広め、現在は幅色い世代に健康で暮らすためのヨガを広めている。

次の

あぐらをかくと股関節が痛い原因

あぐら しびれる

A ベストアンサー 足首を強打したということであればまず、整形外科に行き足首に異常が無いかどうか確認してもらうのが先決だと思います。 以上がなければ次のステップで確認してください。 寝てて、起きたときとか長時間座ってたときに特に出るならば坐骨神経を疑うのも良い着眼点だと思います。 坐骨神経はお尻の後から太ももの外側に廻って降りている神経で人間の神経で一番太い神経ともいわれることがあります。 (未確認) 寝たり座ったりが多いとどうしてもこの神経を圧迫することがあるので 揉み解すと改善することがあります。 これは整体、指圧関係に行くと良く教えてくれます。 自分でチェックの方法は太ももの外側を指3,4本をそろえて太ももの前後にゴリゴリもんでください。 コリコリしたものが触ってそれが痛いなら坐骨神経です。 あまり無理にもまず丁寧にもんでいるとコリがほぐれます。 それと同時にその先にある神経が回復して痺れが薄れるはずです。 Q 一瞬落ちたり、一瞬グラっとする感覚です。。。 初めてなったのが3年前くらいです。 ベンチに座ってタバコをすいながら友達と会話をしていたとき、自分が話しているときに起きました。 その時、会話は継続してできていました。 友達の声も聞こえています。 なので意識と書きましたが、はっきりしていますので、意識は落ちていません。 時間は0. 3秒くらいです。 頭をグンッと絞めるような感覚で、周囲の音も声も絞られるような感じでした。 エレベーターを一階分落ちるような感覚が身体に感じました。 周囲は暗くなっていません、見えています。 お風呂でのぼせる現象に近いですが、時間があまりにも短いし、下に落ちていく感覚がありますので、あきらかに「のぼせ」とは違います。 金縛りの経験は数年前に2回ありますが、あきらかに違います。 身体は倒れこんだり、座り込んだりしません。 体勢はしっかりとしています。 3ヶ月に一度くらい間隔で起きます。 現在まで、20回程度です。 おそらく自分では脳に関係している病状だと思います。 自分が一番気になるのは「エレベーターを一階分0. 3秒の一瞬で落ちるような感覚」です。 いずれ医者に行こうかと思っていますが、その前にこの症状に似ている病名、考えられる病名を知りたいと思っています。 また、同じような経験者様の声や、家族の方で同じ症状が居るというかたの話が聞きたいです。 とても一瞬なので周囲の人にはわかりません。 (気づかれません) 【症状説明】 *エレベーターを一階分落ちるような感覚 *会話をしていたり、テレビを観ていたりしていて一瞬体が落ちる感覚。 *頭がグラッと落ちる感覚。 *周囲の音が一瞬絞られるような感覚。 *症状が一瞬(0. 3秒くらい) *意識はある。 *症状の最中も会話はできている *音も聞こえる *吐き気・頭痛はまったく無し。 *倒れない。 *3ヶ月に一度くらい(20回程度) *脈は正常 *どうき・息切れの経験無し。 (どうき・息切れの症状がイマイチわからない) 【プロフィール】 *男 *30代後半 *身体や性格はかなり丈夫なので貧血や腰をぬかすといった経験はまったく無し。 *意識を失う経験は無し。 *人生いままでずっと血圧正常。 *大きな病気無し。 *服用している薬無し。 *酒やらない *タバコ1日、1箱未満。 *過去に薬物使用経験10年程度あり(症状が出る前にとうにやめている) ちょっと、ここ数日何度か連続して起き、最近は起きた後に数秒「よいん」が残るので質問してみました。 過去に薬物経験とありますが、ちょっとこれは説明が難しいのですが自分は薬物との「直接的な関係」はないと思っています。 たとえば「過去に薬物をしていたなら脳が正常ではない」のではないかとかですが、正常か異常かだと「異常」だと思います。 脳に関する異常だととくに目立って自覚はないのですが、経験のない人と比べると少なからず「記憶障害」くらいは後遺症としてあるのではないのかと思います。 もし目立って後遺症がでるならば、臓器にでていると思います。 もしあるとしたなら、「薬物と脳」の関係ではなく、血管注入していたので「血液と脳」に関する問題や、心臓には関係しているとは思います。 宜しくお願いいたします。 一瞬落ちたり、一瞬グラっとする感覚です。。。 初めてなったのが3年前くらいです。 ベンチに座ってタバコをすいながら友達と会話をしていたとき、自分が話しているときに起きました。 