携帯電話。 携帯電話とは

携帯電話データ編集ソフト 携快電話21|ソースネクスト

携帯電話

着信専用としてなら便利な、プリペイド式携帯電話 昔、良く聞いた「プリペイド式携帯電話」。 犯罪などに使われることがあったため下火になりつつあるが、それでも、現在ではソフトバンクモバイルとauがサービスを提供中だ(NTTドコモは対応サービスがない)。 プリペイド式携帯電話は、電話を持っていなくてはいけないが、しかし、ほとんど発信はせず、もっぱら着信のみで出費は極力抑えたいという人に向けて便利なサービスと言える。 おすすめは全国一律で6秒9円のソフトバンク「プリモバイル」 ソフトバンクモバイルが提供するのは「」というサービスだ。 1台5000円程度で端末を購入した後、コンビニなどでプリペイドカードを購入(5000円と3000円の2種類がある)すると利用が可能だ。 ソフトバンクが提供するプリペイド型携帯「740SC」 はじめてプリモバイルを利用するには運転免許証やパスポート、住民基本台帳カードなど本人を確認するための書類が必要となる。 プリモバイルの通話料は全国一律で6秒9円(税込み)。 30秒に換算すると45円となるため、ホワイトプランの30秒21円と比べると当然割高になっている。 あくまで発信ではなく着信専用としたほうがいいだろう。 メールに関しては、SMSの受信のみが無料で可能となっている。 ただし、300円を支払うと最大30日間で送り放題となる。 auも「」というプリペイドサービスを提供しているが、リチャージがプリペイドカードしか利用できない。 ソフトバンクは入金の仕組みが多く、また対応機種も幅広いラインナップを揃えている。 力のいれ具合からもプリペイド式携帯電話はソフトバンクモバイルから選ぶと良さそうだ。 プリモバイルを使うときの注意点 プリモバイルには使用期間の制限がある。 プリペイドカードを1枚登録すると60日間、発着信が可能となり、この有効期間が終了すると発信できなくなってしまう(ただし、この間にプリペイドカードを登録すれば1枚当たり60日間加算され、最大360日間の有効期間の延長ができる)。 着信に関しては、有効期間の終了翌日から360日間可能となっている。 つまり、初回にプリペイドカードを登録したら、登録残高が残っていれば60日間は発信ができ、その後の360日間は着信のみができるというわけだ。 通話料金の追加登録はコンビニやソフトバンクショップでプリペイドカードを購入するか、インターネットバンキングやクレジットカードからもリチャージできる。

次の

通話のみに最適な高齢者向けの携帯電話

携帯電話

データ転送は、携帯電話の電話帳・メール・画像・動画・音楽などのデータをパソコンと送受信できます。 携帯電話に同梱されているCD、または携帯電話キャリア、携帯電話メーカーのホームページからソフトウェアをダウンロードする必要があります。 詳細な対応情報は、対応表をご確認ください。 ストッパー機構を装備し、両側のコネクタを左右に伸ばすことで、お好みの長さに調節が可能です。 取り回しが簡単なスリムケーブルを採用しています。 詳細な対応機種は弊社ホームページにてご確認ください。 各携帯電話の対応をご確認ください。 7m ケーブル太さ 2. この製品の最新の対応情報は• 仕様は予告なく変更する事がありますので、あらかじめご了承ください。

次の

www.digitaleskimo.net: 携帯電話・スマートフォン: 家電&カメラ: 携帯電話・スマートフォンアクセサリ, 携帯電話・スマートフォン本体, SIMカード など

