ユクソンジェ。 ユク・ソンジェのプロフィールや兵役・ドラマ出演情報をチェック!

【公式】「BTOB」ユク・ソンジェ、5月11日に現役入隊…「場所・時間は非公開」│韓国音楽K

ユクソンジェ

15日、BTOBメンバー「ユク・ソンジェ」は、自身がMCを務めているバラエティ番組「執事部一体」の放送中に今年入隊することが決まり、番組を降りることになったと明かした。 この日放送では、イ・セドル元囲碁棋士が師匠として出演したが、番組の途中にMC「イ・サンユン」と「ユク・ソンジェ」は番組を降りる理由について言及した。 ユク・ソンジェはイ・セドルが囲碁棋士の引退した理由を聞いて、「言葉が出ない」とためらいながら話を始めた。 ユク・ソンジェは「執事部一体」を卒業する日に、最後の師匠にイ・セドル元囲碁棋士と一緒に出演することができて少しは肩の荷を下ろす感じだ」とし「イ・セドル師匠は何十年も共にしてきた囲碁を卒業し、僕たちは執事部一体を卒業することになった。 一緒に卒業する立場なので、今日師匠が出演していただいて肩の荷を下ろす」と告白した。 ユク・ソンジェは番組を降りる理由について、「大学の単位取得に失敗して今年中に軍に入隊しなければならなくなった。 国防の義務もあるし、その前に 一人だけの時間を持ちたいと思って番組から降りることになった」と話した。 ユク・ソンジェはまた、「卒業と言えば、沈む太陽を思い浮かぶ人もいると思いますが、昇る太陽を見ながら新しい始まりだと思ったら気が楽になります」と伝えた。 ユク・ソンジェは通っていた大学にほとんど出席しておらず、単位取得に失敗した。 その結果、入隊延期ができず、今年中に入隊することになった。 一方、「執事部一体」は、イ・スンギ、イ・サンユン、ユク・ソンジェ、ヤン・セヒョンがマイウェイで風変わりな「師匠」を訪れ、彼らのライフスタイル通りに同居し何らかの悟りを得るバラエティ番組だ。

次の

ユク・ソンジェのプロフィールや兵役・ドラマ出演情報をチェック!

ユクソンジェ

・1995年5月2日生まれ ・ユク・ソンジェ CUBEエンターテイメントに所属し、7人組男性アイドルグループBTOBのメンバーとして2012年にデビューを果たしました。 2014年に日本でもデビューをしていて人気アイドルのひとつなので、ファンの方も多いはず! そして、ソンジェは180cmでグループ1の長身でありながら、一番末っ子のマンネで愛嬌もスキンシップも凄いのでまさにマンネキャラ! キス魔としても有名で、コンサート中などでメンバーに良くキスをして嫌がられたりもしています。 また、2013年には音楽の分野を飛び越え、今度は役者デビュー! — 2017年 1月月13日午後11時57分PST 応答シリーズなど有名なドラマや、ヒットドラマまで人気ドラマへの出演し、出演数は一際多いものではないですが、その中で演技力を高く評価され、俳優としても認知度がかなり高くなりました。 おそらく今後も、出演する度に注目される俳優のひとりなはず! 愛嬌いっぱいで明るく人なつっこい性格から、ビジュアルだけでなく常に中心に立って目立つ存在で、歌手、モデル、俳優と色んな場面でマルチな活躍が期待されています。 そして、日本人ファンにはありがたいことにソンジェは日本語も堪能! 日本でのライブでは、堂々と日本語でMCを行い冗談を言える程で、日本の友人ともよく遊びに行っているのを見かけます! — 2019年 5月月3日午前8時23分PDT マルチに活躍し、演技でも認められ充分なユク・ソンジェですが、実は歌唱力がすごいアイドルとしても有名です。 BTOB自体、歌唱力が自慢なグループですが、そのグループの中でも秀でてうまいと言われているのが今回の主人公! アイドルといっても歌唱力にダンス、ビジュアルにキャラクターと、全てが揃ってないと難しい時代に、「K-POPアイドル歌唱力ランキング25」のひとりにも選ばれているんです! 更に韓国の音楽番組では、実力派ボーカリスト達が歌声を競い、見事決勝まで進みました。 この番組の面白いところは、素性を一切明かさず覆面で歌うということ。 覆面なので、事前の先入観など一切なし! 惜しくも決勝で敗退してしまいましたが、出演者たちもソンジェの歌唱力を高く評価、大きな存在感を残しました。 高校時代は20人にも告白された過去を持つモテ男。 もっと絡み見たい — ㅁ ㅇ myvgle 人見知りもなく、スキンシップに愛嬌たっぷりのソンジェ。 芸能界の中でも知人が多いらしいと話題です! それもビックな人まで! その一人が今や世界中で大人気BTS(防弾少年団)の「テテ(V)」。 その始まりが、すれ違った時に同い年だから仲良くしよう!とのソンジェのひと掛けだから驚きです。

次の

【公式】「BTOB」ユク・ソンジェ、5月11日に現役入隊…「場所・時間は非公開」│韓国音楽K

ユクソンジェ

「私たち結婚しました」通称ウギョルから。 原曲は、チョン・ジュニルさんというバラード歌手の曲ですが、 この曲は、このソンジェのカバーを聴いて好きになりました。 YouTubeのアイキャッチでおわかりでしょうか。 ジョイが泣いている。 これは、ウギョルの最後らへんで、お互い歌を歌い合うシーンです。 ソンジェが、「最初からこの曲にするって決めてた」 ということで、選んだ曲。 自由気ままでふざけまくりなオッパだったソンジェが、 実は恥ずかしくてジョイに言えなかったことなんですよ。 그냥 날 안아줘 나를 좀 안아줘 ただ抱きしめてよ ぎゅっと抱きしめてよ それでジョイは、 「ソンジェが嫌だと思ってたから、もっともっとハグしてあげればよかった」 「言ってくれれば、もっともっとハグしてあげられたのに」 って後悔してボロボロ泣いちゃうんですよ。 それでソンジェも途中でつまっちゃうし。 尊すぎる2人を思い出してちょっと寂しくなってグッとくる曲です。 BTOBみんなのソロプロジェクト、 Piece of BTOB から。 これはですね、個人的にさっきの「恋するジェネレーション」を思い出して聞いて欲しいんです。 なぜって、 一番好きなところが、サビの 말해 그리웠다고 말해 힘들었다고 言ってよ 恋しかったって 言ってよ 辛かったって っていうところが、なんと最後には 말할게 그리웠어 말할게 힘들었어 言うよ 恋しかったんだ 言うよ 辛かったんだ になるんですよ!! もうそれはクォン・テグァン。 この、 素直になれない気持ちに向き合う感じが、 ソンジェすぎて好きなのです。 この感じが、個人的にソンジェにぴったしなのです。 そう思って聴くとまた違って聞こえると思います。

次の