その時、会話は継続してできていました。 友達の声も聞こえています。 なので意識と書きましたが、はっきりしていますので、意識は落ちていません。 時間は0. 3秒くらいです。 頭をグンッと絞めるような感覚で、周囲の音も声も絞られるような感じでした。 エレベーターを一階分落ちるような感覚が身体に感じました。 周囲は暗くなっ... A ベストアンサー 一瞬グラッとする・・・瞬発性脳血栓症が疑われます。 人の心臓は,一日24時間でほぼ10万回,或いはそれ以上の回数鼓動します。 健康者でもその内の数回~数十回程度の不正常は,ごく普通に見られると言われています。 心臓の構造は左右の心室と心房から成り,心室の拍動信号が弱まるといわゆる心室細動となり,極めて危険です。 心房の場合は心房細動となり,数分程度なら気分が悪い程度の感じで治まります。 心房細動も短時間で且つ頻度が低ければ,直接命の危険はありませんが,細動に伴って微細な血栓 血液凝固 を生じます。 血栓が脳の微細血管内で詰まると,脳血栓症 脳卒中の一症状 を起こします。 極めて微細な血栓が脳内で一瞬詰まって,ごく短時間に外れて回復するという事例は,四十代前後の成人でも時折見掛けられるようです。 加齢と共に血管老化により危険度は増します。 血栓が大きくなると,極めて危険です。 血栓の大きさと詰まった場所や経過時間によっては,命取りになる事も後遺症を残すこともありますが,ほんの一瞬で血管が開通すれば,貴方のような状態にもなり得ます。 大事に至らないためには,心房細動を防ぐこと,血流を良くするために血液の凝固防止剤 いわゆる『血液サラサラ薬』 の服用など,医師の診断による処方投薬等が必用です。 血栓は心臓弁膜の不正常でも起こります。 循環器内科,ハートクリニック等で受診されることをお勧めします。 一瞬グラッとする・・・瞬発性脳血栓症が疑われます。 人の心臓は,一日24時間でほぼ10万回,或いはそれ以上の回数鼓動します。 健康者でもその内の数回~数十回程度の不正常は,ごく普通に見られると言われています。 心臓の構造は左右の心室と心房から成り,心室の拍動信号が弱まるといわゆる心室細動となり,極めて危険です。 心房の場合は心房細動となり,数分程度なら気分が悪い程度の感じで治まります。 心房細動も短時間で且つ頻度が低ければ,直接命の危険はありませんが,細動に伴って微細な血栓 血液... A ベストアンサー やはり血行不良でしょう。 それも、血行だけでなくリンパも滞っていそうです。 人間ただ座ってるだけでも、色んなところが折り曲がってます。 椅子に座っている場合なら、腰、太ももの付け根、膝など下半身全体が、血の巡りが悪くなっています。 それで更に足を組もうものなら、もっとねじれてしまってますね。 それに、足を組むと骨盤がゆがみますし、中に通ってる血管もゆがみます。 足がしびれるのも、それが原因かもしれません。 血行を促進するには歩くことが一番だそうですが、お風呂で足先から心臓に向かってマッサージするのも良いそうです。 重力で下がって滞っていた血を、心臓に返してあげるんだそうです。 masa-vbさんが、最近太り気味になったのも、多分私と同じ理由でしょう。 私も30代ですが、以前より何かしてないと太り気味になるんです。 それで以前から数年ウォーキングして、体型を保っていましたが、去年あたりからサボり気味になり、だんだん下半身からポッチャリになってしまいました。 人間、下半身が一番筋肉がありますからね。 そこが血行不良や老廃物でドロドロなら、さぞ贅肉も溜まっているんじゃないでしょうか。 それも、血行だけでなくリンパも滞っていそうです。 人間ただ座ってるだけでも、色んなところが折り曲がってます。 椅子に座っている場合なら、腰、太ももの付け根、膝など下半身全体が、血の巡りが悪くなっています。 それで更に足を組もうものなら、もっとねじれてしまってますね。 それに、足を組むと骨盤がゆがみますし、中に通ってる血管もゆがみます。 足がしびれるのも、それが原因かもしれません。 血行を促進するには歩くことが一番だそうですが、お風呂で足先から... Q 度々お世話になっております。 約1ヶ月前から左側の首に違和感があります。 普段周囲から見ると極度の猫背で、かなり姿勢が悪いです。 枕も合っていない様で、睡眠時に苦痛を感じることもしばしばあります。 そのせいか、違和感も朝起きたときが酷く感じます。 違和感は突っ張り感が主で、丁度サロンパスの様な湿布薬を張ったときの様に ピリピリと痺れる感覚もあります。 