携帯電話

2019年10月、NTTドコモが3G通信サービス「FOMA(フォーマ)」を2026年3月末をもって終了することを発表しました。 同時に、フィーチャーフォン向けのネット接続サービス「iモード」も終了となります。 同様にau(KDDIと沖縄セルラー電話)は2022年3月末に、ソフトバンクは2024年1月下旬に3G通信サービスを終了します。 FOMAやiモードのサービス終了が報道されると、SNSやニュース記事のコメント欄では「ついに終わるのか……」といったように、当時を懐かしむ投稿が多く見受けられました。 一方、現在も主にケータイ(フィーチャーフォン)で3Gサービスを利用するユーザーからは「使えなくなるのは困る」といった反応も見受けられました。 実際のサービス終了は、一番近いauで約2年後、一番遠いドコモで約6年後と、対策を講じる余裕は十分にあるのですが、具体的に終わる日まではチェックしなかったのか、すぐにサービスが終わると勘違いしている人もいたようです。 今回の「元ベテラン店員が教える『そこんとこ』」では、各キャリアの3Gサービス終了予定を受けたユーザーの店頭での反応について、ショップスタッフに話を聞いて聞いてみます。 ある量販店のソフトバンクコーナーでの掲示。 3Gケータイからの乗り換え(新規/MNP契約)や機種(契約)変更を行い、スマホデビュープランに加入すると、特定機種で2万円を超える割り引きを受けられる 「お買い得感がある」というアピールと、3Gサービス終了の報で買い換えが増加しているかスタッフに聞いてみると、確かに増えてはいるそうです。 ただ、もう少し詳しく話を聞くと、単純に3Gサービスが終了するから乗り換えるという訳でもなさそうです。 3Gサービスの終了日が決まる前から、買い換えに来るユーザーは徐々にではありますが増えてきています。 「(3G端末が)壊れてしまった」とか、「家族がみんなスマートフォンになっちゃったから(自分もスマホにする)」という理由で買い換えに来る人が多いような気がします。 もちろん、こういう声もあります。 3Gサービスの終了が告知されたことで、「使えなくなる前に何とかしよう」と相談にくるお客さまも増えています。 ある量販店のauコーナー。 auの場合、4G LTE端末でもVoLTE非対応(音声通話に3Gを利用する)機種は3Gサービスと同時に利用を終了するため、VoLTE非対応の4G LTE機種からの買い換えでも2万円を超える割り引きを受けられる 壊れる前に来てもらえないと…… スタッフからはこんな声もありました。 3Gからの買い換えでは、端末が壊れてしまったことをきっかけとしているお客さまが多いです。 同じ端末を長い期間に渡って使うお客さまがいること自体は何ら珍しいことではないのですが、最大の問題は 故障した機種の修理サービスが終わっていることです。 修理できない機種の場合、故障してしまうと、中に入っているデータを救出できる可能性がかなり低くなってしまいます。 修理サービスが終了した後も粘って使うよりも、 大事なデータを1つでも多く保つという観点から、早めに買い換えに来てほしいと思います。 例えば、auが2015年2月6日に発売した最後のEZwebケータイ「GRATINA 2」は、今年(2020年)の9月30日をもって修理サービスが終了します。 ドコモが2015年11月27日に発売した最後のiモードケータイ「P-01H」も、2021年3月末をもって修理サービスが終息します。 こうして見ると、3Gケータイでケータイ向けISPサービスに対応した「最新」機種は約5年前に発売されたものなのです。 auの最後のEZwebケータイ「GRATINA 2(KYY10)」 これらの「最新」機種は現時点においてまだ修理できますが、多くの3Gケータイユーザーはもっと前に購入したものを使っているはず。 実際に店を訪れる3Gケータイユーザーに関する話をスタッフに聞いてみると……。 (契約上の)端末利用期間が10年超の「らくらくホン」をお使いのお客様が最近、「らくらくスマートフォン」に買い換えました。 時期を考えると、かれこれ8〜10年使い続けたことになりますよね……。 長期間にわたって同じケータイを使っている人は、「電話とメールしか利用しない人」「カメラやワンセグといった機能面が充実したケータイをあえて使い続けたい人」が多い傾向にあるようです。

次の