カブトムシ 蛹 カビ。 【カブトムシの蛹(サナギ)】5月・6月の飼育管理とトラブルの対処法!│ケンスケの休日を楽しく過ごすブログ

カブトムシがさなぎ失敗に陥る原因とカビ発生の対処法

カブトムシ 蛹 カビ

2007年3月23日 越冬中の幼虫 3月22日は広島で桜の開花宣言。 急に、暖かく、また春らしくなってきました。 今日は、マットの糞の清掃と、生育状況の確認のため掛け布団を取り除いてみました。 この撮影場は手狭のため全員が入れませんでした。 この他に、4匹隠れています。 全員元気でした。 と言いたいところですが、便秘状態で元気のないのが1匹いました。 チョッと心配ですね。 なお、羽化が近づくまで暫くマットの中に潜り込みますので、当分の間は、下記の記事(日記)をご覧願います。 2007年5月18日 糞掃除 ・ 幼虫死亡 前回の大掃除から2ケ月弱。 天気が良かったのでマットの大掃除をしました。 手前左り山は糞を取り除いたマット。 手前右のケースは掃除中の退避場所。 向こう側の小山は糞の山。 一番向こうのケースは今までの住処。 その手前のケースは新居です。 大掃除が済んだあとで、新居のマットへ潜る前に記念撮影。 2匹死んでいましたので、5月18日現在、10匹の家族です。 食欲旺盛!この糞の山を見てやって下さい。 真っ黒になった2匹の死骸がありますが、死因は何でしょうか? このページの手作り蛹室は、 和式です。 洋式の手作り蛹室は、をご覧下さい。 日本のトイレも寝室も、和式、洋式が入り乱れていますが、日本のカブトムシは和式、外国のカブトムシは洋式の蛹室に寝かせるのが良いようです。 しかし人間と同様に、西洋カブレしたカブトムシもいますので、のように、日本のカブトムシが洋式のベッドでも安眠し、無事に羽化してくれました。 2007年6月13日(1) 蛹 ・ 人工蛹室 GARAKUTAハーレムの公開 去年はオスばかり。 今年はメスばかり。 これだけ美人が揃うと、立派なオスを探さなければなりませんよ。 飼育箱の中の様子が変なので、蛹室を作っておいてから飼育箱を掘り返しました。 角のないブタの鼻のようなメスのサナギが5匹。 サナギになっていない幼虫が1匹。 飼育箱の底が真っ黒けだなと思ったら死骸が・・・ 死骸は3匹出てきました。 1匹は蛹室を作ってその中で。 もう1匹はカビが生えたようになっていました。 しかし、5月18日には10匹いたのですが、サナギが5匹 + 幼虫が1匹 + 死骸が3匹。 1匹見当たりません。 これは、ミステリー小説以上に不思議な事件です。 何処へ蒸発してしまったのでしょうか? 掘り返し作業中。 サナギになっていない幼虫。 小さなケースへ入れたら、上まで這い上がってきてから、底まで潜りました。 3匹の死骸。 南無阿弥陀仏。 2007年6月13日(2) 手作り人工蛹室 今年の蛹室は 和式です。 形が縦長になっただけで、作り方はの要領と同じです。 昨年作った蛹室は洋式だったことを、昨年、羽化した後に知りました。 昨年羽化したオス4匹ですが、日本語が通じないので変だなとは思ったのですが西洋カブレで誕生したのですよ。 日本のカブトムシの蛹室は縦長、去年作った横長の蛹室は外国のカブトムシ用だそうです。 2007年6月21日 餌 今年もカブトムシが羽化する頃になりましたね。 今年の我が家はメスばかりのハーレム。 別嬪さんに囲まれて夏を乗り越えるのもオツなものですが、それでは別嬪さんたちが可哀想。 カブトムシですから一夫多妻で我慢してもらうことにして、オスを2匹ほど養子縁組してきました。 若々しくて元気そうでしょう。 2匹とも食欲旺盛。 1匹で1日にゼリーを2個たいらげます。 じつは、昨年ゼリーが高騰しないかなと思って買い込みまして、これが1袋50個残っているんですよ。 賞味期限をみたら2008年の半分くらいまでOK。 年金が倒産して小遣いが減っていますので大助かりです。 5匹+1匹。 右の写真の1匹は、サナギになる気があるのか? ベッドの上を這い回っていますので顔を見てやろうとしたら、恥ずかしそうに潜っていきました。 さて、この5匹の別嬪さんに名前を付けることにしました。 サナギになっていない1匹は、別嬪さんかどうか判らないので、別嬪さんなら 紫式部と名前を付けますが、オスなら、 名無し権兵衛です。 さて、どちらでしょうか? 上段の左から、 クレオパトラ、 楊貴妃、 マリリンモンロー。 下段の左から、 エリザベステーラー、 オードリーヘップバーン。 どうですか。 年寄り趣味の名前ばかりですが、みんな別嬪さんですよ。

次の

カブトムシの飼い方!カビが生えてきたらどうすればいい?