肩こりも慢性的に酷く、肩甲骨の内側など背中も痛みます。 違和感は耳の後ろ・耳の下・顎の周辺や首筋、時々は肩の方まで痛みます。 ただ、決まって左側だけで、右側は何ともありません。 顎の下や首にグリグリがあったので、今年4月に耳鼻咽頭科にて、 血液検査・造影剤CTをとりましたが、単なるリンパ節で、 元々細身の為に、特に腫れて無くても触れてしまうということでした。 今もグリグリはありますが、大きさは変わらず特に痛みはないです。 仕事で集中しているとき等はあまり違和感を感じません。 突っ張るので腫れている感じがしたのですが、主人に見て貰っても、 特別左が腫れているということはないと言われましたが、 多少、熱を持っている感覚があります。 首の突っ張り感や違和感はどういった原因が考えられますか? ここ1年の間に、肉親の死や第一子を流産と立て続けに起こり、 安定していた自律神経失調症とPDが悪化してきていることを実感しています。 時々発作を起こしかけることもあり、精神的な要因が大きいのかと自分では思うのですが、 心気症も伴って、悪い病気だったら?と考え始めると発作を起こしてしまいます。 今年結婚したばかりで、癌だったらどうしようと思うと夜も眠れません。 小さなことでも構いませんので、何か原因になるようなことがありましたら、 教えて頂けると嬉しいです。 宜しくお願い致します。 度々お世話になっております。 約1ヶ月前から左側の首に違和感があります。 普段周囲から見ると極度の猫背で、かなり姿勢が悪いです。 枕も合っていない様で、睡眠時に苦痛を感じることもしばしばあります。 そのせいか、違和感も朝起きたときが酷く感じます。 違和感は突っ張り感が主で、丁度サロンパスの様な湿布薬を張ったときの様に ピリピリと痺れる感覚もあります。 肩こりも慢性的に酷く、肩甲骨の内側など背中も痛みます。 違和感は耳の後ろ・耳の下・顎の周辺や首筋、時々は肩の方... A ベストアンサー 参考になればと思い、書き込みます。 私は筋緊張性頭痛と大後頭神経痛を持っています。 症状は頭痛はもちろんなんですが、 ひどい肩こりと、肩から頭までの、引っ張られるような痛み、 ひどい時には、神経にそってチリチリと痛みます。 首の筋肉は凝り固まって、張った感じは常にあります。 さらにひどくなると、耳鳴りまでします。 (涙) 筋緊張性頭痛の主な原因は、ストレスとPCなどによる目の使いすぎです。 こんな時の対処法として、マッサージに行って、もみほぐしてもらうとかなり楽になります。 また、市販の解熱鎮痛剤を飲むこともあります。 お風呂にゆっくり入ったり、目を使わないで休ませたりもします。 首もストレートネックなので、枕も合うのを見つけるのに非常に苦労しました。 すぐに寝違えるんです。 枕も、大手のデパートや東急ハンズなどで、 首の高さなどを測って、自分に合った枕を探してくれるところもありますので、 購入を考えてみてはいかがでしょうか? 私はそれで大分楽になりました。 取りあえず、頭痛もあるようでしたら、 脳神経外科を受診して、調べていただいてはどうでしょうか? 参考になればと思い、書き込みます。 私は筋緊張性頭痛と大後頭神経痛を持っています。 症状は頭痛はもちろんなんですが、 ひどい肩こりと、肩から頭までの、引っ張られるような痛み、 ひどい時には、神経にそってチリチリと痛みます。 首の筋肉は凝り固まって、張った感じは常にあります。 さらにひどくなると、耳鳴りまでします。 (涙) 筋緊張性頭痛の主な原因は、ストレスとPCなどによる目の使いすぎです。 こんな時の対処法として、マッサージに行って、もみほぐしてもらうとかなり楽になります... Q タイトル通りなかなか痺れが取れないのでネットで調べたところ整形外科に行けば良いような事が書いてあったので診察して貰いました。 行ってみれば「痺れる」だけだとあまり問題が無いように言われ、念の為にと言われて骨盤にレントゲンを撮って見て貰いましたが特に異常は無く、その「痺れ」が範囲が拡大したり痛みを感じたりするようならまた来て欲しいと言われました。 かれこれ1週間ほど痺れが続いている訳ですけど、本当にその内収まるものなのでしょうか? 気にし過ぎかもしれませんが、最近は歩くと違和感が有り過ぎるような感じがして歩く度にじんわりとする感覚が抜けません。 家に帰って直に足に触れると大した事が無いみたいです。 