ジャニー 喜多川 性 犯罪。 【日本のタブー】SMAPがやめた理由もわかる。ジャニー喜多川の性的虐待が信じがたい……。|イケハヤ大学【ブログ版】

ジャニー喜多川の性犯罪者とは?ホモセクハラ認定で掘られる過去暴露?

ジャニー 喜多川 性 犯罪

ジャニー喜多川の 性犯罪被害者はメジャーデビューを果たす前の「 ジャニーズJr. の少年たち」といわれています。 なかでも驚きなのが 20歳になる前の 未成年の少年たち がジャニー喜多川さんに犯されていたということです。 現在ではジャニー喜多川さんの性犯罪者や少年愛の話題はメディア等でほとんど語られることがありませんが、 性的虐待の詳細や被害者が誰なのかについてはこれまでの「裁判」と「暴露本」で明らかにされてきました。 性的虐待の 被害者の中には暴露本を出版した元・ 光GENJIの 木山将吾さんのほか、ジャニーズJr. 時代の SMAPや TOKIOの候補メンバーも含まれているという噂があります。 さらにジャニーさんの後継者として注目されている 滝沢秀明さんも被害に遭っていたという説もあり 「 掘られた 」少年たちは1人や2人ではないという可能性も囁かれています。 週刊文春とジャニーズ事務所の裁判で証言に立った2人の「少年」 ジャニーさんのJr. タレントたちへの 性的虐待は都市伝説として囁かれていた時期もありましたが、 残念なことに 最高裁での裁判でも認定されており、 現在では「秘められた事実」となっています。 裁判のきっかけは1999年に「週刊文春」がジャニーさんの 性的虐待や 性的行為を告発する記事を発表し、 ジャニーズ事務所が 名誉毀損で「週刊文春」を提訴したことに始まります。 その裁判の過程では性的虐待の証人として 元ジャニーズJr. の2人が出廷し、 裁判の場でジャニーの手によって行われていた性的行為を赤裸々に語ったことで、 ジャニーさんの 少年愛 や ホモ に関する都市伝説が公然の事実となったわけです。 このとき証言に立った元ジャニーズジュニアは2人とも 未成年でした。 この時の少年らの証言内容は月刊誌『噂の真相』(2002年2月号)が詳しく報じています。 そんななかジャニー社長から性的虐待を受けたのだという。 A君の証言によると、「合宿所で寝ていたらジャニーさんが横に来て、足をマッサージし始めた。 普通に触ってきた。 ちょっとイヤだった」と言い、その後、「だんだんエスカレート」し、性的な行為をされたという。 これ以上は生々しいため具体的な記述は控えるが、もっと直接的な性行為などの詳細な証言もあったという。 もう一人、SMAPやV6のバックで踊ったり、CMやジュニアのコンサートにも出た経歴があるというB君も、寝ているときにジャニー社長が布団の中に入ってきて性的な行為をされたという証言をしている。 出典:『噂の真相』(2002年2月号)• 1988年|『光GENJIへ』(データハウス)北公次・元フォーリーブス• 1989年|『ジャニーズの逆襲』(データハウス)中谷良・元ジャニーズ• 1996年|『ジャニーズのすべて 少年愛の館』(鹿砦社)平本淳也・SHADOWの元メンバー• 1997年|『ひとりぼっちの旅立ち』(鹿砦社)豊川誕• この暴露本の著者は元・光GENJIの 木山将吾さんで、序章にはこのように書かれています。 決して名誉を抱えたままでは死なせない。 あなたに2年間、おもちゃにされた人間だからこそ、今、僕が真実を語る。 被害者の声はここまで力強いのかと思うほど、 ジャニーさんが亡くなった今でこそ強い思いが伝わってきます。 木山将吾さんの「実体験」にもとづいたこの暴露本では 「 木山将吾さんがジャニー喜多川の 愛人にされていた」 「 僕はジャニー喜多川と 性行為をした」 といったとんでもない内容が綴られています。 この暴露本のタイトルがなぜ「Smapへ」なのか理由については詳しく語られていません。 しかし、光GENJIのバックで踊っていたスケートボーイズのうち選抜された6人が、 SMAPメンバーの中居正広・木村拓哉・稲垣吾郎・森且行・草彅剛・香取慎吾さんだったわけですから、 木山将吾さんが経験した 性的被害の数々を SMAPのメンバーも「 目の当たりにしていた 」あるいは「 被害に遭っていた 」としてもおかしくありません。 ジャニーズJr. 6名から6名が選抜されSMAPが結成されたのは1988年、 そしてジャニーさんの性的虐待が認定された裁判が起こったのは1999年です。 もしかするとジャニーズタレントの先輩としての責任感もあり、 木山将吾さんは 本当のことを語れない 現役SMAPメンバーに向けた思いを込めてこのようなタイトルを付けたのかもしれません。