カブトムシ 蛹 カビ

A ベストアンサー こんにちは、はじめまして。 自分もクワガタを飼育しています。 (飼育暦8年程度で、過去に国産オオクワガタ・ヒマラヤ系アンタエウスを飼育) 現在は、中国のホーぺを飼育。 沢山飼育できなくなったので成虫以外 では幼虫60頭だけですが、参考になればと思いましたので・・ 蛹屋の中にカビが生えたりキノコが出たり水滴などで、蛹屋自体が蛹の羽化までもたない事が多く羽化不全になったり、蛹に悪い環境をあたえるのは間違いないと思います。 これは、蛹に強い衝撃等をあたえたり傷を付けなければ死んだり 羽化不全の可能性は、低いと思うので慎重に作業をすれば大丈夫 です。 それと、蛹になってどれくらいかになるのか解かりませんが、 蛹の色がまだ飴色だったりすると蛹がゼリーの様に軟らかいので、その場合は表面が粉を吹いた様な状態なるまで数日待って下さい。 (表面が少し白っぽい感じ) それから露天掘りをしますが、その前にショップへ行き人口蛹室を 購入して下さい。 そして蛹を潰したり傷を付けたり、掘り出す道具で刺したりしない様にビンやボトルの内側に沿って慎重に菌糸を取り除く作業をして下さい。 堀り出した蛹を人口蛹室にそっと移して作業完了です。 自分がいつもしている方法なので大丈夫だと思いますよ! 人口蛹室の使い方が解からない場合は、ショップの人に聞いてください。 こんにちは、はじめまして。 自分もクワガタを飼育しています。 (飼育暦8年程度で、過去に国産オオクワガタ・ヒマラヤ系アンタエウスを飼育) 現在は、中国のホーぺを飼育。 沢山飼育できなくなったので成虫以外 では幼虫60頭だけですが、参考になればと思いましたので・・ 蛹屋の中にカビが生えたりキノコが出たり水滴などで、蛹屋自体が蛹の羽化までもたない事が多く羽化不全になったり、蛹に悪い環境をあたえるのは間違いないと思います。 A ベストアンサー こんにちは。 「白いカビ」ですか?どんな状態のカビでしょう? もし糸状に張るものでしたら交換の必要はありません。 マットが上質の証拠です。 主に白カビの種はクワガタやカブトに対して害になるものはありません。 (青カビ発生はマットの品質が下がった証拠なので即交換です) ウチでも発酵マットには糸状の白いカビが大量に出ますがムシ達はとても元気です。 ショップからも「ムシ達の栄養素となる」(幼虫の場合)と説明を受けています。 なので、大丈夫だと思いますよ! ただ、「大量」と書いていらっしゃるので1つアドバイスさせて下さい。 カブト達も糞をします。 それを長い間放っておくと匂いや青カビ、ダニやコバエの発生源になります。 マットは周期的に交換か、もしくはフルイ等に掛けて半日天日干し等をすればまた使用出来ます。

次の

カブトムシの蛹室についてなんですが・・・ カビが生えてます。マットの上 【OKWAVE】

カブトムシ 蛹 カビ

【そもそもカブトムシが蛹の期間ってどのくらいあるの?】 カブトムシ飼育の醍醐味は、何と言っても卵から羽化するまでの 成長を見る事です。 カブトムシ飼育は約一年間と長期間かかるものですので、 焦らず根気よく世話を続けて下さいね。 カブトムシの飼育を始めると蛹から成虫に孵るのが待ち遠しいものですが、 蛹の期間ってどれぐらいなのでしょうか? 蛹になりたての頃は、まだ黄色ががった透明で水分が多く、弱い体です。 日ごとに体色が黒っぽくなり、オスにはツノが見えてくるようになります。 蛹の期間は、個体差にもよりますが、大体 9 ヶ月~ 10 ヶ月ぐらいかかると されています。 今年成虫になるカブトムシは、昨年の 8 月頃孵化し幼虫になっています。 その後、土を食べドンドン成長を続け、秋、冬を越します。 冬眠する個体もいるようです。 4 月頃には再び餌を食べはじめ、 5 月上旬~ 6 月上旬頃に3齢幼虫になると、蛹になる為の蛹室を作り始めます。 セミが初鳴きをする頃、カブトムシも顔を見せるようになります。 蛹になると 1 ~ 2 ヶ月ぐらい後に成虫になりますので、 慌てずゆっくり経過を見守りましょう。 でも動かなくなる時期があります。 それは、どんな時なのでしょうか? カブトムシが蛹になりつつある時は、 口や手足が固まりつつあるので動かない事が多いです。 蛹になって中盤から羽化近くなると、又動くようになります。 人工蛹室でも羽化近い蛹は動くようです。 そして、羽化直前になると体はかなり黒っぽくなって来ます。 カブトムシのオスには立派なツノが見えるようになっています。 蛹が動かない時は、触らず、土の状態をチェックしましょう。 土(マット)の水分が多かったりすると、カビの原因になったりするので、 注意して下さいね。 水分が多く水たまりのようになっていたら、水分を拭き取りましょう。 カビやキノコが生えていたら取り除いて下さいね。 カブトムシの蛹が動かないと、生死が気になって つい触ってしまいますが、これはカブトムシの寿命を縮めてしまいますので 絶対にしないで下さい。 蛹を触ったり、蛹室が壊れると悲しい結果になってしまう事があります。 カブトムシは土(マット)の量、水分が適度に保たれていると 土の上に出る事はあまりありません。 もし、土の上で蛹になっていたら、人工蛹室を作りましょう。 人工蛹室とは、 自然にカブトムシが自分で作ったような蛹室を 人間が生花アレンジで使うオアシスや、トイレットペーパーの芯を半分に 切ったりして人工的に蛹室を作る事です。 土を掘り起こす事で他の蛹室を壊してしまう事もありますので、 カブトムシが自然に蛹室を作る時は体が立った状態ですので、 人工蛹室も立てて蛹を静かに注意しながら入れて置くと いいでしょう。 発砲スチロールはカブトムシが、穴をあけてしまう事があるので避けて下さいね。 ・いつまでたっても羽化しない。 蛹になってかなり経つのに一向に成虫になって 土の上に出てこない。 そんな時は臭いを確認しましょう。 体色が黒っぽく、悪臭がする場合はカブトムシは残念ながら 羽化出来ずに(羽化不全)寿命が尽きたと考えられます。 そんな場合は、丁寧に葬って上げましょうね。

次の