アキラ 考察。 【AKIRA】映画のあらすじと世界観を考察/アキラって結局なに?

『アキラ』の海外の反応は?!日本のアニメを世界に知らしめた作品!!

アキラ 考察

ケイと共に大東京帝国を引き継ぎ、誰の言いなりにもならないことを決めた金田 何もかもが崩壊した世界に取り残された、僅かに生き残る被災民たちと金田、ケイ、甲斐。 そこにアメリカ軍をはじめとした国連からの派遣団が上陸し、難民救済の名目の元制圧しようとするが、そこへ「大東京帝国」を引き継いだ金田らが現れ反旗を翻す。 「救援物資は頂くが、それ以上のことは内政干渉とみなす。 アキラはまだ俺たちの中に生きている」 そういい残し、ケイを乗せたバイクに乗った金田は、仲間と共に崩壊した街を駆け抜けていくのだった。 そのため、どういった経緯で金田が新たな「大東京帝国」を治めることになったのかまでは描かれておらず、あくまでエピローグ的な表現にとどまっている。 登場人物・キャラクター ネオ東京の職業訓練校に通う学生。 暴走族のリーダー的存在で人望も厚い。 明るく前向き、度胸があり、女好き。 悪運が強く、高い運動能力を持ち合わせており逃げ足が速い。 幼馴染の鉄雄とは対照的な性格で、大人しい彼を庇護するような立場にいた。 盗んだバイクを改造して走っており、興奮剤のようなものを摂取しながら暴走行為にあけくれている。 自称「健康優良不良少年」。 アキラ覚醒後の能力発揮によりネオ東京が崩壊した時、光に飲まれ瓦礫の中で眠っていたが、その後鉄雄の覚醒による衝撃で瓦礫の中から生還する。 最終決戦後、鉄雄たちの残した大東京帝国を引き継ぎ、上陸したアメリカ軍らに反旗を翻す。 島鉄雄(CV:佐々木望) かつてナンバーズとして超能力の才能を見出され軍の研究機関で能力を育成されていたうちの一人。 28号とも呼ばれる。 アキラの能力は桁違いだったため、1982年に覚醒と同時にその能力が暴走してしまい、結果東京が破壊されてしまう。 その後アキラは冷凍状態で封印されていたが、鉄雄の手により封印が解かれる。 その後タカシの死を目の当たりにすることで再び能力が暴走し、ネオ東京崩壊を招く。 ネオ東京崩壊後は「大覚様」として崇められ「大東京帝国」のシンボルとなるが、実際は夢遊病のような半覚醒状態でいつまた能力が暴走してもおかしくない状態であった。 作中では言葉を喋ることはなく、精神的ショックを受けた時(タカシの死を目の当たりにした時)や後半の鉄雄の暴走時などに雄たけびをあげるにとどまる。 ケイ(CV:小山茉美).

次の

「AKIRA/アキラ」感想 この映画が地上波ゴールデンで放送されない7つの理由

アキラ 考察

ナンバーズ(老人子供)が鉄雄に 「力をそんなふうに使っちゃいけない」 みたいな事をいってたはずです。 同じ超能力者として責任とか 仲間意識を感じているんでしょう。 その後、ぬいぐるみのシーンで 鉄雄を抹殺しようとして失敗。 終盤は鉄雄の能力暴走が地球の脅威になってきたので 各勢力(金田チーム、大佐、ナンバーズ)が バラバラに対抗しようとした。 鉄雄がカプセルをこじ開けて 出てきたアキラは、人格も体も無くなってますが エネルギーだけは残っていた・・のでしょうか? ラストはナンバーズが アキラのエネルギーを味方につけて 鉄雄をどこか(異次元?他の宇宙?)に連れていった。 抹殺はできなかったので 捨て身の方法をとったということでしょう。 この話・・金田がいなくても問題解決しますね。 決着も似ています。 でも、そこに至る過程はめっちゃ面白いです。 ちょっとだけネタばらししますね。 ・ラストまでにAKIRA爆発が「2回」起きる。 以降は鉄雄の帝国とその他の勢力が 廃墟を舞台に戦う。 これが基本的な構図。 ・ミヤコ様とケイの存在が非常に大きい。 ふたりとも能力者として大活躍します。 口は聞けませんが、歩いたり、飯を食べたりします。 あとは秘密。 ぜひ読んでください。

次の

「AKIRA/アキラ」感想 この映画が地上波ゴールデンで放送されない7つの理由

アキラ 考察

解説とあらすじ・スタッフとキャスト 解説:近未来の東京を舞台に超能力者や暴走族、軍隊、ゲリラたちの戦いを描くアニメ。 大友克洋原作の同名漫画の映画化で、脚本は大友と「スケバン刑事 風間三姉妹の逆襲」の橋本以蔵が共同で執筆。 監督は「迷宮物語」の大友克洋、撮影は「ダーティペア」「オバケのQ太郎 とびだせ! 1/100大作戦」の三沢勝治がそれぞれ担当。 KINENOTE あらすじ:1988年7月、東京で核爆発が発生、第3次世界大戦が勃発した。 2019年、ネオ東京では軍の指揮下で新兵器・超能力の研究が進められていた。 キヨコ(25号)、タカシ(26号)、マサル(27号)ら永久幼年者はエスパーの実験体で、もう一人のアキラと呼ばれる28号は超能力があまりに強大でコントロールできないためカプセルの中で眠らされていた。 職業訓練校生の鉄雄は友人の金田らとバイクで走っていたところタカシと遭遇。 避けようとしたが、転倒して重傷を負ってしまう。 そして鉄雄はタカシと共に軍に連れ去られ、エスパーとしての訓練を受けた。 やがて鉄雄は恐るべきパワーを身につけ、周囲を破壊していく。 自分にも軍にもコントロールできないのだ。 その力はアキラにも匹敵し、またアキラを目醒めさせる危険も出てきた。 金田はゲリラのケイと手結んで鉄雄を止めようとするが、どうにもならなかった。 軍の施設を抜け出し、アキラの眠るオリンピック会場建設場へ進む鉄雄を、軍やゲリラ、金田らが追う。 鉄雄はついにアキラのカプセルを壊すが、アキラの正体はバラバラに保管された脳神経だった。 キヨコ、タカシ、マサルは3人の力を合せてアキラを甦らせ、鉄雄を全く別の宇宙へと連れ去るのだった。

次の