次の

【文春】ジャニー喜多川の少年愛の内容は?性的虐待被害者が語る真実が生々しい

ジャニー 喜多川 性 犯罪

法廷で元ジュニアが証言したジャニー喜多川社長による性的虐待 A君の証言によると、「合宿所で寝ていたらジャニーさんが横に来て、足をマッサージし始めた。 普通に触ってきた。 ちょっとイヤだった」と言い、その後、「だんだんエスカレート」し、性的な行為をされたという。 これ以上は生々しいため具体的な記述は控えるが、もっと直接的な性行為などの詳細な証言もあったという。 もう一人、SMAPやV6のバックで踊ったり、CMやジュニアのコンサートにも出た経歴があるというB君も、寝ているときにジャニー社長が布団の中に入ってきて性的な行為をされたという証言をしている。 さらに、A君もB君もそろって、ジュニア仲間や先輩らの間で、こんなふうに言われていたと明かしている。 「断ればテレビや舞台に出ることができないらしい」 「ジャニーさんからそういう行為を受けたら、いい仕事がもらえる。 逆に受けなかったり拒否するとデビューできない」 ジャニー社長の行為は性的虐待だけでなく、その立場や力関係を背景にしたパワハラでもあったということだろう。 しかも、それを未成年者に対しておこなっていた。 これら被害者証言の後には、ジャニー社長の証言が控えており、ジャニー社長もその法廷にいたという。 そして、ジャニー社長は自身の証言として「(被害者少年たちが)嘘をついている」と反論していたというが、その後の裁判の展開はむしろ、ジャニー社長のセクハラ行為を認定するものになった。

次の

ジャニー喜多川氏の性犯罪の告発に沈黙する日本メディア、”強者”に阿る体質

ジャニー 喜多川 性 犯罪

ジャニー氏への怨みの深さが、どの暴露本の著者よりも凄まじいのだ。 だが、その理由は、十分に理解ができる。 同著出版の前年の04年2月、99年に一大キャンペーンでジャニー氏のホモセクハラや児童虐待を告発した『週刊文春』(文藝春秋)をジャニーズ事務所とジャニー氏が提訴して始まった裁判に決着がついていた。 裁判の中では、実際にジャニー氏のホモセクハラを受けてきたという元ジャニーズJr. のメンバーが証言台に立ち、法廷でジャニー氏と直接対決したことが、当時、大きな話題となった。 その結果、第一審ではジャニーズ側の勝訴となったが、第二審ではホモセクハラ行為が事実と認定された。 当然、ジャニーズ側は上告したが、これが棄却され、裁判所は改めてホモセクハラ行為に関する記事の主要部分を真実と認めたのだ。 文春側が支払う損害賠償額は、一審の880万円から120万円に減額された。 形式上は、名誉毀損が認められておりジャニーズ側が勝ったことになるが、裁判の勝敗以上に、ジャニー氏のホモセクハラが、裁判所によって事実と認定されたという現実は重大である。 そんなジャニー氏を放置してきたテレビ界もこれを無視できるはずはなく、ジャニー氏糾弾の機運が高まることは当然の流れかと思われた。 ジャニー氏を糾弾すべく綴られた「過激な内容」 だからといって、心の傷が完全に癒えることはないだろうが、多少の慰めにはなるだろうと、ジャニー氏の毒牙にかけられた少年たちの多くは期待していたはずだ。 だが、その期待もむなしく、ニュース、ワイドショーはこの裁判の結果を完全スルー。 結局、ジャニー氏は表立った批判を受けることもなく、何の社会的な制裁も受けないまま、絶大な権力と影響力を保ち続けて1年がたとうとしていた。 そんな中で出版されたのが、この『Smapへ』だったのだ。 この問題人物をこれ以上のさばらせてはいけないという強い思いから、その内容がより過激になっていたのだろう。 木山氏は、同著の「序章」にこう綴っている。 決して名誉を抱えたままでは死なせない。 あなたに2年間、おもちゃにされた人間だからこそ、今、僕が真実を語る。

次の