仮想デスクトップ 使い方。 Win10仮想デスクトップの切り替えることができるというメリットと使い方 | The Windowsマスター

仮想デスクトップとは。使い方やメリットは?

仮想デスクトップ 使い方

仮想デスクトップ機能とは 「仮想デスクトップ」とは、いわゆるDaaSというようなクラウド上に存在するデスクトップサービスではなく、Windows10から導入された新機能です。 従来だとデスクトップはひとつだけ。 その中でウィンドウを複数開いてマルチタスクで作業をしていたわけですが、 ウィンドウが増えすぎると扱いが煩雑になってしまって、切り替えの操作が大変になってしまうという事態が起きていました。 仮想デスクトップの場合、デスクトップの単位を複数Windows内に持つことができるようになります。 そして、そのデスクトップでそれぞれ好きなようにウィンドウの配置が可能になるのです。 これ、いろんな種類の作業を同時進行で行う場合に重用します。 例えば 「作業用デスクトップ」「Excel用デスクトップ」「ブラウザ用デスクトップ」「Twitter閲覧用デスクトップ」みたいな形で役割を決めて、そのデスクトップ類を並べておけばちょっとした操作だけですぐこのデスクトップを切り替えることが可能というわけです。 わざわざタスクバーから切り替えたいウィンドウを選んで表示するウィンドウを選択しなおさなくても、用途によってサッとデスクトップを切り替えることで並行作業が簡単になる…というわけですね。 動画 仮想デスクトップを追加してみよう というわけで、Windows10の仮想デスクトップ機能を早速使ってみよう! タスクバーの、この 「タスクボタン」をクリックします。 すると、こんな感じで現在のデスクトップで開いているウィンドウが一覧表示されます。 この画面の右下に 「新しいデスクトップ」というボタンがあります。 ここを選択してみると…。 デスクトップ1とデスクトップ2という項目が、今のタスク画面に追加されました。 これが仮想デスクトップです! それぞれは別々のデスクトップとして存在していることになるので、ウィンドウをそれぞれ別々の画面に表示させれば、先ほど説明したような並行作業ができるようになるわけです。 例えば、下記の画面だとデスクトップ1にブラウザを、デスクトップ2にテキストエディタを配置してます。 ブラウザで情報収集しながら、テキストエディタで文章作成が可能! デスクトップ数はもっと沢山増やせます。 用途に応じて必要な数の仮想デスクトップを並べてみよう。 仮想デスクトップならこんな使い方ができる 例えば僕の場合、こんな形で仮想デスクトップ機能を使って、デスクトップごとに分業していました。 デスクトップ1:テキストエディタを配置して記事書き• デスクトップ2:ブラウザを表示して情報収集• デスクトップ3:WordPress管理画面を配置• デスクトップ4:Twitterや音楽再生アプリを表示 デスクトップごとに完全に用途を決めているので、情報収集したいときはデスクトップ2に移動すればOKだし、再生している音楽を変更したかったらデスクトップ4に移動すれば簡単に操作ができるわけです。 人それぞれで使い方が異なると思うので、自由にカスタマイズして使うべし。 パーソナルな利用よりは、仕事でWindowsを使う人にこそ有効活用してほしい新機能ですねー。 仮想デスクトップを切り替えるショートカットキー ちなみに、いちいちタスクボタンをクリックしてマウス操作でデスクトップを切り替えるのも面倒くさいので、これもショートカットキーを用いてやってしまいましょう。 仮想デスクトップを左右に移動するショートカットキーは下記の通り。 ファンタスティック! スポンサードリンク まとめ• 仮想デスクトップはWindows10からの新機能• 従来はひとつだけだったデスクトップを複数作成して並べることができる• 用途ごとにデスクトップ上にウィンドウを配置して、並行作業が簡単にできる• 仕事用にWindowsを使う人にこそ真価を発揮する新機能• 個人的にはありがたい限りなのだけど、まあ、 Macの機能の後追いだよな…という感じもしますね。 Microsoft EdgeがSafariやGoogle Chromeなどのブラウザに寄せてきたりしているところもあって、Windows10はMicrosoftの独自色を薄めて現在のトレンドに近づけてるのかなー、という印象も受けました。 今思うと、Windows7から導入されたエアロスナップやエアロシェイクのような新機能は、非常に斬新でしたね。 Windows10でも継続して利用可能ですよ、こちら。 そうそう、仮想デスクトップ機能は導入されたばかりなのでこれから改善されるかもだけど、 デスクトップの並びを変更することができなかったりと、まだまだ改善の余地がありそうな感じです。 MacのMission Controlはドラッグすることで仮想デスクトップの並びを変えることができる この辺はMicrosoftさん、期待してます。 よろしく!.