こんな感じでも「痺れ」るだけじゃ大した事が無いものなのですか? とりあえず病院へ行って何も無かったのだから安心しても良いと思うのですが、こんな違和感ずっと続くと滅入りますね。 A ベストアンサー 坐骨神経痛といわれませんでしたか? 足とは具体的にどこら辺ですか? 腰のレントゲンは撮りましたか? お薬は処方されましたか? 痺れのある時はマッサージ、ストレッチ、お風呂は 炎症を悪化させれる恐れがあるので、絶対に止めましょう。 整体、カイロプラクティックは 無資格の素人さんです。 病気・病名によっては、 注意が必要だと思います。 今回のケースは悪化する可能性もあります。 看板に、鍼、灸、整骨、 按摩、指圧、マッサージと 揚げているところは国家資格者です。 (スタッフに無資格者がいる場合も・・・) 整 接 骨院で治療できるものは 捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折) などのいわゆる怪我です。 保険の偽装請求の問題もありますので 行く時は注意が必要です。 治療院を選ぶ時は・・・ ケガ(急性)なら整骨院です。 肩コリ、腰痛など(急・慢性)は 鍼灸、マッサージ院です。 どんな治療を選択するにしろ、 レントゲンは病院でしか取れません。 医師の言う通り、もう一度行ってみるか、 らちが明かないようなら、違う整形外科や 神経内科をお勧めします。 坐骨神経痛といわれませんでしたか? 足とは具体的にどこら辺ですか? 腰のレントゲンは撮りましたか? お薬は処方されましたか? 痺れのある時はマッサージ、ストレッチ、お風呂は 炎症を悪化させれる恐れがあるので、絶対に止めましょう。 整体、カイロプラクティックは 無資格の素人さんです。 病気・病名によっては、 注意が必要だと思います。 今回のケースは悪化する可能性もあります。 看板に、鍼、灸、整骨、 按摩、指圧、マッサージと 揚げているところは国家資格者です。 (スタ... A ベストアンサー 尿が泡立ち中々消えないのは、尿中に蛋白が含まれるからです。 泡は表面張力によって中々消えません。 泡が中々消えないのは糖ではなく蛋白です。 蛋白が尿に漏れる場合、疲れていたり、運動したあとに蛋白は出やすいですが、心当たりがないのに続く場合は、腎臓や尿路系の病気が考えれます。 尿が泡立つと糖尿と言われるのは、糖尿病がコントロール出来ず腎臓が悪くなる為です。 細かい泡立ちが二ヶ月も続くようでしたら結石や膀胱炎、尿路感染症、腎炎が考えられますので、至急泌尿器科を受診して下さい。 腎臓の場合かなり悪くなっても尿の泡立ち以外にこれといった症状は表れません。 知り合いも糖尿病かもと心配して長年放置してたら、かなり腎臓が悪化してました、その人は腎炎と分かった時には糖尿病ではなかったです。 知り合いは「尿の泡立ち=糖尿病は大きな間違い」と泌尿器科の医者に言われたそうです。 糖尿病の方が自分の経験から糖尿病が悪くなると尿が泡立つと言われるから、そう言った間違いが流布するのだと思います。 A ベストアンサー これは、首すじのこりが原因です。 後頭部には「第二頚髄」から出た「大後頭神経」が走っています。 頭髪の生え際のところです。 この神経が刺激されると、頭髪をさわるとビリビリする感じを生じます。 また、左右どちらか一方の後頭部に一瞬ビリッと電気が走るような痛み(後頭神経痛)を生じることがあります。 パソコンやデスクワークの姿勢が悪く、首を何時も前にぶら下げているような作業姿勢だと、背中の筋肉が頭蓋骨に繋がっている上記の部分がこって、「大後頭神経」を締め上げます。 また、この部分には頭に血を送る頸椎動脈も通っていますので、めまいや嘔吐に繋がります。 わたしは、それで職場でたおれ、救急車で脳外科に搬送されました。 ご注意ください。 しびれは腰椎(腰の骨)自体の変形か、椎間板ヘルニアによるか、腫瘍性疾患などによることがあり、いずれもまず診察と腰椎X線撮影(写真を向きを変えつつ撮るだけ)を行います。 それで異常があればMRIなどを行うことになります。 あなたの年齢や他の病気のウムがわかりませんが、病院に行くほどでもない、という症状からの判断は危険性があることを知っておく必要があります。 専門的な立場からは、症状の変化や悪化が急速(最近・・・になってきた、ここ数日で急に・・・)という場合は、速やかに診断をつけ、必要なら治療を行うことが必要な病気が隠れているという意識で診察します。 逆にいうと時期を逃すともとへ戻らないケースもあるからです。 従って早急に受診することをお奨めします。

次の