次の

【Windows10】仮想デスクトップの操作方法・使い方やメリット

仮想デスクトップ 使い方

Windows10の新機能仮想デスクトップとは Windows10から搭載された新機能である仮想デスクトップとは、普通はデスクトップ画面というのは1つが一般的ですが、複数のデスクトップを作れるのが仮想デスクトップです。 1つのデスクトップだと、複数の作業を行ったり、複数のソフトを開いていると、切り替えがスムーズにいかず作業が効率良く行われない場合があります。 しかし、複数のデスクトップのある仮想デスクトップであれば、1つのデスクトップはExcelやWord、別のデスクトップではPowerPointなど、用途に分けてデスクトップを使えますので、効率的に作業ができます。 仮想デスクトップの使い方 ここでは、Windows10の仮想デスクトップ機能の使い方について紹介いたします。 仮想デスクトップを作成する Windows10の新機能、仮想デスクトップ機能を使って複数のデスクトップを作成したい場合は、下記の方法で行います。 タスクビューを表示します。 タスクビューが表示されたら、画面右にある「新しデスクトップ」ボタンを選択します。 新しいデスクトップが作成されて、画面下に「デスクトップ1」と「デスクトップ2」が表示されます。 新しいデスクトップを表示したい場合は「デスクトップ2」を選択します。 これにより、仮想デスクトップの特長でもある複数のデスクトップを展開して使用することができます。 デスクトップごとに使用用途を分けることで作業効率を上げることが可能です。 簡単にデスクトップを作成できるので便利です。 アプリをデスクトップ移動して使う場合 デスクトップ1で起動しているアプリを、デスクトップ2など別のデスクトップでも表示したい場合は、下記の方法で行います。 タスクビューを表示します。 別のデスクトップに移動させたいアプリを起動しているデスクトップにマウスカーソルを合わせます。 表示されるメニュー一覧から「移動」を選択して、移動させたいデスクトップを選べば完了です。 起動しているアプリを簡単に別のデスクトップに移動ができ、そのまま移動先のデスクトップでアプリを使えます。 移動させれば都度開いたりする操作は必要ありません。 特定のウインドウをすべてのデスクトップで表示する ウインドウをすべてのデスクトップで表示することもできます。 これにより、ウインドウの開いているデスクトップをわざわざ開かなくても、すぐに特定のウインドウを確認できるため作業効率のアップが期待できます。 特定ウインドウをすべてのデスクトップに表示する方法は下記のとおりです。 すべてのデスクトップで表示したいウインドウをタスクビューから右クリックをして、表示されるメニューから「このウインドウをすべてのデスクトップに表示する」を選択します。 もしくは「このアプリのウインドウをすべてのデスクトップに表示する」を選択します。 選択することで、該当ウインドウがすべてのデスクトップで表示されるようになり、どのデスクトップからでも、ウインドウを確認しながら作業することができます。 仮想デスクトップを削除したい場合 仮想デスクトップとして作成した複数のデスクトップは、簡単に削除することができます。 デスクトップを削除した場合、開いていたウインドウは、削除したデスクトップの前のデスクトップに自動で移動するようになっています。 デスクトップを削除したからといってウインドウが閉じることはありません。 仮想デスクトップの設定方法 1• Androidでインターネットを... 404,747件のビュー• Android端末を利用している... 377,897件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 329,749件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 288,602件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 238,781件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 229,396件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 227,007件のビュー• Windowsを利用していると「... 220,703件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 210,651件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 193,559件のビュー.

次の

【Windows Tips】仮想デスクトップの使い方。狭いディスプレイでも仕事がしやすくなる!

仮想デスクトップ 使い方

仮想デスクトップの作成 デスクトップにアプリをいくつか起動しておきましょう。 ここでは「Microsoft Edge」「エクスプローラー」を起動してみました。 次にタスクバーの「仮想デスクトップ(タイムライン)」アイコンをクリックします。 すると、先ほど起動したアプリが縮小表示されます。 また、タイムラインもあります。 タイムラインの詳細はこちらをご覧ください。 左上の「新しいデスクトップ」をクリックしましょう。 すると、「デスクトップ 2」が作成されるので、それをクリックします。 これで仮想デスクトップ「デスクトップ 2」の作成は完了です。 その他のショートカットキーはこちらをご覧ください。 「デスクトップ 2」にアプリ「メモ帳」を開いてみました。 仮想デスクトップの切り替え 次は仮想デスクトップを切替えてみましょう。 タスクバーの「仮想デスクトップ」アイコンをクリックし 「デスクトップ 1」をクリックします。 これで仮想デスクトップが「デスクトップ 2」から「デスクトップ 1」に切り替わりました。 その他のショートカットキーはこちらをご覧ください。 仮想デスクトップ間のアプリの移動 次は仮想デスクトップ間のアプリの移動方法をみていきます。 タスクバーの「仮想デスクトップ」アイコンをクリックします。 「デスクトップ 1」からアプリがなくなります(移動します)。 「デスクトップ 2」へ切り替えてみましょう。 このようにアプリが移動されます。 こちらも合わせてご覧ください。 Windows10 の使い方や設定はこちらをご覧ください。

次の